ブロックチェーンのトランザクション手数料とは?
ブロックチェーンのトランザクション手数料とは?
ホーム記事

ブロックチェーンのトランザクション手数料とは?

初心者
Published Mar 15, 2021Updated Jun 25, 2021
8m

概要

トランザクション手数料はブロックチェーン・ネットワークにおいて、2つの重要な目的を果たしています。1つ目は、トランザクションを承認し、ネットワークをスパム攻撃からの防御に貢献しているマイナーやバリデーターに対して報酬を与えることです。

トランザクション手数料は、ネットワーク上でのトランザクション数に応じて、大きくなることも、小さくなることもあります。また、市場が支払う手数料に影響を与える場合もあります。高額な手数料はブロックチェーンの普及を妨げるかもしれませんが、手数料が安すぎるとセキュリティ上の問題となる可能性もあります。


取引手数料が必要な理由

トランザクション手数料は、誕生以来、大半のブロックチェーンシステムにおいて必要不可欠な部分であり続けてきました。仮想通貨を送金、入金、もしくは出金する場合にはこの手数料が必要となります。

大半の仮想通貨は2つの重要な理由からトランザクション手数料を採用しています。まず第一に、手数料はネットワーク上のスパムの量を減らします。また、大規模なスパム攻撃のコストを上げ、実現させるための費用を上げます。第二に、トランザクション手数料はユーザーが、トランザクションを検証し、承認に貢献することへのインセンティブとして機能しています。トランザクション手数料はネットワークへの貢献に対する報酬と考えることもできます。

大半のブロックチェーンでは、トランザクション手数料は合理的に安いですが、ネットワークトラフィック次第では高騰する可能性もあります。ユーザーとしては、手数料として支払う額によって、次の ブロックに追加される優先順位が決まります。支払った手数料が高ければ高いほど、承認プロセスは早くなります。


Bitcoinのトランザクション手数料

世界初のブロックチェーンネットワークの Bitcoinは、現在多くの仮想通貨に使用されるトランザクション手数料の仕組みを設定しました。 サトシナカモトはトランザクション手数料がネットワークを大規模なスパム攻撃から守り、誠実な行動をするインセンティブを与えることに気付きました。
Bitcoin マイナーは承認されたトランザクションを新しいブロックに追加するプロセスの一部として、トランザクション手数料を受け取ります。未承認トランザクションのプールはメモリープール(もしくは、mempool)と呼ばれています。当然ながら、マイナーは保有しているBTCを別のビットコインウォレットに送金する時に、より高い手数料を支払うことに合意したユーザーのトランザクションを優先します。

そのため、ネットワークを遅延させようという悪意のある攻撃者は、トランザクション毎に手数料を支払う必要があります。手数料を低く設定した場合は、マイナーはそのトランザクションを無視するでしょう。適切なレベルの手数料を設定した場合は、高い経済的なコストを負うことになります。つまり、トランザクション手数料は、シンプルながらも効率的なスパムフィルターとして機能します。


BTCにおけるトランザクション手数料の計算方法

Bitcoinネットワーク上では、特定の ウォレットでユーザーは手動でトランザクション手数料を設定することができます。 また、BTCを手数料ゼロで送信することもできますが、そのようなトランザクションはマイナーから無視される可能性が高いので、承認されることはないでしょう。
Bitcoin手数料は送金する額によって変動すると思っている人もいるかもしれませんが、実際はトランザクションサイズ(バイト)によって変動します。例えば、トランザクションサイズが400バイトで、平均トランザクション手数料がその時点で80 satoshi/バイトだったとします。この場合、次のブロックにトランザクション追加するには、32,000satoshi(又は、0.00032000BTC)を支払う必要があります。
ネットワークが混雑している場合、BTCを送金する需要が大きいため、他のBitcoinユーザーも自分のトランザクションをいち早く次のブロックに追加してもらおうとトランザクション手数料を高く設定するため、迅速な承認のために必要となるトランザクション手数料は高騰します。手数料の高騰は市場の ボラテリティ が高い時によく発生します。

