Liquidity Pool (LP) トークンとは?
目次
はじめに
流動性の提供とはどういう意味ですか?
Liquidity Pool (LP) トークンの仕組みとは?
流動性プールトークンはどこで入手できますか?
Liquidity Pool (LP) トークンで何ができますか?
LPトークンのリスクとは?
まとめ
Liquidity Pool (LP) トークンとは?
ホーム記事
Liquidity Pool (LP) トークンとは?

Liquidity Pool (LP) トークンとは?

中級者
公開済 Jun 14, 2022更新済 Sep 29, 2022
7m

概要

流動性プールトークン (流動性プロバイダートークンとも呼ばれる) は、流動性プールで流動性を提供するユーザーに与えられます。これらのトークンは受領証明として機能し、ステークした元金と獲得した金利を請求することができます。

また、LPトークンを使用して、イールドファームにて複利運用をしたり、仮想通貨ローンを利用したり、ステークされた流動性の所有権の譲渡を行うこともできます。ただし、LPトークンの管理を放棄した場合、関連する流動性提供の権利を実際には所有しないことを理解することが重要です。


はじめに

大抵のDeFiユーザーは、流動性プールについて知っていますが、LPトークンについては理解が不足しています。ただし、これらの仮想通貨には、提供された流動性のロックを解除する以外に、独自のユースケースがあります。したがって、LPトークンを他のアプリケーションで利用することによるリスクはありますが、これらの固有資産からより多くの価値を引き出すための実行可能な戦略があります。


流動性の提供とはどういう意味ですか?

最も基本的な 流動性とは、大幅な価格変動を引き起こすことなく資産を簡単に取引する能力です。例えば、 Bitcoin (BTC) のような仮想通貨は、流動性の高い資産です。何千もの取引所で、価格に影響を与えることなく、ほぼすべての通貨で取引することができます。しかし、すべてのトークンがこのレベルの流動性を持つとは限りません。

分散型金融 (DeFi) や小規模なプロジェクトに関しては、流動性が低くなる可能性があります。例えば、そのコインは1つの取引所でしか利用できない場合があります。また、注文に一致する買い手または売り手を見つけるのが難しいと感じるかもしれません。流動性プールモデル (流動性マイニングとも呼ばれる) は、この問題の解決策となり得ます。

流動性プールには、ユーザーがスワップ可能な2つの資産が含まれています。 マーケットメイカーやテイカー、 またはオーダーブックは必要なく、価格はプール内の資産の比率によって決まります。取引を可能にするためにトークンのペアをプールに入金するユーザーは、流動性プロバイダーとして知られています。彼らはトークンを使用してスワップするユーザーに少額の手数料を請求します。

したがって、流動性を提供するとは資産を市場に提供することを意味しますが、LPトークンの場合は、明確にDeFi流動性プールの話をしているわけです。

資産ペアの流動性プールがあるからといって、流動性が高いわけではないことに注意してください。ただし、常にプールを使用して取引することができるため、注文に一致する他の人に頼る必要はありません


Liquidity Pool (LP) トークンの仕組みとは?

流動性プールにトークンペアを入金した後、LPトークンを「受領証明」として受け取ります。あなたのLPトークンはプールのあなたのシェアを示し、あなた自身の入金額と獲得した金利を取り戻すことを可能にします。したがって、入金の安全性とセキュリティの一部は、LPトークンを保持することに依存します。あなたがそれらを失うならば、あなたは自身の分け前を失います。

LPトークンは、通常は流動性を提供するときに使用したウォレットにあります。LPトークンの スマートコントラクトアドレスを追加して、 仮想通貨ウォレットで確認する必要があるかもしれません。DeFiエコシステムのほとんどのLPトークンはウォレット間で転送できるため、所有権が移転されます。ただし、常にそうとは限りませんので、流動性プールサービスプロバイダーに常に確認する必要があります。トークンを転送すると、場合によっては、提供された流動性の変動損失を引き起こす可能性があります。


流動性プールトークンはどこで入手できますか?

