メタマスクのバイナンススマートチェーンへの接続方法
ホーム記事

メタマスクのバイナンススマートチェーンへの接続方法

初心者
5h ago
4m

メタマスクのインストールと設定

メタマスクはChromeかFirefox、モバイルユーザーの場合はiOSとAndroidにダウンロードできます。このチュートリアルでは、Firefox版を使用しますが、全てのプラットフォームにおいて手順はほとんど同じです。

まず、メタマスクのダウンロードページに移動してください。そこから、使用しているプラットフォームを選択し、手順に従って自分のデバイスにインストールしてください。ここの手順は簡単ですので安心してください。

次に、アプリで指定された設定に従います。「ウォレットを作成」をクリックします。バックアップのシードフレーズをどこか安全な場所に保存します(インターネットに接続されたデバイス上ではない所推奨)。このフレーズがないと、デバイスが破損したり紛失したりした場合、資金を回復することができません。次のページでそれらを書き留めたことを確認してください。

これで終わりです。デバイスにウォレットが表示され、資金の送金、受取が可能になっています。


新しく初期化されたメタマスクウォレット


ウォレットの設定

ただ、ここまでの手順だとこのウォレットはまだ、イーサリウムウォレットです。このままだと、バイナンススマートチェーンDAppsは使えません。最悪の場合、実際には使用できないアドレスに送金することで資金を失う可能性があります。

ここからはここの変更方法を説明していきます。まず、Settingsにアクセスして、ウォレットをバイナンススマートチェーンノードに向けます。


ドロップダウンメニューから「Settings」を選択


設定ページで、「Networks」メニューを探します。


ネットワークメニュー


手動でバイナンススマートチェーンを追加するために、右上の「Add Network」をクリックしてください。ここでは、テストネットとメインネットの2つが使えるのでご注意ください。以下が、それぞれに入力するパラメーターです。

メインネット(大半の人はこちらしか使うことはないと思います。)

ネットワーク名 Smart Chain

新しいRPC URL https://bsc-dataseed.binance.org/

チェーンID 56

シンボル BNB

ブロックエクスプローラーURL https://bscscan.com


テストネット

ネットワーク名 Smart Chain - Testnet

新しいRPC URL https://data-seed-prebsc-1-s1.binance.org:8545/

チェーンID 97

シンボル BNB

ブロックエクスプローラーURL https://testnet.bscscan.com


このチュートリアルではテストネットを使いますが、皆さんの多くはメインネットを使いたいでしょう。メタマスクを使用してBNBやバイナンススマートチェーントークンを転送する場合は、両方を追加することをおススメします。 

ネットワークを保存し、メイン画面に戻ったら、2つのことに気付くでしょう。1つ目は、ネットワークが先ほど入力したものに自動で設定されていること、2つ目は単位がETH建てではなく、BNB建てになっていることです。


この記事ではテストネットに接続していますが、皆さんの多くはメインネットに接続するでしょう。


トランザクションの作成(テストネット)

イーサリウムのロゴに騙されないでください。ここまでの手順でBSCのテストネットに変更することができています。次に、色々と触ってみるための資金を用意しましょう。Account 1の周りにマウスを合わせ、クリップボードのアドレスをコピーしてください。そうしたら、「Binance Smart Chain Faucet」に移動し、アドレスをフォームにペーストしてください。


 お金持ちになりましょう!


BEP-20トークンをサポートしているアプリケーションのテストを行う場合、ペギーコインで試してみましょう。ペギーコインとは、バイナンススマートチェーン上で発行された、他のチェーン上の資産(例 BTC、ETH、USDTなど)とペッグ、つまり市場と同じ価格でトレードできるトークンのことです。 

ここでは、BNBを使って、手順を説明していきます。「Give me BNB」ドロップダウンをクリックして、受け取りたい枚数を選択してください。数分間待つ場合もあるかもしれませんが、送金した資産はテストネットウォレットにすぐに表示されます。


新しく資金が追加されたウォレット


ここからは、別のところから資金を送り、それがどのようにメタマスクで表示されるかなどを実証します。BscScan Testnetからランダムなアドレスを取得しましょう。そうしたら、次に送信(Send)をクリックしてください。 


イーサに関連する部分は無視してください。ここでは、必要ならば手数料を手導で調整することができます。


ここでは、1BNBのトランザクションを行います。手数料の設定はいじらず、「Next」をクリックします。そうしたら、トランザクションの確認画面が出てくるので、内容に問題がない場合は「Confirm」をクリックしてください。これで完了です。トランザクションが決済されたら、通知が来ます。


まとめ

メタマスクは、イーサリウム経済圏にアクセスするためのパスポートとしてこれまで使われてきました。しかし、最小限の操作で、誰でもバイナンススマートチェーンにもアクセスするように設定することができます。このおかげで、これまでのイーサリウムにおけるメタマスクを活用してDappsを使うために開発された様々なツールなどを、バイナンススマートチェーンでも利用することができます。