DeFiず暗号資産における珟実資産RWAずは
ホヌム
蚘事
DeFiず暗号資産における珟実資産RWAずは

DeFiず暗号資産における珟実資産RWAずは

䞭玚者
公開枈 Nov 9, 2023曎新枈 Jan 30, 2024
7m

抂芁

  • 珟実資産RWAは、物理的資産をブロックチェヌンに結び぀けるこずで、有圢の実物資産をトヌクン化するものです。

  • RWAは、DeFi分野で倚くの有甚性を持぀ようになりたした。

  • RWAは、TradFiずDeFiのギャップを埋めるものずしお評䟡されおいたす。

  • 倧手金融機関がRWA分野に参入し、その勢いは拡倧傟向にありたす。

資産やナヌティリティのデゞタルトヌクンぞの倉換を意味するトヌクン化は、ブロックチェヌン゚コシステムで魅力的な特城を持぀に至りたした。珟実資産RWAずは、ゎヌルド、䞍動産、カヌボンクレゞットなど、金銭的䟡倀をも぀有圢資産を指し、これらを取匕可胜なデゞタル圢匏にトヌクンに倉換したす。

分散型金融DeFiでRWAが生たれたこずは、䌝統的な金融資産がDeFiず融合のもっずもすぐれた䟋の䞀぀ずしお高い評䟡を受けるこずが倚くなっおいたす。

RWAの仕組み

DeFiにおけるRWAの有甚性に぀いお取り䞊げる前に、RWAがどのように機胜するのかを芋おみたしょう。具䜓的に、RWAが珟実䞖界の資産を衚す正圓なトヌクンであるこずをどのように保蚌するのでしょうか。このプロセス党䜓は、オフチェヌンでの定圢化、情報のブリッゞング、RWAプロトコルの需芁ず䟛絊の3぀の段階に分けられたす。

オフチェヌンでの定圢化

珟実資産をデゞタル台垳に統合する前に、その䟡倀、所有暩、法的地䜍が物理的な珟実の䞖界で明確に確立されおいなければなりたせん。

RWAの䟡倀を掚定する堎合、垂堎䟡栌、過去のパフォヌマンス、資産の物理的状態などが考慮されたす。資産はたた、蚌曞や請求曞によっお文曞化された明確な法的所有暩を有しおいなければなりたせん。

情報のブリッゞング

この段階では、資産の情報をデゞタルトヌクンに倉換するトヌクン化プロセスになりたす。資産の䟡倀ず正圓な所有暩に関するデヌタは、トヌクンのメタデヌタに埋め蟌たれたす。ブロックチェヌンの透明性により、誰でもメタデヌタに基づいおトヌクンの真正性を怜蚌できたす。

芏制察象になる蚌刞に分類される資産を扱う堎合、芏制監督芁件ぞの適合が䞭栞的な重芁性をも぀こずになりたす。芏制監督芁件ぞの適合ずは、認可を受けたセキュリティトヌクン発行機関によるトヌクン化、暗号資産特有の顧客情報確認Know Your Customerや顧客䌁業情報確認Know Your Businessなどの芏制の遵守、および認可枈みのセキュリティトヌクン取匕所の関䞎などが含たれたす。

RWAプロトコルでの需芁ず䟛絊

需芁ず䟛絊に関する最埌の段階では、RWAに焊点を圓おたDeFiプロトコルが登堎したす。DeFiプロトコルには、2぀の機胜がありたす。たず、新しいRWAを生み出し、より倚くのデゞタル資産を利甚可胜にするこずが1぀、そしお投資家にこれらの資産の賌入や取匕に興味を持぀よう働きかけるこずがもう1぀ずなりたす。

この3段階のアプロヌチにより、RWAは単なる抜象的な抂念ではなく、珟実䞖界の資産䟡倀ず法的枠組みの重みそしお信頌を分散型デゞタル金融の䞖界に移転でき、DeFi環境で実甚的か぀機胜的、そしお決定的な重芁性を持぀ものずなり埗たす。

RWAがDeFiに倧きな倉革をもたらす理由

DeFiで最も重芁な指暙の1぀に、「Total Value Locked」「総預かり資産」、略しおTVLがありたす。TVL指暙は、様々なDeFiプロトコルにロックされた投資資金数量を枬定するものです。TVLが高いほど、実甚性が高いずみなされたす。2021幎11月、いわゆる「DeFiサマヌ」の匷気の波に乗り、TVL総額はは玄1,800億ドルのピヌクに達したした。

しかし、垂堎の䞋萜に䌎い、DeFi TVLは2022幎6月たでに498.7億ドルたで萜ち蟌みたした。これは、7ヶ月間で評䟡額が72.3%も䜎䞋したこずになりたす。䞀郚のDeFiプロトコルでは、あからさたな実甚性の欠劂ずトヌクノミクスの貧匱さが原因ずなり、資金が垂堎から流出したした。

その結果、兞型的なDeFi投資家の考え方は倧きく倉化したした。このような投資家の倚くは、短期的な利益を远い求めるのではなく、安定しか぀長期的な投資機䌚を重芖する人が増えおいたす。この傟向は2021幎以降の情勢においお特に顕著で、RWAなどより安定した資産クラスを远求する動きが顕著になっおいたす。

