管理型ウォレットと非管理型ウォレットの違いとは?
目次
はじめに
 仮想通貨ウォレット の仕組み
管理型 仮想通貨ウォレットとは?
非管理型の仮想通貨ウォレット とは?
管理型と非管理型ウォレットの比較
管理型ウォレットの長所と短所
非管理型のウォレット の長所と短所
仮想通貨にはどの ウォレットタイプ を使用するべきでしょうか?
まとめ
管理型ウォレットと非管理型ウォレットの違いとは?
ホーム記事
管理型ウォレットと非管理型ウォレットの違いとは?

管理型ウォレットと非管理型ウォレットの違いとは?

初心者
公開済 Mar 23, 2022更新済 Apr 29, 2022
7m

概要

あなたの仮想通貨がどこにどのように保存されているのか気になったことはありませんか? トークン保有者が仮想通貨を管理するために使用する 仮想通貨ウォレット には、さまざまな種類があります。しかし、一般的には 管理型ウォレットと非管理型ウォレット の2つに大別されます。

 Binance Custodyのような管理型ウォレットは、あなたのウォレットの 秘密鍵 を保有し、あなたの資産を預かるサービスです。通常の バイナンス アカウントは、管理型ウォレットでもあります。これに対し、 非管理型のウォレットを利用することで、自分自身で資産を 完全に管理 することができます。 MetaMask や Binance Chain Walletは、 非管理型ウォレットの一例です。

管理型ウォレットも 非管理型ウォレット も、それぞれ長所と短所があります。ここではその違いを説明した上で、どのような場合に使い分けるかを解説します。

 

はじめに

 Bitcoin や他の 仮想通貨を利用したことがある方は、 デジタルウォレット を持つことが必須であることをご存じでしょう。トランザクションを実行したり、 仮想通貨取引所で取引をしたり、 ブロックチェーン アプリケーションの利用を希望する場合は、ウォレットが必要です。そのため、 仮想通貨ウォレット の仕組みや、非管理型ウォレットプロバイダーと 管理型ウォレットプロバイダーの主な違いについて理解することが重要です。


 仮想通貨ウォレット の仕組み

要するに、 仮想通貨ウォレット は、 ブロックチェーン ネットワークと連携するために使用することができるツールです。中でも、 仮想通貨 の送受信や分散型アプリケーション (DApps) へのアクセスに使用することができます。

技術的に言えば、 仮想通貨ウォレット は実際にあなたの デジタル資産 を 管理するものではありません。その代わり、仮想通貨を使用するために必要な情報を生成してくれます。 初心者にわかりやすいように、ほとんどのユーザーがこの用語を採用しているため、この記事ではこの用語を使用します。 

中でも 仮想通貨ウォレット は、 公開鍵 と 秘密鍵という2つの主要なコンポーネントで構成されています。

もし他の誰かがあなたに仮想通貨を送りたい場合、あなたのウォレットの 公開鍵によって生成されたあなたのアドレスの1つに対してトランザクションを実行することができます。ウォレットアドレスと 公開鍵 は、他の人と共有することができます (そのため、公開という用語があります)。 

 秘密鍵は秘密のパスワードのようなもので、トランザクションの署名や資金へのアクセスを行います。 秘密鍵 を安全に管理する限り、どのデバイスからでも仮想通貨にアクセスすることができます。

 仮想通貨 はデジタルですが、秘密鍵と 公開鍵 を持つ 仮想通貨ウォレット は、紙に印刷したり、デスクトップ・ウォレット・ソフトウェアを介してアクセスしたり、 ハードウェアウォレット デバイスに オフライン で保存したりと、様々なオプションがあります。

また、一部のウォレットでは、 ブロックチェーン上で発行された非代替性トークンである NFT を管理・送金するオプションが用意されています。

しかし、 ウォレットの種類にかかわらず、あなたは常に管理型または 非管理型の仮想通貨ウォレットを持つことになります。

 

管理型 仮想通貨ウォレットとは?

