CoolWallet S ハードウェアウォレットレビュー2020
目次
CoolWallet Sの仕様
箱の中身
CoolWallet S概要
CoolWallet Sの長所と短所
CoolWallet Sの価格
まとめ
CoolWallet S ハードウェアウォレットレビュー2020
ホーム記事
CoolWallet S ハードウェアウォレットレビュー2020

CoolWallet S ハードウェアウォレットレビュー2020

初心者
Published Mar 11, 2020Updated Apr 27, 2021
2m

CoolWallet Sの仕様

外形寸法(cm)

8.5 x 5.4 x 0.08

重さ

5g

画面

E-ink

入力方法

ボタン

接続

USB、Bluetooth

バッテリー

15mAhリチウムイオン電池

互換性

iOS、Android

サポートされているコインとトークン

1200種類以上

GitHub

https://github.com/CoolBitX-Technology/



箱の中身

  • CoolWallet S
  • USB充電器とケーブル
  • リカバリーカード


CoolWallet S概要

CoolWallet Sの形はハードウェアウォレット市場においてユニークです。しかしながら、e-inkディスプレイとボタンは少し使いずらいかもしれず、充電ドックは切断されやすいです。これは特に時間のかかるファームウェアのアップデートの時には不便となる可能性があります。

CoolbitXによるとCoolWallet Sの充電を満タンにするには2時間かかり、電池は最大2年間持続します。待機状態でも充電なしで3か月は使えますが、1か月に1回はデバイスに充電することをおススメします。

他の仮想通貨向けハードウェアウォレットと比べて、初期設定は少し時間がかかるかもしれません。シードフレーズの長さは調整可能ですが、シードフレーズの検証プロセスは独特なので、初心者にとっては複雑に感じるかもしれません。

CoolbitXアプリを使って、CoolWallet Sに入っているコインを管理することができます。少しシンプルではありますが、資産の移動や残高の確認などの基本的な機能を全て提供しています。CoolBitXアプリはまた、ChangellyとBinance DEXとネイティブに統合されており、ウォレットから直接資金を取引することができます。アプリとのBluetooth接続は、私たちのテストをでは、一貫して動作しました。



仮想通貨を始めたい方は、バイナンスでビットコインを購入しましょう!



CoolWallet Sの長所と短所

長所

  • スマートフォン、もしくはタブレットを使って設定することができます。
  • 持ち運びが簡単です。
  • 1時間までの防水仕様です。

短所

  • CoolWallet Sは多くのトークンをサポートしていますが、他のハードウェアウォレットと比べるとサポートしている独自ブロックチェーンの数は少ないです。
  • 設定プロセスが少し複雑かもしれません。
  • 他の仮想通貨ウォレットと比べた時、ユーザーエクスペリエンスという観点ではまだ改善の余地があります。


CoolWallet Sの価格

2020年1月時点では、CoolWallet Sは99$で販売されています。

製造メーカーから直接ハードウェアウォレットを購入することが強く推奨されます。中古のハードウェアウォレットを購入すると、秘密鍵が漏洩する危険性があります。


まとめ

CoolWallet Sはハードウェアウォレットとしては革新的なデザインです。CoolWallet Sは標準的なクレジットカードのような形のため、日常的に使うために持ち歩くのに理想的です。

まとめると、CoolWallet Sはハードウェアウォレット分野において、何か新しいものを使ってみたい人にとっては理想的な選択となるかもしれません。