責任を持って仮想通貨をトレードする方法
目次
はじめに
責任ある取引とは?
バイナンスは人々が責任を持ってトレードするためにどのような支援をしていますか?
責任を持って仮想通貨取引するための8つのヒント
取引アカウントとウォレットの保護
取引プランの作成
ストップリミット注文を使用
自分で調べてみる
ポートフォリオの分散化
FOMOを避ける
レバレッジを理解する
クーリングオフ期間の活用
まとめ
責任を持って仮想通貨をトレードする方法
ホーム記事
責任を持って仮想通貨をトレードする方法

責任を持って仮想通貨をトレードする方法

初心者
Published Aug 6, 2021Updated Sep 23, 2021
9m

概要

仮想通貨を売買する際には、責任を持って取引することが最優先です。責任ある取引を行うためには、適切な計画を立てることが大切です。取引プランを作成することで、後々まで自分の行動に責任を持つことができます。

冷静に判断することで、感情がトレードに影響することを避けることができます。また、自分で調査をしたり、分散投資をしたり、ストップリミット注文を利用したり、可能な限りFOMOを避けることも考慮すべきです。 

レバレッジをかけてトレードする場合は、そのリスクを十分に理解した上で行ってください。また、バイナンスはクーリングオフ期間など、取引量をよりコントロールするための機能を搭載しています。このオプションでは、先物アカウントを一定期間ロックすることができます。


はじめに

どんなに多くのトレードをしていても、責任を持って取引をしていることを確認するのが最善の方法です。簡単なヒントと方法で、不必要なリスクを減らし、失う可能性のあるものだけをトレードするようにしましょう。人によっては夢中になってしまうこともあるでしょう。もし、あなたが取引をより良く管理する方法を知りたいのであれば、当社のガイドを読んで、あなたの正しい制限を決定し、全体的な責任を改善してください。


責任ある取引とは?

責任を持って仮想通貨を取引するということは、単に売買金額に気を配るだけではありません。感情に基づいて行動するのではなく、自分の取引行動をコントロールするべきです。また、説明責任を果たし、自分が行っている取引活動が本当に自分のためになるのかを理解する必要があります。

 仮想通貨への投資や取引には、さまざまな方法があります。先物取引やマージントレードのような代替手段は、レバレッジによって大きなリターンを得ることができますが、リスクも高くなります。トレーダーによっては、これらを責任を持って使用することに苦労するかもしれません。 現物市場で仮想通貨を購入して ホールドすることは、より安全なオプションであり、あなたのリスクプロファイルにはより適しているかもしれません。

責任あるトレーダーは、無責任なトレードにつながるような行動や活動を避けます。責任を持って仮想通貨をトレードするためには、自分の意思決定に悪影響を及ぼす可能性を認識することが重要です。このスキルは時間と経験によって得られるものですが、新人トレーダーが衝動的にトレードしたり、直感に頼ったりするのはよくあることです。これを避けることができれば、それに越したことはありません。


バイナンスは人々が責任を持ってトレードするためにどのような支援をしていますか?

バイナンスは、ユーザーを教育し、ベストプラクティスを指導する責任を真剣に受け止めています。バイナンスは、責任ある仮想通貨製品を作るとともに、ユーザーに取引機能のテストに合格することを要求した最初の仮想通貨取引所でもあります。また、バイナンスアカデミーは、世界中の何百万人もの読者に、より安全な投資やトレードの方法を積極的に伝える無料情報を提供しています。また、仮想通貨への投資を検討しているユーザーは、偏りのない詳細なレポートを提供するバイナンスリサーチを読むことができます。
また、バイナンスは、リスクを抱えている可能性のあるトレーダーを支援するために、ある種のアンチアディクション機能を実装しています。例えば、お客様が連続して複数の損失を被った場合、バイナンスはお客様の取引活動を一時的に停止することがあります。このシステムは、衝動的な取引行動に対抗するのに役立ちます。 これは、 バイナンスが責任ある取引を真剣に行っていることの1つです
詳しくは、 レスポンシブルトレードの専用ページをご覧ください。 


責任を持って仮想通貨取引するための8つのヒント

責任を持って仮想通貨を取引するためには、取引行動の複数の側面を管理する必要があります。 売 買 ボタン は終わりではなく、はじまりです。以下のヒントをできるだけ日常に取り入れてみてください。たくさんのアドバイスのように思えるかもしれませんが、それらはあなたの取引スキルを向上させるのに役立ちます。


