テクニカル分析とは?
テクニカル分析とは?
ホーム記事
テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは?

初心者
公開済 Mar 14, 2019更新済 Aug 31, 2022
7m

テクニカル分析 (TA) は、しばしばチャートと呼ばれ、以前の価格行動と数量データに基づいて将来の市場行動を予測することを目的とした分析の一種です。TAアプローチは、伝統的な金融市場の株式やその他の資産に広く適用されていますが、仮想通貨市場でのデジタル通貨の取引に不可欠な要素でもあります。

資産価格に関する複数の要因を考慮するファンダメンタル分析 (FA) とは対照的に、TAは過去の価格行動に厳格に焦点を合わせています。そのため、資産の価格変動や取引量データを調べるツールとして活用されており、多くのトレーダーがトレンドや有利な取引機会を見極めるために活用しています。

テクニカル分析の原始的な形態は17世紀のアムステルダムと18世紀の日本に現れましたが、現代のTAはしばしばCharles Dowの研究からはじまったものと言われます。金融ジャーナリストであり、ウォール・ストリート・ジャーナルの創設者でもあるDowは、個々の資産や市場が、セグメント化して調査できる傾向にあることを最初に着目した人物の 1 人です。彼の研究は後にダウ理論を生み出し、テクニカル分析のさらなる発展を促進しました。

初期の段階では、テクニカル分析の初期的なアプローチは、手作りのシートと手動計算に基づいていましたが、技術と現代のコンピューティングの進歩により、TAは普及し、今では多くの投資家やトレーダーにとって重要なツールとなっています。


しかし、テクニカル分析は本当に効果があるのでしょうか?

前述のように、TAは基本的に資産の現在および過去の価格から学びを得ます。テクニカル分析の基本的な仮定は、資産価格の変動はランダムではなく、一般的に時間の経過とともに識別可能な傾向に進化するということです。

TAの核は、全体的な市場センチメントを表す需要と供給の市場力の分析です。言い換えれば、資産の価格は反対の売りと買いの力を反映しており、これらの力はトレーダーや投資家の感情 (本質的に恐怖と貪欲) と密接に関連しています。

注目すべきは、TAは大量かつ流動性のある通常の条件下で運営されている市場では、より信頼性が高く効果的だと考えられています。流動性の高い市場は、誤ったシグナルを生成し、TAを役に立たなくする可能性のある価格操作や異常な外部影響の影響を受けにくくなります。

価格を調べ、最終的に有利な機会を見つけるために、トレーダーは指標として知られるさまざまなチャートツールを利用します。テクニカル分析の指標は、トレーダーが既存のトレンドを特定し、将来出現する可能性のあるトレンドに関する洞察に満ちた情報を提供するのに役立ちます。TA指標は間違えやすいため、一部のトレーダーはリスクを軽減する方法として複数の指標を利用しています。


一般的なTA指標

通常、TAを使用するトレーダーは、チャートと過去の価格行動に基づいて、市場動向を決定するために、さまざまなインジケーターとメトリクスを使用します。数多くのテクニカル分析指標の中で、シンプルな移動平均線 (SMA) は最も使用され、よく知られているものの1つです。名前が示すように、SMAは設定された期間内の資産の終値に基づいて計算されます。指数移動平均線 (EMA) はSMAの修正版で、最近の終値を古い終値よりも重視しています。

もう1つの一般的に使用される指標は、オシレーターとして知られる指標のクラスの一部である相対強度指数 (RSI) です。時間の経過に伴う価格変化を追跡する単純な移動平均とは異なり、オシレーターは価格データに数式を適用し、事前定義された範囲内にある測定値を生成します。RSI の場合、この範囲は0から100 でです。

ボリンジャーバンド (BB) インジケーターは、トレーダーの間で非常に人気のある別のオシレータータイプです。BB指標は、移動平均線の周りを流れる2つの横方向のバンドで構成されています。これは、潜在的な買われ過ぎと売られ過ぎの市況を特定し、市場のボラティリティを測定するために使用されます。

