初心者向け仮想通貨取引完全ガイド
目次
トレードとは?
投資とは?
トレードと投資の比較
ファンダメンタル分析(FA)とは?
テクニカル分析とは?
ファンダメンタル分析 vs テクニカル分析 - どちらが良いのでしょうか?
金融市場を動かしているものは何でしょうか?
マーケットトレンドとは?
マーケットサイクルとは?
第2章–金融市場とトレード戦略
金融コモディティとは?
現物市場とは?
マージン取引とは?
デリバティブ市場とは?
先物取引とは?
無期限先物取引とは?
オプション契約とは?
外国為替市場(FX)とは?
レバレッジトークンとは?
第3章 – トレードと投資戦略
トレード戦略とは?
ポートフォリオ管理とは?
リスクマネジメントとは?
デイトレードとは?
スイングトレードとは?
ポジショントレードとは?
スキャルピングとは?
資産配分と分散投資とは?
ダウ理論とは?
エリオット波動理論とは?
ワイコフメソッドとは?
バイ・アンド・ホールドとは?
インデックス投資とは?
ペーパートレードとは?
第4章 - テクニカル分析の基礎
ロングポジションとは?
ショートとは?
オーダーブック(注文板)とは?
オーダーブックデプス(オーダーブックの深さ)とは?
マーケットオーダーとは?
トレードにおけるスリッページとは?
リミット注文とは?
ストップロスオーダー(損切り注文)とは?
メイカーとテイカーとは?
ビッド・アスク・スプレッドとは?
ロウソク足チャートとは?
ロウソク足チャートのパターンとは?
トレンドラインとは?
サポートとレジスタンスとは?
第5章 – テクニカル分析インジケーター
テクニカル分析インジケーターとは?
先行指標 vs 遅行指標
モメンタムインジケーターとは?
出来高とは?
相対力指数(RSI)とは?
移動平均(MA)とは?
移動平均収束拡散(MACD)とは?
フィボナッチ・リトレースメントツールとは?
ストキャスティックRSI(StochRSI)とは?
ボリンジャーバンド(BB)とは?
出来高加重平均価格(VWAP)とは?
パラボリックSARとは?
一目均衡表とは?
第6章 – 仮想通貨取引のコツ
仮想通貨取引を始めるにはどうしたらよいでしょうか?
バイナンスでの仮想通貨の取引方法
取引ジャーナルとは何か、そしてそれを使用するべきでしょうか?
取引の際、ポジションサイズはどのように計算すべきでしょうか?
どのオンライン取引ソフトウェアを使用するべきでしょうか?
取引のために有料グループに参加するべきでしょうか?
パンプ・アンド・ダンプ(P&D)とは?
仮想通貨のエアドロップにサインアップする必要がありますか?
まとめ
初心者向け仮想通貨取引完全ガイド
ホーム記事
初心者向け仮想通貨取引完全ガイド

初心者向け仮想通貨取引完全ガイド

初心者
Published Jun 22, 2020Updated Jun 9, 2021
63m

トレードとは?

トレーディングとは、経済の基本的な概念であり、資産を売買することを意味します。これらは商品やサービスである場合もあり、買い手が売り手に対価を支払います。また、取引当事者間で商品やサービスを交換する場合もあります。

金融市場では、取引される資産を 金融コモディティ と呼びます。これらは、株式、債券、FXの通貨ペア、オプション先物マージンコモディティ仮想通貨など、様々なものがあります。これらの用語が初めての方でも、ご安心ください – この記事の後半ですべて説明します。

トレーディングという言葉は、一般的に、トレーダーが比較的短い時間足の中で積極的にポジションを取ったり外したりする、短期的な取引のことを指します。しかし、これは少し誤解を招く恐れがあります。実際にトレーディングには、デイトレード、スイングトレード、トレンドトレードなど、さまざまな戦略があります。これらの用語がわからなくても心配しないでください。この記事ではそれぞれの戦略について詳細を説明します。


投資とは?

投資とは利益を得ることを期待してリソース(例えば、資本)を割り当てることです。投資には、事業の資金調達やキックスタートのためにお金を使ったり、後に高値で転売することを目的に土地を購入したりすることが挙げられます。金融市場では、金融商品に投資し、後で高く売ることを目的とした投資が一般的です。

リターンを期待することは、投資の概念の中核です。(これはROIとも呼ばれます)取引とは対照的に、投資は一般的に長期的なアプローチで富を蓄積していきます。投資家の目標は、長い期間(数年、数十年)をかけて富を築くことです。そのためには多くの方法がありますが、投資家は通常、ファンダメンタル を利用して、潜在的に良い投資機会を探しています。
投資家は長期的な観点から、短期的な価格変動を気にすることはありません。そのため、短期的な損失をあまり気にせず、比較的受動的な姿勢でいることが多いようです。


トレードと投資の比較

トレーダーと投資家はどちらも金融市場で利益を生み出そうとしています。しかしながら、両者のアプローチは全く異なります。

一般的に、投資家は長期間にわたって収益を得ようとします – 何年か何十年先を考えて。投資家は時間足が長いため、各投資のターゲット・リターンも大きくなる傾向があります。 
一方トレーダーは、市場のボラテリティを利用します。ポジションのエントリーとエグジットが頻繁に行われ、1回の取引における収益は小さくなる傾向にあります(複数回の取引を行うことが多いため)。

どちらが優れているのでしょうか。また、どちらがあなたにより合っているのでしょうか?これらはあなた自身が判断することです。まずは市場についての知識を深め、実際にやってみることで学ぶことができます。時間が経てば、どちらが自分の経済的な目標、性格、取引プロファイルにより適しているかを判断できるようになるでしょう。


今、最新のBitcoin(BTC)価格を見てみましょう。


ファンダメンタル分析(FA)とは?

ファンダメンタル分析とは、金融資産の評価を行うための手法です。ファンダメンタル分析は、経済的要因と財務的要因の両方を調査し、資産の価値が公正であるかどうかを判断します。これらには、広範な経済状況などのマクロ経済状況、業界の状況、または資産に関連するビジネス(もし存在すれば)が含まれます。そして、これらはしばしばマクロ経済学の 先行指標と遅行指標 によって追跡されます。
ファンダメンタル分析の完了後、アナリストはその資産が過小評価されているか過大評価されているかを判断することを目指します。投資家はこの結論をもとに、投資判断を行うことができます。
仮想通貨 の場合、ファンダメンタル分析には、オンチェーン・メトリクス と呼ばれるパブリック・ブロックチェーンのデータを扱うデータサイエンスの分野が含まれることもあります。これらのメトリクスには、ネットワーク・ハッシュレート、トップホルダーアドレス、トランザクションの分析などが含まれます。パブリック・ブロックチェーンの豊富なデータを利用して、アナリストはネットワークの全体的な健全性や特定の側面を分析する複雑なテクニカル・インジケーター を作成することができます。
ファンダメンタル分析は株式市場や FX では広く使われていますが、現状の仮想通貨にはあまり適していません。このアセットクラスは非常に新しく、市場評価を決定するための標準化された包括的なフレームワークが存在しません。さらに、市場の多くは 投機 や当事者の経験によって動いています。そのため、基本的な要因が 仮想通貨 の価格に与える影響は、一般的にはごくわずかです。しかし、市場が成熟すれば、より正確な仮想資産の評価方法が開発されるかもしれません。


テクニカル分析とは?

テクニカル分析は全く違うアプローチです。テクニカル分析の中心となる考え方は、過去の値動きが、今後の市場の動きを示す可能性があるということです。

テクニカルアナリストは、資産の本質的な価値を見出そうとはしません。その代わりに、過去の取引履歴を見て、それに基づいて取引機会を見つけようとします。これには、プライスアクションや 出来高 分析、チャートパターンテクニカル・インジケーターの使用、その他多くのチャートツールが含まれます。この分析の目的は、特定の市場の強さや弱さを評価することです。
とはいえ、テクニカル分析は、将来の値動きの確率を予測するためだけのツールではありません。つまり、リスクマネジメント の枠組みとしても有効です。テクニカル分析は、市場構造を分析するためのモデルを提供しているため、トレードマネジメントをより明確に 測定可能 にします。そういった意味で、リスクを測定することは、リスクマネジメントをするための最初のステップといえます。そのため、テクニカル・アナリストの中には、厳密にはトレーダーとはいえない人もいます。彼らは、テクニカル分析を純粋にリスクマネジメントのためのフレームワークとして使用することがあります。
テクニカル分析の実践は、あらゆる金融市場に適用することができ、仮想通貨トレーダーの間でも広く利用されています。しかし、テクニカル分析は効果があるのでしょうか?さて、先に述べたように、仮想通貨市場の評価は 投機 によるところが大きいです。そのため、テクニカル・アナリストにとっては、技術的な要素だけで勝負できる理想的な舞台となっています。


ファンダメンタル分析 vs テクニカル分析 - どちらが良いのでしょうか?

どちらが適しているかは完全にあなたの投資戦略によります。実際のところ、両方を活用すべきです。大半の市場分析メソッドは他のメソッドやインジケーターで組み合わせて使用した時に一番効果を発揮します。この方法だと、より信頼できる投資機会を見つけるチャンスが増えます。違うトレード戦略を組み合わせることは、意思決定プロセスからバイアスを排除することに役立ちます。

この概念は コンフルエンス と呼ばれることもあります。コンフルエンス・トレーダーは、複数の戦略を1つにまとめ、すべての戦略から利益を得ることができます。これは、1つの戦略だけではなく、複数の戦略を組み合わせることで、より強い取引機会が得られる可能性があるという考え方です。


仮想通貨の購入を検討していますか?バイナンスでBitcoinを購入しましょう!


金融市場を動かしているものは何でしょうか?

資産の価格は単純に需要と供給のバランスによって決定します。言い換えると、買い手と売り手によって決められています。需要を満たす供給があれば、市場が成立します。しかし、それ以外に金融資産の評価を決めるものは何があるのでしょうか。

先に述べたように、経済状況などの ファンダメンタル 要因も考えられます。さらに、仮想通貨の 時価総額 のような技術的な要因も考えられます。また、市場状況 や最近のニュースなど、他の要因を考慮する必要があるかもしれません。

しかしながら、これらは単に考慮すべき要素にすぎません。資産価格を本当に決めるのはその瞬間における需要と供給のバランスだけです。


マーケットトレンドとは?

