Ledger Nano S – ハードウェアウォレットのレビュー 2022年版
目次
コンテンツ
Ledger Nano Xの仕様
箱の中身
Ledger Nano Xの概要
Ledger Nano Xの長所と短所
Ledger Nano S – ハードウェアウォレットのレビュー 2022年版
ホーム記事
Ledger Nano S – ハードウェアウォレットのレビュー 2022年版

Ledger Nano S – ハードウェアウォレットのレビュー 2022年版

初心者
Published Mar 12, 2020Updated Jan 14, 2022
3m

コンテンツ


Ledger Nano Xの仕様

サイズ (cm)

7.2 x 1.86 x 1.18

重さ

34 g

画面

128 x 64 OLED

入力

2つのボタン

接続

USB-C、Bluetooth

バッテリー

100 mAh リチウムイオン

互換性

  • 64ビットデスクトップPC (Windows 8+、macOS 10.8+、Linux)、ARMプロセッサを除く
  • iOS 9+ またはAndroid 7+ スマートフォン

サポートされているコインとトークン

1200種類以上

GitHub

https://github.com/LedgerHQ



箱の中身

  • Ledger Nano X
  • USB Type-Cケーブル
  • スタートアップ・リーフレット
  • 3枚のリカバリーシート
  • キーホルダーストラップ


Ledger Nano Xの概要

Ledger Nano Xは、ポケットに収まりやすいコンパクトなデバイスで、外出先で保有する仮想通貨を管理するのに便利です。Ledger Nano Sと比較すると、画面が少し大きくなり、ボタンの位置も良くなって押しやすくなりました。

Ledger Nano Xのセットアップは、デスクトップコンピューター、またはiOSやAndroidのデバイスを使って行うことができます。今回のテストでは、初期設定は非常にスムーズで、 初心者でも直感的に行うことができました。USB-CとBluetoothの両方を使ってデバイスをペアリングすると、何の問題もなく安定して動作しました。Ledger社によると、バッテリー駆動時間は約8時間で、バッテリーの寿命は約5年とのことです。

Ledgerのデバイスで保有する仮想通貨を管理する最も便利な方法は、デスクトップとモバイルの両方で利用できるLedger Liveアプリです。残高の確認や資産の送受信など、標準的な機能はすべて備えています。しかし、 SegWitの取引、取引所の統合、拡張公開鍵 (xpub) のエクスポート機能など、より高度な機能も提供しています。注目すべきは、Ledger Nano Xが バイナンスDEXにもネイティブに対応していることです。Ledger Liveでは、多くの資産をネイティブに管理することができますが、一部のコインでは、サードパーティ製のウォレットソフトウェアを使用する必要があります。
Ledger Nano Sの制限の1つは、同時にいくつかのアプリしかインストールできないことです。一方、Ledger Nano Xは同時に100個のアプリを保存できるため、多様化する ポートフォリオの管理に適しています。



仮想通貨の購入を検討していますか? バイナンスでBitcoinを購入しましょう!



Ledger Nano Xの長所と短所

長所

  • スマートフォン、もしくはタブレットを使って設定することができます。
  • 非常にポータブルで、バッテリーも内蔵されています。
  • すべての主要ブロックチェーンと広範囲のトークンをサポートします。
  • 使いやすいです。
  • 仮想通貨の追加が、迅速かつ直感的に行うことが可能です。
  • 複数の言語に対応しています。
  • Ledgerは2014年から運営している老舗企業です。

短所


Ledger Nano Xの価格

2020年1月現在、「Ledger Nano X」は$119で販売されています。 

ハードウェアウォレットは、必ずメーカーから直接購入することをお勧めします。ハードウェアウォレットの中古品を購入すると、秘密鍵が漏洩する危険性があります。


まとめ

Ledger Nano Xは、仮想通貨業界で最も有名なハードウェアウォレットメーカーの一つであるLedger社の最新製品です。その前身であるLedger Nano Sは、その使いやすさとスムーズなユーザー体験により、最も人気のある仮想通貨ハードウェアウォレットの1つとなっています。Ledger Nano Xは、コインの数量が増え、Bluetooth接続が可能になりました。

まとめると、Ledger Nano Xは、初心者にも上級者にも適した、使いやすく利用しやすいハードウェアウォレットです。