管理型 仮想通貨ウォレット は、その名の通り、あなたの資産があなたのために管理されるものです。つまり、第三者がお客様に代わって 秘密鍵 を保持・管理することになります。つまり、資金を 完全にコントロール することはできず、トランザクションに署名することもできません。しかし、管理型 仮想通貨ウォレットサービス を使用することは、必ずしも悪いことではありません。

Bitcoin の初期には、すべてのユーザーが自分のウォレットと 秘密鍵を作成し、管理する必要がありました。「自分だけの銀行」は多くのメリットをもたらしますが、経験の浅いユーザーにとっては不便であり、危険でさえあります。 秘密鍵 が漏洩したり紛失したりすると 仮想通貨 へのアクセスを永久に失うことになります。 ブロックチェーンの分析報告によると、300万 BTC 以上が永遠に失われている可能性があるとのことです。

また、仮想通貨を相続する際に 秘密鍵 を元の仮想通貨の保有者のみが保持していたため、復元できなかった例もあります。管理者と資産へのアクセスを共有することで、このような事故を防ぐことができます。 

 仮想通貨取引所 のパスワードを忘れてしまった場合でも、カスタマーサポートに連絡すれば、アカウントや資産にアクセスすることができるはずです。しかし、 非管理型ウォレットを使用している場合、仮想通貨を安全に保管する責任はあなたにあります。

だから、多くの場合、 管理型ウォレットサービスに頼ることに意味があるのです。しかし、これは同時に 秘密鍵 を第三者に預けることを意味します。だからこそ、信頼できる取引所やサービスプロバイダーを選ぶことが重要なのです。

管理者サービスプロバイダーを検討する際に注目すべき情報は、規制の有無、得られるサービスの種類、 秘密鍵 の保管方法、保険の有無などです。

例えば、 Binance Custodyは、規制とコンプライアンスに準拠しており、 バイナンス の法人アカウント向けに標準的な保険を提供しています。また、犯罪保険やその他のオーダーメイドの保険もご要望に応じて提供します。 また、Binance Custodyはマルチシグネチャーウォレット (multisig)を使用しています。これは、仮想通貨のトランザクションを実行する前に、複数の当事者による承認を必要とし、中央集権的なリスクを取り除くプロトコルです。

 

非管理型の仮想通貨ウォレット とは?

非管理型の仮想通貨ウォレットとは、保有者のみが秘密鍵を保持・管理するウォレットのことです。自分の資金を管理したいユーザーには、非管理型ウォレットが最適です。仲介者が存在しないため、ウォレットから直接仮想通貨を取引することができます。秘密鍵やシードフレーズを管理・保護する方法を知っている経験豊富なトレーダーや投資家にとっては良い選択肢となるでしょう。

分散型取引所 (DEX) や分散型アプリケーション (DApp) と連携する際には、 非管理型ウォレット が必要です。Uniswap、SushiSwap、PancakeSwap、QuickSwaは、非管理型ウォレットを必要とする分散型取引所の代表的な例です。
Trust WalletMetaMaskは、 非管理型ウォレットサービス プロバイダーの好例です。しかし、これらのウォレットでは、 シードフレーズ と 秘密鍵 の安全な管理は、すべてお客様の責任であることを忘れないでください。

 

管理型と非管理型ウォレットの比較


管理型NFTサービス

非管理型NFTサービス

秘密鍵

所有権は第三者

所有権はウォレット保有者

アクセシビリティ

登録済アカウント

誰でもアクセス可能

トランザクションコスト

一般的に高い

一般的に低い

セキュリティ

一般的に低い

一般的に高い

サポート

一般的に高い

一般的に低い

KYC要件

はい

いいえ

 

管理型ウォレットの長所と短所

前述の通り、管理型ウォレットの大きな欠点は、資金と 秘密鍵 を第三者に預けなければならないということです。ほとんどの場合、これらのサービスプロバイダーは本人認証 (KYC) を要求します。しかし、メリットは安心感と利便性です。 秘密鍵 を紛失する心配もなく、トラブルが発生した際もカスタマーサポートに問い合わせることができます。

管理型サービスを利用する際には、高いセキュリティと保険に加入している信頼できる会社を選ぶようにしましょう。規制やコンプライアンスを遵守している管理者に注目してください。

