Bitcoinの価格推移の概要
Table of Contents
はじめに
Bitcoinの価格推移を分析する方法
初期のBitcoin取引に影響を与えた要因とは?
現在のBitcoin取引に影響を与えている要因とは?
Bitcoinの価格推移
ショート的な価格イベント
Bitcoinのロング的な価格推移をどのように説明するのか?
まとめ 
Bitcoinの価格推移の概要
HomeArticles
Bitcoinの価格推移の概要

Bitcoinの価格推移の概要

初心者
Published Aug 5, 2021Updated Sep 23, 2021
12m

概要

Bitcoinは、2009年に誕生して以来、5回の大きな価格のピークを経験しています。これまでにこの仮想通貨は、およそ64,000 USという史上最高値を記録し、主流の採用を増加してきました。この旅は、政治的、経済的、規制的な出来事にしばし反応する不安定なものでした。

Bitcoinは、1年を平均して200%の成長を遂げています。2021年8月現在、Bitcoinの時価総額はおよそ$710,000,000,000で、その仮想通貨市場でのドミナンスは50%弱となります。

山のようなイベント。2014年のMTGOXのハッキングと2020年の株式市場の暴落は、短期および中期の価格行動を説明する可能性があります。長期的には、テクニカル分析、ファンダメンタル分析、センチメント分析を駆使したモデルを見ることで、マクロ的な視点を持つことができます。

テクニカル分析では、Bitcoinの対数成長曲線とハイパーウェーブ理論が興味深いモデルです。また、ハイパーウェーブ理論は、周期的な局面での投資家のセンチメントに価格を結びつけます。ファンダメンタルズ分析に関しては、ストック・トゥ・フローおよび、メトカーフモデルがBitcoinの価格を合理的に追跡しています。最終的には、これらすべての方法を組み合わせ、バランスのとれた見解を得ることができるでしょう。


はじめに

Bitcoin(BTC) は、2009年以降の大幅な値上がりで世界中を魅了しています。しかし、すべてがブルで利益を上げたわけではありません。Bitcoinもディップやベアマーケットを経験しています。ボラティリティが高いにも関わらず、仮想通貨はこれまで、すべての伝統的な資産を凌駕しています。複数の要素の組み合わせでBitcoinの価格推移が構成されており、様々な手法や視点で研究することができます。


Bitcoinの価格推移を分析する方法

データに触れる前に、Bitcoinの価格推移をどのように分析するかを見てみましょう。テクニカル分析、ファンダメンタル分析、センチメント分析の3種類の手法があります。それぞれのタイプには長所と短所がありますが、組み合わせることで、より明確なイメージを得ることができます。

1. テクニカル分析 (TA):過去の価格や出来高のデータを用いて、将来の市場行動を予測します。例えば、過去50日間の価格を取得して平均化することで、50日単純移動平均 (SMA) を作成することができます。資産の価格チャートにSMAをプロットすることで、SMAを推論することができます。例えば、Bitcoinが数週間にわたって50日SMAの下でトレードされていたが、それを突破したとします。この動きは、回復の可能性を示すものと考えられます。
2. ファンダメンタル分析 (FA): プロジェクトや仮想通貨の基本的、本質的な価値を表すデータを使用します。このタイプの調査では、外的要因と内的要因に注目し、資産の実際の価値を確認しようとします。例えば、Bitcoinの1日のトランザクションを見れば、ネットワークの人気度を測ることができます。この数字が時間の経過とともに上昇すれば、そのプロジェクトに価値があると判断され、価格が上昇する可能性があります。
3. センチメント分析 (SA): 価格の動きを予測するために市場センチメントを利用します。市場センチメントには、ある資産に対する投資家の気持ちや気分が含まれます。一般的には、これらを強気の感情と弱気の感情に分類することができます。例えば、Bitcoinの購入に関するGoogle検索のトレンドが大幅に増加した場合、ポジティブな市場心理を示唆している可能性があります。


初期のBitcoin取引に影響を与えた要因とは?