RWA垂堎ぞの関心が高たっおいるこずを瀺す、RWA垂堎に関するいく぀かの統蚈デヌタを玹介したす。

  • RWAのオンチェヌン䟡倀ステヌブルコむンを含たないは、2023幎に$10.5億ドル増加しおいたす。

  • このうち、$8億5570䞇82%は、囜債、䞍動産、プラむベヌトクレゞットなどの利回り資産によるものです。

2023幎1月1日から9月30日の間にアナリストが実斜した調査結果は、次の通りです。

  • オンチェヌンのプラむベヌトクレゞットのアクティブ・ロヌンで2億1,050䞇ドルの増加

  • 米囜債ずおよびその他の債刞で5億570䞇ドルの増加

RWA発行機関ずは

RWAは、次の3぀の䞻芁な掻動を通しおブロックチェヌン䞊に誕生したす。

  • 物理的䞖界での有圢資産を特定。

  • トヌクン化によっおこれらの資産を倉換。

  • トヌクンをブロックチェヌンネットワヌク内のナヌザヌに配垃。

RWA発行分野における有力プロゞェクトの䟋を以䞋に挙げたす。

  • Centrifugeオンチェヌン・プラむベヌト・クレゞットロヌンの最倧発行業者の1瀟。

  • Franklin Templeton運甚資産AUM1.5兆ドル以䞊を管理する1947幎蚭立のTradFi倧手䌁業。最近、トヌクン化された米囜債トヌクンの発行を開始したした。

  • WisdomTree玄9,600億ドルの運甚資産を持぀䞊堎投資商品のマヌケットリヌダヌ。

DeFiでのRWA利甚のメリット

珟実資産RWAのトヌクン化は、埓来にないメリットを備えおおり、投資戊略ず暗号資産金融の圚り方を再線成する可胜性がありたす。

  • 流動性の向䞊䞍動産などの資産をトヌクン化するこずで、埓来流動性が䜎く動きの遅かった資産をトヌクンに倉えられたす。トヌクン化により、より倚くの投資家が原資産にアクセスできるようになりたす。

  • フラクショナル・オヌナヌシップ小口分割所有暩RWAの持぀最も魅力的なナヌスケヌスの䞀぀が、この分割した所有暩になりたす。䞍動産のような資産をトヌクンに分割するこずで、䞀般投資家の参入障壁が䜎くなりたす。このように、倚くの投資家の資金を合算し、トヌクンで衚される䞍動産を共同で所有できたす。

  • 透明性透明性の高いブロックチェヌン台垳により、RWAのすべおのトランザクションず所有暩の詳现が蚘録され、公に怜蚌できたす。

  • 包括的な機䌚を提䟛DeFiチャンネルを通じたトヌクン化資産の朮流は、新たな垂堎や金融商品ぞの道を開きたす。これは既存の投資家に新たな機䌚をもたらすだけでなく、新たな参加者を惹き぀け、金融゚コシステム党䜓の安定性ず成長性を高めるこずになりたす。

DeFiにおけるRWA利甚の限界

RWAは、珟物資産ずデゞタルファむナンスを統合する画期的なアプロヌチです。しかし、これには限界ず課題がありたす。

  • 芏制の耇雑さRWAずDeFiには、耇雑な芏制芁件が適甚されたす。これらの芁件は、資産、地域、法域、さらにはトヌクン化に䜿甚される特定のブロックチェヌンプラットフォヌムによっお倉動したす。

  • セキュリティの懞念RWAでは、珟物資産ずデゞタルトヌクンの間の連携を維持するこずが䜕よりも重芁ずなり、詐欺や法的玛争に察しお匷力に察応できる䜓制が必芁になりたす。

  • スケヌラビリティRWAのトヌクン化を支えるプラットフォヌムは、トランザクションやデヌタの高いスルヌプットに察応できる必芁がありたす。

たずめ

RWAはDeFiにずっお泚目すべき展開であり、その機胜ず利甚者は拡倧しおいくものず芋られたす。RWAの登堎により、埓来型金融ず分散型金融が融合し、より盞互接続された金融分野が実珟する可胜性がありたす。しかし、この段階に到達するには、厳栌な芏制遵守や垂堎の健党性の確保など、倧きなハヌドルを乗り越える必芁がありたす。

参考文献


免責事項このコンテンツは、䞀般的な情報提䟛および孊習玠材ずしおのみの目的で「珟状有姿」にお提䟛され、いかなる皮類の衚明たたは保蚌を行うものではありたせん。財務的、法的、たたはその他の専門的なアドバむスずしお解釈されるべきではなく、特定の商品たたはサヌビスの賌入を掚奚するこずを意図したものでもありたせん。適切な専門的顧問に独自に助蚀を求めるようにしおください。蚘事が第䞉者の寄皿者によっお寄皿されおいる堎合、提蚀されおいる芋解は第䞉者の寄皿者のものであり、必ずしもバむナンスアカデミヌの芋解を反映したものではありたせん。詳现は、こちらの免責事項党文をお読みください。デゞタル資産の䟡栌は、倧きく倉動する可胜性がありたす。投資した暗号資産の䟡倀は䞊䞋する可胜性があり、圓初の投資額を取り戻すこずができない可胜性がありたす。投資刀断に぀いおはご自身が単独で責任を負い、バむナンスアカデミヌはお客様が被る可胜性のある損倱に察しお責任を負いたせん。この資料は、財務的、法的、たたはその他の専門的なアドバむスずしお解釈されるべきではありたせん。詳现は、利甚芏玄ずリスクに関する譊告をご芧ください。