取引アカウントとウォレットの保護

取引を開始する前にできることは、アカウントを確保することです。どんなに責任を持ってトレードを計画しても、お客様の資金、アカウント、パスワードが漏洩してしまっては意味がありません。これには、 2段階認証 (2FA) の使用、強力なパスワードの作成、出金アドレスのホワイトリスト化など、複数の方法があります。さらに、 バイナンスアカウントのセキュリティを強化するための15のヒントを確認し、あなたの仮想通貨が SAFUであることを確認しています。
外部の 仮想通貨ウォレットも使用している場合は、 秘密鍵にも同じルールが適用されます。銀行口座の詳細と同様に、秘密鍵や シードフレーズを他人と共有してはいけません。あなたのニーズとセキュリティのレベルに応じて、推奨される バイナンススマートチェーンウォレットのリストからデジタルウォレットを選択することができます。余分な資金を ハードウェアウォレットに保管し、安全に管理することができます。


取引プランの作成

感情に左右されずにトレードをするためには、計画を立ててそれを守ることです。そうすれば、突然の利益や損失、噂や FUDに惑わされることなく、意思決定を行うことができます。では、取引プランには何が必要なのでしょうか?

計画には、どのようなトレードを行いたいか、取引の条件、取引の目的などを記載します。お客様のリスクプロファイルと取引スタイルによって、限度額が決まります。心を鬼にしてトレードプランを作成し、決めたことを後日実行して満足することです。トレーディングプランには、以下のようなものがあります:

  •  レバレッジ をかける場合、どの程度にするべきか
  • 特定の取引の開始価格と終了価格

  • 総資本に占める最大投資額の割合

  • ポートフォリオの 分散度
  • あなたの仮想通貨に対する資産配分

  • 取引を停止するタイミング (時間、出来高など)

  • 最大損失

  • お客様がトレードする商品や資産


ストップリミット注文を使用

バイナンスではストップリミット注文を簡単に使用することができ、取引をよりコントロールすることができます。常に24時間体制で画面に向かっているわけではありませんし、仮想通貨は非常に不安定なので、予想外の損失が出ることもあります。ボラティリティーからの保護がないまま大量の仮想通貨を放置することは、責任ある取引方法とは言えません。取引計画を立てたら、ストップリミット注文を使って簡単にその計画を守ることができます。

例えば、1 Bitcoin (BTC) を$15,000 (USドル) で購入し、現在、Bitcoinの価格が$40,000になっているとします。価格が下がっても、$30,000以下では売らないようにしたいです。これで$15,000の利益が出ます。これを自動化するには、売却のストップリミット注文を設定します。

最初にストップ価格を$32,000に設定します。これは、指値注文のトリガーとなる価格です。そして、指値を$30,000に設定します。つまり、ストップ価格に達した場合、あなたの1BTCは$30,000以上で売られることになります。

ストップ価格と指値の間にギャップを設けることで、ストップリミット注文が成立する可能性が最も高くなります。ギャップがないと、成行価格が注文を満たさずに指値を下回る可能性があります。

ストップリミット注文は常に満額になるとは限りませんが、満額になった場合は必ず設定した価格かそれ以上の価格が得られることに注意してください。ストップリミット注文の使用方法については、 ストップリミット注文とは?をご覧ください。


自分で調べてみる

バイナンスアカデミーやバイナンスリサーチを通じて教育・研究資料を提供していますが、これは分析の始まりに過ぎません。 自分で調べて (DYOR) 、見つけた情報を検証し、ダブルチェックが求められます。
このアドバイスは、取引所を通じたコインの取引と投資、および 分散型金融 (DeFi) 商品の利用の両方に当てはまります。ご自身のリスクプロファイルやポートフォリオに何が適しているかは、ご自身にしかわかりません。投資や取引を始める前に、自分がどこにお金を置いているのかをよく理解しておきましょう。


ポートフォリオの分散化

トレーディングプランを作成することになった場合、 リスクを減らすためにポートフォリオの分散投資をカバーする必要があります。ポートフォリオの中で1つまたは2つの資産だけを保有すると、リスクが高くなる傾向があります。そのため、複数の資産クラスにまたがって異なる資産に投資することで、保有資産を分散することができます。
仮想通貨では、まず資産配分を決めることから始めます。DeFiの 流動性プール、 ステーキング、デリバティブ、 ステーブルコイン、アルトコインなどに投資を振り分けることができます。1つの仮想通貨資産へのエクスポージャーを減らすことで、大きな損失を経験する可能性が低くなります。例えば、投資している流動性プールから 無常にも損失が発生しても、ステーキングによる利益で損失を相殺することができます。
そして、これらの異なる資産クラスに分散させることができます。ステーブルコインについては、 BUSD、 USDT、PAXGを保有することで、ポートフォリオ全体のリスクをさらに減らすことができます。しかし、これらはあくまでも一例です。 仮想通貨ポートフォリオを計画するには、複数の責任ある方法があります。