マーケットのトレンドとは、ある資産価格の動く全体的な方向性のことです。テクニカル分析では、通常、マーケットのトレンドは、プライスアクション、トレンドライン、あるいは主要な 移動平均線 を用いて識別されます。
一般的に、マーケットの動向は大きく分けて2種類あります:強気相場(ブルマーケット)と弱気相場(ベアマーケット)です。強気相場とは、価格が継続的に上昇していく持続的な上昇トレンドを指します。弱気相場とは、価格が継続的に下降していく持続的な下落トレンドのことです。さらに、明確な方向性のないコンソリデーション、つまり”横ばい”のマーケットも見極めることができます。


Bitcoinはこれまでずっと強気市場です。


注意すべきは、マーケットトレンドは、価格が常にトレンドの方向に向かっていることを意味するものではないということです。長く続く強気相場には、小さな弱気トレンドが含まれており、その逆もまた同様です。これは単にマーケットの動向の性質に過ぎません。それは、あなたが見ている時間足に依存するので、視点の問題です。高い時間足でのマーケットの動向は、低い時間足でのマーケットの動向よりも常に重要な意味を持ちます。
マーケットトレンドの特徴は、後から見たときに絶対的な確信を持って判断することができることです。あるイベントが発生する前に、そのイベントを正確に予測していたと自分に言い聞かせる傾向があることを意味する 後知恵バイアス という概念をご存知でしょうか。ご想像のとおり、後知恵バイアスは、マーケットトレンドを見極め、取引の判断を下すプロセスに大きな影響を与えます。


マーケットサイクルとは?

マーケットは周期的な動きがあると聞いたことがあるかもしれません。サイクルとは、違うタイミングで現れるパターンやトレンドです。一般的に、長期的な視点でのマーケットサイクルは短期的なものよりも信用できます。それでも、数十年分のデータを見る時と同様に、1時間ごとのチャートでも短期的なマーケットサイクルを見つけることができます。

マーケットは循環する性質があります。サイクルによって、あるアセットクラスのパフォーマンスが他よりも優れることがあります。同じマーケットサイクルの他のセグメントでは、それらの同じアセットクラスは様々な市況によって他の種類のアセットよりもパフォーマンスが下回る可能性があります。

なお、マーケットサイクルが現在どの段階にあるのかを一瞬で判断することは、ほぼ不可能です。この分析は、サイクルの一部分が終了した 、初めて高い精度で行うことができます。また、マーケットサイクルには具体的な始点と終点が存在するわけではありません。結局のところ、今この瞬間にいることは、金融市場では例外的に偏った視点であるということです。
マーケットサイクルについて詳しく知りたい方は、マーケットサイクルの心理学をご覧ください。



第2章–金融市場とトレード戦略


コンテンツ


金融コモディティとは?

金融コモディティとは、簡単に言えば、取引可能なアセットのことです。例えば、現金、貴金属(金や銀など)、何か(ビジネスや資源など)の所有権を確認するための書類、現金を引き渡したり受け取ったりする権利など、様々なものがあります。金融コモディティは非常に複雑ですが、基本的な考え方は、何を表すものであっても、取引が可能であるということです。

金融コモディティはさまざまな種類に分類することができます。例えば、原資産とデリバティブ商品に分類することができます。名前が示す通り、デリバティブ商品は(仮想通貨のように)何か他のものから価値が派生しています。また、金融コモディティは債務ベースか、資本ベースにも分類することができます。

しかし、仮想通貨 はどのカテゴリーに分類されるのでしょうか?複数の方法で考えることができ、複数のカテゴリーに当てはまることもあります。最も簡単な分類は、デジタル資産ということです。しかし、仮想通貨の可能性は、まったく新しい金融・経済システムを構築することにあります。
その意味で、仮想通貨は全く新しいデジタル資産のカテゴリーを形成しています。さらに、エコシステムが進化することで、他では考えられないような新しいカテゴリーが生まれる可能性もあります。その初期の例は、分散型金融(DeFi)の分野ですでに見られます。


現物市場とは?

現物市場とは、金融コモディティを ”直渡し” と呼ばれる形で取引する市場です。ここでいう ”直渡し” とは、金融コモディティを現金と交換することを意味します。これは不要な区別のように思えるかもしれませんが、市場によっては即座に現金で決済されないものもあります。例えば、先物 市場の話をすると、資産は後日(先物契約の満期時)に引き渡されます。
簡単に言えば、現物市場は、"その場で" 取引が行われる場所と考えることができます。取引はすぐに決済されるので、資産の現在の市場価格はよく 現物価格 と呼ばれます。
では、これは仮想通貨市場の文脈ではどのような意味を持つのでしょうか?バイナンスの現物市場では、どんなことができるのでしょうか?お互いにコインを交換することができます。つまり、BNBをBUSDに交換したい場合は、BNB/BUSD の現物市場に行ってみてください!同じように、BNBを BTC に交換したい場合は、BNB/BTC の現物市場に行くことになります。注文が完了すると、あなたのコインは即座に交換されます。これは、仮想通貨を取引する最も簡単な方法の一つです。


マージン取引とは?

マージン取引とは、第三者から借りた資金を使用して取引を行う方法です。マージン取引は、結果を増幅させることになります – 上げても下げても、結果が増幅されます。マージン取引アカウントがあれば、トレーダーはより多くの資金を利用することができ、カウンターパーティリスクをある程度排除することができます。それはなぜでしょうか?それは、トレーダーは同じ ポジションサイズ で取引しても、仮想通貨 取引所 に置いておく資金が少なくて済むためです。
マージン取引というと、証拠金レバレッジ という言葉をよく耳にします。証拠金とは、お客様がコミットする(つまり自身のポケットから出す)資本額のことです。レバレッジとは、マージンを増幅させる量のことです。つまり、2倍のレバレッジを使用すると、証拠金の2倍のポジションを開くことになります。4倍のレバレッジを使用した場合、マージンの4倍の金額のポジションを開くことができます。
ただし、清算 には注意が必要です。レバレッジを高くすればするほど、清算価格がエントリーに近くなります。清算されてしまうと、すべての証拠金を失うリスクがあります。従って、マージン取引のリスクの高さをよく理解した上で、始めるようにしてください。バイナンスマージン取引ガイドは、始める前の重要な資料です。
マージン取引は、株式、コモディティ、FXのほか、Bitcoin仮想通貨の市場でも広く利用されています。より伝統的な設定では、借りた資金は投資ブローカーによって提供されます。仮想通貨に関しては、一般的には、取引所が資金調達手数料を支払う代わりに資金を貸し出します。しかし、その他のケースでは、借りた資金がプラットフォーム上の他のトレーダーから直接得られる場合もあります。この場合、金利はオープンマーケットで決定されるため、通常は変動金利(資金調達手数料)が発生します。
ここまでマージン取引とは何かを簡単に説明してきましたが、まだまだ学ぶことはあります。もっと詳しく知りたい方は、マージン取引とは?をご覧ください。


デリバティブ市場とは?

デリバティブとは、何か他のものを基準にして価値を決める金融資産のことです。これは、基礎となる資産または資産のバスケットである可能性があります。最も一般的なタイプは、株式、債券、コモディティ市場インデックス、または仮想通貨です。
デリバティブ商品自体は、基本的に複数の当事者間の契約です。ベンチマークとして使用される原資産から価格を取得します。どのような資産を基準にしても、デリバティブ商品はその資産から価値を得るというのが基本的な考え方です。デリバティブ商品の一般的な例としては、先物契約オプション契約スワップ などがあります。
ある推計によると、デリバティブ市場は世界で最も大きな市場の一つです。それはなぜでしょうか?デリバティブは、ほとんどすべての金融商品に存在します – つまり、デリバディブ自体にもそれは存在しており、デリバティブからデリバティブを作成することができます。そして、その デリバティブからさらなるデリバティブが作られたりしています。これは、今にも崩れそうなカードの家のように聞こえるでしょうか?しかし、それはあながち間違いではないかもしれません。2008年の金融危機 では、デリバティブ市場が大きな影響を及ぼしたという意見があります。


先物取引とは?

先物契約は、トレーダーが資産の将来の価格に投機することを可能にするデリバティブ商品の一種です。これは、有効期限と呼ばれる後日取引を決済するという当事者間の合意を伴うものです。デリバティブで話をしましたが、このような契約の原資産は任意の資産にすることができます。一般的な例としては、仮想通貨コモディティ、株式、債券などがあります。
先物契約の有効期限は、その特定の契約に対する取引の最終日です。最終日に取引された価格で契約が満了します。契約の決済は事前に決定され、現金決済または現物引き渡しのどちらかになります。
現物引き渡しの場合、契約の原資産が直接引き渡されます。例えば、石油のバレルが引き渡されます。現金決済の場合、直接原資産に交換されず、その原資産が表す価値(現金または仮想通貨)に交換されます。
バイナンスで先物取引をしてみたい方は、バイナンス先物取引のアルティメットガイドをぜひご覧ください。


無期限先物取引とは?

先物商品はトレーダーにとって、資産価格を推測するのに最適な方法です。しかしながら、満期後もそのままのポジションを持っていたい場合どうすればよいのでしょうか。

永久先物契約を行います。通常の先物取引との最大の違いは、期限が満了とならないことです。これにより、トレーダーは有効期限を気にすることなく、原資産の価格を推測することができます。 

しかしながら、無期限先物にも独自の問題があります。それは、無期限先物の価格が原資産の価格とかけ離れたものになってしまうことです。満期日がないため、無期限先物市場と現物市場の価格に大きな乖離が発生し続ける可能性があります。

このため、永久先物契約では、トレーダー間で支払う資金調達手数料が設定されています。永久先物市場が現物市場よりも高く取引されていることを想像してみましょう。この場合、資金調達率はプラスとなり、ロングポジション(買い手)がショートポジション(売り手)に資金調達手数料を支払うことになります。これにより、買い手が売りに出ることで、契約価格が下がり、現物価格に近づいていきます。逆に、永久先物市場が現物市場よりも低く取引されている場合、資金調達率はマイナスになります。その場合、ショートポジションがロングポジションに対して資金調達手数料を支払うことで、契約価格を押し上げるインセンティブが働きます。 

まとめると、資金調達がポジティブな場合はロングがショートに資金調達手数料を支払います。ネガティブな場合はショートがロングに資金調達手数料を支払います。

永久先物契約は、Bitcoin仮想通貨のトレーダーの間で非常に人気があります。永久先物契約について詳しく知りたい方は、永久先物契約とは何か?をご覧ください。


仮想通貨の購入を検討していますか?バイナンスでBitcoinを購入しましょう!


オプション契約とは?

オプション契約はトレーダーに、将来のある特定の時にあるアセットを売買する権利を与える種類のデリバティブ商品です。先物契約とオプション契約の大きな違いはトレーダーはオプション契約を決済する義務はないことです。

トレーダーがオプション契約を購入する時、彼らは価格がどちらかの方向に動くと予想しています。

オプション契約には:コールオプションプットオプションの2種類があります。コールオプションは価格の上昇に、プットオプションは価格の下降にベットします。
他のデリバティブ商品と同様に、オプション契約は:市場指数、コモディティ、株式、仮想通貨など、さまざまな金融資産に対応することができます。
オプション契約は、非常に複雑な取引戦略や、ヘッジングなどのリスクマネジメントを可能にします。仮想通貨の文脈では、オプションは、大量の仮想通貨保有をヘッジしたいマイナーにとって最も有用であるかもしれません。これにより、資産に悪影響を及ぼす可能性のあるイベントから資産を保護することができます。
オプション契約について詳しく知りたい方は、オプション契約とは何か?をご覧ください。バイナンスでのオプション取引をご希望の方は、まずiOSとAndroid用のオプションガイドをお読みください。


外国為替市場(FX)とは?

