暗号経済学入門
HomeArticles

暗号経済学入門

初心者
1w ago
6m

コンテンツ


暗号経済学とは?

簡単に言うと、暗号経済学は暗号学と経済学を組み合わせることでネットワーク参加者の行動を調整する方法を提供します。

より具体的には、暗号と経済的インセンティブを通じて、デジタルエコシステムの参加者の調整の問題を解決しようとするコンピューターサイエンスの分野です。

分散型ネットワークを構築する時には、信用できる第三者がいないため、参加者が協力するための方法を提供することが重要です。そのため、暗号経済学について考えることが必須となっています。 伝統的な経済学のサブセットというよりは、暗号経済学はゲーム理論、メカニズム設計、数学、そして他の経済学の分野におけるメソドロジーをまとめたものと言えます。主要な目的は、分散ネットワークの運用に資金を供給し、設計し、開発し、促進する方法を理解することです。

この記事では、暗号経済学の起源とビットコイン(Bitcoin)、及び他の分散型ネットワークの設計における役割について見ていきます。


暗号経済学が解決する問題は?

ビットコイン(Bitcoin)の誕生までは、重大な脆弱性や欠陥のない、参加者間でコンセンサスが実現されるP2Pネットワークを生み出すのは不可能と広く信じられていました。

この問題は良くビザンチン将軍問題と呼ばれています。これは、分散システムにおいて、さまざまな関係者が合意に達することがいかに重要であるかを示す論理的ジレンマです。 この問題は、一部のアクターが信頼できない可能性があるため、合意が成立せず、ネットワークが意図したとおりに機能できないことを前提としています。 

サトシナカモトはビットコイン(Bitcoin)を生み出す時に、P2Pネットワークに経済的インセンティブを導入し、この問題を解決しました。

それ以来、分散型ネットワークではネットワークの状態と履歴に関する合意を形成するのに暗号学に依存してきました。また、ほとんどのネットワークは、ネットワーク参加者が正しく行動することを奨励する経済的インセンティブを取り入れています。 この暗号学プロトコルと経済的インセンティブのシナジーが回復力があり、安全な全く新しい分散ネットワークのエコシステムを実現しました。


ビットコイン(Bitcoin)マイニングにおける暗号経済学の役割

ビットコイン(Bitcoin)の目的は、改ざん不可能な、検閲耐性のある、正確に価値を転送する価値移転ネットワークを作ることです。

これはマイニングのプロセスによって実現されています。マイニングでは、トランザクションのブロックの検証を成功させたマイナーは報酬として、ビットコイン(Bitcoin)を手に入れることができます。このような、経済的インセンティブはマイナーが正しく行動することを奨励し、ネットワークをより回復力があり、安全なものにします。 マイニングのプロセスには暗号学的 ハッシュアルゴリズムに基づいた、何回な数学的問題を解決することが含まれています。この意味では、ハッシュはそれぞれのブロックを次のブロックと紐づけするために使われ、実質的にブロックチェーンと呼ばれるタイムスタンプ付きの承認されたトランザクションの記録を作っています。 

また、ハッシュはマイナーが計算して、解決する計算パズルにも活用されています。さらに、トランザクションが守らないといけないコンセンサスルールの1つとして、ビットコイン(Bitcoin)は暗号鍵による有効なデジタル署名が発行された場合のみ使うことができるというのがあります。 

マイニングに関連するこれらの技術的ルールは、悪意のあるネットワーク参加者による制御の防止など、ビットコイン(Bitcoin)ネットワークのセキュリティ要件と一致しています。


暗号経済学がどのようにビットコイン(Bitcoin)のセキュリティを強化するのか?