そのため、高額な手数料は、BTCを日常的な決済などに利用することを困難にします。3ドルのコーヒー1杯買うのに、そのコーヒーの価格以上の手数料を支払わないといけないのは、実用的ではないでしょう。

ブロックに含めることができるトランザクション数には、ブロックサイズの1MBという上限が決まっています。マイナーはこれらのブロックをできる限り早くブロックチェーンに追加しますが、そのスピードにも制限があります。

仮想通貨ネットワークの スケーラビリティ問題はネットワーク手数料を決める上での重要な問題です。ブロックチェーン開発者はこの問題に取り組むために、継続的な努力をしています。これまでの、 SegWitや ライトニング・ネットワークのような、ネットワーク・アップデートはスケーラビリティを向上させるのに役立ってきました。



Ethereumのトランザクション手数料

Ethereumのトランザクション手数料は、Bitcoinのものと比較すると、異なる役割を担っています。トランザクションを処理するのに必要となる計算能力量を考慮した手数料は ガスとして知られています。また、ガスはネットワークのネイティブトークンであるEther(ETH)建てで価格が変動します。 

特定のトランザクションのために必要となるガスは同一かもしれませんが、ガス価格は上下することがあります。ガス価格はネットワークトラフィックに直接関連しています。より高いガス価格を支払った場合、マイナーはあなたのトランザクションを優先するでしょう。


Ethereumにおけるトランザクション手数料の計算方法

合計のガス手数料は、シンプルにコストとトランザクションを処理してもらうためのインセンティブをカバーします。それだけでなく、トランザクション、もしくはタスクのために支払う上限価格を定義する、 ガスリミットも考慮するべきです。
言い換えると、ガスコストは必要となる作業量で、ガス価格はそれぞれの作業の「時間」対して支払われる価格です。これら2つとガスリミットの関係は、Ethereumトランザクション、もしくは スマートコントラクトの動作に対する合計手数料を定義します。
例えば、ある特定のトランザクションが21,000ガスかかり、ガス価格が71 Gweiだった場合、トランザクション手数料は1,491,999Gwei、もしくは0.001491ETHとなります。
ソース: Etherscan.io


Ethereumは プルーフ・オブ・ステークモデルに向けて移行(詳細は Casperを参照)しているため、将来的にガス手数料は減少すると予想されています。それは、ネットワークにおけるトランザクション検証に必要な計算能力が一部になるためです。しかし、バリデーターはより多くの手数料を支払うトランザクションを優先するため、ネットワークトラフィックはプルーフ・オブ・ステークに移行してもトランザクション手数料に影響があります。


バイナンスチェーンのトランザクション手数料

バイナンスチェーンでは、ユーザーは BNBやその他の BEP-2トークンを取引することができます。また、独自トークンを作成して、配布することも可能です。バイナンスチェーンは デリゲート・プルーフ・オブ・ステークと呼ばれる、コンセンサスメカニズムを採用しています。そのため、マイナーではなく、バリデーターがトランザクションを承認します。 
また、バイナンスチェーンは DEX(分散型取引所)を動かしており、ここでユーザーは自身のウォレットから直接仮想通貨を取引できます。バイナンスチェーンとDEX上でのトランザクション手数料はBNBで支払われます。
バイナンスチェーンとバイナンススマートチェーンは2つの異なるチェーンです。 より詳しく知りたい場合は、 バイナンススマートチェーン(BSC)入門をご覧ください。


バイナンスチェーンにおけるトランザクション手数料の計算方法

実行したいアクションに応じて、BNBで示される 手数料構造が適用されます。BNBの送金時とBinance DEXの取引手数料はそれぞれ異なります。また、トランザクションの合計価格はBNBの市場価格によって変動します。 

BNBのウォレットへの出金や入金のようなトレードと関連しないトランザクションを行う場合は、手数料の支払いにはBNBしか使用できません。Binance DEX上での取引関連の手数料は、取引されるトークン、もしくはBNBで支払うことができます。BNBで支払う場合は割引が適用されます。このスキームはBNBの普及を促進し、ユーザーベースを構築するのに役立ちます。


