RSI指標
RSI指標

RSI指標

中級者
公開済 Dec 9, 2018更新済 Aug 30, 2022
4m

相対力指数指標

テクニカル分析(TA) は、基本的に、将来のトレンドや値動きを予測しようとする方法として、過去の市場イベントを検証する練習です。伝統的な市場から仮想通貨市場まで、ほとんどのトレーダーはこれらの分析を行うために専門のツールに頼っており、RSIはその1つです。

相対力指数(RSI)は、1970年代後半に開発されたTA指標で、トレーダーが一定期間の株価の推移を調べるために使用するツールです。RSIは基本的には、値動きの大きさとそのスピードを測定するモメンタムオシレーターです。RSIは、トレーダーのプロフィールや取引設定によって、非常に役立つツールになります。

Relative Strength Index (相対力指数) は、1978年にJ. Welles Wilderによって考案された指標です。これは、彼の著書「New Concepts in Technical Trading Systems」 で、パラボリックSAR、Average True Range (ATR)、平均方向性指数 (ADX) などの他のTA指標と一緒に紹介されています。

J. Welles Wilderは、テクニカルアナリストになる前は、機械エンジニアや不動産開発業者として働いていました。彼は1972年頃から株取引を始めましたが、最初はあまりうまくいきませんでした。数年後、J. Welles Wilderは自身のトレーディング研究と経験を数式や指標にまとめました。これが、後に世界中のトレーダーに採用されることになります。この本はわずか半年で制作され、1970年代のものにもかかわらず、現在でも多くのチャーティストやトレーダーの参考書となっています。


RSIの仕組み

デフォルトでは、RSIは14期間 (日足チャートは14日、時間足チャートは14時間など) の資産価格の変化を測定します。RSIは、価格がその間に得た平均利益を、被った平均損失で割り、データをゼロから100までのスケールでプロットします。

前述の通り、RSIはモメンタム指標と呼ばれ、価格 (またはデータ) の変化する速度を測定するテクニカルトレーディングツールの一種です。モメンタムが高まり、価格が上昇している場合は、その銘柄が市場で活発に買われていることを示しています。モメンタムが下向きに強まれば、売り圧力が強まっている証拠です。

また、RSIは、買われすぎや売られすぎを容易に発見することができるオシレーター指標でもあります。RSIは14期間を考慮し、資産価格を0から100の尺度で評価します。RSIが30以下の場合、資産価格は底値に近い (売られすぎ) であろうことを示唆し、70以上の測定値は、その期間の資産価格が高値に近い (買われすぎ) であろうことを示唆します。

RSIの初期設定は14周期ですが、トレーダーは感度を上げるため(より少ない周期)、または感度を下げるため (より多くの周期)に、この設定を変更することができます。つまり、7日間のRSIは21日間のRSIよりも値動きに敏感ということです。さらに、短期売買のセットアップでは、RSI指標を (30と70ではなく) 20と80を売られすぎと買われすぎのレベルとみなすように調整することもあり、こういった設定の変更によって誤ったシグナルを出す可能性は低くなります。


ダイバージェンスに基づくRSIの使用方法

RSIのスコアが30と70の場合、売られすぎと買われすぎの可能性を示唆しますが、トレーダーはRSIを利用してトレンドの反転を予測したり、支持線と抵抗線を見出したりします。このようなアプローチは、いわゆる強気と弱気のダイバージェンスに基づくものです。

強気のダイバージェンスは、価格とRSIのスコアが逆方向に動く状態です。つまり、RSIスコアが上昇しているにもかかわらず、価格は下落している場合です。これは強気ダイバージェンスと呼ばれ、価格の下降トレンドにもかかわらず、買いの力が強くなっていることを示しています。

一方、弱気の乖離は、価格が上昇しているにもかかわらず、市場が勢いを失っていることを示す場合があります。つまり、RSIスコアが低下しているにも関わらず、資産価格が上昇する場合です。

ただし、RSIのダイバージェンスは、相場の強いトレンド時には、それほど信頼できるものではないことに留意してください。つまり、強い下降トレンドは、最終的に底に到達するまでに多くの強気のダイバージェンスを示す可能性があるということです。そのため、RSIダイバージェンスはボラティリティの低い市場(横ばいや微妙なトレンドのある市場)に適しています。


まとめ

相対力指数指標を使用する際には、設定、スコア (30と70)、強気・弱気のダイバージェンスなど、いくつかの重要な要素があります。しかし、どんなテクニカル指標も、特に単独で使用する場合は、100%の効果があるわけではないことを常に念頭に置いておく必要があります。したがって、トレーダーは、偽のシグナルを避けるために、他の指標と一緒にRSI指標を使用することを考慮する必要があります。