オプション契約とは?
オプション契約とは?
ホーム記事
オプション契約とは?

オプション契約とは?

上級者
Published Jun 3, 2019Updated Apr 22, 2021
9m
オプション契約は、トレーダーへ事前に決定された価格または特定の日に資産を売買する権利を与える契約です。先物契約のように思えるかもしれませんが、オプション契約を行うトレーダーは、ポジションを決済する義務はありません。 
オプション契約は、株式や仮想通貨を含む広範囲な原資産に基づくデリバティブです。これらの契約は、金融指標から導出することも可能です。通常、オプション契約は、既存のポジションのリスクヘッジや投機的な取引に使用されます。


オプション契約はどのように機能するのか?

オプションには、プットとコールという2つの基本的なタイプがあります。コールオプションは契約者に原資産を購入する権利を与え、プットオプションは売却する権利を与えます。したがって、トレーダーは通常、原資産の価格が上昇すると予想した際にコールを開始し、価格が下落すると予想した際にプットします。また、価格が安定していることを期待してコールやプットあるいは、この2つのタイプを組み合わせて使用する場合もあります。そして、市場の変動に有利、または不利に利益を出すこともあります。

オプション契約には少なくとも、サイズ、有効期限、行使価格、プレミアムの4つのコンポーネントで構成されています。第1に、注文のサイズは取引される契約の数量を指します。第2に、有効期限はトレーダーがオプションの行使を行えなくなる日です。第3に、行使価格は資産が売買される価格(契約購入者がオプションを行使することを決定した場合)です。最後に、プレミアムはオプション契約の取引価格です。投資家が選択権を得るために支払わなければならない金額を示しています。有効期限が近づくにつれ、購入者はプレミアムの価値に応じてライター(販売者)からの契約を取得します。

基本的には、権利行使価格が市場価格よりも低い場合、トレーダーは原資産を割引価格で購入することができ、プレミアムを計算式に含めた上で、利益を得るために契約の行使を行うか選択することができます。しかし、権利行使価格が市場価格より高い場合、保有者が権利行使を行う理由はなく、契約は無用とみなされます。契約が行使されない場合、バイヤーはポジションに入るときに支払ったプレミアムを失うだけです。

購入者はコールとプットを行使するかしないかを選択できますが、ライター(販売者)は購入者の決定次第であることに注意する必要があります。したがって、コールオプションの購入者が契約の行使を行うと決定した場合、販売者は原資産を売却する義務を負います。同様に、トレーダーがプットオプションを購入し、行使を決定した場合、販売者は原資産を契約保有者から購入する義務を負います。これは、ライターが購入者よりも高いリスクにさらされていることを意味します。購入者の損失は契約に支払われたプレミアムに限定されていますが、販売者は資産の市場価格に応じてはるかに多くを失う可能性があります。

一部の契約では、有効期限以前であればいつでもオプションを行使する権利がトレーダーに与えられています。これらは通常、アメリカンオプション契約と呼ばれています。対照的に、ヨーロピアンオプション契約は有効期限内にのみ行使することができます。しかし、これらの宗派は地理的な位置と無関係なことは注目に値します。


プレミアムオプション

プレミアムの価値は複数の要因によって影響を受けます。単純化するために、オプションのプレミアムは、原資産の価格、権利行使価格、有効期限までの期間、および対応する市場(またはインデックス)のボラティリティーの少なくとも 4つの要素に依存していると推測することができ、4つのコンポーネントは、以下に表するように、コールとプットオプションのプレミアムに異なる影響を与えています。



コールオプションプレミアム

プットオプションプレミアム

資産価格の上昇

増加

減少

行使価格の上昇

減少

増加

時間の短縮

減少

減少

ボラティリティ

増加

増加


当然のことながら、資産価格と行使価格はコールとプットのプレミアムに相反する影響を与えます。対照的に、時間の短縮は通常、両タイプのオプションプレミアム価格の減少を意味します。その主な理由は、トレーダーはそれらの契約が有利になる可能性が低いからです。一方、ボラティリティの上昇は、通常、プレミアム価格を上昇させます。このように、オプション契約プレミアムは、これらの要因と他の要因が組み合わされた結果です。


オプションのグリークス

オプションのグリークスは、契約の価格に影響を与える複数の要因のいくつかを測定するために設計された機器です。具体的には、異なる基礎変数に基づいて特定の契約のリスクを測定するために使用される統計値です。以下は、主なグリークスとそれが何を測定するのかの簡単な説明です。

  • デルタ:原資産の価格に関連してオプション契約の価格がどの程度変動するのかを測定します。例えば、デルタが0.6であれば、資産価格が1ドル動くごとにプレミアム価格は0.60ドル動く可能性が高いことを示唆しています。

  • ガンマ:時間の経過に伴うデルタの変動率を測定します。したがって、デルタが0.6から0.45に変動した場合、オプションのガンマは0.15になります。

  • セータ:契約期間の1日の減少に関連する価格の変動を測定します。これは、オプション契約が満期に近づくにつれて、プレミアムがどれだけ変動すると推測されるかを示唆しています。

  • ベガ:原資産のインプライド・ボラティリティの1%の変動に対する契約価格の変動率を測定します。ベガの上昇は通常、コールとプットの両方の価格上昇を反映しています。

  • ロー:金利の変動に関連して予想される価格の変化を測定します。一般的に、金利が上昇するとコールは増加し、プットは減少します。そのため、ローの値はコールオプションでは正、プットオプションでは負となります。


一般的な使用事例

ヘッジング

オプション契約は、ヘッジ手段として広範囲で使用されています。ヘッジ戦略の非常に基本的な例は、トレーダーがすでに保有している株式のプットオプションを購入することです。価格下落により、保有する主要銘柄の価値が下落した場合には、プットオプションを行使することで損失を軽減することが可能です。