外国為替(為替、FX)市場は、トレーダーがある国の通貨を別の国の 通貨 に交換する場所です。要するに、世界中の通貨の為替レートを決めるのが為替市場なのです。
私たちはよく通貨を ”安全な” 資産と考えることがあります。”ステーブルコイン” という用語でさえ、理論的には、その資産がボラティリティから何らかの形で安全であることを示唆しているはずです。それはある程度正しいのですが、通貨は市場で大きく変動することもあります。どうしてでしょうか?そうですね、通貨の価値も需要と供給によって決まるからでしょうか。また、世界の貿易や投資に関連する インフレーション 等の市場要因や地政学的要因の影響を受ける可能性もあります。
外国為替市場はどのような仕組みになっているでしょうか?通貨ペアは、投資銀行、中央銀行、商業会社、投資会社、ヘッジファンド、および個人のFXトレーダーによって取引される可能性があります。また、外国為替市場は、国際貿易の決済のためのグローバルな通貨コンバートを可能にします。

FXトレーダーは、リターンを増幅させるために、たいていレバレッジをかけたスキャルピングのようなデイトレード戦略を行います。この戦略については、この記事の最後の方で、どのような仕組みかを正確に説明します。

外国為替市場は、私たちが知っているような現代のグローバル経済の主要な構成要素の一つです。実際、FX市場は世界で最も大きく、最も流動的な金融市場です。


レバレッジトークンとは?

レバレッジトークンは、レバレッジポジションを管理するために条件に縛られることなく、仮想通貨の価格にレバレッジをかけたエクスポージャーを得ることができる取引可能な資産です。つまり証拠金、担保資金調達清算などを気にする必要がないのです。
レバレッジトークンは、ブロックチェーン の力があってこそ存在する革新的な金融商品です。レバレッジトークンは、当初、デリバティブ取引所であるFTXによって導入されましたが、その後、様々な代替手段が登場しています。しかし、それらの背後にある主なアイデアは、依然として同じです – レバレッジのかかったオープンポジションをトークン化することです。これは何を意味するのでしょうか?
レバレッジトークンは、オープンな永久先物ポジションをトークン化したものです。以前、デリバティブからデリバティブが生まれるという説明したことを覚えていますでしょうか?レバレッジトークンはその典型的な例で、デリバティブでもある先物ポジションから価値を見出しています。
レバレッジトークンは、仮想通貨に単純なレバレッジをかけてエクスポージャーを得るための素晴らしい方法です。バイナンスでの取引をご希望の方は、 バイナンスレバレッジトークン(BLVT)初心者向けガイド をご覧ください。
FTXレバレッジトークンについて読みたい方は、 FTXレバレッジトークンの初心者向けガイド をご覧ください。



第3章 – トレードと投資戦略


コンテンツ


トレード戦略とは?

トレード戦略はトレードを実行する際の計画のことです。トレードには正解は存在しないため、戦略はトレーダーの個性に大きく左右されます。

どのような方法で取引を行うにしても、計画を立てることは非常に重要です – 明確な目標を示し、感情に流されて道を踏み外すことを防ぐことができます。一般的には、 を取引するのか、どのように取引するのか、投資と引き際のポイントを決めます。

この章では、人気のあるトレード戦略をいくつか紹介します。


ポートフォリオ管理とは?

ポートフォリオマネジメント とは、投資の集合体を作成し、取り扱うことです。ポートフォリオとは、資産の集合体です – ビーニーベイビーから不動産まで、あらゆるものが含まれます。仮想通貨 のみを取引するのであれば、おそらく Bitcoin やその他のデジタルコインやトークンを組み合わせて構成されることになるでしょう。 

最初のステップはポートフォリオに対する自分の期待を考えることです。例えば、値動きに比較的影響されない投資のバスケットが良いのか、それとも短期的に高いリターンを狙う高リスクの高い投資をしようと考えているのかなどです。

自分のポートフォリオをどのように管理するかを考えることは非常に有益です。受動的戦略 を好む人もいるでしょう – 投資をした後は、そのまま放置しておくという方法です。また、継続的に資産を売買して利益を上げるという積極的なアプローチをとる人もいるでしょう。


リスクマネジメントとは?


トレードで成功するためには、リスクマネジメントは必須です。リスクマネジメントのためには、まず自分の投資に伴うリスクの種類を特定しましょう。

  • 市場リスク: 資産が価値を失った場合にお客様が被る可能性のある損失です。
  • 流動性リスク:資産の買い手を簡単に見つけることができない流動性の低い市場から生じる潜在的な損失です。
  • 運用上リスク:運用の失敗に起因する潜在的な損失です。これらの原因は、人為的なミス、ハードウェア・ソフトウェアの故障、または従業員による意図的な不正行為である可能性があります。
  • システミックリスク:事業を行っている業界の関係者の破綻によって生じる潜在的な損失であり、当該分野の全事業に影響を与えます。2008年と同様、リーマンブラザーズの破綻は、世界の金融システムに連鎖的な影響を及ぼしました。

ご覧の通り、リスクの把握のためにはまずポートフォリオの資産を把握することから始まります。効率的に行うためには外部要因と内部要因のそれぞれを考える必要があります。把握ができたら、次にそれらのリスクの頻度やどれぐらいの被害になるのかなどの評価をしましょう。

リスクを評価し、ポートフォリオに影響を与える可能性を把握することで、リスクをランク付けし、適切な戦略や対応策を立てることができます。例えば、システミックリスクは、異なる投資への分散によって軽減することができ、市場リスクはストップロスの使用によって軽減することができます。



デイトレードとは?

デイトレードは、1日の中でポジションのエントリーとエグジットが含まれる戦略です。この用語は、伝統的な金融市場の用語で、日中に設定された期間のみポジションをオープンにしていることから来ています。その期間以外では、デイトレーダーがポジションをオープンにしておくことは期待されていません。

仮想通貨市場は、ご存知の方も多いと思いますが、オープンとクローズの時間が決まっていません。年中無休で24時間取引ができます。それでも、仮想通貨としての デイトレード は、24時間以内にポジションのエントリーとエグジットを行う取引スタイルを指す傾向があります。
デイトレードでは、どの資産を取引するかを決めるのに、 テクニカル分析 を利用することが多いです。短期間では利益が少ないため、幅広い資産を取引してリターンの最大化を図ることができます。しかし、中には同じペアを何年も使い続ける人もいます。

このスタイルは非常に積極的なトレード戦略です。このスタイルで大きな利益を得られることもできますが、かなりリスクのあるスタイルでもあります。そのため、一般的にデイトレードは経験豊富なトレーダーに適しています。


仮想通貨の購入を検討していますか?バイナンスでBitcoinを購入しましょう!


スイングトレードとは?

スイングトレードでも、トレーダーはマーケットのトレンドで利益を出すことができますが、時間足はデイトレードよりも長い傾向にあります。スイングトレードでは、トレーダーはポジションを数日から最大で数ヶ月保持します。

多くの場合、あなたの目標は過小評価されており、今後価値が増えそうな資産を見つけることです。その資産を購入して、十分な利益が出るぐらい価格が上昇した場合に売却します。もしくは、過大評価されていて、価値が減少しそうな資産を見つけようとすることもできます。そのような資産を見つけた場合、高い価格でその資産を売却して、安くなってから買い戻すことができます。

デイトレードと同様に、多くのスイングトレーダーは テクニカル分析 を利用しています。しかし、彼らの戦略は長い期間に渡って行われるため、ファンダメンタル分析も重要なツールとなります。 

スイングトレードはより初心者に優しい戦略です。その主な理由は、ペースの速いデイトレードのようなストレスがないからです。デイトレードでは、迅速な意思決定と多くの時間画面とにらめっこしないといけないのに対し、スイングトレードでは、よりマイペースにトレードすることができます。


ポジショントレードとは?

ポジション(またはトレンド)取引は、長期的戦略です。トレーダーは、長期間(通常は月単位)保有する資産を購入します。彼らの目的は、その資産を将来、より高い価格で売ることにより利益を得ることです。

ポジショントレードと長期的なスイングトレードを区別するものは、トレードに対するエントリーの根拠です。ポジショントレーダーは、長期的な分析を行い、マーケット全体の方向性から利益を上げようとします。一方、スイングトレーダーは、一般的に、必ずしも大きなトレンドと相関しない市場のスイング(価格変動)を予測しようとします。

ポジショントレーダーが ファンダメンタル分析 を好むことは珍しくありませんが、それは彼らが基本的なイベントの発生を確認する時間の猶予があるからです。テクニカル分析が使われていないというわけではありません。ポジショントレーダーは、トレンドが継続することを前提に仕事をしますが、 テクニカル指標 を使用することで、トレンドが反転する可能性を警告することができます。

スイングトレードと同様に、ポジショントレードも、初心者におススメできる戦略です。繰り返しになりますが、より長期間の戦略であるため、意思決定を熟慮する十分な機会があります。


スキャルピングとは?

今回ご紹介した戦略の中で、スキャルピングは最も小さな時間足で行われます。スキャルパーは、価格の小さな価格変動を利用しようとするもので、数分(あるいは数秒)以内にポジションへのエントリーとエクジットすることが多い傾向にあります。多くの場合、テクニカル分析を用いて価格の動きを予測し、 ビッド・アスク・スプレッド などの非効率性を利用して利益を得ようとします。時間足が短いため、スキャルピング取引の利益率は低くなります – 通常は1%以下です。しかし、スキャルピングは数字のゲームなので、小さな利益を繰り返すことで時間をかけて積み上げていくことができます。

スキャルピングは決して初心者向けの戦略ではありません。成功にはマーケット、トレードに使用するプラットフォーム、そしてテクニカル分析の深い理解が必須です。つまり、今何をしているのかを正しく理解し、正しいパターンを見つけられるトレーダーは、短期的な変動を活かし、大きな利益を得ることができます。


資産配分と分散投資とは?

