ステーブルコインとは?
HomeArticles

ステーブルコインとは?

初心者
1w ago
6m

コンテンツ


ステーブルコインとは?

ステーブルコインはドルやユーロのような法定通貨の価値に紐づけられるように設計されたデジタル資産です。ステーブルコインによって、ユーザーは価格の安定性を維持しながら、世界中に、高速、かつ安価に価値を移転させることができます。

ビットコインイーサリウムは法定通貨建てでの価値の変動が大きいことで知られています。これは、ブロックチェーン技術がまだ新しく、仮想通貨市場が相対的に小さいことが原因と考えられています。仮想通貨の価値がいかなる資産にも紐づけられていないのは自由市場の観点からは面白いですが、利便性は損なわれています。 

仮想通貨は技術的な観点では、取引の手段として優れています。しかし、その価値の変動は、最終的には非常にリスクの高い投資であり、支払いを行うのには理想的ではありません。取引が落ち着く頃には、コインの価値は送金された時よりも大幅に高くなったり、低くなったりすることがあります。

しかし、ステーブルコインにはそのような問題はありません。これらの資産は、ほとんど値動きがなく、紐づけられている資産または法定通貨の価値と同じ額になるように設計されています。そのため、不安定な市場の中で信頼性の高い安全な避難資産として機能しています。

ステーブルコインが価値を安定させるための方法はいくつかあります。この記事では、それらの仕組みの一部について説明し、そのメリットと限界について議論していきます。


ステーブルコインの仕組み

ステーブルコインにはいくつかのカテゴリーがあり、それぞれが異なる方法で価値を安定させています。以下は、ステーブルコインの中でも最も一般的なタイプです。


法定通貨の裏付けのあるステーブルコイン

最も一般的なステーブルコインの種類は1:1のレートで法定通貨の直接の裏付けがあるものです。これらのステーブルコインは法定通貨担保型ステーブルコインとも呼びます。発行者(もしくは銀行)が法定通貨をリザーブするための口座を持ち、その保有分に応じたトークン量を発行します。

例えば、発行者が100万ドルを持っていて、100万ドル相当のトークンを発行したとします。ユーザーは仮想通貨で取引をするのと同様に自由にこれらのトークンで取引をし、いつでも保有しているトークンと同価値のUSDを償還してもらうことが可能です。

この方式には軽減することができないほどのカウンターパーティリスクがあるため、発行体は信頼できる所でないといけません。発行体が本当に資産をリザーブで保留しているのかをユーザーが確実に知る方法はありません。せいぜい、発行体は監査情報を公開することによって、可能な限り透明性を保とうとすることができますが、システムはトラストレスとは程遠いものです。

バイナンスは2つのステーブルコインを提供しており、1つは米ドルの価格と紐づけされているBUSD、もう1つは英ポンドと紐づけられているBGBPです。





ステーブルコインに興味を持ち始めてきましたか。まずはバイナンスでBUSDを購入しましょう。



仮想通貨の裏付けがあるステーブルコイン

仮想通貨の裏付けのあるステーブルコインは、法定通貨の裏付けのあるものと違い、仮想通貨が担保として使用されていることが主な違いです。しかし、仮想通貨はデジタルなので、スマートコントラクトが、トークンの発行を処理します。 

仮想通貨の裏付けのあるステーブルコインではトラストは最小化されていますが、ガバナンスシステムの一部として投票者によって金融政策が決まります。つまり、単体の発行体を信用するわけではなく、ネットワークの全参加者がユーザーの最善の利益のために行動すると信用することになります。

これらのステーブルコインを手に入れるには、ユーザーはコントラクトに仮想通貨をロックする必要があり、これによってそのトークンが発行されます。その後、担保を取り戻すには、ユーザーは同じコントラクトに利子とともにステーブルコインを払い戻しする必要があります。

それぞれのシステムの設計に基づいて、ペッグを実施するメカニズムは変わります。言うまでもなく、ゲーム理論とオンチェーンアルゴリズムの組み合わせで、参加者に価格を安定させるインセンティブを与えています。


