MetaMaskの使い方
Table of Contents
はじめに
MetaMaskとは?
MetaMaskのインストール
ウォレットの初期化
ウォレットへの入金
分散型ウェブのアンロック
その他知っておくべきこと
MetaMaskアプリ
まとめ
MetaMaskの使い方
HomeArticles
MetaMaskの使い方

MetaMaskの使い方

初心者
Published Sep 14, 2020Updated Aug 18, 2021
10m

この記事を読むべき理由

Ethereumのエコシステムに興味があれば、MetaMaskのようなアプリケーションが必要です。単なるウォレットではなく、Ethereumを統合したウェブサイトとのやり取りが可能になります。 

MetaMaskを使用することで、ブラウザ内(もしくは、モバイルアプリを通じて)、分散型アプリと接続することができます。これによって、仲介業者なしで取引をしたり、完全に透明性のあるコードのゲームを遊ぶことができます(そのため、騙されることがありません)。

MetaMaskを使いこなすためにこの記事のガイドをぜひご覧ください。


コンテンツ


はじめに

Ethereumでは、分散型インターネット – 待望のWeb3.0が実現すると期待されていました。中央障害点の欠如、真のデータ所有権、および分散型アプリケーション(またはDApps)を特徴とする公平な競争の場です。
このようなインフラは、業界全体で注目されている分散型金融(DeFi)や、さまざまなブロックチェーンの架け橋となることを目的とした相互運用性プロトコルによって、着実に整備されつつあります。トークンや仮想通貨を信用して取引したり、仮想通貨を担保にした融資を受けたり、BitcoinをEthereum上で使用することが可能になりました。
多くのEthereum愛好家にとって、Metamaskは頼りになるウォレットです。通常のスマートフォンやデスクトップのソフトウェアとは異なり、ブラウザの拡張機能としてパッケージ化されており、ユーザーはサポートされているウェブページに直接アクセスすることができます。この記事では、Metamaskがどのように機能するかを説明し、Metamaskの使用方法について説明します。


MetaMaskとは?

MetamaskはオープンソースのEthereumウォレットとして、あらゆる種類のEthereumベースのトークンERC-20規格に準拠したものや、非代替性トークンなど)をサポートしています。その上、トークンを他の人から受け取ったり、内蔵されているコインベースとShapeShiftの統合機能を使用して購入や交換をすることができます。
MetaMaskが面白いのは、ウェブサイトとの連携ができる点です。他のウォレットでは、決済アドレスをコピーペーストしたり、QRコードを別の端末で読み取ったりする必要があります。MetaMaskの拡張機能を使用すると、ウェブサイトがあなたのウォレットにPINGするだけで、取引を受け入れるか拒否するかのプロンプトが表示されます。
MetaMaskは、通常の仮想通貨ウォレットとして機能しますが、その真の強みは、スマートコントラクト分散型アプリケーションとシームレスに連携できる点にあります。では、その設定方法を見ていきましょう。


MetaMaskのインストール

MetaMaskウォレットは、Google Chrome、Firefox、またはBrave Browserにインストールできます。iOSとAndroidにも対応していますが、ここではあまり深くは触れません。このチュートリアルではFirefoxを使用していますが、使用しているプラットフォームに関わらず、手順はほぼ同じです。

MetaMaskの公式ダウンロードページにアクセスしてください。お使いのブラウザを選択すると、ChromeウェブストアまたはFirefoxアドオンのサイトに移動します。ボタンをクリックすると、プラットフォームに拡張機能が追加されます。起動する前にいくつかのアクセス許可を付与させる必要があるかもしれません。ブラウザへのアクセスレベルに満足しているか確認してください – もしそうである場合、すぐにお使い頂けます。


ウォレットの初期化

これでウェルカムメッセージが表示されます。 


もしあなたが私たちのような人間である場合、カーソルでアイコンにめまいを起こさせるのにかなりの時間を費やすでしょう。


ウェルカムページでキツネを困らせることができたら、はじめに をクリックします。ここでは、シードフレーズをインポートするか、新しいフレーズを作成するかを確認するメッセージが表示されます。ウォレットを作成するをクリックしてください。次のページでは、開発者がアプリを改善するために匿名化されたデータを提出するかどうかを尋ねられます。お好きなオプションを選択してください。
今度はパスワードを作成する必要があります。もしあなたが、ソフトウェアの使用許諾書を実際に確認したい場合、利用規約 をクリックすることで、使用許諾書を確認することができます。それ以外の場合は、強力なパスワードを考え、ボックスにチェックを入れて、作成をクリックしてください。