バイナンススマートチェーンのトランザクション手数料

バイナンススマートチェーン(BSC)は、バイナンスが構築したもう1つのブロックチェーンで、バイナンスチェーンと並行で稼働しています(つまり、2つの異なるネットワークです)。バイナンスチェーン上のBNBはBEP-2トークンですが、BSC上のBNBはBEP-20トークンです。

バイナンスチェーンはスマートコントラクトを作成できるため、よりカスタマイズが容易になります。BSCの手数料構造は、バイナンスチェーンのように固定されていません。その代わり、使用されているガスシステムは(Ethereumと類似で)、トランザクションとスマートコントラクトの実行のために必要となる計算能力が反映されます。

BSCネットワークは プルーフ・オブ・ステーク・オーソリティコンセンサスメカニズムで動いています。ネットワークのユーザーはバリデーターになるためにBNBをステークする必要があり、ブロックの承認が成功したら、そのブロックに含まれるトランザクション手数料を受け取ることができます。


バイナンススマートチェーンにおけるトランザクション手数料の計算方法

前述のとおり、BSCの手数料構造はEthereumに非常に類似しています。トランザクション手数料はGweiで表示され、1Gweiは0.000000001BNBを表しています。ユーザーはガス価格の設定によって、トランザクションが優先的にブロックに追加されるようにできます。 

BscScanで毎日の平均ガス価格とその日の最高と最低価格など、現在とこれまでの平均ガス価格を確認することができます。2021年3月時点では、BSC上の平均手数料は約13Gweiです。

以下の例では、ガス価格は10Gweiです。ガスリミットは622,732Gwei設定されたが、352,755(52.31%)しか使用されていないことに注意してください。このトランザクションでは、Gweiが使用され、その結果トランザクション手数料は0.00325755BNBでした。

ソース: Bscscan.com

通常、BSCの手数料はとても低く、BNBを保有指定ないアカウントがトークンを送金しようとした場合、ネットワークはBNBが不足していることを通知します。トランザクション手数料を支払うために、ウォレットにある程度余分にBNBを入金しておくようにしてください。


バイナンスの出金手数料

バイナンスからの出金時、それに紐づくトランザクション手数料を支払わなければいけません。これらの手数料は、出金する仮想通貨とどのネットワークで出金するかで異なります。バイナンスは自社の取引プラットフォーム内で発生するトランザクションのための手数料構造を持っています。しかしながら、出金手数料はバイナンスの管理できない外部要因に影響されます。

仮想通貨を出金するには、バイナンスエコシステムの一部ではないマイナーやバリデーターの作業に依存しています。そのため、バイナンスはトラフィックと需要を含む、ネットワーク条件に基づいて、定期的に出金手数料を調整する必要があります。

また、バイナンスは出金可能な仮想通貨の最小枚数を設定しています。現在の制限については、 手数料スケジュールのページから確認できます。
取引手数料はアカウントのVIPレベルに基づいており、出金手数料とは無関係です。ユーザーの毎月の累積取引高がアカウントのVIPレベルを決定します。現在の最大手数料は メイカーとテイカーの両方ともで、取引される仮想通貨の0.1%です。BNBで取引手数料を支払う場合は、割引が適用されることは覚えておいてください。


まとめ

トランザクション手数料はブロックチェーン・ネットワークの クリプトエコノミクスにおける不可欠な要素です。トランザクション手数料はネットワークを稼働させ続けるユーザーに与えられるインセンティブの一部です。また、手数料は悪意のある行動やスパムを抑止する働きもあります。

ただし、一部のネットワークではトラフィックが多すぎるため、トランザクション手数料が高騰しています。大半のブロックチェーンは分散型という特徴のために、スケールが困難です。ネットワークの中には、高スケーラビリティとトランザクション・スループットを実現しているものもありますが、たいていの場合はセキュリティか分散性を犠牲にしています。

それでも仮想通貨が発展途上国で幅広く利用されるために、改善に取り組んでいる複数の研究者や開発者が存在します。