MetaMaskにArbitrumを追加する方法
目次
はじめに
MetaMaskのインストールと設定
ウォレットの設定
MetaMaskにArbitrumトークンの追加
まとめ
MetaMaskにArbitrumを追加する方法
ホーム記事
MetaMaskにArbitrumを追加する方法

MetaMaskにArbitrumを追加する方法

初心者
公開済 May 6, 2022更新済 Jun 15, 2022
4m

概要

MetaMaskはデフォルトでは、Ethereumのメインネットに繋がっている仮想通貨ウォレットです。ブラウザ用の拡張機能とモバイルアプリは、MetaMaskの公式ウェブサイトで見つけることができます。

ArbitrumのようなEthereum以外のネットワークに接続するためには、基本的なブロックチェーン情報をMetaMaskに追加する必要があります。この基本的な情報にはチェーンID。カスタムRPC URL、そしてネットワーク名が含まれます。Arbitrumトークンを追加するには、正しいトークンアドレスをインポートする必要があります。

MetaMaskに新しいブロックチェーンを追加するスキルを身に着けることは、BNB Smart Chain (旧Binance Smart Chain) やPolygonなどの他のEVMネットワークを追加する時にも役に立ちます。


はじめに

Arbitrumブロックチェーンを使用するには、 MetaMaskのような互換性のある仮想通貨ウォレットが必要です。ただし、MetaMaskでは、デフォルトのブロックチェーンとしてArbitrumが自動的に追加されるわけではありません。Arbitrumに接続するためのウォレットの設定は簡単なプロセスであり、すぐに行うことができます。


MetaMaskのインストールと設定

1. MetaMaskは、MetaMaskのウェブサイトでChrome、iOS、またはAndroidで利用することができます。拡張機能をダウンロードする前に、公式ウェブサイトを利用していることを確認してください。


2. 拡張機能をインストールすると、MetaMaskウェルカムページが表示されます。[Get Started] をクリックして次に進みます。


新規にウォレットを作成する場合は、[Create a Wallet] ボタンをクリックします。また、[Import wallet] オプションを使用して、 シードフレーズから古いウォレットをインポートすることもできます。


4. 匿名の使用状況データをMetamaskと共有したい場合は、この段階で共有することができます。これを受け入れても拒否しても、MetaMaskの使用には影響しません。


5. ここで、あなたのウォレットのための安全なパスワードを作成します。これはシードフレーズではないことに注意してください。パスワードは、単に誰かがあなたのデバイスを使って、そのウォレットにアクセスするのを防ぎます。パスワードを忘れてしまっても、シードフレーズでいつでも自分の仮想通貨にアクセスすることができます。


6. パスワードを選択した後、MetaMaskはあなたのウォレットのシードフレーズに関する情報を提示します。仮想通貨ウォレットの仕組みに慣れていない場合は、この情報を注意深く確認してください。


3. シードフレーズが表示されます。ロックをクリックすると、単語が表示され、正しい順序でメモを取ることができます。このフレーズは安全な場所(できればオフライン)に保管し、誰とも共有しないでください。この単語の羅列は、あなたのウォレットとその中身の最終的なバックアップです。[Next] をクリックして続けます。


8. 正しい順序で単語を選択して、シードフレーズを繰り返す必要があります。終了後、[Confirm] をクリックします。


9. これでMetaMaskウォレットは使用可能です。[All Done] をクリックすると、自分のウォレットが表示されます。


10. MetaMaskをChromeブラウザに固定するには、パズルアイコンをクリックして選択します。MetaMaskは最初はEthereumにのみ接続されます。次に、MetaMaskをArbitrumに接続する方法を見ていきます。


ウォレットの設定

1. ウォレットにArbitrumの機能を追加するには、MetaMaskに簡単なネットワークの詳細を追加する必要があります。まず、MetaMaskを開き、ネットワークのドロップダウンメニューをクリックします。


2. ポップアップの [Add Network] をクリックします。


続いて表示される [Add Network] ページで、以下の内容を追加します。終了後、[Save] をクリックします。

ネットワーク名

Arbitrum One

新しいRPCのURL

https://arb1.arbitrum.io/rpc

チェーンID

42161

通貨シンボル

ETH

ブロックエクスプローラーのURL



4. これで、Arbitrumネットワークに正常に接続されました。


MetaMaskにArbitrumトークンの追加

ArbitrumトークンをウォレットUIに表示するには、手動で追加する必要があります。ウォレットはインポートされていないトークンを受け取りますが、ネイティブには表示されません。

1.まず、Arbiscanにアクセスし、トークンコントラクトと追加するトークンの詳細を見つけます。トークンがArbiscanにない場合は、プロジェクトの公式ウェブサイトからコントラクトアドレスを取得します。詐欺師が作成した偽のコントラクトには常に注意する必要があります。


2. MetaMaskに戻り、[Import tokens] をクリックします。


3. トークンのコントラクトアドレスをペーストすると、MetaMaskに残りの詳細を入力する必要があります。そうでない場合は、手動で追加します。終了するには、[Add Custom Token] をクリックします。


4. そして、[Import Tokens]をクリックします。


5.ウォレットには、追加したトークンの残高が表示されます。



まとめ

MetaMaskでArbitrumメインネットを設定した後は、仮想通貨の送金、NFTの収集、DeFiやDAppのスマートコントラクトの使用を自由に開始できます。拡張機能の中だけで、トークンをスワップすることもできます。ただし、トランザクションコストを支払うためにウォレットにETHを入れてください。ETHは、Ethereumメインネット上のETHをArbitrumブリッジを使用して、ラッピングすることで入手することができます。

MetaMaskはEthereumとArbitrumだけのものではありません。このウォレットは、BNB Smart Chainを含むEthereum仮想マシン (EVM) エコシステム全体を実際にサポートしています。このチュートリアルのスキルを使用すると、チェーンを追加し、正しい詳細でそれらを使用できるようになります。