ステーキングとは?
HomeArticles

ステーキングとは?

中級者
6d ago
8m

コンテンツ


はじめに

ステークは、資源をあまり消費しないマイニングの代替手段として考えることができます。これは、ブロックチェーンネットワークのセキュリティと運用をサポートするために、仮想通貨ウォレットに資金を保持します。簡単に言うと、ステークとは、仮想通貨をロックして報酬を受け取る行為です。

ほとんどの場合、トラストウォレットなどの仮想ウォレットから直接仮想通貨をステークすることができます。一方、多くの取引所では、ユーザーにステーキングサービスを提供しています。バイナンスステーキングでは、取引所で仮想通貨を保有するだけで、非常にシンプルな方法で報酬を得ることができます。これについては後ほど詳しく説明します。

ステーキングについてより理解するためには、まずプルーフ・オブ・ステーク(PoS)がどのように機能するかを理解する必要があります。PoSはコンセンサスメカニズムであり、ブロックチェーンが分散化の程度を維持しつつ(少なくとも理論上は)、よりエネルギー効率の高い運用を可能にします。ここでは、PoSとは何か、ステークがどのように機能するのかについて説明します。


プルーフ・オブ・ステーク(PoS)とは?

ビットコインの仕組みを知っている人ならば、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)をよく知っているでしょう。これは、取引をブロックに集めるための仕組みです。そして、これらのブロックは、ブロックチェーンを作成するために一緒にリンクされています。具体的には、マイナーが複雑な数学的パズルを解くことを競い、それを最初に解いた者が次のブロックをブロックチェーンに追加する権利を得ます。

プルーフ・オブ・ワークは、分散化された方法でコンセンサスを促進するための非常に堅牢なメカニズムであることが証明されています。これには多くの演算能力を必要としています。マイナーが競い合うパズルには、ネットワークの安全性を保つ以外には何の役にも立ちません。これ自体がこの過剰な演算を正当化していると主張することができます。この時点で、あなたは高い演算コストをかけずに分散型コンセンサスを維持する方法があるのか疑問に思うかもしれません。

プルーフ・オブ・ステーク」の主なアイデアは、参加者が仮想通貨(彼らの“ステーク”)をロックすることができ、特定の間隔で、プロトコルはランダムに次のブロックを検証するためにそれらのうちの1つに権利を割り当てます。一般的に、選ばれる確率は仮想通貨の量に比例し、ロックされる仮想通貨が多ければ多いほどチャンスは高くなります。


ステーキングの選択プロセス


このように、ブロックを作成する参加者の決定は、プルーフ・オブ・ワークのように特定のハッシュを解く能力に基づいているわけではありません。その代わり、所有している仮想通貨の枚数で決定します。

ステーキングによるブロック生成により、ブロックチェーンのより高度なスケーラビリティが可能になると主張する人もいるかもしれません。これは、ETH 2.0と総称される一連の技術アップグレードで、イーサリアムネットワークがPoWからPoSに移行することが計画されている理由の1つです。


プルーフ・オブ・ステークの考案者

プルーフ・オブ・ステークの初期の登場は、サニー・キングとスコット・ナダルの2012年の論文「Peercoin」に起因しているかもしれません。彼らはそれを“サトシ・ナカモトのビットコインから派生したピアツーピアの仮想通貨デザイン ”と説明しています。

Peercoinネットワークは、PoW/PoSのハイブリッドな仕組みで立ち上げられ、PoWは主に初期供給の造幣に使用されていました。しかし、ネットワークの長期的な持続性のためには必要とされず、その意義は徐々に薄れていきました。実際、ネットワークのセキュリティのほとんどがPoSに依存していました。


デリゲーテッド・プルーフ・オブ・ステーク(DPoS)とは?

このメカニズムの代替バージョンは、デリゲーテット・プルーフ・オブ・ステーク(DPoS)と呼ばれるダニエル・ラリマー氏によって2014年に開発されました。最初はビットシェアブロックチェーンの一部として使用されていましたが、その後すぐに他のネットワークがこのモデルを採用しました。その中にはSteemやEOSも含まれており、これらもラリマー氏によって開発されたものです。

DPoSでは、ユーザーは通貨の残高を投票としてコミットすることができ、投票力は保有通貨数に比例します。そして、これらの投票は、投票者に代わってブロックチェーンを管理する代表者を多数選出するために使用され、セキュリティとコンセンサスを確保します。通常、ステーク報酬は選出された代議員に分配され、代議員は個人の貢献度に比例して報酬の一部を選挙人に分配します。

DPoSモデルでは、より少ない数の検証ノードでコンセンサスを得ることができます。そのため、ネットワークのパフォーマンスが向上する傾向があります。一方で、ネットワークが少数の厳選された検証ノードのグループに依存するため、分散化の度合いが低くなる可能性もあります。これらの検証ノードは、ブロックチェーンの運用と全体的なガバナンスを処理します。これらのノードは、コンセンサスに到達し、主要なガバナンス・パラメータを定義するプロセスに参加します。 

簡単に言えば、DPoSにより、ユーザーはネットワークの他の参加者を通じて自分の影響力をシグナルすることができます。


ステーキングの仕組み

前述したように、プルーフ・オブ・ワークブロックチェーンは、新しいブロックブロックチェーンに追加するためにマイニングに依存しています。対照的に、プルーフ・オブ・ステークチェーンは、ステークのプロセスを通じて新しいブロックを生成し、検証します。ステークには、特定の間隔でランダムに選ばれてブロックを作成できるように仮想通貨をロックアップするバリデータが含まれます。通常、最も大きな金額をステークした参加者は、次のブロックバリデータに選ばれる確率が高くなります。

