すべての仮想通貨トレーダーが知っておくべき12の用語
目次

はじめに
1.不安・不確実・疑念(FUD)
2.取り残されることへの恐怖(FOMO)
3.HODL
4.BUIDL
5.SAFU
6.投資利益率(ROI)
7.オールタイムハイ(ATH)
8.オールタイムロー(ATL)
9.自分自身でリサーチを行う(DYOR)
10.デューディリジェンス(DD)
11.アンチマネーロンダリング(AML)
12.顧客確認(KYC)
まとめ
すべての仮想通貨トレーダーが知っておくべき12の用語
ホーム記事
すべての仮想通貨トレーダーが知っておくべき12の用語

すべての仮想通貨トレーダーが知っておくべき12の用語

初心者
Published Aug 17, 2020Updated Sep 29, 2021
11m

閲読するのが億劫な方のための要約


はじめに

あなたが株式市場にいても、デイトレードFXにいても、仮想通貨の初心者であっても聞き慣れない取引用語を数多く耳にすることでしょう。FOMO、ROI、ATH、HODL、これらはすべて何を意味するのでしょうか?トレーディングと投資には独自の言語があり、これらの新しい用語をすべて覚えるのは困難です。しかし、金融市場で何が発生しているかを把握したい場合には、これらの用語は非常に便利です。

この記事では、仮想通貨を取引する際に知っておくべき最も重要な取引用語をいくつかまとめました。


1.不安・不確実・疑念(FUD)


FUDはトレーディング用語だけではありませんが、金融市場の文脈でよく使用されています。FUDとは、特定の企業、製品、またはプロジェクトに関する誤情報を拡散することによって、その企業の信用を失墜させ、不安感を植え付け、何らかの形で優位性を得ることを目的とした戦略です。そして、競争上や戦術上の優位性、または潜在的に有害なニュースによって引き起こされた株価下落から利益を得ます。
ご推察の通り、FUDは仮想通貨の世界では一般的で、投資家は資産のショートポジションを入力し、ポジションが確立された時点で潜在的に有害または誤解を招く可能性のあるニュースを公表することがあります。このようにして、空売りやプットオプションを購入することで絶大な利益を得ることができます。また、事前に店頭(OTC)取引を利用してポジションを得ることもあります。

しかし、その情報が虚偽である場合や、誤情報であることが判明したりします。そして、時にはそれが真実である場合もあります。常に議論のすべての側面を考慮しようとすることは良いことですし、意見を公表することで、人々がどのようなインセンティブを得られるのかを検討する際に有益になる場合もあります。


2.取り残されることへの恐怖(FOMO)

FOMOとは、投資家が利益機会を逃すことを恐れて資産の購入時に感じる感情のことです。感情が重くのしかかるため、多くの人がFOMOを引き起こすと、放物線的な価格変動になってしまうことがあります。投資家の"FOMO-ing"は、椅子取りゲームの資産から資産へとなり、多くの場合、強気市場の後期段階を示すことができます。
テクニカル分析(TA)の間違いの記事をお読みになった方は、極端な市場状況が市場の通常のルールを変更してしまう場合があることをご存知でしょう。感情が蔓延すると、多くの投資家はFOMOからポジションに飛び込む可能性があり、これが双方向への動きを拡大させ、群衆とのカウンタートレードを試みる多くのトレーダーを陥れる可能性があります。

FOMOは、ソーシャルメディアアプリを設計する際にも一般的に使用されます。ソーシャルメディアのタイムライン上の投稿を厳密に時系列で閲覧するのがなぜ困難なのか疑問に思ったことはありませんか?これはFOMOにも関連していて、ユーザーが最後にログインしてからの投稿をすべてチェックできるようになっていれば、最新の投稿をすべて見たという感覚を持つことができるでしょう。

タイムライン上の古い投稿と新しい投稿を意図的に組み合わせることで、ソーシャルメディアプラットフォームはユーザーにFOMOを浸透させることを目指しているのです。このようにして、ユーザーは何か重要なことを見逃しているのではないかと恐れ、何度も何度もチェックし続けています。


3.HODL

HODLは"hold"のスペルミスから派生した用語です。基本的には、仮想通貨の、買い持ち戦略に相当します。HODLは元々、今では有名なビットコイントークフォーラムの投稿に2013年に登場しました。この用語はタイトル"I AM HODLING. "のスペルミスでした。 
HODLingは、価格下落にもかかわらず投資を維持することを指します。また、短期売買は得意ではないが、仮想通貨の価格エクスポージャーを得たいと考えている投資家("HODLers")の文脈でもよく使用されています。また、特定の通貨に高い信念を持ち、長期にわたって投資を継続することを意図している投資家にも使用されることがあります。
HODLing戦略は、従来の市場から生成されたバイアンドホールド投資戦略に酷似しています。バイアンドホールド投資家は、過小評価されている資産を詮索し、長期的に保有しようとします。多くの投資家がこの戦略をビットコインに採用しています。
本誌のドルコスト平均法(DCA)の記事を読んだことがある人は、これがビットコインにとって非常に利益率の高い戦略だったことを認知しています。過去5年間、毎週10ドルのBTCを購入していた場合、元の投資額の7倍以上の価値になっていたことになります。