次は、取引に影響を与え、価格に影響を与える要因を探ります。これらは、Bitcoinの始まりから時間の経過とともに変化しています。2009年当時、Bitcoinは流動性の低い極めてニッチな資産でした。非中央集権的な通貨としてのBitcoinの価値を見抜いたBitcoinTalkなどのユーザー間で、店頭 (OTC)トレードが行われました。現在のような投機的な要素はほとんどありませんでした。
Satoshi Nakamotoは、2009年1月3日に最初のブロックをマイニングし、報酬として50 Bitcoinを獲得しました。その後、9日後に10 BTCをHal Finneyに送金し、史上初のBitcoinトランザクションを行いました。2010年5月22日、Bitcoinの価格はまだ$0.01以下でした。この日は、Laszlo Hanyecz氏が10,000 BTCで2枚のピザを購入し、Bitcoinによる初の商取引が行われました。当時、Bitcointalkのフォーラムでは、ユーザーはこの購入を目新しさと捉えていました。このトレードは、バイナンスVisaカードで日用品を簡単に購入できる現状とは対照的です。
Bitcoinの価格と人気が高まるにつれ、小規模で規制されていない業界が、トランザクションや売買を促進するためにますます関与するようになりました。その中には、仮想通貨の取引所ディープウェブ市場が含まれていました。これらの市場および取引所がハッキングや、クローズ、規制などが行われると、Bitcoinの価格は再三大きな影響を受けました。ハッキングされた取引所の中には、大量のBitcoinを保有していたところもあり、大きな価格ショックと市場の信頼性の低下を引き起こしました。このテーマについては後ほど詳しくご紹介します。


現在のBitcoin取引に影響を与えている要因とは?

Bitcoinは、初期の頃と比較して、伝統的な資産との共通点が増えています。小売、金融、政治の分野での導入が進むということは、Bitcoinの価格や取引に影響を与える要因がさらに増えることになります。また、仮想通貨に対する機関投資家の投資も増えており、投機の役割が拡大しています。これらの点から、現在のBitcoinの取引に影響を与える要因は、初期の頃のものとは異なることが多いと言えます。ここでは、最大のものについていくつか説明します。

1. 規制は、Bitcoinの初期の頃よりもはるかに存在感を増しています。各国政府が仮想通貨やブロックチェーン技術をより理解し始めると、その管理や規制の入力が増える傾向にあります。規制の強化と緩和の両方に影響があります。Bitcoinの価格の変化の中には、ある国でのBTCの使用禁止や、別の国でのBTCの人気に関連するものがあります。

2. 世界経済の状況は、今やBitcoinの価格や取引の直接的な要因となっています。例えば、ハイパーインフレーションの国に住む人々は、インフレに対するヘッジとして仮想通貨を利用しています。2016年に始まったベネズエラの経済危機の結果、LocalBitcoinsではベネズエラ・ボリバルの取引量が過去最高になりました。2020年の株式市場の暴落は、1年以上続いたBitcoinのブルランの始まりでした。Bitcoinは現在、金と同等な価値の保存の手段とみなされています。経済の他の部分で信頼性が低下すると、人々はこれらの資産を購入します。


3. 大企業による主流の採用が増加すれば、Bitcoinの価格が上昇するきっかけになります。Paypal、Square、Visa、Mastercardはいずれも仮想通貨に対して何らかのサポートを示しており、投資家に自信を与えています。小売店では、Bitcoinでのお支払いを承認しているところもあります。また、2021年5月17日にElon Musk’s氏が発表したTeslaのBitcoinお支払い停止のように、出金のサポートが暴落の引き金になることもあります。この場合、1 BTCあたり$55,000弱だった価格が、その日のうちにおよそ$48,500になりました。


4. 投機の増加とBitcoin先物などのデリバティブが市場の需要を高めています。BTCをそのファンダメンタル価値のために投資および、保有するのではなく、先物市場のトレーダーや投機家が利益のためにBTCをショート することで、価格の下落圧力を引き起こしています。要するに、Bitcoinの価格は、もはやその効用だけではないということです。


Bitcoinの価格推移

2009年以降、Bitcoinの価格は大きなボラティリティを繰り返してきました。これまでの歩みには、上記のような要因があります。浮き沈みはあるものの、開始当初に比べれば飛躍的に高くなっています。 
BitcoinをNASDAQ 100や金と比較すると、伝統的にパフォーマンスの高いこれら2つの資産を大きく上回っていることがわかります。また、Bitcoinの年間損失額は、金やNASDAQ 100の損失額よりも割合で大きく、そのボラティリティの高さがわかります (データは@CharlieBilelloより)。

2011

2012

2013

2014

2015

2016

2017

2018

2019

2020

Bitcoin

1473%

186%

5507%

-58%

35%

125%

1331%

-73%

95%

301%

9.6%

6.6%

-28.3%

-2.2%

-10.7%

8.0%

12.8%

-1.9%

17.9%

24.8%

NASDAQ 100

3.4%

18.1%

36.6%

19.2%

9.5%

7.1%

32.7%

-0.1%

39.0%

48.6%


CaseBitcoinによると、BTCの10年間のCAGR (複合年間成長率) は196.7%を示しています。CAGRは、複利計算を考慮した資産の年間成長率を表します。Bitcoinの価格は、2011年のわずか$1から2021年5月の史上最高値の$65,000まで、4回の大きなピークを迎えています。これまでの歴史を、5つのピークに分けて考えてみましょう。



