Trezor Model T – ハードウェア・ウォレット・レビュー2022
目次
Trezor Model Tの仕様
箱の中身
Trezor Model Tの概要
Trezor Model Tの長所と短所
Trezor Model Tの価格
まとめ
Trezor Model T – ハードウェア・ウォレット・レビュー2022
ホーム記事
Trezor Model T – ハードウェア・ウォレット・レビュー2022

Trezor Model T – ハードウェア・ウォレット・レビュー2022

初心者
Published Mar 9, 2020Updated Jan 29, 2022
3m

コンテンツ


Trezor Model Tの仕様

サイズ (cm)

6.4 x 3.9 x 1.0

重さ

22 g

画面

RGB LCD (240 x 240 pixels)

入力

タッチスクリーン

接続

有線 (USB-C)

バッテリー電源

いいえ

互換性

Android、Linux、Windows 8+、macOS 10.11+。

サポートされているコインとトークン

1,000+

GitHub

https://github.com/trezor/trezor-firmware



箱の中身

  • Trezor Model Tデバイス
  • Trezorを装着するマグネットドック
  • スタートアップマニュアル
  • リカバリーシート
  • USB-AからUSB-Cケーブル
  • ステッカー


Trezor Model Tの概要

Trezor Oneのユーザーにとって、T型は親しみやすく、同時に異質なものに感じられるでしょう。モデルTは、前モデルに比べて明らかに大きくなっていますが、それでも手のひらにすっぽりと収まる大きさです。 

最大の違いは、先代モデルTのモノクロ画面と2つのボタンに代わって、カラフルなタッチディスプレイが採用されたことです。SDカードのサポートも統合されていますが、これはまだ使用されていません。 

今のところ、従来のシードフレーズのバックアップが必要です。デバイスはランダムに12の単語を生成し、それをメモして安全な場所に保管しなければなりません。Trezorが故障した場合は、これらを使用してユーザーの資金にアクセスすることができます。なお、コインはバックアップがないと復元できません。
Trezor Model Tは、何千ものコインやトークンをサポートするオープンソースのファームウェアで動作します。ユーザーは、同社の ウェブポータル、またはサードパーティのデスクトップアプリケーションやモバイルアプリケーションを使用して資金管理することができます。さらなる機能を求める場合 (例えば マルチシグネチャー Bitcoin取引)、Electrumなどの人気ウォレットはTrezorポータルでは利用できない機能を提供しています。

2段階認証を利用している方は、U2F規格でのログイン時にも同様にセキュリティを強化することができます。さらには、パスワード管理としての機能も備えています。



仮想通貨の購入を検討していますか? バイナンスでBitcoinを購入しましょう!



Trezor Model Tの長所と短所

長所

  • 様々なプラットフォームやアプリケーション対応
  • すべての主要ブロックチェーンと広範囲のトークンサポート
  • オープンソースファームウェア
  • スモールフォームファクタ

短所

  • 価格は、市場で最も高価なデバイスの1つです
  • 画面入力が複雑
  • 記事執筆時点では、SDカードスロットは使用していません


Trezor Model Tの価格

2020年2月の執筆時点で、Trezor Model Tの価格は$169.99です。

ハードウェアデバイスの完全性を確認するためには、製造者または正規販売店からのみ注文する必要があります。お使いになる前に、パッケージに手が加えられていないことを確認してください。


まとめ

Trezor Model Tは、先代モデルの流れを汲むモデルです。2018年、SatoshiLabsはTrezor Oneの機能の多くを改善したハードウェアウォレットで在庫を増やしました。カラータッチスクリーン、SDカードスロット、数千枚のコインへの対応など、Model Tは最新の仮想通貨ハードウェアウォレットに期待される機能を多く備えています。

Trezor Model Tは、多少の出費を厭わない人にとっては、ミニマムな他の製品よりもはるかにスムーズなユーザー体験を提供します。