ビットコインのセキュリティモデルは、多数決の原則に基づいて構築されています。 つまり、悪意のあるネットワーク参加者が、一般に 51%攻撃と呼ばれる攻撃でネットワークの計算能力の大部分を支配することによって、ブロックチェーンを制御できる可能性があることを意味します。 

このようなシナリオでは、攻撃者は新しいトランザクションが承認されるのを防ぎ、さらにトランザクションを完全に取り消すことさえできます。 ただし、この量のハッシュパワーを制御するには膨大な費用がかかり、かなりのハードウェアと電力が必要になります。 暗号経済学はビットコイン(Bitcoin)が成功してきた理由の1つです。サトシナカモトは、ネットワークのさまざまな参加者クラスに特定のインセンティブを奨励するための仮定を実装しました。システムのセキュリティ保証は、ネットワーク参加者が特定の経済的インセンティブにどのように反応するかについてのこれらの仮定の有効性に大きく依存しています。 

暗号プロトコルの難易度なしでは、マイナーの報酬となる安全な会計単位は存在できません。マイナーがいなければ、信頼できる第三者によって検証されない限り、分散型元帳の取引履歴の有効性は保証できません。これは、ビットコイン(Bitcoin)の主な利点の1つを無効にします。 

暗号経済学の仮定に基づくと、マイナーとビットコイン(Bitcoin)ネットワークの共存関係が信用を提供します。ただし、これはシステムが将来も存続するという保証ではありません。


暗号経済学の循環

暗号経済の循環は、暗号経済の全体的なモデルです。これはJoel Monegroによって発表され、そのようなP2P経済における様々な参加者の分類を通じて、価値のフローの概要が示されました。

 暗号経済学の循環

このモデルはマイナー(供給)、ユーザー(需要)、そして投資家(資本)の3者間におけるマーケットを表しています。それぞれのグループはトークンという希少な暗号経済資源を使って、価値のやりとりを相互に行います。

この循環の中における、マイナーとユーザーの関係では、マイナーはユーザーが使用するトークンを介して作業に対する報酬を受け取ります。ネットワークのコンセンサスプロトコルがこのプロセスを標準化しながら、暗号経済モデルがマイナーがいつ、どのように支払いを得られるかをコントロールします。

分散化された供給(マイナー)によって維持されるネットワークアーキテクチャは、利点が欠点を上回る限りは理想的です。この利点としては検閲耐性、国境を越えたトランザクション、そしてより高い信用が一般的に挙げられます。しかし、分散型システムは中央集権型モデルと比べた場合、パフォーマンスは低くなる傾向にあります。

このモデルにおける投資家の役割は2つあります。1つ目は、マイナーがトークンを売却するための流動性です。2つ目は、トークン価格がマイニングコストを上回るようにサポートすることによるネットワークの活用です。 

このモデルはこの2つの役割を投資家をトレーダー(短期投資家)とホルダー(長期投資家)の2つのグループに分けることで例示しています。 

トレーダーはトークンの流動性を作り出し、マイナーが採掘したトークンを販売して運用コストを賄うことができるようにし、ホルダーはトークン価格をサポートすることで成長のためにネットワークを活用します。マイナーとトレーダーの関係は直接的な価値の流れで機能し、マイナーとホルダーの関係は間接的な価値の流れで機能します。

これは単に、そのような経済のすべての参加者が経済的目標を達成するために互いに依存していることを意味します。このような設計により、堅牢で安全なネットワークが作成されます。インセンティブ化されたルールによるコンプライアンスは、悪意のある活動よりも個々の参加者にとってより有益であり、その結果、ネットワークの回復力が高まります。


まとめ

暗号経済学はビットコイン(Bitcoin)の誕生によって生まれた比較的新しいコンセプトではありますが、分散ネットワークを設計する際に考慮すべき重要な構成要素です。

暗号経済学モデルにおける様々な役割を分離することで、それぞれの参加者のグループのバリューフロー、インセンティブ、コストを分析しやすくなります。また、相対的な力について考え、中央集権化の潜在的なポイントを特定することもできます。これは、よりバランスの取れたガバナンスとトークン配布モデルを設計するために重要です。

暗号経済学の分野と暗号経済モデルの使用は、将来のネットワークの開発に非常に有益です。実環境で既に試行およびテストされた暗号経済モデルを研究することにより、将来のネットワークをより効率的かつ持続的に設計し、分散経済のより堅牢なエコシステムを実現できます。