LPトークンは流動性プロバイダーにのみ付与されます。それらを受け取るには、DeFi DAppを使用して、 PancakeSwap や Uniswapなどの流動性を提供する必要があります。LPトークンシステムは、多くのブロックチェーン、DeFiプラットフォーム、 自動マーケットメーカー (AMM)、 分散型取引所 (DEX) に共通しています。 

ただし、取引所の集権型金融 (CeFi) 設定で流動性プールサービスを使用すると、LPトークンを受け取れない可能性があります。これらは、代わりに 管理型サービスプロバイダーによって保管されます。

LPトークンには、通常、流動性を供給している2つのトークンの名前が付けられます。たとえば、PancakeSwap流動性プールで提供されるCAKEとBNBは、CAKE-BNB LPと呼ばれる BEP20 トークンを提供します。 Ethereumでは、LPトークンは通常 ERC20トークンです。


Liquidity Pool (LP) トークンで何ができますか?

LPトークンは受領証明のように機能しますが、それだけではありません。DeFiでは、複数のプラットフォームやレゴなどのスタックサービスでアセットを使用する機会が常にあります。

価値の移転としてそれらを使用する

おそらく、LPトークンの最もシンプルなユースケースは、関連する流動性の所有権を譲渡することです。一部のLPトークンは特定のウォレットアドレスに紐付けられていますが、ほとんどはトークン転送は無料です。例えば、BNB-wBNB LPトークンを誰かに送信して、 BNBとwBNBを流動性プールから削除することができます。

ただし、プールにあるトークンの正確な量を手動で計算することは困難です。この場合、DeFi計算機を使用して、LPトークンに関連付けられたステーキングトークンの量を計算することができます。

ローンの担保としてそれらを使用する

LPトークンは原資産の所有権を提供するため、それらを担保として使用するための良いユースケースがあります。BNB、ETH、またはBTCを 仮想通貨ローンの担保として提供する場合と同様に、一部のプラットフォームではLPトークンを担保として提供できます。通常、これにより ステーブルコインやその他の大きな時価総額の資産を借りることができます。

このような場合、ローンは過剰担保化されます。特定の担保比率を維持できない場合、貸し手はLPトークンを使用して原資産を請求し、それらを清算します。

収益を複合化

LPトークンを使用した主要なアクションの1つは、イールドコンパウンダ (イールドファームとも呼ばれる) サービスにそれらを預けることです。これらのサービスはあなたのLPトークンを取得し、定期的に報酬を収穫し、追加のトークンを購入します。その後、コンパウンダはこれらを流動性プールに戻し、あなたの金利を複利運用することができます。

このプロセスは手動で行うことができますが、ほとんどの場合、イールドファームは人間よりも効率的に複合化することができます。高価な 取引手数料はユーザー間で共有することができ、複合化は戦略に応じて1日に複数回行うことができます。


LPトークンのリスクとは?

他のトークンと同様に、LPトークンには リスクが伴います。これらには次のものが含まれます。

1. 紛失または盗難: LPトークンを紛失した場合、流動性プールのシェアと獲得した金利を失います。

2. スマートコントラクトの失敗: 使用している流動性プールがスマートコントラクトの失敗によって侵害された場合、LPトークンは流動性をあなたに返すことができなくなります。同様に、LPトークンをイールドファームまたはローンプロバイダーにステークすると、スマートコントラクトも失敗する可能性があります。

3. それらが何を表しているのかを知ることの難しさ: LPトークンを見て、その価値を正確に推測することはほとんど不可能です。トークン価格が分離した場合、あなたは 変動損失の影響を受けます。また、金利を考慮する必要もあります。これらの不確実性により、流動性ポジションをいつクローズするかについて、十分な情報に基づいた決定を下すことが困難になる可能性があります。

4. 機会損失: トークンを流動性として提供することで、関連する機会損失が発生します。場合によっては、トークンを他の場所に投資したり、別の機会に使用したりする方が良いかもしれません。


まとめ

次回DeFiプロトコルの流動性プールに仮想通貨流動性を提供する際には、LPトークンを使用するかどうかを検討する価値があります。流動性プールへの入金は、DeFi戦略の最初の部分にすぎません。したがって、HODLingだけでなく、投資計画とリスク許容度を見て、さらなる投資が自分に適しているかどうかを判断してください。