アセット・アロケーションと分散投資は、同じ意味で使用されることが多い言葉です。この原則は、 すべての卵を一つのカゴに入れるな という言葉でご存知かもしれません。すべての卵をひとつのカゴに入れておくと、失敗の原因になります – それは、あなたの財産についても同じです。人生の財産を一つの資産に投資することは、同じようなリスクにさらされることになります。その資産が特定の企業の株式で、その企業が崩壊してしまったら、一気に資金を失うことになる。
これは単一の資産だけではなく、アセットクラスにも当てはまります。金融危機 が発生した場合、保有している株式のすべてが価値を失うと考えられます。これは相関性が高く、同じトレンドをたどる傾向があるためです。
分散投資といっても、単に何百種類ものデジタル通貨をポートフォリオに入れるだけではありません。世界各国の政府が仮想通貨を禁止したり、 量子コンピュータ が我々が使用している 公開鍵暗号方式 を破ったりする可能性について考えてみましょう。いずれにしても、すべてのデジタル資産に多大な影響を与えることになります。株式と同様に、一つのアセットクラスを構成しています。

複数のアセットクラスに資産を分散させるのが理想的でしょう。これによって、たとえ1つのクラスのパフォーマンスが悪くても、ポートフォリオの他の資産のドミノ倒しを防ぐことができます。ノーベル経済学賞受賞者のHarry Markowitz氏はこのアイデアを現在ポートフォリオ理論(MPT)として発表しました。この理論を簡単に説明すると、相関性がない資産を組み合わせたポートフォリオによって、投資に関連したボラティリティやリスクを減少させるというものです。

このテーマについては、バイナンスアカデミーの アセットアロケーションと分散投資 や、バイナンスリサーチの Bitcoinによる多様化のメリットを探る をご覧ください。


ダウ理論とは?




ダウ理論は、チャールズ・ダウの考えをモデルにした金融フレームワークです。ダウはウォールストリートジャーナルを設立し、ダウ・ジョーンズ輸送株平均(DJTA)やダウ・ジョーンズ工業株平均(DJIA)として知られる、アメリカ初の株価指数の作成に貢献しました。

ダウ理論はダウ自身によって、公式化されたことはありませんが、彼の著作に記されている市場原則をまとめたものと見ることができます。以下に、その中でも特に有名なものを紹介します。


  • すべての価格設定 – ダウは、効率的市場仮説(EMH)の提案者です。効率的市場仮説とは、市場が資産価格に関する入手可能な情報のすべてを反映するという考え方です。
  • 市場動向 – ダウは、今日我々が知る市場トレンドの概念そのもので、第一次、第二次、第三次のトレンドを区別しているとされることが多いです。
  • 主なトレンドのフェーズ – 主なトレンドでは、ダウは3つのフェーズを特定しています:蓄積、国民参加、過剰流通。
  • クロスインデックス相関 – ダウは、ある指数のトレンドが他の指数で観測されない限り、それを確認することはできないと考えていました。
  • 出来高の重要性 – トレンドを確認するには、出来高が多いことが必要です。
  • トレンドは反転するまで有効 – トレンドが確認された場合、明確な反転が起こるまで続きます。


ダウ理論は、正確には科学ではなく、理論にすぎず、いつも正しいとは限りません。しかし、この理論の影響は非常に大きく、多くのトレーダーや投資家が、ダウ理論は、自分の投資方法において不可欠なものだと考えています。

詳細については、ダウ理論入門 をご覧ください。


エリオット波動理論とは?

エリオット波動理論(EWT)とは、市場の動きは 市場参加者の心理 に従うという原理です。多くのテクニカル分析戦略で使用されていますが、指標や特定の取引手法ではありません。むしろ、市場構造を分析するための方法です。

エリオット波のパターンは、一般的に8つの波の連続で識別され、それぞれが推進波、または調整波となっています。一般的にトレンドに沿う5つの推進波とそれに逆らう3つの調整波があります。


エリオット波動のサイクル 推進波が青で、調整波が黄色


また、このパターンにはフラクタル構造があるので、1つの波をより短い時間足などで見ると別のエリオット波のパターンを見ることができます。あるいは、現在確認しようとしているパターンが、エリオット波動サイクルの1つの波の中にあることを確認するためにより長い時間足でチェックすることもできます。

エリオット波動理論に対しては様々な意見があります。この理論では、トレーダーがルールに違反することなく、様々な方法で波を識別できるので、主観的すぎると言う人もいます。ダウ理論と同様に、エリオット波動理論は確実なものではないので、正確な科学と考えるべきものではないです。とはいえ、多くのトレーダーがEWTとその他のテクニカル分析ツールを組み合わせることで、素晴らしい成功を収めてきました。

エリオット波動理論の詳細については エリオット波動理論の入門 をご確認ください。


ワイコフメソッドとは?

ワイコフメソッドは、1930年代にCharles Wyckoffによって開発された後半なトレードと投資の戦略です。彼の業績は、多くの金融市場における現代のテクニカル分析テクニックの基礎として広く評価されています。

Wyckoff氏は、3つの基本的な法則を提唱しました – 需要と供給の法則原因と結果の法則努力と結果の法則また、チャールズダウの主なトレンドの内訳と重複部分が多い コンポジットマン 理論を提唱しました。この分野での彼の仕事は、特に仮想通貨のトレーダーにとって価値のあるものです。

ワイコフメソッドの実際の使い方に関しては、以下の5段階によって取引方法が構成されています。

  • トレンドを見極める: 現状の状況と今後の方向性は?
  • 強力な資産の特定: 市場と同じ方向に動いているのか、それとも逆方向に動いているのか? 
  • 十分な原因がある資産を検索: そのポジションに入る十分な理由があるのか?そのリスクに見合うだけの報酬が得られるのでしょうか?
  • 動きの可能性を評価: Wyckoff氏の売買テストのようなものが、可能性のある動きを指し示しているでしょうか?価格や数量はどうでしょうか?この資産はすぐにでも動かせるものでしょうか?
  • エントリー時間: 一般市場との関係で、資産はどうなっていますか?ポジションに入るのに最適なタイミングはいつでしょうか?
ワイコフ法は、ほぼ1世紀前に導入されましたが、今でも非常に重要です。Wyckoff氏の研究範囲は広大であるため、上記は非常に凝縮された概要として捉えていただきたいです。彼の作品は、テクニカル分析に欠かせない知識を提供してくれるので、より深く掘り下げてみることをお勧めします。まずは、Wyckoff法の解説 から始めましょう。


バイ・アンド・ホールドとは?

”バイ・アンド・ホールド” とは、当然のことながら、ある資産を購入して保有することです。投資家が資産を購入した後、市場の状況に関わらず放置しておく長期的な受動的戦略です。仮想通貨の分野では、ホールドが良い例です。これは通常、積極的な取引ではなく、何年も買い待ちすることを好む投資家を指します。

短期的な値動きやキャピタルゲインに対する税金を気にする必要がないため、放置投資を好む人には有利な方法といえるでしょう。一方で、投資家の側には忍耐が必要で、購入した資産が無価値にならないと信じる必要があります。

この戦略をBitcoinに適用する簡単な方法について知りたい方は、ドルコスト平均(DCA)の説明をご覧ください。


インデックス投資とは?

インデックス投資 は、バイ・アンド・ホールドの一種であると考えられます。その名の通り、投資家は特定のインデックス内の資産の動きから利益を得ようとします。そのためには、自分で資産を購入したり、インデックス資産に投資したりする必要があります。
繰り返しになりますが、これは受動的戦略です。個人もまた、活発な取引のストレスなしに、複数の資産にわたる 分散 投資から利益を得ることができます。


ペーパートレードとは?

ペーパートレードではあらゆる種類の戦略を取ることができますが、トレーダーはある資産を疑似的に売買しているだけです。これは、初心者(あるいは経験者)が、リスクなしで、自分のスキルを試すためのものと考えてもいいかもしれません。

例えば、Bitcoinの下落タイミングを探る良い戦略を見つけ、そういった下落が発生する前に実際に利益を出せるかを試したいとします。しかし、資産のすべてをその戦略のために使用する前に、ペーパートレードをすることを選択したとします。その時、シンプルにショートをオープンする時とクローズする時の価格を書き出すだけでも十分です。よく使用されている取引インターフェースをまねたシミュレーションも複数あるので、それらを活用するのも良いでしょう。

ペーパートレードの大きなメリットは、戦略を試してみて、想定と違う結果になったとしても資産を失わないことです。リスクゼロで、自分の戦略がどのような結果をもたらすのか知ることができます。もちろん、ペーパートレードでは、実際の環境を理解するには限界があることを認識しておく必要はあります。実際に、自分の資産が含まれている時に体験する実際の感情を再現するのは困難です。特定のプラットフォームにおいて実生活のファクターを考慮しない限り、実生活シミュレーターなしでのペーパートレードは関連するコストや手数料に関しての誤った感覚を与える可能性があります。

バイナンス はペーパートレードのために、いくつかのオプションを提供しています。例えば、バイナンス先物テストネット では、本格的なインターフェースを提供しています。トレーディングボットやプログラムを自分で構築しているのであれば、 現物取引所のテストネット にはAPIでアクセスできます。



第4章 - テクニカル分析の基礎


コンテンツ


ロングポジションとは?

ロングポジション(または単にロング)とは、資産の価値が上昇することを期待して購入することを意味します。ロングポジションは、デリバティブ商品や FX の文脈で使用されることが多いのですが、基本的にはあらゆるアセットクラスや市場タイプに適用されます。価格の上昇を期待して現物市場で資産を購入することは、ロングポジションになります。

金融商品に対して、ロングすることは投資の、特に初心者にとっては、最も一般的な方法です。バイ・アンド・ホールドのような長期的な戦略は、基礎となるアセットの価値が上昇することが前提となっています。そういった意味で、バイ・アンド・ホールドはシンプルに、長期間に渡ってロングをしていることになります。

しかし、ロングは必ずしも価格の上昇による利益を期待しているわけではありません。例えば、レバレッジトークンを例に挙げてみましょう。BTCDOWN は、Bitcoin の価格に逆相関しています。Bitcoinの価格が上がれば、BTCDOWNの価格は下がります。Bitcoinの価格が下がれば、BTCDOWNの価格が上がります。この意味で、BTCDOWNのロングポジションに入ることは、Bitcoinの価格が下がることに等しいです。


ショートとは?

ショートポジション(またはショート)とは、後で低価格で買い戻すことを意図して資産を売却することを意味します。ショートは、資産を借りて行われる可能性があるため、マージン取引 と密接な関係があります。しかし、デリバティブ市場でも広く利用されており、単純な現物ポジションでも行うことができます。では、ショートはどのような仕組みになっているのでしょうか?
現物市場でのショートについては、非常にシンプルです。例えば、あなたがすでに Bitcoin を持っていて、価格が下がることを期待しているとします。購入したBTCを米ドルに売却して、後でもっと安い値段で買い戻そうと考えています。この場合、高値で売却して安値で買い戻すので、基本的にはBitcoinのショートポジションを取ることになります。簡単です。しかし、借りた資金でショートするのはどうでしょうか?それがどのように機能するかみてみましょう。 
価値が下がると思われる資産を借ります – 例えば、株式や 仮想通貨 などです。すぐに売ります。取引がうまくいき、資産価格が下がった場合、借りた資産と同額の資産を買い戻します。借りた資産を(利子をつけて)返済し、最初に売却した価格と買い戻した価格の差で利益を得ます。
では、借りた資金で Bitcoin をショートするとはどういうことでしょうか?例を見てみましょう。私たちは1BTCを借りるために、必要な担保を設定し、すぐ10,000ドルで売却します。これで10,000ドルになりました。例えば、価格が8,000ドルに下がったとします。私たちは1BTCを購入し、1BTCの借金を利息とともに返済します。最初にBitcoinを10,000ドルで売却し、今回8,000ドルで買い戻したため、 利益 は2,000ドル(支払利息と取引手数料を差し引いた額)です。


オーダーブック(注文板)とは?