より基本的でシンプルなTA指標やツールに加えて、データを生成するために他の指標に依存する指標がいくつかあります。例えば、確率的RSIは、通常のRSIに数式を適用して計算されます。もう1つの一般的な例は、移動平均収束発散 (MACD) 指標です。MACDは、2つのEMAを減算して、メインライン (MACDライン) を作成することによって生成されます。その後、最初のラインを使用して、別のEMAを作ることで2番目のライン (シグナルラインと呼ばれます) が生成されます。さらに、これら2つの線の差に基づいて計算されるMACDヒストグラムがあります。


トレードシグナル

指標は一般的なトレンドを特定するのに役立ちますが、潜在的なエントリーポイントとエグジットポイント(買いシグナルまたは売りシグナル) に関する考察を提供するためにも使用できます。これらのシグナルは、指標のチャートで特定のイベントが発生したときに生成されることがあります。例えば、RSIが70以上の読み取り値を生成する場合、市場が買われ過ぎの条件下で動作していることを示唆している可能性があります。RSIが30以下に下落した場合も同じロジックが適用され、これは一般に売られ過ぎの市況のシグナルとして認識されます。

前述のように、テクニカル分析によって提供される取引シグナルは必ずしも正確ではなく、TA指標によって生成されるかなりの量のノイズ (偽シグナル) があります。これは、従来の市場よりもはるかに小さく、したがって、より不安定な仮想通貨市場内で特に懸念されます。


批判

TAはあらゆる種類の市場で広く使用されていますが、多くの専門家によって物議を醸す信頼性の低い方法と見なされ、しばしば「自己実現預言」と呼ばれます。このような用語は、多くの人々がそれらが起こると仮定したためにのみ起こる出来事を記述するために使用されます。

批評家は、金融市場の文脈では、多数のトレーダーや投資家がサポートラインやレジスタンスラインなどの同じタイプの指標に依存している場合、これらの指標が機能する可能性が高まると主張しています。

一方、多くのTAサポーターは、各チャートリストがチャートを分析し、利用可能な多くの指標を使用する特定の方法を持っていると主張しています。これは、多数のトレーダーが同じ特定の戦略を使用することが事実上不可能であることを意味します。


ファンダメンタル分析 vs. テクニカル分析

テクニカル分析の中心的な前提は、市場価格がすでに特定の資産に関連するすべての基本的な要因を反映しているということです。しかし、主に過去の価格データと数量(市場チャート)に焦点を当てたTAアプローチとは対照的に、ファンダメンタル分析 (FA) は定性的要因をより重視したより広範な分析戦略を採用しています。

ファンダメンタル分析では、資産の将来のパフォーマンスは、単なる履歴データ以上の事実に依存していると考えています。基本的に、FAは、企業の経営と評判、市場競争、成長率、業界の健全性など、幅広いミクロおよびマクロ経済状況に基づいて、企業、事業、または資産の本質的な価値を推定するために使用される方法です。

したがって、FAは、主に価格行動や市場行動の予測ツールとして使用されるTAとは異なり、資産がその文脈や可能性に応じて過大評価されているかどうかを判断する方法であると考えることができます。テクニカル分析は主に短期トレーダーによって採用されていますが、ファンダメンタル分析はファンドマネージャーや長期投資家に好まれる傾向があります。

テクニカル分析の注目すべきメリットの1つは、定量データに依存しているという事実です。そのため、価格履歴を客観的に調査するためのフレームワークを提供し、ファンダメンタル分析のより定性的なアプローチに伴う推測の一部を排除します。

しかし、実証データを扱っているにもかかわらず、TAは依然として個人的な偏見と主観性の影響を受けています。たとえば、資産について特定の結論に達する傾向が強いトレーダーは、おそらくTAツールを操作してバイアスをサポートし、先入観を反映することができますが、多くの場合、これは気付かないうちに起こります。さらに、テクニカル分析は、市場が明確なパターンやトレンドを提示していない期間に失敗することもあります。


まとめ

どちらの方法が優れているかについての批判と長年の論争に加えて、TAとFAの両方のアプローチの組み合わせは、より合理的な選択として多くの人に考えられています。FAは通常、長期的な投資戦略に関連していますが、TAは短期的な市場状況に関する洞察に満ちた情報を提供し、トレーダーと投資家の両方にとって役立つ場合があります (例えば、有利なエントリーポイントとエグジットポイントを決定しようとする場合など)。