1. 2011年6月: 前年にはわずか数セントだったBitcoinが、$32まで急上昇しました。Bitcoinは、最初のブルの動きの後、$2.10までの適度な暴落を経験しました。
2. 2013年4月: 年初に約$13で始まったBitcoinは、その年最初のブルの動きを見せ、2021年4月10日には$260まで上昇しました。その後、価格は2日間で$45まで下落しました。
3. 2013年12月: 年末には、Bitcoinは10月から12月にかけて約10倍の価格上昇を経験しました。10月初旬、BTCは$125でトレードされていましたが、その後、ピークの$1,160に達しました。しかし、12月18日には、再び$380にまで暴落しました。
4. 2017年12月: 2017年1月におよそ$1,000で開始したBitcoinは、2017年12月17日までに$20,000弱まで価格が急上昇しました。このブルランはBitcoinのメインストリームにおけるポジションを固め、機関投資家や政府の注目を集めました。
5. 2021年4月: 2020年3月の株式市場と仮想通貨市場の暴落により、2021年4月13日には$63,000まで価格が持続的に上昇しました。コロナウイルスの大流行で経済が不安定とされる中、Bitcoinは価値の保存手段として注目されていました。その後、BTCと仮想通貨市場は、2021年5月に大幅な暴落を見せた後、価格は停滞しました。


ショート的な価格イベント

後に使用するファンダメンタルモデルやテクニカルモデルでは、目に見える価格の変動を説明できない場合もあります。政治的、経済的イベントを含む外部要因は、個別に分析できるほど大きな役割を果たしています。興味深い例として、Bitcoinの初期に行われた有名なハッキングが挙げられます。

Mt.Goxのハッキング

Mt.GoxのBitcoin取引所のハッキングは、2014年にBitcoinの価格が一時的に下落した重要な出来事でした。当時、東京に拠点を置くこの仮想通貨取引所は、Bitcoinの総供給量の約70%の取引量を持つ、市場最大の取引所でした。2010年の誕生以来、Mt.Goxは、何度もハッキングの被害に遭いながらも、生き続けてきました。

しかし、2014年のハッキングでは、約850,000 BTCが盗まれ、取引所のデジタル資産の大半が損失しました。Mt.Goxが2014年2月14日に出金を停止したことで、Bitcoinの価格は約20%下落し、週の大半で$850で取引されていた後、$680程度になりました。

最終的に、ハッカーは$450,000,000 (USD) のユーザーの資金を奪い、Mt.Goxは倒産してしまったのです。一部の元ユーザーは、ウェブサイトのコードに問題があり、時間内に修正されなかったと主張しています。このハッキングの理由は現在も解明されておらず、複数の訴訟が進行中で、取引所のCEOであるMark Karpelès氏に対する法的措置も取られています。


Bitcoinのロング的な価格推移をどのように説明するのか?

長い目で見れば、重要ではない出来事が価格に与える影響は小さいものです。このため、Bitcoinの全体的なポジティブな軌道を説明する別の方法を見ることは興味深くなります。1つの方法は、先述した技術を使用した分析モデルを研究することです。

ファンダメンタルズ分析: ストック・トゥ・フローモデル

ストック・トゥ・フローモデルでは、Bitcoinの限られた供給量を価格の指標とする可能性があります。Bitcoinは、基本的なレベルでは、金やダイヤモンドに類似しています。この2つのコモディティは、その希少性から時間の経過とともに価格が上昇しています。そのため、投資家は価値のあるものとして利用することができます。
世界で流通している総供給量 (ストック) を、1年間に生産された総量 (フロー) で割ると、この比率を使用してBitcoinの時系列価格をモデル化することができます。私たちは、マイナーが新たに生成するBitcoinの正確な量と、それを受け取る時期をおおよそ認知しています。要するに、マイニングのリターンは減少しているので、ストック・トゥー・フローの比率は増加しています。

ストック・トゥー・フローは、Bitcoinの価格推移をモデル化する際に、これまでその精度の高さから人気を博しています。下の図は、365日SMAとBitcoinの過去の価格データ、そして未来への予測を示したものです。