仮想通貨管理者によっては、他の条件を満たしていない場合があります。例えば Binance Custodyはカストディサービスプロバイダーで、現時点では法人ユーザーのみを受け入れています。詳細については、 Binance Custodyに関するよくある質問をご確認ください。

 

非管理型のウォレット の長所と短所

第三者による管理者が存在しない 非管理型ウォレット は、鍵や資金を 完全に管理 することができます。つまり、資産はまさにあなたのものであり、あなた自身があなたの銀行になることができるのです。また、非管理型トランザクションでは、 出金 承認を待つ必要がないため、より迅速な取引ができる傾向にあります。また、管理者を介さないため、管理型手数料がかからず、選択したサービスプロバイダーによってはコストがかかる場合があります。

これまで見てきたように、 非管理型のウォレット を使用するデメリットは、アクセシビリティや使いやすさに関するものです。これらは通常、 ユーザーフレンドリー ではなく、初めて仮想通貨を保有する人にとっては課題があります。非管理型サービス事業者の進化に伴い、将来的には解決されるはずです。

もちろん、鍵の管理も自己責任で、自分自身で注意しなければなりません。つまり、資金の管理を誰かに任せるのではなく、自分自身を信頼する必要があるのです。

 仮想通貨を保護し、 ハッカーから身を守るために、以下の セキュリティ対策 を検討する必要があります。
  • 強固なパスワードの使用。

  • 2段階認証 (2FA) の使用 (より強固な保護が可能になります)。 

  •  詐欺フィッシング攻撃に対する注意。
  • リンクをクリックする際や新しいソフトウェアをダウンロードする際に慎重になること。

 

仮想通貨にはどの ウォレットタイプ を使用するべきでしょうか?

どちらの ウォレットタイプ も、NFTを含む 仮想通貨 を管理するのに適しています。多くのトレーダーや投資家は、状況に応じて両者を使い分けています。ただし、使用するウォレットが保存する仮想通貨の種類に対応していることを確認する必要があります。すべて同じように保存できるわけではありません。

様々な種類の仮想通貨を運用しているブロックチェーンネットワークがあります。これらの種類をトークンの規格で分類することができますが、同じトークンを異なる規格で複数のブロックチェーン上で動作させることがあることに留意してください。例えば、BNBはBNB Smart Chain上ではBEP-20として、またBNB Beacon Chain上ではBEP-2トークンとし使用されます。

 ここでは、代表的なトークン規格を紹介します。

  • BNB Smart Chain: BEP-20、BEP-721、BEP-1155

  • BNB Beacon Chain: BEP-2

  • Ethereum:  ERC-721、ERC-1155

  • Solana: SPL

MetaMask、Trust Wallet、 MathWallet は、最も一般的で人気のある 仮想通貨を受け入れる 非管理型ウォレット です。ウォレットがどのようなトークンをサポートしているか不明な場合は、そのウォレットの公式FAQやドキュメントを確認してください。

ユーザーの要求を満たすために常にアップグレードしているウォレットは、時間が経つにつれてより多くのトークンをサポートするようになることもあります。例えば、 Binance Custodyは現在、 BTC、ETH、BCH、LTC、BUSD、BNB、CAKE、その他多くのERC-20トークンをサポートしています。 Binance Custodyは、ユーザーの需要をサポートするため、徐々にトークンの種類を増やしていく予定です。


まとめ

管理型ウォレットと 非管理型ウォレットについては、ほとんどの仮想通貨ユーザーは両方を使用しています。それはすべてあなたのニーズによって異なります。資産を完全に管理 するのが好きな方、あるいは単に ブロックチェーン技術 を使用して DeFiのアプリケーションと連携したい方は、 非管理型ウォレット を検討するとよいでしょう。しかし、取引や投資をしながら保管の面倒をみてくれるサービス業者をお探しなら、信頼できる管理型 ウォレットサービス 業者 を探すとよいでしょう。

管理型ウォレット、非管理型ウォレットのいずれを利用する場合でも、資金の安全性を高めるために常に注意し、一番良い方法を採用する必要があることを心に留めておいてください。