FOMOを避ける

FOMO (取り残されることの恐れ) は、多くのトレーダーに共通する感情です。しかし、それが自分の行動にどのように影響するかについては注意する必要があります。投資機会を逃すことを恐れるあまり、軽率な判断で限度額や売買計画を放棄してしまうことがあります。私たちは今、インターネットやソーシャルメディアなどの通信手段を使って信じられないほど多くの情報にアクセスしており、誰もが影響を受けやすくなっています。

ネットで調べて良い投資機会を見つけることはできますが、常にシリングに気をつけなければなりません。営利目的のユーザーは、実際の価値とは関係なく、自分のコインやプロジェクトを宣伝します。ShillersはFOMOを利用してトレーダーの感情を操ります。これまで耳にしたことのない機会を逃していると感じ始めたら、お金をかける前に、時間をかけてプロジェクトを徹底的に調査してください。

FOMOの原因となるものはたくさんあります。それらを認識することで、そのトリガーに気づくことができます。

  • ソーシャルメディア: Twitter、Telegram、Redditなどのソーシャルプラットフォームには、噂や偽情報、shillerが含まれています。常にDYORするべきです。多くのインフルエンサーは、プロジェクトやアルトコインを宣伝するために報酬を得ており、 スキャマーはあなたのFOMOに乗じて資金を盗むかもしれません。
  • 利益: 連勝していると、得た利益を無茶苦茶にしたくなることがあります。また、自分のスキルを過信して、間違った選択をしてしまうこともあります。たとえ健全な利益を上げたとしても、これは他の「大きな」投資機会におけるFOMOを増加させます。
  • 損失: 損失を取り戻そうとすると、FOMOが増大することがあります。ポジションを持っても、損失を出して退出しても、FOMOのために再びポジションを持つこともあります。いずれも、さらに大きな損失を招くことになります。
  • ゴシップや噂: 他のトレーダーからの情報やインターネットでの情報を聞くと、その投資が魅力的に見えることがあります。しかし、人気のある仮想通貨についての噂や投資アドバイス、推奨は、決して確かな調査や分析の代わりになるものではありません。
  • ボラティリティ: 価格が両方向に大きく変動することで、利益を上げるチャンスとなります。投資して価格が上がることを期待していても、下降局面で仮想通貨市場をショートしていても、夢中になるのは簡単なことです。また、弱気市場 を投資の好機と捉えても、結局は 落ちるナイフを掴んでしまうかもしれません。


レバレッジを理解する

信用取引や先物取引で資金を借りて、より大きな利益を得ようという考えは魅力的に聞こえるかもしれません。しかしそれに伴い、損失も拡大してしまうため、 清算されて資本金をすぐに失ってしまうリスクがあります。限度額の範囲内であれば、清算は必ずしも悪いことではありません。しかし、計画よりも多くの損失を出したり、リスクを取りすぎたりすることは、責任ある取引とは言えません。レバレッジを使いはじめる前に、レバレッジの仕組みを正確に理解してください。

レバレッジは10倍のように表示されているのを見たことがあると思いますが、これは初期資金を10倍にしたものです。$10,000のレバレッジを10倍にすると、$100,000のトレードが可能となり、初期資金は損失をカバーするために使用されます。資本金がなくなると、取引所はあなたのポジションを清算します。

レバレッジ取引は無責任に使用することができます。リスクがかなり高いので、 コイン証拠金先物や USDT証拠金先物をよく調べて、リスクを十分に理解するようにしましょう。また、バイナンスは新規ユーザーを保護するため、 レバレッジを制限して責任ある取引を奨励しています。


クーリングオフ期間の活用

トレーダーが責任を持ってレバレッジを利用できるように、バイナンスはバイナンス先物に内蔵された機能を利用して、取引量をコントロールできるようにしています。クーリングオフ期間を利用して、自分の取引計画を守り、無理のない範囲でのトレードを心がけることができます。この機能を有効にすることで、最大1ヶ月間のアカウントロックを選択することができます。一度、クーリングオフ期間をオンにすると、タイマーが終了するまで元に戻すことはできません。


まとめ

誰もが責任を持って取引を行うべきであり、それは取引所も同様です。バイナンスは、トレーダーが 正しい選択ができるように導くために、その役割を真剣に考えています。デジタル資産、株式、コモディティのいずれを取引するにしても、常に適切なリスク管理戦略を適用し、自分自身で調査を行う必要があります。もし、あなたが自分の取引活動に不安を感じたり、過度のストレスを感じたり、余裕のない金額を失ったりした場合は、 バイナンスカスタマーサポートに連絡してください。