シードワードのバックアップ

次の点は、独自のサブヘディングを保証するのに値します。MetaMaskは非仮想サービスであり、MetaMaskの開発者も含めて、誰もあなたの資金にアクセスできないことを意味します。トークンは、ブラウザ内の暗号化されたヴォールトの一種として存在し、パスワードで保護されています。つまり、パソコンを紛失したり、盗まれたり、破壊されたりしても、誰もウォレットの復元を手助けしてくれません。あなたの秘密鍵は、サイバースペースの虚空に永遠に失われます。
だからこそ、バックアップのフレーズを書き留めておくことが重要です。これは、不幸な出来事が発生したときにアカウントを復元するための唯一の方法です。提案されているように、単語を書き留めて、2〜3カ所に保存することをお勧めします。森の奥の耐火金庫で管理する必要はありませんが、損はないでしょう。


グレーのボックスをクリックすると、フレーズが表示されます。


次のページに移動すると、プログラムはフレーズの確認作業を求めます。これは、あなたが前のステップでフレーズの書き留めたことを確認しています。最初に書き留めていない場合は、戻るをクリックしてメモしてください
フレーズを確認して、次のステップに進みます。すべて完了をクリックすると、ウォレットのインターフェースが表示されます。

退屈な作業は完了しました。次は(テストネット)Etherで一攫千金を狙いましょう。


ウォレットへの入金

このチュートリアルでは、Ropstenテストネットを使用する予定です。本物のEthereumのネットワークとほぼ同じ機能を持つネットワークですが、そのネットワーク上のEtherに価値はありません。これらは、コントラクトを作成する際に、攻撃者が5,000万ドルの価値を流出させるような脆弱性がないかどうかを確認する際に便利なものです。今日、このネットワーク上で行ったすべてのステップは、本物のネットワーク上でも再現可能です。(残念ながら、無料でEtherを提供してくれる部分は除きます)
Ropstenテストネットにチューニングするには、右上のEthereumメインネットワークをクリックし、Ropstenテストネットワークを選択します。


Ethereumには様々なテストネットがあります。その違いが気になる方は、こちらの比較をご覧ください。


faucetを使用して、偽物のお金を手に入れて遊ぶことができます。MetaMaskに対応したブラウザでこのページにアクセスすると、いくつかの情報が得られます。


すごい!無料でお金がもらえる!


この小さなキツネのアイコンをクリックすると、いつでもMetaMaskのアカウント情報がポップアップで表示されます。(上のGIF画像で行っているように)アカウント1にカーソルを合わせてクリックすると、Ethereumのアドレスがクリップボードにコピーされます。それをフォームに貼り付けてテストEtherを送ってくださいをクリックしてください。

Ethereumの取引は一般的にすぐに確認されますが、1ETHがあなたのウォレットに反映されるまでにはしばらく時間がかかるかもしれません。ツールバーのキツネをクリックして、その有無を確認してください。

それが実現すれば、DAppsとの連携が可能になります。


分散型ウェブのアンロック

テストネットなので、遊べるアプリケーションの種類が少ないです。メインネットの分散型アプリケーションの包括的なリストについては、DAppsの現状またはDappradarをご覧ください。ゲームをしたり、世界にひとつだけの資産を購入したり、予測市場に賭けたりすることができます。
先ほどデモしたDAppを使用します。Uniswapは分散型取引所(DEX)で、仲介者に頼らずに取引ができることを意味しています。その仕組みはとても素晴らしいものです – 興味のある方は、Uniswapとは何か?そしてそれはどのように機能するか?をご覧ください。
こちらからアクセスしてください。右上に、ウォレットに接続するというプロンプトが表示されます。 セキュリティ上の理由で自動的に接続されないため、MetaMask対応のサイトでは何らかの形で表示されます。それをクリックすると、どのウォレットを使用するかを選択する画面になります。フォローしていない場合、そのウォレットはMetaMaskになります。

最初にサイトに接続する場合、MetaMaskダイアログが表示され、アクションの確認が求められます。アカウントを選択して(今のところ1つしかないので、そのまま)、付与する権限を確認することができるようになります。このケースでは、他の多くのケースと同様に、サイトはお客様のアカウントが管理するウォレットアドレスの情報を要求しています。


MetaMaskとプライバシー

何を許可するかを意識することが大切です。ウェブサイトがあなたのアドレスを知っている場合、そこを発着点とするEtherやトークンの取引をすべて確認することができます。さらに、それをIPアドレスと関連付けることができるのです。

