ハードウェアウォレットを使用すべき理由
目次
目次
はじめに
秘密鍵とは?
ハードウェアウォレットとは?
ハードウェアウォレットを使用すべき理由
ハードウェアウォレットの限界
2020年ハードウェアウォレットのレビュー
まとめ
ハードウェアウォレットを使用すべき理由
ホーム記事
ハードウェアウォレットを使用すべき理由

ハードウェアウォレットを使用すべき理由

初心者
Published Mar 4, 2020Updated Sep 16, 2021
6m

目次


はじめに

仮想通貨 に関しては、優れた管理方法が何よりも重要です。仮想通貨の世界は危険です – 悪意のあるアクターはどこにでもいて、ユーザーの資金を盗むための戦略を豊富に持っています。自身の コインを保護するための戦略を立てることは、最優先事項となります。 
お客様には、 様々な管理オプションの選択肢が存在するものの、各セキュリティや使用方法にはトレードオフがあります。 初めての方は、 取引所を利用される方が多いようです。これらのプラットフォームでは、多くの人に仮想通貨に触れる初めての機会を提供し、ユーザーは自身の資金をオンラインの ウォレットで管理することができます。しかし、ユーザーは技術的に自身のコインを管理することはできません。取引所がハッキングされたり、オフラインになったりすると、資金を回収できなくなる可能性があります。

それでもユーザーは、仮想通貨を取引所から移動する必要性を感じない可能性があります。そのためのスキルが不足している場合や、カストディアン・ソリューションの方が安全だと考えている場合もあります。結局のところ、自己管理は利用者がミスをした場合、資金の損失につながる可能性があります。

仮想通貨を自身で管理する場合、気が遠くなるかもしれません。しかし、セキュリティの観点からみると、ハードウェアウォレットは、比類なきものです。この記事では、それらが何であるか、どのように機能するか、なぜそれを使用すべきかについて説明します。


秘密鍵とは?

秘密鍵は、仮想通貨エコシステムへのパスポートです。多くの点で、それは現実の鍵のようなものです。この情報を使用して、あなたは資金のロックを解除することができます。もし他の誰かがあなたの秘密鍵を入手した場合、あなたの仮想通貨を盗むことができます。また、秘密鍵を失えば、仮想通貨へのアクセス権を失うことになります。分散型エコシステムには「パスワードを忘れた」というボタンはなく、不正取引を取り消すための問い合わせ先もありません。

要するに、秘密鍵は秘密かつ安全に保たれなければならないということです。仮想通貨のユーザーにとってはとてつもなく貴重な存在です。当然のことながら、ハッカーや詐欺師は常にコインを盗み出そうとしています –  フィッシング技術や マルウェアを使用して、ユーザーからコインを奪おうとするのです。

鍵の保存は簡単で、単なる数字と文字の列です。紙に書き留めて金庫に保管できます。しかし、資金を動かすために鍵を使用するには、仮想通貨を使用することができると証明するデバイスが必要です。


ハードウェアウォレットとは?

ハードウェアウォレットは、秘密鍵を安全に格納するために特別に設計されたデバイスです。それらはデスクトップやスマートフォンのウォレットよりも安全だと考えられています。その主な理由は、常にインターネットに接続していないからです。これらの特性は、デバイスをリモートで改ざんできないことを意味するため、悪意のあるユーザが利用できる攻撃のベクトルを大幅に削減します。

適切なハードウェアウォレットを使用することで、秘密鍵がデバイスから離れないようにすることができます。通常は、デバイス内の取り外しができない特別な場所に保管されます。

ハードウェアウォレットは常にオフラインであるため、別のマシンと一緒に使用する必要があります。ハードウェアウォレットの構造上、感染したPCやスマートフォンに接続しても秘密鍵が漏れる心配はありません。そこからは、ユーザーが残高を確認したり、取引を行ったりできるようにするソフトウェアと相互作用します。

ユーザーは、作成されたトランザクションをハードウェアウォレットに送信します (下図1)。トランザクションはまだ不完全であり、デバイスの秘密鍵で署名する必要があることに注意してください。ユーザーは、ハードウェアデバイスでプロンプトが表示された際に、金額とアドレスが正しいことを確認します。その時点で署名を行い、ソフトウェアに送り返され、仮想通貨のネットワークにブロードキャストされます。


ハードウェアウォレットを使用すべき理由

インターネットに接続されたコンピュータやスマートフォンに秘密鍵を保存するウォレットは、ユーザーの資金に対する様々な攻撃に対して脆弱性を残します。マルウェアは、これらのデバイス上での関連する活動を検知し、ユーザーの資金を流出させる可能性があります。

ハードウェアウォレットは、小さなスロットを備えた不可解な金庫のようなものです。ユーザーはネットワークが受け入れるトランザクションを作成したい場合、そのトランザクションをスロットに挿入します。スロットの反対側で、エルフが暗号魔法を使用してトランザクションに署名すると想像してみてください。このエルフは決して金庫から出ることはありません。エルフにできることは、トランザクションを受け取り、それを元に戻すことだけです。

誰かがあなたのハードウェアウォレットを入手したとしても、PINコードの形でさらに保護されます。誤った組み合わせを一定回数入力すると、デバイスがリセットされることがよくあります。