例えば、アリスが市場価格が上昇することを期待して、50ドルで100株を購入したとします。しかし、株価下落の可能性を防ぐために、彼女は権利行使価格48ドルのプットオプションを購入し、1株あたり2ドルのプレミアムを支払うことにしました。市場が弱気に転じ、株価が35ドルまで下落した場合、アリスは損失を軽減するために契約を行使し、35ドルではなく48ドルで1株を売却することができます。しかし、市場が強気に転じた場合、彼女は契約を行使する必要はなく、支払ったプレミアム(1株あたり2ドル)を失うだけです。

このようなシナリオでは、アリスは52ドル(50ドル+1株あたり2ドル)で収支均衡を保つことができますが、彼女の損失は-400ドル(保険料のために支払った200ドルと、48ドルで1株を売却した場合はさらに200ドル)に制限されます。


投機的取引

オプションは投機的取引にも広範囲に使用されています。例えば、資産の価格が上昇しそうだと考えているトレーダーは、コールオプションを購入することができます。資産価格が権利行使価格を上回る場合、トレーダーはオプションを行使して割引価格で購入することができます。資産価格が権利行使価格を上回ったり下回ったりすることで契約が利益を生む場合、そのオプションは"インザマネー"と呼ばれています。同様に、損益分岐点にある場合"アットザマネー"、損失であれば"アウトオブザマネー"と呼ばれます。


基本的な戦略

オプション取引では、トレーダーは4つの基本的なポジションに基づいた幅広い戦略を採用することが可能です。購入者は、コールオプション(購入権)またはプットオプション(販売権)を購入することができます。ライターは、コールまたはプットオプション契約を販売することができます。前述のしたように、契約保有者が権利行使を決定した場合、ライターはその資産を売買する義務があります。

異なるオプション取引戦略は、コールやプット契約の様々な可能性の組み合わせに基づいています。プロテクティブプット、カバードコール、ストラドル、ストラングルは、そのような戦略の基本的な例です。

  • プロテクティブプット:すでに所有している資産のプットオプション契約を購入します。これは、前述の例でアリスが使用したヘッジ戦略です。ポートフォリオ保険とも呼ばれ、投資家を潜在的な下降トレンドから保護し、資産の価格が上昇した場合に備えてエクスポージャーを維持します。

  • カバードコール:すでに所有している資産のコールオプションの売却を含みます。この戦略は、投資家が保有株から追加的な収入(オプションプレミアム)を得るために使用されます。契約が行使されていない場合、彼らは資産を維持しながら、プレミアムを獲得します。ただし、時価の上昇により契約が行使された場合にはそのポジションを売却する義務があります。

  • ストラドル:同じ権利行使価格と有効期限を持つ同じ資産にコールとプットを購入することを含みます。それは、資産がどちらかの方向や遠くに移動する限り、トレーダーが利益を得ることを可能にします。簡単に言えば、トレーダーは市場のボラティリティに賭けています。

  • ストラングル: “アウトオブザマネー ”であるコールとプットの両方を購入します(すなわち、行使価格がコールオプションでは市場価格を上回り、プットオプションでは市場価格を下回る)。基本的に、ストラングルはストラドルのようなものですが、ポジションを確立するためのコストが低下します。しかし、ストラングルは利益を得るためにより高いボラティリティが必要です。


メリット

  • 市場リスクに対するヘッジに適しています。

  • 投機的取引では、より柔軟性があります。

  • 独自なリスク/報酬パターンを保持するいくつかの組み合わせや取引戦略を可能にします。

  • すべての強気、弱気、およびサイドウェイの市場動向から利益を得る可能性があります。

  • ポジションを入力する際、コスト削減するために使用することができます。

  • 複数のトレードが同時に行えるようにします。


デメリット

  • 仕組みやプレミアムの計算が理解し難いです。

  • コントラクトライター(販売者)にとっては高リスクです。

  • 従来の代替案と比較した場合、より複雑な取引戦略になります。

  • オプション市場は流動性の低下に悩まされることが多く、大半のトレーダーにとっては魅力的ではありません。

  • オプション契約のプレミアム値は非常に揮発性が高く、有効期限が近づくにつれて減少する傾向があります。


オプション契約 vs 先物契約

オプション契約と先物契約はどちらもデリバティブであり、共通の使用例があります。しかし、類似性があるにもかかわらず、両者の決済メカニズムには大きな違いがあります。

オプション契約とは異なり、先物契約は常に満期日に締結されるため、契約者は法的に原資産を交換する義務があります(またはそれぞれの現金価値)。一方、オプションは、契約を保有するトレーダーの裁量によってのみ行使することができます。契約者(購入者)がオプションを行使した場合、契約書作成者(販売者)は原資産を取引する義務があります。


まとめ

その名の通り、オプション契約は投資家に市場価格に関係なく、資産を売買する選択権を与えます。これらのタイプの契約は非常に用途が広範囲で、投機的な取引のためだけでなく、ヘッジ戦略を実行するための様々なシナリオで使用することができます。

しかし、他のデリバティブと同様に、オプション取引も多くのリスクを伴うことは注目に値します。したがって、このタイプの契約を利用する前に、トレーダーはそれがどのように機能するかを深く理解しておく必要があります。また、コールとプットのさまざまな組み合わせや、それぞれの戦略に関わる潜在的なリスクを十分に理解することも重要です。また、トレーダーは潜在的な損失を制限するために、テクニカル分析やファンダメンタル分析とともにリスク管理戦略の採用も検討する必要があります。