オーダーブック とは、ある資産に対して現在開かれている注文を価格ごとにまとめたものです。すぐに決済されない注文を出した場合、その注文はオーダーブックに追加されます。他の注文で満たされるかキャンセルされるまで、そのまま放置されます。

それぞれのプラットフォームでオーダーブック(注文板)は異なりますが、一般的には、同じような情報を持っています。どこのプラットフォームでもある特定の価格帯における、注文数を知ることができます。

仮想通貨 取引所やオンライントレードの場合、オーダーブックの注文はマッチング・エンジンと呼ばれるシステムによって照合されます。これは取引を確実に行うためのシステムです – 取引所 の頭脳と言っても過言ではありません。このシステムは、オーダーブックと並んで、取引所における中核をなすものです。


オーダーブックデプス(オーダーブックの深さ)とは?

オーダーブックデプス(オーダーブックの深さ)はオーダーブックにある、現在オープンな注文を可視化したものを指します。通常、片方に買い注文、もう片方に売り注文が、チャート上に累積的に表示されます。


バイナンスのBTC/USDTマーケットペアのオーダーブックの深さ


より一般的には、オーダーブックの深さとは、オーダーブックが吸収できる 流動性 の量を指すこともあります。マーケットが ”深い” ほど、オーダーブックの流動性は高くなります。この意味で、流動性の高い市場は、価格に大きな影響を与えることなく、大きな注文を吸収することができます。しかし、マーケットの流動性に乏しい場合、大量の注文は価格に大きな影響を与える可能性があります。


マーケットオーダーとは?

成行注文は、その時点で利用可能な最も条件の良い市場価格で売買を行う注文です。基本的に、成行注文はマーケットへのエントリー、もしくはエグジットを即時に行うことができる方法です。

マーケットオーダーを出すときには、基本的に次のように言います:”この注文をできるだけ安く約定させたいのですが。”
成行注文は、注文全体が完全に約定されるまで、オーダーブックからの注文を約定し続けます。そのため、大口トレーダー(またはクジラ)が成行注文を使うと、価格に大きな影響を与えることができるのです。大きな成行注文は、オーダーブックから 流動性 を効果的に吸い上げることができます。それはなぜでしょうか?スリッページについて議論する際には、この点を確認しましょう。
より詳しい情報が知りたい場合は、成行注文とは何か?をご覧ください。


トレードにおけるスリッページとは?

成行注文をする際に注意しなければならないことがあります – スリッページです。成行注文が最良の価格で約定するというのは、注文全体が約定するまでオーダーブックからの注文エントリーを続けることを意味します。 
しかし、大量の成行注文を約定するだけの 流動性 が、希望する価格の周辺にない場合はどうでしょうか。自分が予想していた価格と、実際に注文が成立した価格との間には、大きな差があるかもしれません。この差をスリッページと呼びます。
例えば、ある アルトコイン で10BTC分のロングポジションを持ちたいとします。しかし、このaltcoinは、 時価総額 が比較的小さく、流動性の低い市場で取引されています。成行注文を使った場合は、10BTCの注文全体が満たされるまで、オーダーブックからの注文が満たされ続けます。流動性の高い市場であれば、価格に大きな影響を与えることなく、10BTCの注文を約定することができるでしょう。しかしこの場合、流動性がないということは、現在の価格帯に対して十分な数の売り注文がオーダーブックに入っていない可能性があります。 

そのため、10BTCの買い注文すべてが約定する頃には、支払った平均価格が予想よりも大幅に高いことに気付くでしょう。つまり、十分な売り注文がなかったことで、注文板のより高い価格での注文とマッチングした結果、初値よりも大幅に高い注文と約定してしまったということです。

アルトコイン を取引する際には、一部の取引ペアでは成行注文を満たすのに十分な流動性がない場合があるため、スリッページに注意してください。


リミット注文とは?

指値注文とは、ある資産を特定の価格以上で購入または売却する注文のことです。この価格を リミットプライス と呼びます。買いの指値注文は指値以下で、売りの指値注文は指値以上で約定します。
指値注文を設定する際には、基本的に次のように言います:”この注文をこの価格かそれ以上で約定させたいのですが、これ以上希望価格よりも悪くするつもりはありません。”

指値注文を使用すると、指定された市場のエントリーまたはエグジットをよりコントロールすることができます。実質、指値注文によってあなたの注文が期待している価格よりも悪い価格で決して約定されないことを保証します。しかしながら、これにもデメリットはあります。市場価格が指値に到達しないと、その注文が約定されることはありません。多くの場合、これは潜在的な取引機会を失うことを意味します。

トレーダーによって、指値を使用するか、成行を使用するかの判断は異なります。トレーダーの中には、どちらかしか使用しない人もいますし、状況に合わせて両方を使い分ける人もいます。大事なのは、自分で判断できるようにするために、仕組みを正しく理解しておくことです。

より詳細を知りたい場合は、指値注文とは何か?をご覧ください。


ストップロスオーダー(損切り注文)とは?

成行注文と指値注文の意味がわかったところで、今度はストップロス注文について説明します。ストップロス注文は、指値注文や成行注文の一種で、一定の価格に達したときにのみ有効となる注文です。この価格を ストップ価格 と呼びます。
ストップロス注文の目的は、主に損失を抑えることです。すべての取引には、事前にセットしておくべき価格レベルとして 無効化ポイント が必要です。これは、あなたがトレード戦略が間違っていた際に、これ以上の損失を防ぐためにマーケットから撤退する必要があります。つまり、通常は無効化ポイントにはストップロス注文をセットします。

ここからはストップロス注文の仕組みを説明します。前述のとおり、ストップロス注文は成行、指値どちらでもできます。そのため、これらのバリエーションは、ストップリミット(逆指値)注文やストップマーケット(逆成行)注文と呼ばれることもあります。つまり、ストップロス注文はストップ価格と呼ばれる、ある特定の価格に達した時にのみ有効となる注文方法と理解することができます。ストップ価格に達した場合、成行、もしくはリミット注文のどちらかが有効となります。基本的に、成行、もしくはリミット注文のトリガーとしてストップ価格を設定します。

ただ、1点だけ注意していただきたいことがあります。リミット注文は指値価格以上の価格でのみ成立しますが、それ以下の価格では約定しません。逆指値注文をストップロスにしていて、市場が激しく 暴落した場合 、瞬時に指値から離れてしまい、注文が約定しないことがあります。つまり、ストップ価格はストップリミット注文を誘発するものの、リミット注文は急激な価格下落による約定はしないままとなります。これが、ストップリミット注文よりもストップマーケット注文の方が安全だと言われる理由です。これにより、極端な市場環境下でも、無効ポイントに達した時点で市場から撤退することになります。
より詳細を知りたい場合は、ストップリミット注文とは何か? をご覧ください。


仮想通貨の購入を検討していますか?バイナンスでBitcoinを購入しましょう!


メイカーとテイカーとは?

注文をだしてもすぐには約定されず、オーダーブックに追加されるとメイカーとなります。あなたの注文はオーダーブックに 流動性 を提供しているため、あなたは流動性の ”メイカー” となります。

通常、リミット注文はメイカー注文として実行されますが、すべてのケースが該当するわけではありません。たとえば、現在の市場価格よりもかなり高い価格で指値買い注文を出したとします。あなたの注文はリミット価格かそれ以上で約定しても良いと言っているため、注文は市場価格(あなたのリミット価格よりも低い)に対して実行されます。

注文を出してすぐに約定した場合 テイカー となります。あなたの注文はオーダーブックに追加されるのではなく、オーダーブックにある既存の注文と即座にマッチングされます。オーダーブックから流動性を取っていますので、あなたはテイカーです。成行注文は、現在入手可能な最良の市場価格で注文を実行するため、常にテイカー注文となります。
一部の取引所では、トレーダーに流動性提供のインセンティブを与えるために、複数階層の料金モデルを採用しています。結局のところ、多くのトレーダーを自分たちの取引所に呼び寄せることが彼らの利益になるのです。つまり、流動性はより多くの流動性を呼び寄せるのです。このようなシステムでは、取引所に流動性を提供するメイカーが、テイカーよりも低い手数料を支払う傾向にあります。場合によっては、メイカーに手数料のリベートを提供することもあります。このページ では、バイナンスでの現在の手数料レベルを確認することができます。
より詳細を知りたい場合は、メイカーとテイカーとは何か?をご覧ください。


ビッド・アスク・スプレッドとは?

ビッド・アスク・スプレッド とは、ある市場で最も高い買い注文(ビッド)と最も低い売り注文(アスク)の差を指します。基本的には、売り手が売却したいと思う最高値と、買い手が購入したいと思う価格間のギャップです。
ビッド・アスク・スプレッドは、市場の 流動性 を測る方法の1つです。ビッド・アスク・スプレッドが小さいほど、市場の流動性が高いことを意味します。また、ビッド・アスク・スプレッドは、ある資産の需要と供給の指標と考えることもできます。この意味で、供給はアスク側で、需要はビッド側で表されます。

成行の買い注文を出しているときは、その時点で最も安い売却価格で約定します。逆に、成行の売り注文を出しているときは、その時点で最も高い買い取り価格で約定します。


ロウソク足チャートとは?

ローソク足チャート は、一定の時間足におけるアセット価格をグラフ化したものです。ローソク足 で構成されており、それぞれが同じ時間を表しています。例えば、1時間チャートでは、1時間を表すローソク足が表示されています。1日チャートでは、それぞれが1日の期間を表すローソク足が表示され、以下のようになります。

Bitcoinデイリーチャート それぞれのロウソク足が1日の取引を表しています。


ロウソク足は、始値、高値、安値、終値の4つのデータポイント(OHLC値とも呼ばれています)で構成されています。始値と終値はその時間における最初と最後に記録された価格です。一方、安値と高値はそれぞれその時間における最低価格と最高価格です。

ローソク足のチャートは、金融データを分析するための最も重要なツールの一つです。ローソク足の歴史は17世紀の日本にまで遡りますが、20世紀初頭に Charles Dow氏 などのトレーディング先駆者によって改良されました。
ローソク足チャート分析は、テクニカル分析 を用いて Bitcoin 市場を見る際の最も一般的な方法の一つです。ローソク足チャートの読み方を学んでみませんか?初心者のためのローソク足チャートガイド をご覧ください。


ロウソク足チャートのパターンとは?