積極的に使用されていない資金 – つまり、使用、ステーク、レンディング、トレード – していない資金は コールドストレージで管理しておく必要があります。ハードウェアウォレットは、技術的な知識を持たないユーザーにとっても、これを実現する便利な手段です。 
ハードウェアウォレットは、紛失、盗難、破壊に備えてバックアップを取る必要があります。初期化の際には、ユーザーが自身の シードフレーズを記録するよう促されることよくがあります – これは、新しいデバイスで資金を回復するために使用可能な単語のリストです。これにより、誰もが自身のコインを使用することができるようになり、価値あるものとして扱われるようになります。これらを紙に書いて (あるいは金属に刻んで) 、個人的に安全な場所に保管することをお勧めします。


ハードウェアウォレットの限界

ハードウェアウォレットには、他の形式のストレージと同様に独自のトレードオフがあります。これらは、仮想通貨を保存するための最も安全な手段の1つであるものの、まだいくつかの制限があります。そのため、セキュリティと利便性のバランスを取る必要があります。例えば、スマートフォンやソフトウェアウォレットは便利であるものの、ハードウェアウォレットは操作が面倒です (実際に送金するには2台のデバイスを使用する必要があります)。

とはいえ、ハードウェアウォレットは完璧ではありません。ユーザーに対する物理的な脅威によって、ユーザーは攻撃者のためにウォレットのロックを解除せざるを得なくなる可能性があります。熟練した悪意のあるユーザーは、デバイスに物理的にアクセスするとができた場合、デバイスを悪用できる可能性があります。

しかし、いまのところは実際にハードウェアデバイスから秘密鍵を取得するハッキングは成功していません。脆弱性が報告された場合、販売元は通常すぐにパッチを適用します。研究者たちは、最も人気のあるウォレットに対する攻撃を実証しています。

また、ハードウェアウォレットデバイスのセキュリティを弱めるために、サプライチェーン攻撃が有効な場合があります。これは、ウォレット自体がユーザーの元に到着する前に、悪意のある者がウォレットを入手した場合に発生します。ウォレット自体を改ざんしてセキュリティを弱め、ユーザーがコインの入金後に資金を盗むことができるのです。

もう1つの制限は、ハードウェアウォレットが自身の手で管理されることです。第三者はあなたの資金を管理する責任がないため、多くの人はこれを利点と考えています。しかし、これはトラブルが発生した場合、救済手段がないことを意味します。


2020年ハードウェアウォレットのレビュー

バイナンスアカデミーでは、市場で最も人気のあるハードウェアウォレットのレビューを連載しています。


Ledger Nano S

これまでで最も人気のあるハードウェアウォレットの1つであるLedger Nano Sは、長期的な保有者と高頻度取引を行うトレーダーの両方から必需品とみなされています。Ledger Nano S 2020 Reviewをご覧ください。


Ledger Nano X

Ledger Nano Sの後継機種であるNano Xは、ワイヤレス機能やより多くの仮想通貨へのサポートなど、印象的な数のアップグレードを誇ります。Ledger Nano X 2020 Reviewをご覧ください。


Trezor One

ハードウェアウォレット業界の火付け役となった商品は、今でも健在です。手頃な価格でありながら高い機能を備えたTrezor Oneは、多くの仮想通貨保有者にとってのゴールドスタンダードであり続けています。Trezor One 2020 Reviewをご覧ください。


Trezor Model T

Trezor Oneのステロイド版です。価格は高くなりますが、タッチスクリーンを楽しむことができ、より多くのコインをサポートしています。また、将来のアップグレードのためにSDカード互換性を利用することができます。Trezor Model T 2020 Reviewをご覧ください。


Cobo Vault

黙示録に備える人に向けたウォレットです。頑丈なメタルケースに収納されたエアギャップ式タッチスクリーンデバイス – セキュリティを重視する方にお勧めです。Cobo Vault 2020 Reviewをご覧ください。


CoolWallet S

CoolWallet Sは、クレジットカードのようなサイズで、記憶に残るデバイスです。UI/UX面ではいくつかの犠牲を払っていますが、他と異なるものを求めている人には魅力的な商品です。CoolWallet S 2020 Reviewをご覧ください。


SafePal S1

SafePalは、その価格にしては非常に興味深いセキュリティ機能を実装しており、他のデバイスとの相互作用は最小限に抑えられています。SafePal S1 2020 Reviewをご覧ください。


KeepKey

ShapeShiftをネイティブに搭載したスマートなデバイスです。しかし、その可能性を最大限に発揮するためには登録が必要となります。KeepKey 2020 Reviewをご覧ください。


お客様のお気に入りのデバイスは見つかりましたか?@BinanceAcademyでツイートして教えてください!


まとめ

ハードウェアウォレットの限界は、その利点を上回るものではありません。カストディアン・ソリューションとして、ハードウェアウォレットのセキュリティを他の方法と比較することは困難です。単純にコールドストレージに代わるものは存在せず、資金の自己管理のリスクを大きく排除することができます。

ハードウェアウォレットを探す際には、利用可能なオプションの範囲をユーザー自身が認識する必要があります。市場には多くのデバイスがあり、それぞれに独自の機能、サポートされている仮想通貨、学習曲線を備えています。