SocialFiとその重要性
ホーム
記事
SocialFiとその重要性

SocialFiとその重要性

初心者
公開済 Oct 13, 2023更新済 Dec 12, 2023
6m


概要

  • SocialFiは、分散型金融の原理とソーシャルメディアの融合です。SocialFiでは、コンテンツクリエイターが直接データを管理でき、そして直接ユーザーとやり取りできるようになっています。

  • 中心となる特徴として、ソーシャルキャピタルのトークン化、ブロックチェーンベースのデータストレージ、分散型自律組織(DAO)を介したガバナンスなどが挙げられます。

  • SocialFiプラットフォームには、多くの人々の間で普及するに当たり、拡張性と経済的持続性に関する2つの大きな課題を克服する必要があります。

  • SocialFiは、より透明性が高く、公平かつユーザー中心のデジタルソーシャルメディア環境を実現することを最大の目標としています。

Web3とソーシャルメディア

Web3が目指すのは、中央集権的な企業からデータの所有権と主権をユーザーに取り戻すことです。このイデオロギーの転換は、クロスボーダー決済や金融などの分野にすでに影響を与えています。一方、Web2からWeb3へのシフトでは、ソーシャルメディアにおいても大きな変化をもたらす可能性があります。ソーシャルメディア・プラットフォームが次に挙げる特徴を備えることになると想像してみるとわかりやすいでしょう。

  • 中央管理機関がすべてを管理する存在ではなく単なる仲介者となることで、ユーザーが自らのデータをより自由裁量で管理できる。

  • トランザクション処理に仲介者を必要としないため、手数料を節約できる。

SocialFiのルーツとなるのは上記の考え方であり、ソーシャルネットワーキング・プラットフォームの「Web3バージョン」と言えます。

SocialFiとは

SocialFiは、「ソーシャルメディア」と「ファイナンス」の合成語です。ソーシャルメディア・プラットフォーム上でユーザー同士が交流でき、その交流自体を収益化できることを基本原理としています。主にYouTubeコンテンツ製作者、ミュージシャン、ウェブコミック作者向けのクラウドファンディングプラットフォームとして機能しているPatreonの仕組みが分かりやすい例となるでしょう。コンテンツクリエイターは、自分のコンテンツへのアクセスを有料ユーザーに限定できます。SocialFiのユーザーは、1つの大きな違いを除いて同じ原理でサービスを利用します。その違いとは、コンテンツクリエイターが中央集権的な仲介者を介さずユーザーと直接交流できる点にあります。以下、SocialFiプラットフォームを特徴づける要素を挙げておきます。

  • 独占コンテンツのデジタル所有権は、NFTによって決定される。

  • プロトコルのガバナンスは、分散型自律組織(DAO)が責任を負う。

SocialFiとDeSocの比較

SocialFiと分散型ソーシャルネットワーク(DeSoc)には多くの共通点があるものの、大きな違いがあります。SocialFiの中核的要素は社会的交流の収益化であり、PatreonとInstagramの違いによく似ています。どちらのプラットフォームもコンテンツを提供することで視聴者を惹きつけるものの、一方は金銭的トランザクションを重視しており、もう一方は社会的なつながりを重視している点で、それぞれの背後にある主な意図が異なっています。

SocialFiの必要性

ソーシャルメディアは、私たちのコミュニケーション、共有、収益化の在り方を大きく変えました。しかし、現状のWeb2プラットフォームは、個人に真の力を与えるには不十分となっています。一元管理されることで個人のブランド価値が薄まり、検閲、プライバシー、データの収益化に関する疑問が生まれています。

SocialFiは、Web3の基本的価値観と原則に深く根ざしています。個人のブランド価値に結びついたソーシャルトークンを導入することで、オンラインでの社会的交流の在り方を再定義します。ユーザーはもはやプラットフォームの収益モデルの受動的な参加者となるのではなく、自分の影響力、関与、コンテンツを収益化できるようになるのです。このトークン化によって力の均衡が変化し、中央集権的な事業者ではなく、個々の貢献者の手に管理と価値が委ねられることになります。「ソーシャルキャピタル」とは、もはや抽象的な指標ではありません。ソーシャルトークンによって、個人のソーシャルキャピタルは実際に計算され得るものとなり、活用できるようになります。

SocialFiは、分散型デジタル時代における個人のブランド化、コンテンツ制作、コマースのギャップを埋めるものです。個人が認知され、正当な報酬がもたらされ、オンライン上のプレゼンスとやり取りにおいて主体性を持つ、より公平、透明、かつ権限のある社会的エコシステムが約束されています。

SocialFiは、収益化だけでなく、言論の自由と検閲の問題にも取り組んでいます。分散型キュレーションを推進することで、コンテンツモデレーションは集団的責任となり、その過程が民主化され、集中型システムで起こり得る偏向を軽減します。

最新のSocialFiプロジェクト

SocialFiの人気プロジェクトを紹介します。

Friend.tech(BASE)フレンドテック(ベース)

Friend.techはBase上に構築された新しい分散型アプリで、クリエイターがソーシャルトークンを使ってコンテンツを資産化できます。独自の「key」システムはshareの象徴であり、クリエイターのプライベートチャットやその他独自の特典への独占的なアクセスがもたらされます。