4.BUIDL

BUIDLはHODLの派生用語であり、通常、価格変動に関係なく構築し続ける仮想通貨業界の参加者を指します。主な考え方は、仮想業界の真の信者たちが、残忍な弱気市場に関係なくエコシステムを構築し続けるという意味で、"BUIDLers"は、ブロックチェーンと仮想通貨が世界に何をもたらすかを真摯に考慮し、その目標に向かって積極的に活動しています。
BUIDLは、仮想通貨が単なる投機ではなく、この技術を大衆に拡散し実証することを目的とした考え方で、それは何十億人もの人々に役立つインフラを構築し続けるためのリマインダーとして機能しています。さらに、BUIDLersは、長期的な考え方を持って構築を続けるチームは、長期的にはうまくいくだろうと理解しています。


5.SAFU


SAFUはBizonaccがアップロードしたミームに由来しています。この動画には、バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao(CZ)氏が、予定外のプラットフォームメンテナンス中に"funds are safe"と述べました。
この動画は仮想通貨業界内でバイラルに広まりました。これを受けてバイナンスは、取引手数料の10%を原資とする緊急保険基金であるSAFU(Secure Asset Fund for Users)を設立しました。これらの資金は別のコールドウォレットに保管されています。これは、極端な場合、SAFUがユーザー資金の損失をカバーし、バイナンスのユーザーに追加的な保護を提供するという考えです。これが"funds is safu"という言葉をよく耳にする理由です。


6.投資利益率(ROI)

投資利益率(ROI)は、投資のパフォーマンスを測定する方法です。ROIは、元のコストに対する投資の利益率を測定します。また、異なる投資のパフォーマンスを比較するのにも便利な方法です。

ROIの計算方法は以下の通りです。投資の現在価値を計算し、投資の元のコストを差し引きます。そして、その数値を元のコストで割ります。

ROI=現在価値-元のコスト÷元のコスト

ビットコインを6,000ドルで購入したとします。現在のビットコインの市場価格は8,000ドルです。

ROI=8000-6000÷6000

ROI=0.33

つまり、最初の投資から33%アップしていることを意味します。より正確な情報を得るためには、手数料(または金利)も考慮に入れておく必要があります。

しかし、生の数字が全体像ではありません。投資を比較する際には、他の要因も考慮する必要があります。どのようなリスクがありますか?時間軸は何ですか?資産の流動性はどの程度ですか?スリッページは購入価格に影響しますか?ROIはそれ自体が究極のインジケーターではありませんが、投資のパフォーマンスを測定するための有用なツールです。
ポジションサイズの計算は、投資利益率を考える上で非常に重要です。効果的なリスク管理に役立つ簡単な計算式をお読みになりたい方は、取引におけるポジションサイズの計算方法をご覧ください。


7.オールタイムハイ(ATH)

こちらの説明は不要かもしれませんが、オールタイムハイとは、資産の最高値のことです。例えば、2017年の強気市場におけるビットコインのATHは、バイナンスのBTC/USDTペアで19,798.86USDTでした。これは、この市場ペアでビットコインが取引された最高値だったことを意味します。
オールタイムハイに到達する資産の魅力的な一面は、これまでに購入した大半の人が利益を得ているという考えです。資産が長期の弱気市場にあった場合、多くのトレーダーは損失を出しているバッグを持ち、ポジションが損益分岐点に達したときに市場から撤退したいと思うでしょう。

しかし、その資産がATHに突破した場合、損益分岐点での撤退を待機している販売者はいません。このため、ATH突破を"青空ブレイクアウト"と呼ぶ人もいますが、これは必ずしも明確な耐性領域が今後存在するとは限らないためです。

ATH突破は、取引量の急増を伴うことも多いですが、それはなぜでしょう?デイトレーダーもこの機会に飛びついて、市場からの注文を受け、素早く利益を得て、高値で売却することもできます。 
ATHを突破したからといって、いつまでも価格が上昇し続けるでしょうか?そんなことはありません。トレーダーや投資家は、ある時点で利益を得ようとし、特定の価格水準で指値注文を設定することがあります。これは、過去のオールタイムハイレベルが何度も突破され続けている場合、特に該当します。

放物線的な動きは、多くの投資家が上昇トレンドが終焉の時を告げようとしていることに気付くと、急いで撤退に向かうため、非常に急激な価格下落に陥ることがあります。2017年12月にビットコインが20,000ドルに放物線的に移動した後の価格下落をチェックしてみてください。


ビットコインは5日で2万ドルから1万1000ドルまで下落しました。



19,798.86ドルのATHに到達した後、ビットコインは数日のうちに45%近く下落しました。このような理由から、リスク管理し、常にストップロスを使用することが非常に重要です。


