ロウソク足初心者ガイド
ロウソク足初心者ガイド
ホーム記事

ロウソク足初心者ガイド

初心者
1w ago
5m

イントロダクション

トレードや投資を始めた人にとってはチャートを読むことは困難な作業かもしれません。フィーリングと直感に基づいて投資を行う人もいるかもしれません。しかし、この戦略は強気な市場環境では一時的にうまくいくかもしれませんが、長くは続かない可能性が高いです。 
実質的に、トレードと投資は確率とリスク管理のゲームです。そのため、どのような投資スタイルでもロウソク足チャートを読めるようになるのは必須です。この記事ではロウソク足チャートとは何か、さらにそれをどのように読むべきかを説明します。


ロウソク足チャートとは?

ロウソク足チャートは一定の期間における資産の価格変動をグラフで表す、金融チャートの1種です。名前が示す通り、このチャートは同じだけの時間を表す、ロウソク足によって構成されています。ロウソク足は理論上では秒から年まであらゆる期間における価格変動を表すことができます。 
ロウソク足は17世紀頃に誕生しました。日本の米商人の本間宗久が生み出したチャートツールとよく言われています。彼のアイデアが現代のロウソクチャートとして使われているものの基盤となったのでしょう。本間宗久の発見は多くの人、特に現代テクニカル分析の父と呼ばれる、チャールズ・ダウによって洗練されました。

ロウソク足チャートはあらゆる種類のデータの分析に使うことができますが、特に金融市場の分析のために採用されることが多いです。正しく使われると、このチャートを使うことで、トレーダーはこれからの価格変動を予想することができます。ロウソク足チャートはトレーダーや投資家が市場分析に基づいて、自分の考えを形成するのに役立っています。


ロウソク足チャートの仕組み

それぞれのロウソク足を作るには以下の価格情報を必要となります。

  1. 始値 特定の期間内におけるその資産の記録された最初の取引価格のことです。
  2. 高値 特定の期間内におけるその資産の取引価格の最高値です。
  3. 安値 特定の期間内におけるその資産の取引価格の最安値です。
  4. 終値 特定の期間内の一番最後に記録されたその資産の取引価格のことです。



まとめて、このデータセットはOHLC値としてよく呼ばれています。始値、高値、安値、そして終値の関係がロウソク足の形を決めます。

始値と終値の間の差は胴体と呼ばれ、胴体と高値、安値の差はひげと呼ばれています。ロウソクの高値と安値の差はロウソク足の範囲と呼ばれます。 


ロウソク足チャートの読み方

多くのトレーダーは、たとえ同じような情報を提供する従来の棒や線チャートよりもロウソク足チャートの方が読みやすいと考えています。ロウソク足チャートは、価格変動をシンプルに表現しているので、一目で読むことができます。

実務では、ロウソク足は特定の期間内における強気と弱気の戦いを表しています。一般的に、胴体が長いほど、その期間内における買い、もしくは売り圧が強いです。ロウソクの上のひげが短い場合、高値(もしくは、安値)はその期間の終値の近くで取引が行われたことを示します。

チャートツールによって、色や設定は変わるかもしれませんが、一般的には胴体が緑だとその資産の終値が始値を上回ったことを意味します。赤だった場合は、機関内に価格が下落したため、終値が始値を下回ったことを意味します。

トレーダーの中には白黒の方を好む人もいます。そのため、緑と赤を使う代わりに、そのチャートでは価格の上昇は白いロウソクで、下落は黒いロウソクで表されます。


ロウソク足チャートの限界

ローソク足は、価格変動の一般的な動きを確認するには便利ですが、包括的な分析のために必要なすべてを提供しているわけではないです。例えば、ロウソク足は始値と終値の差と高値と安値しかわからず、その間に起きたことの詳細については何もわかりません。

例えば、ロウソク足のひげはその期間内の安値と高値を示しますが、どちらが先だったのかはロウソク足ではわかりません。それでも、ほとんどのチャートツールでは、タイムフレームを変更することができ、トレーダーはより低い短い期間を設定することで、詳細な値動きを確認することができます。


ローソク足チャートは、特に短い期間のチャートの場合、市場のノイズが多く含まれていることもあります。ローソク足は非常に素早く変化するため、解釈が難しい場合もあります。


平均足ロウソク足

これまで、私たちは日本式ロウソク足チャートと呼ばれるものについて見てきました。しかし、他にもロウソク足を計算する方法があります。平均足はそのようなテクニックの1つです。

平均足を使ったロウソク足チャートでは、修正された公式で、平均価格データを使っています。この主要な目的は、価格変動をスムーズにし、マーケットのノイズを取り除くことです。そのため、平均足ロウソクは市場のトレンド、価格パターンや転換の可能性などをより見つけやすくなっています。

トレーダーはたいてい平均足ロウソクと日本式ロウソク足を組み合わせることで偽のシグナルを避け、市場のトレンドを見極める可能性を増やしています。ひげの低い、緑の平均足ロウソクは強い上昇トレンドを示し、上ひげのない赤ロウソクは強い下落トレンドを示しています。

たしかに平均足ロウソク足は強力なツールですが、他のテクニカル分析のテクニック同様に限界があります。これらのロウソクが平均価格のデータを使うため、パターンの開発にはより時間がかかるかもしれません。また、価格差を表示しないので、他の価格データが不明瞭になってしまうこともあります。


結論

ロウソク足チャートはあらゆるトレーダーと投資家にとって、最も基本的なツールの1つです。その資産の価格変動の可視化をするだけでなく、様々なタイムフレーム内でデータを分析する柔軟性を提供しています。

ロウソク足チャートとパターンに関しての幅広い研究と分析的なマインドセットと十分な実践を組み合わせることで、トレーダーは徐々に市場の動きが見えてくるようになるかもしれません。しかし、大半のトレーダーや投資家はファンダメンタル分析のような他の方法も考慮することが重要と考えています。