アルゴリズムステーブルコイン

アルゴリズムステーブルコインは法定通貨や仮想通貨の裏付けがありません。その代わりに、トークンの供給枚数を管理するアルゴリズムスマートコントラクトによって、ペッグが完全に達成されます。機能的には、国家通貨の管理を行う中央銀行で使われているマネタリーポリシーと似ていることを行っています。 

アルゴリズムステーブルコインシステムでは、ペッグしている法定通貨の価格を下回った場合、トークンの供給を減らします。もしも、価格が法定通貨の価値を上回ったら、新しいトークンが流通に追加され、ステーブルコインの価値を減らします。

このようなトークンのカテゴリーを無担保ステーブルコインと呼んでいます。これは、技術的には間違っています。なぜなら、前の2つのエントリと同じ方法ではありませんが、このカテゴリーのトークンも担保があるからです。ブラックスワンイベントが発生した場合、アルゴリズムステーブルコインは、マーケットの変動が異常な場合に、事態に対処するために何らかの担保のプールを持っている場合もあるからです。


ステーブルコインのユースケース

担保化されたステーブルコインは実際圧倒的に使われています。これらのコインの実例としては、USDテザー(USDT)True USD(TUSD)Paxosスタンダード(PAX)USDコイン(USDC)、そしてバイナンスUSD(BUSD)などがあります。しかしながら、上で説明した残り2つのカテゴリーのコインでも実際に流通しているものもあります。仮想通貨担保型コインとしては、ビットシェアUSDとDAIがあり、アルゴリズム型としてはCarbonと今は機能していないですがBasisがあります。

今挙げたコインは一部にしか過ぎません。ステーブルなデジタル通貨の市場が大きいことは、何百ものステーブルコインプロジェクトがあることが証明しています。

ステーブルコインについてさらに詳しく知りたい場合は、バイナンスリサーチのステーブルコインの進化というレポートをご覧ください。


ステーブルコインのメリットとデメリット

ステーブルコインの主要なアドバンテージは仮想通貨を補完する取引手段を提供できるポテンシャルがあることです。大きな変動のせいで、仮想通貨は決済などの日常での普及を実現することができていないです。より高いレベルの予見性と安定性を提供することで、仮想通貨の抱える問題をこれらのコインが解決することができます。

変動に対するセーフガードとして機能することで、ステーブルコインは仮想通貨と伝統的な金融市場の統合における重要な役割を果たすかもしれません。現状では、この2つの市場は別々に存在しており、それぞれの関連も小さいです。より多くの安定したデジタル通貨が利用可能になれば、これまでは政府が発行する法定通貨に完全に支配されてきてローンやクレジット市場における仮想通貨の使用が増えるでしょう、

金融取引における利便性に加え、トレーダーや投資家がポートフォリオをヘッジするためにステーブルコインを使うこともできます。ポートフォリオの一部をステーブルコインに割り当てるのは全体のリスクを減らすための効率的な方法です。同時に、価値を保存し、他の仮想通貨の価格が下落した時に購入するのも効率的な戦略の1つです。同様に、これらのコインを使うことで、現金化することなく、仮想通貨の価格が上昇した時の利益をロックすることに使うことも可能です。 

仮想通貨の普及をサポートするポテンシャルはありますが、ステーブルコインにはいくつかの限界があります。法定通貨担保型は元々の仮想通貨に比べると発行体が資産をサポートするために保有する必要があるため、分散性は低いです。仮想通貨担保と被担保型に関しては、システムの継続性を確実にするには、ユーザーは広いコミュニティ(とソースコード)を信用する必要があります。これらはまだ新しい技術のため、成熟のためにはもう少し時間が必要です。


まとめ

ステーブルコインにはいくつかの欠点はありますが、現在では仮想通貨市場のクリティカルな要素の1つとなっています。これらのデジタル通貨は、様々なメカニズムにより、設定された価格で多かれ少なかれ安定した状態を保つことができます。これにより、取引手段としてだけでなく、トレーダーや投資家の安全な避難所としても安心して利用することができます。

当初はトレーダーにリスクを管理するための効果的なツールを提供するために設計されましたが、ステーブルコインの用途はトレードの域をはるかに超えていることは明らかです。ステーブルコインは仮想通貨市場全体を強化し、変動の激しい仮想通貨の仕様が理想的ではない場合に使用することができる強力なツールです。