しかし、このモデルにはいくつかの欠点があります。やがて、Bitcoinのフローがゼロになると、ゼロでは割り切れないため、このモデルは最終的に破綻します。この計算式では、無限大になるような非現実的な価格予測を行ってしまいます。ストック・トゥ・フローのメリットおよび、デメリットにつきましては、Bitcoinとストック・トゥ・フローモデルをご参照ください。


ファンダメンタル分析: メトカーフの法則

メトカーフ法則は一般的なコンピュータの原理で、Bitcoinネットワークにも適用されます。ネットワークの価値は、接続されているユーザー数の二乗に比例します。これは具体的にどういうことなのか?分かりやすい例として、電話回線があります。携帯電話を所有する人が増えれば増えるほど、ネットワークの価値は指数関数的に高まっていきます。 

Bitcoinでは、Bitcoinウォレットのアクティブなアドレス数など、ブロックチェーンの公開情報を利用してメトカーフ値を算出することができます。メトカーフ値を価格に対してプロットすると、適度なフィット感が得られます。また、Timothy Peterson氏が下のグラフで行っているように、トレンドを外挿して将来の価格を予測することもできます。


NVM (Network Value to Metcalfe ratio) は、メトカーフ法則のもう1つの使用方法です。Bitcoinの時価総額を取り、メトカーフ法則に近似した式で割ることで、この比率を算出することができます。この計算式では、特定日のアクティブな固有なアドレス数を、ネットワークユーザーの代用として使用します。固有なアドレスとは、残高がゼロではなく、かつその日にトランザクションがあったものを指します。

1以上の値は市場が過大評価されていることを示し、1以下の値は過小評価されていることを示します。その様子をCryptoquant社の以下のグラフで視覚的に見ることができます。左軸にNVM比率、右軸にネットワーク値を示しています。


テクニカル分析: Bitcoinの対数成長曲線

Bitcoinの対数成長曲線は、Cole Garner氏が作成した2019年のテクニカル分析モデルです。標準的なBitcoinの価格チャートは、X軸の直線的な時間に対する対数 (ログ) 価格を表示します。しかし、時間も記録すれば、過去3回のブルランのトップとBitcoin市場のサポートレベルに一致する単純なトレンドラインを描くことができます。


これらの線を元の対数価格グラフに変換すると、LookIntoBitcoin.comの次のチャートに表示されるように、これまでのBitcoin価格推移とかなり正確に一致した成長曲線が得られます。


テクニカル分析: ハイパーウェーブ理論

ハイパーウェーブ理論は、Tyler Jenks氏が開発したもので、投資家の感情によって価格を説明しようとするものです。この理論では、市場のセンチメントは悲観と楽観の間を繰り返し移動すると考えられています。これらの感情は、しばしば、価格が時間をかけて上昇した後、ベアトレンドに反転するハイパーウェーブにつながります。Jenks氏は、このパターンが市場のセンチメントから生じていると説いていますが、このグラフでは、トレンドラインを引くために、価格データを用いたテクニカル分析しか行っていません。ハイパーウェイブ理論によると、各市場サイクルには7つのフェーズが存在すると言われています。


フェーズ1、5、7では、資産の価格はレジスタンスラインの下に留まる必要があります。フェーズ2、3、4、6では、価格がサポートラインの上に留まっている必要があります。すべての資産がこのルールに完全に従うわけではありませんが、一部の市場ではこのパターンが存在することが確認されています。下の図は、Leah Wald氏 (Valkyrie Investments Inc.のCEO) がグラフ化したNASDAQコンポジット2000の大まかな例です。


2017年のBitcoinのブルランを見てみましょう。ハイパーウェイブ理論の傾向を当てはめてみると、フェーズ1とは別に比較的フィットしていることがわかります。また、価格の上昇スピードが速くなり、その後、主に上記のような局面で大暴落する様子も見られます。


まとめ 

Bitcoinの価格推移を説明しようとする理論がたくさんあるのは、見ての通りです。しかし、その答えが何であれ、Bitcoinの10年間の年平均成長率が約200%であることは、デジタル通貨の驚異的な成長を示しています。仮想通貨の中でも、Bitcoinは2021年8月時点で50%弱の市場支配力を示しており、時価総額はおよそ$710,000,000,000に達しています。

この記念碑的な成長の背景には、仮想通貨のファンダメンタルズ、市場フィーリング、経済イベントなどがあります。ただし、過去の実績は将来の成果を示すものではありません。Bitcoinがなぜこのような高価格の軌跡をたどったのかを理解するのには役立ちますが、将来何が起こるか予測できません。大局的に見ると、Bitcoinは誕生して12年の新しいアセットクラスとしては、非常によく成熟しています。