分散型金融(DeFi)において、詐欺を見抜く方法
目次
はじめに
プロジェクトの目的は何ですか?
開発アクティビティ
スマート・コントラクト・オーディット
創設者は匿名ですか?
トークンの分配方法とは?
出口詐欺の可能性はどれくらいですか?
まとめ
分散型金融(DeFi)において、詐欺を見抜く方法
ホーム記事
分散型金融(DeFi)において、詐欺を見抜く方法

分散型金融(DeFi)において、詐欺を見抜く方法

初心者
Published Nov 20, 2020Updated Aug 30, 2021
6m

免責事項:本記事は、DeFiユーザーおよび投資家を保護するための一般的なガイダンスを提供することを目的としています。これは網羅的なリストでもなく、財務的なアドバイスとして受け取るべきではありません。バイナンスアカデミーはお客様の投資判断に責任を負いません。


概要

多くの人が、魅力的な金融イノベーションに興味を持つようになると DeFiを利用した詐欺師の手口も増えていきます。
特にDeFiは容赦のない空間です – 通常、 資金回収や、悪意のあるアクターなどに責任を負わせる最善策がありません。しかし、どのような点に注意するべきかを認識すれば、詐欺師に利用される可能性を軽減することができるかもしれません。


はじめに

分散型金融(DeFi)はイノベーションに溢れています。刻々と新しいDeFiプロジェクトがローンチされいるように見えますが、 DYORはおろか情報を追うことさえ非常に困難です。
私たちはブロックチェーンはパーミッションレスであるという話をよくしますが、– これは基本的に "パブリック "であることを前提にしています。誰もがそれらを使用したり、開発したり、プロジェクトをローンチするための許可を必要としません。この価値は、Bitcoinなどの仮想通貨固有のものですが、負の側面もあります。

誰でも詐欺的な、あるいは誤解を招くようなプロジェクトをローンチすることができ、それを止める手段はありません。技術的には何もありません。– 私たちはコミュニティとして、正当なイノベーションと誤解を招くスクラップを区別するいくつかの共通パターンをお互いに確認することができます。

では、どのような点に気をつければよいのでしょうか?


プロジェクトの目的は何ですか?

この質問は、初めてDeFiを利用する人にとっては、当然のことのように思えるかもしれません。

しかし、大多数の仮想通貨は新たなイノベーションを提供していません。もちろん、非常にエキサイティングなイノベーションもあります – だからこそ、私たちはここにいるのです!しかし、大半の新しいプロジェクトは、革新的な試みをすることなく、単にDeFiに注目を集めようとしています。

そこで、1つのポイントとして – このプロジェクトは、何か新しい革新的なことをしようとしているのか?彼らはこのプロジェクトで新しいデジタル経済に貢献しようとしているのか?競合他社との違いは何か?ここに独自のバリュー・プロポジションがあるのか?

これらはとてもシンプルで常識的な質問です。しかし、彼らに聞くことで、詐欺のかなりの部分を除外することができます。


開発アクティビティ

また、開発者のアクティビティにも注目してみてください。DeFiは、 オープンソースの理念と密接に結びついています。

そのため、少しでもコーディングの知識があれば、自分でコードを確認することができます。しかし、オープンソースの素晴らしいところは、そのプロジェクトに十分な関心が寄せられれば、他の人たちも必ずそうするということです。これにより、そのプロジェクトに悪意があるかどうかを発見できる可能性があります。

さらに、開発アクティビティにも目を向けることができます。開発者は常に新しいコードをリリースしているのか?この指標は不正に利用されることもありますが、開発者が本物なのか、それとも手っ取り早くお金を稼ぎたいだけなのかを見極めるための良いバロメーターになります。


スマート・コントラクト・オーディット

スマートコントラクトやDeFiではよく監査が行われます。監査とは、コードの安全性を確認するためのものです。これらはスマートコントラクト開発の重要な部分ですが、多くの開発者は監査なしでコードをデプロイしています。これにより、これらのコントラクトを使用するリスクが大幅に増加する可能性があります。

ここで注意すべきことは、監査には費用がかかるということです。正規のプロジェクトは通常、監査費用を支払うことができますが、詐欺プロジェクトでは、監査を行いません。

では、監査を受けたプロジェクトであれば、完全に安心して使用できるということでしょうか?いいえ。監査は必要ですが、どんな監査も完全な安全を意味するものではありません。スマートコントラクトに資金を入金する際には、常にリスクを意識してください。


創設者は匿名ですか?