8.オールタイムロー(ATL)

ATHの対義語であるオールタイムロー(ATL)は、資産の最低値のことです。例えば、BNBのオールタイムローは、取引初日のBNB/USDT市場ペアで0.5USDTでした。

しかし、資産のオールタイムローを突破することは、オールタイムハイを突破するときと同様の効果が得られますが、逆になります。多くのストップオーダーは、以前のオールタイムローが突破された際にトリガーされ、急激な下降につながる可能性があります。

過去のオールタイムローを下回る価格履歴がないため、市場価値は下降し続け、下に漂っていくことができます。それを停止するには必ずしも論理的なポイントがあるわけではないので、そのような時期に購入するのは非常に危険です。

多くのトレーダーは、重要な移動平均やその他のインジケーターによってトレンドの変動が確認されるのを待機し、ロングポジションに入ることも検討します。そうでなければ、バッグを長く保持し続けて、下に行き続けてしまう可能性があります。


仮想通貨の購入を検討していますか?バイナンスでビットコインを購入しましょう。 


9.自分自身でリサーチを行う(DYOR)


金融市場では、DYORはファンダメンタルズ分析(FA)と密接に関連した用語です。これは、投資家は自分の投資について他人に頼るのではなく、自分で調査を行うべきだということを意味しています。"Don't trust, verify"は、仮想通貨市場でよく使用されるフレーズであり、同様の意味を持ちます。
最も成功している投資家は、独自の調査を行い、独自の結論に達します。そのため、金融市場で成功したいと思う人は、誰でも独自のトレーディング戦略を考え出さなければなりません。これは、投資家同士の意見の相違につながる可能性はありますが、投資と取引においては当然なことです。投資家はある資産に対して強気であるかもしれませんが、別の投資家は弱気であるかもしれません。

異なる意見は、異なる戦略に対応することができ、成功したトレーダーや投資家は、大きく異なる戦略を持っています。主な考え方は、彼らは皆、独自で研究を行い、独自で結論に達し、その結論に基づいて投資の意思決定をしているということです。


10.デューディリジェンス(DD)

デューディリジェンス(DD)とは、DYORとの関連性があり、合理的な人や事業体が、他の当事者との合意に至る前に行うことが期待される調査や配慮のことを指します。

合理的な事業体が合意に至るとき、お互いにデューディリジェンスを行うことが期待されています。それはなぜでしょう?合理的な関係者なら誰でも、この取引に危険な兆候が発生しないようにしたいと思っています。そうでなければ、潜在的なリスクと期待される利益を比較することができるでしょうか?

投資についても同様なことが言えます。投資家が潜在的な投資先をスカウトする際には、すべてのリスクを確実に考慮できるように、プロジェクトに対して独自のデューデリジェンスを行う必要があります。そうしないと、投資判断をコントロールできず、間違った選択をしてしまう可能性があります。


11.アンチマネーロンダリング(AML)

アンチマネーロンダリング(AML)とは、犯罪者が不正に入手した資金を合法的な収入として偽装することを防̪止するための多くの規制、法律、手続きを指します。AML手続きは、犯罪者が資金を隠蔽したり、合法的な収入源から得ているように偽装することやお金をきれいに"洗浄"することを困難にします。
犯罪者は常に、資金の本当の出所を隠蔽する方法を詮索しています。金融市場は複雑であるため、その方法は様々です。デリバティブで構成されるデリバティブ商品や、その他の複雑な市場操作によって、真の資金源を追跡することは非常に困難になります(不可能ではありませんが)。

AML規制では、銀行などの金融機関が顧客の取引を監視し、不審な動きがあれば報告することが義務付けられています。このようにすれば、犯罪者が不正に入手した資金を洗浄して逃れる可能性は低くなります。


12.顧客確認(KYC)

証券取引所や取引プラットフォームは、国内および国際的なガイドラインを遵守しなければなりません。例えば、ニューヨーク証券取引所(NYSE)とNASDAQは、米国政府が定めた規制を準拠する必要があります。

顧客確認(KYC)または Know Your Clientのガイドラインは、金融商品の取引を促進する機関が顧客の身元を確認することを保証します。なぜこれが重要なのでしょうか?その主な理由は、マネーロンダリングのリスクを最小限に抑えるためです。

加えて、KYC規制は金融業界の参加者だけに有効なわけではありません。他の多くのセグメントも、これらのガイドラインに準拠する必要があります。KYCガイドラインは、一般的に、より広範なアンチマネーロンダリング(AML)ポリシーの一部です。


まとめ

仮想通貨の取引用語は、最初は少し複雑なように思えるかもしれませんが、現在ではそれらの大半の部分を認識しているので、これらの略語を使用して、より多くのSAFUを感じることが可能となりました。 ATHに到達した通貨に盲目的にFOMOするのではなく、FUDでDYORし、HODLingとBUIDLingを維持してください!
仮想通貨の取引用語についてもっと知りたいですか?当社のQ&AプラットフォームであるAsk Academyをチェックしてください。