テクニカル分析は過去の値動きが将来の価格変動を示しているという前提に大きく基づいています。ここからはロウソク足チャートがこの文脈でどう役立っているのかを見ていきます。まず、基本となる考え方はロウソク足チャートのパターンを特定し、それらに基づいてトレードアイデアを作ることです。

ローソク足チャートは、トレーダーが市場の構造を分析し、現在の市場環境が 強気弱気 かを判断するのに役立ちます。また、支持レベルや抵抗レベル、反転の可能性のあるポイントなど、チャート上の関心領域を識別するために使用することもできます。これらの場所は、通常、チャート上で取引の動きが活発になる場所です。
ローソク足のパターンは、定義された正確なトレードのセットアップを提示することができるため、リスクマネジメント にも最適です。それはなぜでしょうか?ローソク足のパターンは、明確な価格目標と 無効化ポイント を定義することができます。これにより、トレーダーは非常に正確でコントロールされたトレードのセットアップを考えることができます。そのため、ローソク足のパターンは、FX仮想通貨 のトレーダーに広く利用されています。
代表的なローソク足のパターンには、フラッグ、トライアングル、ウェッジ、ハンマー、スター、ドージなどがあります。その分析方法を知りたい方は、 テクニカル分析で使用される12の人気なローソク足のパターン古典的なチャートパターンの初心者ガイド をご覧ください。


トレンドラインとは?

トレンドライン は、トレーダーや テクニカルアナリスト の間で広く使用されているツールです。チャート上の特定のデータポイントを結ぶ線のことです。一般的には、このデータは価格ですが、すべての場合ではありません。トレーダーによっては、テクニカル指標やオシレーター にトレンドラインを引くこともあります。

トレンドラインを引くことの背景にある考え方は、値動きの特定の側面を視覚化することです。このようにして、トレーダーは全体的なトレンドと市場の構造を判断することができます。


Bitcoin価格がトレンドラインに何度もタッチし、上昇トレンドを示しています。


トレーダーの中には市場構造をより理解するためだけにトレンドラインを使用する人もいるでしょう。また、トレンドラインと価格の相関関係に基づいて、実行可能なトレードアイデアを作るトレーダーもいるでしょう。

トレンドラインは、ほぼすべてのタイムフレームのチャートに適用することができます。しかし、あらゆる市場分析ツールと同様に、長いタイムフレームのトレンドラインは、短いタイムフレームのものよりも信頼できる傾向にあります。

ここで考慮すべきもう1つの点は、トレンドラインの強さです。従来のトレンドラインの定義では、少なくとも2~3回価格にタッチしなければ有効ではないとされています。一般的に、価格がトレンドラインに触れた(テストした)回数が多ければ多いほど、そのトレンドラインの信頼性は高いと考えられます。
トレンドラインの引き方について詳しく知りたい方は、 トレンドラインの説明 をご覧ください。


サポートとレジスタンスとは?

サポートとレジスタンスは、取引や テクニカル分析 に関連する最も基本的な概念の1つです。
サポート とは、価格の ”底” を見つけるレベルを意味します。言い換えれば、サポートレベルとは、大きな需要があるエリアで、買い手が介入して価格を押し上げる場所です。
レジスタンス とは、価格が ”天井” を見つけるレベルを意味します。レジスタンスレベルとは、供給量が多いエリアで、売り手が踏み込んで価格を押し下げることを意味します。


サポートレベル(赤)がテストされ、突破され、レジスタンスとなっています。


ここまでで、サポートとレジスタンスレベルは相対的に需要と供給が大きくなるポイントということが理解できたでしょう。しかし、サポートとレジスタンスについて考える時には、他にも多くの要素が絡んできます。

トレンドライン移動平均線ボリンジャーバンド一目均衡表フィボナッチ・リトレースメント などのテクニカル指標は、潜在的な支持・抵抗レベルを示唆することもあります。実際には、 人間の心理 を利用した部分もあります。このため、トレーダーや投資家は、サポートとレジスタンスを個々のトレーディング戦略に非常に異なった形で取り入れることがあります。
チャートにサポートレベルやレジスタンスレベルを引く方法を知りたいですか?サポートとレジスタンスの基本を説明をご覧ください。



第5章 – テクニカル分析インジケーター


コンテンツ


テクニカル分析インジケーターとは?

テクニカル指標 は、金融商品に関連する指標を算出するものです。この計算は、価格、出来高 、オンチェーンデータ、オープンインタレスト、ソーシャルメトリクス、あるいは別の指標に基づいて行うことができます。
先に述べたように、テクニカルアナリストは、過去の価格パターンが将来の価格の動きを左右するという仮説に基づいて手法を構築します。そのため、 テクニカル分析 を行うトレーダーは、チャート上のエントリーポイントとエグジットポイントを見極めるために、さまざまなテクニカル指標を使用することがあります。
テクニカル指標は、複数の方法で分類することができます。それは、将来のトレンドを示唆しているのか(先行指標)、すでに進行しているパターンを確認しているのか(遅行指標)、あるいはリアルタイムの出来事を明らかにしているのか(一致指標)などです。
他の分類では、これらの指標がどのように情報を提示するかに関心があるかもしれません。そういう意味では、価格の上にデータを重ねる オーバーレイ 指標や、最小値と最大値の間で揺れる オシレーター などがあります。 
また、 モメンタム 指標のように、市場の特定の側面を測定することを目的としたタイプの指標もあります。その名の通り、 市場のモメンタム を測定し、表示することを目的としています。

では、数あるテクニカル分析の指標の中で、最も優れているものはどれでしょうか?この質問の答えは簡単ではありません。トレーダーは様々な種類のテクニカル指標を使用することができますが、その選択は主に個々のトレーディング戦略に基づいて行われます。しかし、そのような選択をするためには、まず彼らのことを知る必要がありました – この章では、そのために必要なことを説明します。


先行指標 vs 遅行指標

これまで述べてきたように、指標はそれぞれ異なる性質を持ち、特定の目的のために使用されるべきものです。先行指標は、将来の出来事を指し示すものです。遅行指標は、すでに起こってしまったことを確認するために使用されます。では、どのような場合に使用すればよいのでしょうか?

先行指標は、通常、短期および中期の分析に役立ちます。アナリストがトレンドを予測し、その仮説を裏付ける統計ツールを探しているときに使用されます。特に経済の分野では、景気 後退期 の予測に先行指標が役立つことがあります。 

取引やテクニカル分析において、先行指標はその予測性の高さからも利用されます。しかし、特別な指標で未来を予測することはできませんので、これらの予測は常に大目に見る必要があります。

遅行指標は、すでに発生した、またはすでに進行中のイベントや傾向を確認するために使用されます。余計なお世話と思われるかもしれませんが、これが非常に役に立ちます。遅行指標は、市場のある側面に問題点を晒すことができます。そのため、遅行指標は通常長期的なチャート分析に適用されます。

より詳細を知りたい場合は、先行指標と遅行指標の説明 をご覧ください。


モメンタムインジケーターとは?

モメンタム指標は、 市場のモメンタム を測定し、表示することを目的としています。市場のモメンタムとは何でしょうか?簡単に言えば、価格変動の速さを表す指標です。モメンタム指標は、価格の上昇または下降の速度を測定することを目的としています。そのため、 ボラティリティ の高い瞬間に利益を得ようとするトレーダーの短期的な分析に使用されるのが一般的です。

モメンタムトレーダーの目標は、モメンタムが高いときに取引を開始し、市場のモメンタムが弱まり始めたときに取引を終了することです。一般的に、ボラティリティが低い場合、価格は小さな範囲に絞られる傾向があります。緊張感が高まってくると、価格が大きく衝動的に動き、最終的には範囲から抜け出すことが多いです。これは、モメンタムトレーダーが活躍する場面です。

その動きが終わってポジション終了後、トレーダーは勢いのある別の資産に移って、同じゲームプランを繰り返そうとします。そのため、モメンタム指標は、迅速な取引機会を求めているデイトレーダー、スキャルパー、短期トレーダーに広く利用されています。 


出来高とは?

出来高 は典型的な指標と考えられます。これは、指定された時間内に資産に対して取引された個々のユニット数を示します。これは測定された時間内に、そのアセットがどれだけ変化したかを示すものです。
取引量は、最も重要な テクニカル指標 であると考えられています。”出来高は株価に先行する” は取引の世界では有名な言葉です。これは、大量の取引量が、(方向に関係なく)大きな価格変動の前の先行指標となり得ることを示唆しています。
取引で出来高を利用することで、トレーダーは基本的なトレンドの強さを測ることができます。ボラティリティ が高く、取引量が多い場合にはその動きの妥当性が確認されたと考えられる。多くのトレーダーや投資家がその特定の価格水準で活発に取引しているため、高い取引活動はかなりの量に相当するはずなので、理にかなっています。しかし、ボラティリティが高い出来高を伴わない場合は、基本的なトレンドが弱いと考えられます。
また、歴史的に高い出来高を記録した価格レベルは、トレーダーの入出金のポイントになる可能性があります。歴史は繰り返されるので、これらのレベルでは、取引が活発になる可能性が高いかもしれません。理想的には、サポートレベルやレジスタンスレベルは、そのレベルの強さを確認するために、ボリュームの上昇も伴うべきです。


相対力指数(RSI)とは?

RSI(相対強度指数) とは、資産が買われすぎているか、売られすぎているかを示す指標です。価格変動の速度を示すモメンタムオシレーターです。このオシレーターは0から100の間で変化し、データは通常、折れ線グラフで表示されます。


Bitcoinチャートに適用したRSI指標。


市場のモメンタムを測るというのはどういうことでしょうか?それは、価格が上昇している間にモメンタムが上昇していれば、その上昇トレンドは強いと考えられるということです。逆に、上昇トレンドの中でモメンタムが弱まっている場合は、その上昇トレンドは弱いと考えられます。この場合、逆転が起こる可能性があります。

伝統的なRSIの解釈がどのように機能するか見てみましょう。RSIの値が30以下の場合、その資産は売られすぎていると考えられます。一方、70を超えると買われすぎと考えられます。

しかし、RSIの測定値はある程度懐疑的に受け止める必要があります。RSIは、異常な市場環境下では極端な値になることがあります – そのような場合でも、市場のトレンドはしばらく続くことがあります。
RSIは最も理解しやすいテクニカル指標の一つであり、初心者トレーダーに最適な指標の一つです。より詳細を知りたい場合は、RSI指標とは何か?をご覧ください。


移動平均(MA)とは?

