APY vs APR: 両者の違いとは?
目次
APR 対 APY
異なる金利の比較方法
まとめ
APY vs APR: 両者の違いとは?
ホーム
記事
APY vs APR: 両者の違いとは?

APY vs APR: 両者の違いとは?

初心者
公開済 Jul 27, 2022更新済 Nov 11, 2022
5m


概要

APYとAPRという2つの似たような用語は、分散型金融 (DeFi) 商品を調べるときに見たことがあるでしょう。

APY (年間金利) には、四半期ごと、毎月、毎週、または毎日、複利が組み込まれていますが、APR (年換算金利) は組み込まれていません。この単純な区別は、一定期間のリターンの計算に大きな違いを生む可能性があります。したがって、これら2つの指標がどのように計算され、デジタルファンドで獲得できる収益に対してそれが何を意味するかを理解することが重要です。

APR 対 APY

APRとAPYは、どちらも個人ファイナンスの目的にとって基本的なものです。より簡単な用語である年換算金利 (APR) から見ていきましょう。APRは貸し手が運用しているお金に対して稼ぐ金利であり、その金額は借り手が1年間かけてその金額を使うために支払う金利です。

例えば、20%のAPRを持つ銀行の普通預金口座に$10,000を預け入れた場合、1年後に$2,000の金利が支払われます。金利は、元本金額 ($10,000) と APR (20%) を乗算して計算されます。したがって、1年後には、合計$ 12,000が得られます。2年後、あなたの資本金は$ 14,000になります。3年後には、それが$16,000にまで増えます。

年間利回り(APY)に入る前に、まず複利とは何かを理解しましょう。簡単に言えば、前の金利に対して追加の金利を獲得するということです。上記の例では、金融機関が毎月あなたの口座に利息を支払う場合、あなたの残高は1年の12ヶ月ごとに異なって見えます。

この場合、12ヶ月目の終わりに$12,000を受け取る代わりに、毎月いくらかの金利を受け取ります。その金利は預金の元本合計に加算され、獲得する金利の合計は月が経つにつれて上昇します。毎月、獲得する金利の元本合計額がどんどん増えていくことになります。この効果は複利と呼ばれます。

たとえば、$10,000を20%のAPRで銀行口座に預け入れ、金利を毎月複利で運用するとします。複雑な計算をしなくとも、あなたは1年の終わりに$12,429を獲得するでしょう。これは、複利の効果を加えるだけで得られる金利が$429多くなるということです。20%のAPRで、金利を毎日複利運用すると、どのくらいの金利を稼ぐことができるのでしょうか。この場合、あなたの資産は1年間で$12,452にまで増えます。

複利の力は、期間が長くなれば、より強力です。3年後、毎日の複利効果がある場合、同じ20%のAPR商品でも、資産総額は19,309ドルになります。この場合は、同じ20%のAPR商品よりも、獲得できる金利は$3,309多くなります。

複利を組み込むだけで、より多くのお金を稼ぐことができます。また、金利は複利の頻度によって異なることにも注意してください。頻繁に複利運用することで、より多くの利益を獲得することができます。毎日の複利は、毎月の複利よりも多くの金利を獲得することができます。

金融商品が複利を提供している場合、どのくらい稼ぐことができるかをどのように計算すれば良いでしょうか。そこで登場するのが年間金利 (APY) です。数式を使用して、複利の頻度に応じてAPRをAPYに変換できます。複利の頻度が月次で20%のAPRは、APYで21.94%に相当します。複利が毎日の場合では、22.13%のAPYに相当します。これらのAPYの数字は、複利を組み込んだ後に獲得できる年率換算の金利報酬を意味します。

要するに、APR (年換算金利) はよりシンプルで静的な指標です。これは常に固定年率として引用されます。しかし、APY(年間金利)には、金利または複利で獲得した金利が組み込まれています。複利の頻度に応じて、APYは変化します。違いを覚える1つの方法として、APY (Annual Percentage Yield) の「Yield」には5文字 (APR (Annual Percentage Rate) の「Rate」よりもアルファベットが1文字多い) あるので、より複雑な概念 (およびより大きな収益) を表していると覚えましょう。

異なる金利の比較方法

上記の例から、金利が複利運用されると、より多くの金利を獲得できることがわかります。異なる商品では、金利がAPRまたはAPYのいずれかで表示される場合があります。このような違いがあるため、比較に同じ用語を使用することが不可欠です。誤ってリンゴとオレンジを比較している可能性があるため、比較する際にはご注意ください。

APYが高い商品が必ずしもAPRが低い商品よりも多くの金利を生むとは限りません。複利の頻度がわかっている場合は、オンラインツールを使用してAPRとAPYを簡単にコンバートすることができます。

DeFiや他の種類の仮想通貨商品についても同じことが言えます。仮想通貨セービングやステーキングなど、仮想通貨建てのAPYとAPRが使用され比較する場合は、リンゴとリンゴを比較できるように、必ず金利を揃えるように変換してください。

さらに、2つのDeFi商品のAPYを比較する場合は、それらの複利の期間が同じであることを確認してください。同じAPRを使用して、一方が毎月複利でもう一方が毎日複利である場合、毎日複利の方がより多くの仮想通貨の金利を獲得できる可能性があります。

注意すべきもう1つの重要な点は、レビューしている特定の仮想通貨に関連するAPYが何を意味するかということです。一部の担保では、「APY」という用語を使用して、選択した時間軸にわたって仮想通貨で獲得できる報酬を指し、法定通貨で実際の報酬/金利または予測報酬/金利は使用しません。これは、仮想通貨の価格が不安定になる可能性があり、投資の価値 (法定通貨換算) が下がったり上がったりする可能性があるため、理解すべき重要な違いです。仮想通貨の価格が大幅に下落した場合、仮想通貨でAPYを獲得し続けていても、投資の価値 (法定通貨換算) は、投資した元の法定通貨額よりも低い可能性があります。したがって、関連する商品契約条件を慎重に見直し、独自の調査を行い、関連する投資リスクと、その特定のコンテキストでAPYが何を意味するのかを完全に理解することが重要です。               

まとめ

APRとAPYは最初は混乱しているように思えるかもしれませんが、年間金利 (APY) が複利を組み込んだより複雑なメトリックであることを覚えておくと、互いに区別するのは簡単です。金利獲得が金利に与える影響が大きいため、金利を年1回よりも、毎日や毎月などより頻繁に複利運用される場合、APYは常に高い数値になります。要するに、獲得する金利を計算する際にあなたが見ているレートが何を意味するのかを常に確認することが重要になります。    

免責事項およびリスク警告:このコンテンツは、一般的な情報および教育目的のみを目的として「執筆時点の情報」が記載され、こいかなる種類の表明または保証も行いません。このコンテンツは、財務上のアドバイスとして解釈されるべきではなく、特定の製品やサービスの購入を推奨することを意図したものでもありません。詳細については、こちらの免責事項全文をお読みください。リスク警告: デジタル資産価格は変動する可能性があります。投資の価値が上下して、元本割れする可能性があります。お客様は、自身の投資判断に単独で責任を負い、バイナンスはお客様が被る可能性のある損失に対して、一切の責任を負いません。また、このコンテンツはファイナンシャルアドバイスではありません。詳しくは、利用規約リスク警告を確認してください。