パラボリックSARインジケーターの使用方法
目次
パラボリックSARとは?
どのように機能するのか?
メリット
制限事項
パラボリックSARの計算方法
まとめ
パラボリックSARインジケーターの使用方法
ホーム記事
パラボリックSARインジケーターの使用方法

パラボリックSARインジケーターの使用方法

中級者
Published Nov 11, 2019Updated Aug 18, 2021
5m

 

パラボリックSARとは?

テクニカルアナリストのJ.ウェルズ・ワイルダー・ジュニア氏は、1970年代後半にパラボリックストップ&リバース(SAR)インジケーターを開発しました。これは、彼の著書「New Concepts in Technical Trading Systems」の中で、相対的ストレングス指数(RSI)など他の一般的なインジケーターとともに紹介されています。

実際、ワイルダー氏はこのアプローチをパラボリックタイム/プライスシステムと呼び、SARの概念を以下のように示しました。

SARはストップ&リバースの略です。これは、ロングトレードが終了し、ショートトレードが開始されます。逆の場合も同様です。

J.ウェルズ・ワイルダー・ジュニア(1978)New Concepts in Technical Trading Systems(8ページ参照。)
現在、このシステムは一般的にパラボリックSARインジケーターと呼ばれており、市場トレンドや反転の可能性があるポイントを特定するためのツールとして使用されています。ワイルダー氏は多数のテクニカル分析 (TA) インジケーターを手動で開発しましたが、現在では大半のデジタルトレーディングシステムやチャート作成ソフトウェアに搭載されています。そのため、手動の計算が不要になり、比較的簡単に使用できる技術となっています。

 

どのように機能するのか?

パラボリックSARインジケーターは、市場価格の上下に配置された小さなドットで構成されています。ドットを処理すると放物線が作成されますが、各ドットは1つのSAR値を表します。

要するに、ドットは上昇トレンドの時には価格の下に、下降トレンドの時には価格の上に表示されています。また、市場が横に移動するコンソリデーションの期間にもドットが表示されます。しかし、この場合、ドットが一方から他方へと変化する頻度が高くなります。言い換えれば、パラボリックSARインジケーターは、トレンドのない市場ではあまり有用ではありません。

 

メリット

パラボリックSARは、市場トレンドの方向性や期間、反転の可能性のあるポイントに関しての洞察を提供することができ、投資家が適正な売買機会の発見を高めることができます。

また、一部のトレーダーは、パラボリックSARインジケーターを使用し、市場トレンドに沿ってストップロス価格を決定する人も存在します。このような手法は、トレーリングストップロスと呼ばれています。

基本的には、トレンドが反転すると直ちにポジションがクローズされるため、トレーダーは以前得た利益をロックすることが可能です。状況により、トレーダーが利益のあるポジションのクローズを行ったり、早期なトレードを防止することも可能です。

 

制限事項

上述したように、パラボリックSARはトレンド市場では有用ですが、コンソリデーションの時期にはあまり有用ではありません。明確なトレンドが存在しない場合、インジケーターは誤ったシグナルを提供する可能性が高く、大きな損失を引き起こす可能性があります。

また、不安定な市場(急激に上降下降する様)は、多くの誤解を招くシグナルを示す可能性があります。そのため、パラボリックSARインジケーターは、価格がより緩やかなペースで変化する際、適切に機能される傾向があります。

もう1つ考慮すべきことは、インジケーターの感度で、これは手動で調整することが可能です。センシティブなほど、誤ったシグナルが発生する可能性が高くなります。

場合によっては、誤ったシグナルがトレーダーの勝ちポジションを早期にクローズさせ、まだ収益の可能性がある資産を売却することを促す場合があります。そして、残念なことに、誤ったブレイクアウトは、投資家に過誤のある楽観的な感覚を与え、早期な購入を誘発する可能性があります。

最後に、このインジケーターは取引量を考慮していないため、トレンドの強さに関する情報はあまり得られません。市場の大きな動きによって各ドット間のギャップが拡大しますが、それは強いトレンドを示すものではありません。

トレーダーや投資家がある程度情報を保持していても、リスクは常に金融市場の一部であることに変わりはありません。しかし、それらの大半は、リスクを最小化し、制限を相殺する方法として、パラボリックSARを戦略やインジケーターと組み合わせています。  
ワイルダー氏は、トレンドの強さを測定する場合、パラボリックSARとともに平均方向性指数の使用を推奨しています。さらに、位置の入力以前に移動平均線またはRSIインジケーターを解析に含めることも可能です。

 

パラボリックSARの計算方法

現在では、コンピュータプログラムが自動的に計算を行います。このセクションでは、パラボリックSARの計算方法について簡潔に説明していきます。

SARのポイントは、既存の市場データに基づいて算出しています。したがって、今日のSARを算出する場合、昨日のSARを使用し、明日の値を算出する場合は今日のSARを使用します。

上昇トレンドの間、SAR値は過去の高値に基づいて計算され、下降トレンドの間、過去の安値に基づいて計算が行われます。ワイルダー氏は、トレンドの最高点と最低点をエクストリームポイント(EP)と呼んでいました。しかし、上昇トレンドと下降トレンドの方程式は同じではありません。

上昇トレンドの場合:

SAR=過去SAR+AF×(過去EP-過去SAR)

下降トレンドの場合:

SAR=過去SAR-AF×(過去SAR-過去EP)

AFとは加速係数の略で、0.02から始まり、新高値(上昇トレンドの場合)や新安値(下降トレンドの場合)を更新するごとに0.02ずつ増加します。ただし、上限値の0.20に達した場合、その取引のデュレーション(トレンドが反転するまで)によってこの値が維持されます。

実際には、手動でAFを調整してインジケーターの感度を変更するチャーティストも存在します。AF値が0.2を超えると、感度が高くなります(反転シグナルが増加します)。0.2未満のAF値はその逆になります。それでも、ワイルダー氏は著書の中で、0.02の増加が全体的に最もよく動作したと述べています。

この計算は比較的簡単に使用できますが、一部のトレーダーは、式が以前の値を必要とすることを考慮して、ワイルダー氏に1番最初のSARの計算方法を尋ねました。彼によると、最初のSARは、市場トレンドが反転する前の最後のEPに基づいて計算することができます。

ワイルダー氏はトレーダーに、明確な反転を発見したい場合、チャートに回帰し、そのEPを最初のSAR値として使用するように推奨しました。その後、最後の市場価格に到達するまで、以下のSARを計算することが可能です。

例えば、市場が上昇トレンドの場合、トレーダーは以前の修正を発見するまで数日から数週間遡ることが可能です。次に、その修正のためのローカルボトム(EP)を発見し、次なる上昇トレンドの最初のSARとして用いることができます。

 

まとめ

パラボリックSARの開発は1970年代まで遡りますが、現在でも広範囲に使用されていて、投資家は、外国為替、コモディティ、株式、および仮想通貨市場を含む現在の投資に対する選択肢の大半に適用することができます。

しかし、どのような市場分析ツールも100%の精度を保証することは不可能です。そのため、パラボリックSARやその他の戦略を使用する以前に、投資家は金融市場とテクニカル分析を深く理解する必要があります。また、不可避なリスクを軽減するために、適切な取引とリスク管理戦略を有する必要があります。