Friend.techが進化するにつれて、クリエイターとコミュニティの交流に大きな変革をもたらすことが期待されます。しかし、発展途上であるため、十分な注意が必要です。Friend.techは、純粋に話題の大きさから見て、現在最大のSocialFiプロジェクトと言えます。

Stars Arena(スターズアリーナ)

Avalanche(アバランチ)ネットワーク上のWeb3プラットフォームであるStars Arenaは、ユーザーが自分のX(旧Twitter)アカウントを連携し、AVAX上で取引しコンテンツを収益化できます。Friend.techのフォークであるStars Arenaは、インフルエンサーによる独占コンテンツの提供でファンベースを収益化することもできます。

人気の高まりにもかかわらず、Stars Arenaに課題がないわけではありません。今週の初めに発生した脆弱性攻撃により$2,000の損失が発生しました(問題は解決済みと報告されています)。

SocialFiの利点

ここでは、SocialFiの長所をいくつか紹介します。

  • 分散型ストレージ:SocialFiのデータは、すべてブロックチェーン上に保存されます。そのため、中央集権的な事業者によってデータが悪用されることはありません。これにより、個人データの流出や悪用の可能性に関連するリスクが大幅に軽減されます。

  • トークン報酬:コンテンツ作成者も一般ユーザーも、ソーシャルへの参加やコンテンツ共有によってトークン報酬を得られます。

  • 注目度のトークン化:注目とインタラクションを生み出す質の高いコンテンツを制作するインセンティブにつながります。

  • コンテンツの所有権:コンテンツの所有権はユーザーが保持し、アップロードした素材の権利を失う心配も軽減されます。

  • プラットフォーム継続性の保護:ガバナンスはDAOによって管理されるため、単一の事業者の意向によって突然プラットフォームが閉鎖される懸念が少なくなります。

  • 言論の自由:検閲の懸念が軽減され、SocialFiプラットフォームは表現の自由とデータ保護を守る重要なツールとなります。

SocialFiの課題

SocialFiアプリケーションの大規模な普及を妨げる可能性のある障害をいくつか挙げておきます。

1. 拡張性

FacebookやXのようなソーシャルメディア・プラットフォームは、膨大な量のデータを処理できるサーバーやデータベースに何百万ドルも投資してきました。Facebookは何百万ものコメント、状況、写真のアップロードを処理しており、毎日約4ペタバイトのデータを生成しています。では、中央集権的な介入なしに、Web3のソーシャルメディア・アプリケーションでこれだけのデータを処理するにはどうすべきかという課題が生まれます。この問題に取り組むために、開発者はシャーディングやオフチェーンストレージなどの様々な拡張技術の適用を試みています。

2. 持続可能性

SocialFiプラットフォームは、多くのユーザーを獲得するために魅力あるトークンリワードを提供してきましたが、長期的には持続不可能です。ソーシャルキャピタルをトークン化するというアイデアは非常に革新的ですが、トークンの価値は依然としてインフルエンサーの行動に結びついているという事実に変わりはありません。例えば、インフルエンサーが否定的な投稿を行えば、関連するソーシャルトークンの価値を下げ、負のフィードバックループを生み出す可能性があります。

まとめ 

SocialFiは、分散型金融の原則とソーシャルネットワーキングを融合させ、ソーシャルメディアに変革をもたらします。その核心となるのは、ユーザーに権限を与え、データを管理し、コンテンツの真の所有権を確保し、仲介者なしに直接収益化する手段を提供するコンセプトです。Friend.techやStars Arenaなどのプラットフォームはこのムーブメントの先駆者となっているものの、その道のりには課題もあります。分散型ドメインにおける拡張性の懸念、そして経済モデルの持続可能性が重要な課題となっています。とはいえ、SocialFiが約束するより公平で透明性の高いデジタル社会空間はソーシャルキャピタルを純粋に活用できる場であると言え、オンラインでの社会的交流の在り方の認識や関わり方に大きな進化をもたらすものです。

参考文献

免責事項:このコンテンツは、一般的な情報提供および学習素材としてのみの目的で「現状有姿」にて提供され、いかなる種類の表明または保証するものではありません。財務的、法的、またはその他の専門的なアドバイスとして解釈されるべきではなく、特定の商品またはサービスの購入を推奨することを意図したものでもありません。適切な専門的顧問に独自に助言を求めるようにしてください。記事が第三者の寄稿者によって寄稿されている場合、提言されている見解は第三者の寄稿者のものであり、必ずしもバイナンスアカデミーの見解を反映したものではありません。詳細は、こちらの免責事項全文をお読みください。デジタル資産の価格は、大きく変動する可能性があります。投資した暗号資産の価値は上下する可能性があり、当初の投資額を取り戻すことができない可能性があります。投資判断についてはご自身が単独で責任を負い、バイナンスアカデミーはお客様が被る可能性のある損失に対して責任を負いません。この資料は、財務的、法的、またはその他の専門的なアドバイスとして解釈されるべきではありません。詳細は、利用規約とリスクに関する警告をご参照ください。