移動平均線 は、価格の動きを滑らかにし、市場の動向を把握しやすくします。過去の価格データを基にしているため、予測性に欠けます。そのため、移動平均線は遅行指標と考えられます。
移動平均には様々な種類があります – 最も一般的なものは単純移動平均(SMAまたはMA)と指数移動平均(EMA)の2つです。それらの違いは何でしょうか? 
単純移動平均は、過去 n 期間の価格データを取得し、平均値を出すことで算出されます。例えば、10日間のSMAは過去10日間の平均価格を採用し、その結果をグラフにしたものです。


Bitcoin価格に基づく200週移動平均。


指数移動平均は少し厄介です。これは、より最近の価格データを重視した異なる計算式を使用しています。その結果、EMAは価格変動の直近のイベントにより素早く反応し、SMAは追いつくのに時間がかかることがあります。

これまで述べてきたように、移動平均線は遅行指標です。プロットした期間が長ければ長いほど、ラグは大きくなります。そのため、200日移動平均線は、100日移動平均線に比べて、展開する値動きに対する反応が遅くなります。

移動平均線は、市場のトレンドを簡単に把握するのに役立ちます。より詳細を知りたい場合は、移動平均線の説明 をご覧ください。


移動平均収束拡散(MACD)とは?

MACD とは、2本の移動平均線を用いて市場の勢いを示すオシレーターです。既に発生した値動きを追跡するため、遅行指標となります。

MACDは2本の線で構成されています – MACDラインとシグナルラインです。どのように計算するのでしょうか?はい、MACDラインは12EMAから26EMAを引いて求めます。とてもシンプルです。そして、これをMACDラインの9EMAにプロットします – それがシグナルラインです。また、多くのチャートツールでは、MACDラインとシグナルラインの距離を示すヒストグラムが表示されます。


Bitcoinのチャートに適用したRSI指標。


トレーダーは、MACDラインとシグナルラインの関係を観察することで、MACDを利用することができます。MACDの場合、この2本の線がクロスオーバーすると、通常は注目すべきイベントとなります。MACDラインがシグナルラインの上を横切った場合、それは 強気 のシグナルと解釈されるかもしれません。一方、MACDラインがシグナルの下を横切った場合は、 弱気 のシグナルと解釈される可能性があります。
MACDは、市場のモメンタムを測るための最もポピュラーなテクニカル指標の一つです。より詳細を知りたい場合は、 MACD指標の説明 をご覧ください。


仮想通貨の購入を検討していますか?バイナンスでBitcoinを購入しましょう!


フィボナッチ・リトレースメントツールとは?

フィボナッチ・リトレースメント (またはFibリトレースメント)ツールは、フィボナッチ数列と呼ばれる数字の羅列に基づいた人気のある指標です。これらの数字は、13世紀にイタリアの数学者Leonardo Fibonacci氏によって特定されました。 
フィボナッチ数は現在、多くのテクニカル分析指標の一部となっており、Fibリトレースメントは最も人気のある指標の一つです。フィボナッチ数から導き出した比率をパーセンテージとして使用しています。このパーセンテージをチャート上にプロットすることで、トレーダーは潜在的なサポートレベルやレジスタンスレベルを特定することができます。 

このフィボナッチ比率は次の通りです:

  • 0%
  • 23.6%
  • 38.2%
  • 61.8%
  • 78.6%
  • 100%

50%は技術的にはフィボナッチ比率ではありませんが、多くのトレーダーはツールを使用する際にこれも考慮します。また、0~100%の範囲外のフィボナッチ比率を使用することもあります。代表的なものとしては、161.8%、261.8%、423.6%などがあります。


Bitcoinのチャートにフィボナッチレベルを表示してみました。


では、トレーダーはフィボナッチリトレースメントレベルをどのように利用すればよいのでしょうか?グラフにパーセンテージの比率をプロットする主な目的は、関心のある領域を見つけることです。通常、トレーダーはチャート上の重要な2つの価格ポイントを選び、そのポイントにFibリトレースメントツールの0と100の値を固定します。これらのポイントの間の範囲は、入出金タイミングを強調し、 ストップロス の配置を決定するのに役立ちます。
フィボナッチリトレースメントツールは、幅広い取引戦略に使用できる汎用性の高い指標です。より詳細を知りたい場合は、 フィボナッチリトレースメントのアルティメットガイド をご覧ください。


ストキャスティックRSI(StochRSI)とは?

ストキャスティクスRSI (StochRSI)は、RSIの派生型です。RSIと同様に、主な目的は資産が買われすぎか売られすぎかを判断することにあります。しかし、RSIとは対照的に、StochRSIは価格データではなく、RSIの値から生成されます。ほとんどのチャートツールでは、StochRSIの値は0~1(または0~100)の範囲で表示されます。

StochRSIは、レンジの上限または下限付近にあるときに最も有効になる傾向があります。しかし、高速かつ高感度であるがゆえに、多くの偽シグナルが発生し、その解釈が難しい場合があります。

StochRSIの伝統的な解釈は、RSIと少し似ています。0.8を超えると、アセットは買われすぎと判断されます。0.2を下回る場合は、アセットは売られすぎと判断されます。ただし、これらのシグナルは、取引を開始または終了するための直接的なシグナルとして見るべきではないことに留意する必要があります。この情報は確かに物語を語っていますが、他の側面の物語もあるかもしれません。このため、ほとんどの テクニカル分析ツール は、他の市場分析技術と組み合わせて使用するのが最適です。
StochRSIの、より詳細を知りたい場合は、ストキャスティクスRSIの説明をご覧ください。


ボリンジャーバンド(BB)とは?

John Bollinger氏にちなんで名付けられた ボリンジャーバンド は、市場の ボラティリティ を測定し、買われすぎの状態や売られすぎの状態を見極めるのによく使用されます。この指標は3つのライン、つまり ”バンド” で構成されています – SMA(中央のバンド)や、上下のバンド。これらのバンドは、プライスアクションとともにチャート上に配置されます。ボラティリティが高くなったり低くなったりすると、これらのバンドの距離が変化し、拡大したり縮小したりするというものです。


Bitcoinのチャートにボリンジャーバンドを表示しました。


ボリンジャーバンドの一般的な解釈を見ていきましょう。価格が上限バンドに近いほど、そのアセットは買われすぎの状態に近いと考えられます。同様に、下側のバンドに近づくほど、そのアセットは売られすぎの状態に近づいている可能性があります。 

注意点としては、一般的に価格はバンドの範囲内に収まりますが、時にはバンドの上や下に折れることがあります。これは、すぐに売買する兆候になるということですか?いいえ。これは、市場がミドルバンドSMAから離れ、極端な状態に達していることを示しています。

トレーダーは、ボリンジャーバンドを使用して、市場のスクイーズ(ボリンジャーバンド・スクイーズとも呼ばれます)を予測することもできます。これは、バンドが互いに非常に接近して、価格を小さな範囲に ”スクイーズ” する、ボラティリティの低い期間を指します。その小さな範囲に ”スクイーズ” が溜まると、やがて市場はそこから飛び出し、ボラティリティが高まる時期を迎えます。市場は上にも下にも動く可能性があるので、スクイーズ戦略は中立(弱気にも強気でもありません)と考えられます。そのため、 サポートやレジスタンス など、他の取引ツールと組み合わせる価値があるかもしれません。
ボリンジャーバンドについて詳細を知りたい場合は、ボリンジャーバンドの説明 をご覧ください。


出来高加重平均価格(VWAP)とは?

先に述べたように、多くのトレーダーは 出来高 が最も重要な指標であると考えています。では、取引量をベースにした指標はありますか?
出来高加重平均価格(VWAP)は、出来高とプライスアクションを組み合わせたものです。より詳しく説明すると、一定期間の資産の平均価格を 出来高 で加算したものです。そのため、単純に平均価格を算出するよりも、どの価格帯で最も取引量が多かったかという点も考慮され、より有用なものとなっています。
トレーダーはVWAPをどのように利用しているのでしょうか?VWAPは通常、市場の現在の見通しを示すベンチマークとして使用されます。その意味では、VWAPラインを上回っているときは、強気 といえるかもしれません。同時に、VWAPラインを下回れば、弱気 と判断されることもあります。これが 移動平均線 の解釈と似ていることにお気づきでしょうか?VWAPの使われ方においては、確かに移動平均線と比較されるかもしれません。これまで見てきたように、VWAPは取引量も考慮している点が大きな違いです。
また、VWAPは 流動性 の高いエリアを特定するためにも使用できます。多くのトレーダーは、価格がVWAPラインの上または下に超えることをトレードシグナルとして利用します。しかし、彼らは通常リスクを軽減するために他の指標も戦略に組み込むでしょう。
VWAPの使用方法について詳細を知りたい場合は、出来高加重平均価格(VWAP)の説明をご覧ください。


パラボリックSARとは?

パラボリックSARは、トレンドの方向性や反転の可能性を判断するのに使われます。”SAR” は ストップ・アンド・リバース の略です。これは、ロングポジションをクローズしてショートポジションをオープンする、またはその逆を行うべきポイントを指します。

パラボリックSARは、チャート上で価格の上または下にある一連の点として表示されます。一般的に、点が価格の下にあれば、価格が上昇トレンドにあることを意味します。対して、点が価格より上にある場合は、価格が下降トレンドにあることを意味します。反転は、点が価格の ”反対側” に逆転するときに起こります。


BitcoinのチャートにパラボリックSARを表示。


パラボリックSARは、市場のトレンドの方向性を見極めることができます。また、トレンドの転換点を見極めるのにも便利です。トレーダーによっては、パラボリックSAR指標を トレーリング・ストップロス の基準として使用することもあります。この特別な注文タイプは、市場に沿って動き、強い上昇トレンドの中で投資家が利益を守ることができるようにします。
パラボリックSARは、市場の強いトレンドの時に最も効果を発揮します。連結期間中は、反転の可能性を示す多くの誤ったシグナルを提供する可能性があります。パラボリックSAR指標の使用方法を学びたい場合は、パラボリックSAR指標の簡単な説明 をご覧ください。


一目均衡表とは?

一目均衡表 は、多くの指標を一つのチャートにまとめたTA指標です。これまで説明してきた指標の中で、一目均衡表は最も複雑な指標の一つであることは確かです。一見すると、その計算式や仕組みを理解するのは難しいかもしれません。しかし実際には、一目均衡表は見た目ほど難しいものではなく、非常に明確で整った売買シグナルを出すことができるため、多くのトレーダーが利用しています。 
前述の通り、一目均衡表は単なる指標ではなく、指標の集合体です。市場のモメンタムサポートレベル、レジスタンスレベル、トレンドの方向性などを洞察するための指標です。これは、5つの平均値を算出し、チャートにプロットすることで実現しています。また、これらの平均値から ”雲” を作成し、潜在的なサポートエリア、レジスタンスエリアを予測することができます。

平均値も重要な役割を果たしますが、雲自体が指標の重要な部分を占めています。一般的に、価格が雲の上にあれば、相場は上昇トレンドにあると考えられます。逆に、雲の下にある場合は、下降トレンドにあると考えられます。


Bitcoinのチャートに描かれた一目均衡表は、サポート、そしてレジスタンスとして機能しています。


一目均衡表は、他の売買シグナルを強めることもあります。

一目均衡表は使いこなすのが難しいですが、仕組みを理解すれば大きな成果が得られます。一目均衡表の説明 で詳細を把握することができます。



第6章 – 仮想通貨取引のコツ


コンテンツ


仮想通貨取引を始めるにはどうしたらよいでしょうか?