仮想通貨の世界は、インターネットが提供する匿名性(および偽名性)の自由に深く根付いています。結局のところ、最初に 仮想通貨を作成した人物(またはグループ)である サトシ・ナカモトの正体を知ることはおそらくないでしょう。

しかし、匿名で設立されたチームには、考慮すべき追加のリスクがあります。詐欺師であることが判明した場合、責任を問われない可能性が高いです。オンチェーンの分析ツールはますます洗練されてきていますが、創設者が現実世界のアイデンティティと結びついた評判持っているかどうかは別問題になります。

なお、匿名チームが主導するプロジェクトのすべてが詐欺というわけではありません。世の中には、匿名チームによる正当なプロジェクトの例がたくさんあります。それでも、プロジェクトを評価する際には、チームの匿名性の影響を考慮する必要があります。

要約すると、匿名の創設者が存在するプロジェクトを悪いと判断することはできません。しかし、匿名の創設者が存在するプロジェクトは、悪意のある行為に対して責任を追求するのは難しいといえます。



トークンの分配方法とは?

トークンエコノミクスは、DeFiプロジェクトを調査する際に考慮すべき重要な側面です。詐欺師が利益を得る方法の1つは、大量に保有している間にトークン価格を膨らませ、それを市場に投売りすることです。 

例えば、 循環供給量の40ー50ー60%が公開市場で販売されたらどうなるでしょうか?トークン価格は下がり、その価値の大半が失われてしまいます。創設者に大量のトークンが割り当てられていること自体は問題ではないものの、将来的に問題になる可能性があります。 
割り当てに加えて、トークンの配布方法も考慮する必要があります。それは、お得な価格で購入し、ソーシャルメディアでプロジェクトを宣伝する関係者だけが利用できる、独占的な先行販売によって行われるのでしょうか?それはイニシャル・コイン・オファリング(ICO)として販売していますか?彼らは、仮想通貨取引所の評判を危険にさらす可能性のあるイニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)を行っていますか?彼らは多くの売り圧力を引き起こす可能性が高いエアドロップを介してトークンを配布していますか?

トークン配布モデルには、考慮すべき多くのニュアンスがあります。多くの場合、この情報を入手することさえ困難であり、それ自体が危険信号になることがあります。ただし、プロジェクトの全体像を把握するには、この情報が不可欠です。


出口詐欺の可能性はどれくらいですか?

イールド・ファーミング(または流動性マイニング)は、DeFiトークンをローンチするための新しい方法です。多くの新しいDeFiプロジェクトでは、プロジェクトに有利な分配基準を作成できるため、この分配方法を採用しています。ユーザーは資金をスマートコントラクトにロックし、その見返りとして新たに発行されたトークンの一部を得るというものです。

この先の展開については容易に想像することができます。プロジェクトの中には、流動性プールの資金をそのまま利用するものもあります。より洗練された手法を用いたり、巨大なプレマインを所有者も存在するでしょう。 

さらに、新しいアルトコインは、しばしば 自動マーケットメイカー(AMM)Uniswapおよび Sushiswapに最初に上場されます。プロジェクトチームがAMMの市場ペアに相当量の流動性を提供している場合は、それを削除してトークンを市場に投入することも可能です。その結果、トークンの価格は実質的にゼロになってしまいます。基本的に、販売できる市場が残っていないため、これはrug pull(ラグプル)と呼ばれています。


まとめ

収穫量の多い イールドファームに参加したい場合や、単に分散型プロトコルを使用してスワップや取引を行う場合でも、DeFi詐欺は豊富にあります。これらの一般的なガイドラインが、悪意のあるプロジェクトや悪意のあるアクターを見分けるのに役立つことを願っています。
DeFi市場や出口詐欺について、まだ質問がありますか?Q&Aプラットフォームの アスクアカデミーでは、バイナンスコミュニティがあなたの質問に答えてくれます。