これにより、ASICのような特殊なマイニングハードウェアに頼ることなくブロックを作成することができます。ASICのマイニングがハードウェアへの多額の投資を必要とするのに対し、ステークは仮想通貨そのものへの直接投資を必要とします。そのため、計算作業で次のブロックを奪い合うのではなく、ステークしている通貨の数に応じて、PoSバリデータが選ばれます。この“ステーク”(通貨の保有量)が、バリデータがネットワークのセキュリティを維持するためのインセンティブとなります。もしそれを怠ってしまうと、バリデータの全財産が危険にさらされることになりかねません。

プルーフ・オブ・ステークブロックチェーンにはそれぞれ特定のステーク通貨がありますが、一部のネットワークでは、報酬がセカンドトークンで支払われるダブルトークンシステムを採用しています。

非常に実用的なレベルでは、ステークは単に適切なウォレットに資金を保管することを意味します。これにより、基本的には誰でも、ステークの報酬と引き換えに様々なネットワーク機能を実行することができます。これには、ステーキングプールに資金を追加することも含まれますが、これについては後ほど説明します。


ステーキング報酬の計算方法

ステーキング報酬の計算方法は難しく、ブロックチェーンネットワークごとに、ステーキング報酬の計算方法が異なる場合があります。

ステーキング報酬は多くの異なる要因が考慮され、ブロックチェーンごとに調整されています。その要因には次のようなものがあります。

  • 仮想通貨のステーク枚数
  • バリデータのステーク期間
  • ネットワーク上のステーク総数
  • インフレ率
  • その他の要因

他のネットワークでは、ステーク報酬は固定のパーセンテージで決定されています。これらの報酬は、インフレに対する一種の補償としてバリデータに分配されます。インフレになると、ユーザーは通貨を保有するのではなく使用するようになるため、仮想通貨としての使用量が増加する可能性があります。このモデルでは、バリデータはステーク報酬の期待値を正確に計算することができます。

ブロック報酬を受け取る確率ではなく、予測可能な報酬スケジュールは、一部の参加者には有利に見えるかもしれません。また、これは公開された情報なので、より多くの参加者がステーキングに参加するインセンティブになるかもしれません。 


ステーキングプールとは?

ステーキングプールとは、ブロックを検証して報酬を受け取る機会を増やすために、仮想通貨保有者のグループがリソースを統合したものです。彼らはステーキングパワーを組み合わせ、プールへの貢献度に比例して報酬を分配します。

ステーキングプールの設定と維持には、多くの時間と専門知識が必要となります。ステーキングプールは、参入障壁(技術的または金銭的)が比較的高いネットワークで最も効果的な傾向があります。そのため、多くのプールプロバイダーは、参加者に分配されるステーク報酬から手数料を請求しています。

それ以外にも、プールは個々の仮想通貨保有者にステークを追加する柔軟性を提供することができます。一般的に、ステークは一定期間ロックされていなければならず、通常はプロトコルによって設定された出金時間やロック解除時間があります。さらに、悪意のある行動を抑制するために、ステークには必要とされる最低限のロック枚数が存在しています。

大抵のステークキングプールでは、最低ロック枚数は低く、出金に必要な時間もありません。このように、個人でステークを行う代わりにステーキングプールに参加することは、新規ユーザーにとって理想的かもしれません。


コールドステーキングとは?

コールドステーキングとは、インターネットに接続されていないウォレットにステークすることを指します。これは、ハードウェアウォレットを使用して行われる場合もありますが、エアギャップのあるソフトウェアウォレットでも可能です。

コールドステーキングをサポートするネットワークでは、ユーザーはオフラインで安全に資金を保持しながらステーキングを行うことができます。注意点は、保有者が仮想通貨をコールドストレージから移動させると、報酬を受け取ることができなくなることです。

コールドステーキングは、ネットワークをサポートしながら資金を最大限に保護したい大規模な利害関係者にとって特に有用です。



仮想通貨取引をはじめますか?バイナンスでビットコインを購入することができます。



バイナンスでのステークの方法

ある意味、バイナンスで仮想通貨を保有することは、ステーキングプールに通貨をロックすることと同様に考えることができます。しかし、手数料は無料で、バイナンスで仮想通貨を保有することで得られるその他のメリットを楽しむことができます。

唯一、バイナンスでPoS通貨を保有することが必要です。そして、すべての技術的要件が処理されます。ステーク報酬は通常、毎月初めに分配されます。

サポートされているアセットには、EOSTezos (XTZ)Cosmos (ATOM)TRONNEOAlgorand (ALGO)Vechain (VET)Ontology (ONT)Komodo (KMD)TROYFetch.aiQTUMなどがあります。

各プロジェクトのステーキングページの「ヒストリカル・イールド」タブで、以前に配布された仮想通貨の報酬を確認することができます。


まとめ

プルーフ・オブ・ステークとステーキングは、ブロックチェーンのコンセンサスガバナンスに参加したいと考える人にとって、より多くの選択肢を提供します。さらに、仮想通貨を保有するだけで受動的な収入を得ることができます。ステークが容易になるにつれて、ブロックチェーンエコシステムへの参入障壁は低くなってきています。

しかし、ステークにリスクが全くないわけではないことを覚えておく必要があります。スマートコントラクトに資金をロックアップするとバグが発生しやすいため、常にDYORを使用し、トラストウォレットのような高品質のウォレットを使用することが重要です。 

どの仮想通貨がステークに対応しているかは、ステークのページをチェックして、今日から報酬を獲得しましょう!