重複を防ぐためにアドレスを分離することを好む人もいれば、こうしたリスクを気にしない人もいます。(何しろブロックチェーンは公開されています)どの程度のプライバシーを実現したいかは、最終的にはお客様次第です。原則として、信頼できないウェブサイトにはアクセスを許可しないでください。


DAIのためにETHをスワップ

最初のスワップを実行する時間です。ステーブルコインとして機能するERC-20トークンであるDAIを対象にして行います。しかし、このDAIはEtherと同じように、実世界での価値はありません。トークンの選択をヒットし、Uniswapデフォルトリストを追加し、DAIをクリックします。また、WETH(ラップEther)を選択することができます。
あとは、交換したいETHの量を入力することだけです。そうすることで、どれくらいのDAIを受け取ることができるかの目安がわかります。そして、私たちはそれでよいのです!ヒットスワップ


MetaMaskとのスワップを完了する。


MetaMaskでは、再度アクションを実行することが求められます。この場合、取引が作成される前にOKする必要があります。メインネットでこのようなことをする場合、手数料が多額になる可能性がありますので、手数料に満足しているかどうかを確認してください。

あとは、取引が確定するのを待つだけです!



トークンの表示方法

つまり、あなたのEtherは消えたものの、あなたのアカウントにはトークンが表示されません。焦る必要はありません – 手動で追加する必要があります。

より人気のあるトークンについては、ウォレットでトークンの追加を選択し、名前やティッカーを検索することができます。あまり知られていないもの(またはテストネット上のもの)については、コントラクトアドレスを追加する必要があります – コントラクトアドレスとは、MetaMaskが残高を確認するための識別子です。


  1. 拡張機能をクリックして、ウォレットを開きます。
  2. 上部のバーにある3つの点をクリックします。
  3. Etherscanの表示を選択します。
  4. 概要トークンのドロップダウンをクリックし、DAIを選択します。
  5. プロフィールの概要の下に、コントラクトアドレスが表示されているはずです。カーソルを合わせて、アドレスをコピーしてください。
  6. MetaMaskに戻り、トークンの追加をクリックします。
  7. カスタムトークンタブをクリックしてください。
  8. 先ほどコピーした内容をトークンコントラクトアドレスのフォームに貼り付けます。
  9. 残りは自動入力されます。次へをクリックし、続いてトークンの追加をクリックします。
  10. メイン画面に戻り、全体残高が表示されます。


おめでとうございます!あなたは、信頼性の高いEtherをDAIにスワップすることで、初めてDAppとやりとりしました。今まで学んだことは、すべて現実の世界で行うことができます。メインネットのアプリケーションで遊ぶ準備ができたら、Ropstenからメインネットワークに戻すことを忘れないでください。


その他知っておくべきこと

MetaMaskには、今日紹介した以外にもいくつかの素晴らしい機能があります。また、ハードウェアウォレットTrezorLedgerの両方に対応)を接続したり、コンタクトリストを作成したり、もちろん通常のウォレットと同じように資金を送受信することもできます。設定を確認して、自身に合った拡張機能をカスタマイズしてください。
それ以外は、通常のセキュリティ原則が適用されます。MetaMaskはホットウォレットであり、インターネットに接続されたデバイス上で動作します。そのため、攻撃のベクトルを減らすためにオフラインにしておくコールドウォレットよりも、より多くのリスクにさらされます。

最後に、MetaMaskを使用する際には、どのようなウェブサイトへのアクセスを許可しているかを意識する必要があります。


MetaMaskアプリ

MetaMaskのAndroid/iPhoneアプリは、外出先でWeb3アプリと連携するための優れたソリューションです。拡張機能と同様の機能を持ち、DAppブラウザが統合されているため、ボタンを押すだけで様々な分散型アプリケーションにアクセスできます。


MetaMaskアプリのブラウザです。


アプリケーションのワークフローは、ブラウザの拡張機能と非常によく似ています。自分のウォレットからEtherやトークンを直接送金したり、上で見たようにUniswapとやり取りすることもできます。 


アプリ内のプロンプトであるPoolTogetherに接続する。


まとめ

MetaMaskは、分散型ウェブを閲覧するための強力なツールです。このガイドのステップに沿って進んでいただければ、ウォレットの可能性を感じていただけると思います。現在、100万人以上のユーザーがいることからもわかるように、他のユーザーにも支持されています。

Ethereumスタックの発展に伴い、MetaMaskのようなアプリケーションは、既存のテクノロジーと新生の仮想通貨インフラの橋渡しをする重要なコンポーネントとなることは間違いありません。

MetaMask、Ethereumについて、その他に質問はありますか?アスクアカデミーにアクセスすると、コミュニティがそれらについて回答してくれます。