これから取引を始めたいと思っている方に、いくつかの注意点をご紹介します。

まずはじめに、当然ながら取引に必要な資金が必要です。余裕のない貯金状況で取引を始めると、人生に深刻な悪影響を及ぼす可能性があります。取引は簡単なことではありません – 初心者トレーダーの圧倒的多数が損失を出しています。取引のために用意した資金はすぐに消えてしまい、損失を取り戻せない可能性もあることを想定しておく必要があります。そのため、まずは少量から試してみることをお勧めします。

他にも、あなたの全体的な取引戦略についても考える必要があります。金融市場でお金を稼ぐためには、様々な方法が考えられます。この仕事にかけられる時間と労力に応じて、経済的目標を達成するための様々な戦略を選択することができます。

最後に、追加のポイントをご紹介します。多くのトレーダーは、取引が主な収入源ではないときに最高の状態にあります。そうすれば、日々の生活がかかっている場合よりも、精神的負担が軽くなります。感情を排除することは、成功するトレーダーの基本的な特性ですが、自分の生活がかかっている場合には、それは非常に難しいことです。ですから、特に始めたばかりの頃は、取引や投資を副収入として考えてもいいでしょう。また、学習や練習のために、少量から始めることを忘れないでください。また、仮想通貨で受動的な収入 を得る方法を検討することも有益でしょう。
取引やテクニカル分析で避けるべき簡単な間違いについて知りたい場合は、テクニカル分析(TA)でよくある7つの間違いをご覧ください。


バイナンスでの仮想通貨の取引方法

あなたは、仮想通貨 の取引の世界に入りたいと考えています。何をすべきでしょうか?
まず、手持ちの フィアット通貨仮想通貨 にコンバートする必要があります。最も簡単な方法は、バイナンスの 仮想通貨の購入 ページにアクセスすることで、豊富なオプションが用意されています。デビットカードやクレジットカードP2P取引の銀行口座、Simplex、Paxful、Koinaxなどのサードパーティのソリューションを利用して、仮想通貨を購入することができます。それが終われば、あなたは新しい金融システムの一部になるのです!
仮想通貨を手に入れたことで、潜在的な選択肢は豊富になりました。すぐに、バイナンスの現物取引所に行って、コインを取引することができます。取引経験がある方は、バイナンスのマージン取引 プラットフォームや バイナンスフューチャー もチェックしてみてください。また、ステーキングバイナンスセービングでの資産のレンディングバイナンス・マイニングプールへの参加など、 受動的収入 の機会も用意されています。
これまでは、中央集権取引所と呼ばれるものが主流でした – バイナンスのようなこれらの取引所では、お客様は仮想通貨を預け、取引所の内部システムで金融活動を行います。しかし、ブロックチェーン技術の魔法のおかげで、分散型取引所(DEX)と呼ばれる別の選択肢が出てきました。このような場所では、あなたの資金があなた自身の 仮想通貨ウォレット を残すことは決してないので、あなたは常にそれらを完全に 管理 することになります。また、ハードウェアウォレット を接続して、そこから直接取引することもできます。
仮想通貨の分野では、中央集権取引所が主流です。しかし、多くのトレーダーやブロックチェーン愛好家は、将来的には仮想通貨の 出来高 のかなりの部分がDEXで行われると考えています。バイナンスDEX にアクセスして、ご自身で取引体験をしてみてください。


取引ジャーナルとは何か、そしてそれを使用するべきでしょうか?

取引ジャーナルとは、あなたの取引活動を記録したものです。持っていた方がよいのでしょうか?おそらく!シンプルなエクセルのスプレッドシートを使用することもでき、専用のサービスに加入することもできます。

特にアクティブなトレードを行う場合、安定した利益を得るためには、取引ジャーナルをつけることが不可欠だと考えるトレーダーもいます。結局のところ、自分の取引活動を記録しなければ、自分の強みや弱みをどうやって見極めることができるのでしょうか?取引ジャーナルがなければ、自分のパフォーマンスを明確に把握することはできません。

取引の判断にはバイアスが大きく影響することがありますが、取引ジャーナルはそのようなバイアスを軽減するのに役立ちます。どうやって?データには反論できないでしょう!取引の結果はすべて数字で表わされ、何かがうまくいっていなければ、それが結果に反映されます。取引ジャーナルを詳細に記録することで、どのような戦略が最も優れているかを把握することができます。


取引の際、ポジションサイズはどのように計算すべきでしょうか?

取引で最も重要なことの一つは、リスクマネジメント です。実際、それが最も重要であると主張するトレーダーもいます。だからこそ、標準化された計算式でポジションの大きさを算出することが重要なのです。計算方法は次のとおりです。 

まず、個々の取引にどれだけのリスクを許容できるかを判断する必要があります。これを1%とします。アカウントの1%でポジションを取るということですか?そうではなく、ストップロスが当たったとしても、アカウントの1%以上の損失は出ないということです。

少なすぎると思われるかもしれませんが、これは数回の必然的な悪い取引でアカウントが削除されないようにするためです。そこで、この定義ができたら、 ストップロス をどこに設定するかを決める必要があります。これは、取引のアイデアの詳細に基づいて、個々の取引ごとに行います。例えば、最初のエントリーから5%のところにストップロスを置くことを決めたとします。つまり、ストップロスが当たって、エントリーから5%抜けると、アカウントのちょうど1%を失うことになります。

つまり、アカウントサイズが1000USDTだとします。1回のトレードで1%のリスクを負っています。ストップロスはエントリーから5%です。ポジションサイズはどのようにするべきでしょうか? 

1000 * 0.01 / 0.05 = 200

アカウントの1%に当たる10USDTの損失で済むようにするには、200USDTのポジションを持つ必要があります。

このプロセスは、最初は少し長く感じるかもしれませんが、適切にリスクマネジメントするためには必要不可欠です。良いニュースです、この件についての記事はすべて揃っています:取引におけるポジションサイズの計算方法


どのオンライン取引ソフトウェアを使用するべきでしょうか?

チャート分析 は、テクニカルアナリストの取引ツールキットの中核をなすものです。しかし、それを行うための最良の方法はどこにあるのでしょうか?バイナンス はトレーディングビューのチャートを統合しているため、プラットフォーム上で直接分析を行うことができます – ウェブインターフェースとモバイルアプリの両方で分析を行うことができます。また、トレーディングビューでアカウントを作成し、そのプラットフォームを通じてすべてのバイナンスマーケットをチェックすることもできます。

他にも数多くのオンラインチャートソフトウェアプロバイダが存在し、それぞれが異なるメリットを提供しています。一般的には、月額利用料を支払う必要があります。他にも、Coinigy、TradingLite、Exocharts、Tensorchartsなど、仮想通貨取引に特化したものがあります。


取引のために有料グループに参加するべきでしょうか?

ほとんどの場合、その必要はないでしょう。取引に関する素晴らしい無料情報が溢れているので、それを参考にしてみてはいかがでしょうか。また、自分で取引の練習をすることも有効で、失敗から学び、自分や自分の取引スタイルに合った方法を見つけることができます。

有料のグループに参加することは有効な学習ツールになりますが、 詐欺 や偽の広告には注意が必要です。結局のところ、有料サービスのフォロワーを獲得するために、取引結果を偽装することは非常に簡単です。
そもそも、成功しているトレーダーがなぜ有料グループを立ち上げようと思ったのかを考えてみるのも良いでしょう。確かに、ちょっとした 副収入 は大歓迎ですが、すでにうまくいっているのに、なぜ高額な料金を払ってまでやるのでしょうか?

とはいえ、成功しているトレーダーの中には、特別な市場データなどの追加サービスを提供する高品質な有料コミュニティを運営している人もいます。ただ、お金を出す相手には細心の注意を払ってください。なぜなら、取引のための有料グループの大半は、初心者トレーダーを利用するために存在しているからです。


パンプ・アンド・ダンプ(P&D)とは?

ポンプ・アンド・ダンプとは、虚偽の情報によってアセット価格を上昇させるスキームのことです。価格が大幅に上昇すると(”ポンプ” )、犯人は安く買ったバッグをもっと高い価格で売ります( ”ダンプ” )。


ポンプ・アンド・ダンプスキームの典型的な価格パターン。


仮想通貨 市場では、特に 強気の市場 でパンプ・アンド・ダンプスキームが横行しています。このような時期には、経験の浅いトレーダーが多く参入してくるので、利用されやすくなります。この種の詐欺は、市場の 流動性 が低いために価格が膨らみやすく、 時価総額 の小さい仮想通貨で最もよく見られます。

パンプ・アンド・ダンプスキームは、多くの場合、(通常は手数料と引き換えに)参加者に簡単なリターンを約束する民間の ”パンプ・アンド・ダンプグループ” によって組織されています。しかし、一般的にはこうした参加者は、すでにポジションを築いているもっと小さなグループに利用されています。

レガシー市場では、ポンプ・アンド・ダンプスキームを助長した罪で、高額の罰金が科せられます。


仮想通貨の購入を検討していますか?バイナンスでBitcoinを購入しましょう!


仮想通貨のエアドロップにサインアップする必要がありますか?

特に注意してください。エアドロップ は、仮想通貨を多くの人に配布するための斬新な方法です。エアドロップは、仮想通貨が少数の保有者の手に集中しないようにするための素晴らしい方法です。健全な分散型ネットワークには、多様な保有者がいることが最も重要です。

しかし、無料のランチというものはありません。それは運が良ければあるかもしれませんが、一般的にはエアドロップのプロモーターがあなたを利用しようとしたり、何か見返りを求めたりすることがあります。

一体何を求められるのでしょうか?エアドロップの見返りとして求められる ”アセット” の中で最も多いのが、お客様の個人情報です。あなたの個人データは、投機性の高い仮想通貨の10~50ドル分の価値がありますか?しかし、プライバシーや個人情報を危険にさらすことなく、ちょっとした 副収入 を得るためのより良い方法があるかもしれません。そのため、仮想通貨のエアドロップに登録しようと考えるときは、特に注意する必要があります。


まとめ

私たちは多くのことを経験しました。仮想通貨取引を始めるのは、大変な作業です – 学ぶべき概念があまりにも多いからです。このガイドで、仮想通貨取引を少しでも快適に感じていただければ幸いです。
しかし、学ぶべきことは常にあります!そのため、仮想通貨に特化した良くある質問のプラットフォームを作りました:アスクアカデミーです。仮想通貨 取引、ブロックチェーン技術暗号技術、その他の関連トピックについてさらに質問がある場合は、気軽に投稿していただければ、コミュニティがお答えします!それでは、また会いましょう。