トークンエコノミクスとは何か、それが重要な理由とは?
目次
はじめに 
トークンエコノミクスの概要 
トークンエコノミクスの主要要素
トークンエコノミクスの次のステップ
まとめ
トークンエコノミクスとは何か、それが重要な理由とは?
ホーム
記事
トークンエコノミクスとは何か、それが重要な理由とは?

トークンエコノミクスとは何か、それが重要な理由とは?

初心者
公開済 Aug 4, 2022更新済 Sep 23, 2022
8m

概要

トークンエコノミクスとは、トークンの経済性を捉えた用語です。トークンの生成と配布、需要と供給、インセンティブメカニズム、トークンのバーンスケジュールなど、トークンの使用と価値に影響を与える要因について説明しています。仮想通貨プロジェクトでは、うまく設計されたトークンエコノミクスが成功に不可欠です。投資家やステークホルダーにとって、プロジェクトへの参加を決定する前にトークンエコノミクスを評価することは重要なことです。

はじめに 

「トークン」と「エコノミクス」の合成用語であるトークンエコノミクスは、仮想通貨プロジェクトの基礎研究を行う上で重要な要素です。ホワイトペーパー、設立チーム、ロードマップ、コミュニティの成長などを見るのはもちろんですが、ブロックチェーンプロジェクトの将来性を評価する上で、トークンエコノミクスは中心的な役割を担います。仮想通貨プロジェクトは、長期的な持続的発展を確保するために、トークンエコノミクスを慎重に設計する必要があります。

トークンエコノミクスの概要 

ブロックチェーン・プロジェクトは、ユーザーの様々な行動を奨励または抑制するために、トークンの周りにトークンエコノミクスに関するルールを設計します。これは、中央銀行が貨幣を印刷し、金融政策を実施して、支出、貸出、貯蓄、貨幣の移動を促進または抑制するのと同様です。なお、ここでいう「トークン」は、硬貨とトークンの両方を指します。この2つの違いについては、こちらで紹介しています。フィアット通貨とは異なり、トークンエコノミクスのルールはコードによって実装され、透明性があり、予測可能で、変更が困難です。

例としてBitcoinを見てみましょう。Bitcoinの総供給量はあらかじめ2,100万枚に設定されています。Bitcoinの生成と流通の仕組みは、マイニングによって行われます。マイナーは、約10分ごとにブロックがマイニングされると、報酬としていくらかのBitcoinを受け取ることができます。 

ブロック補助金とも呼ばれる報酬は、210,000ブロックごとに半額になります。このスケジュールでは、4年ごとに半減することになります。最初のブロック、または 発生ブロックがBitcoinネットワーク上に作成された2009年1月3日以降、ブロックの補助金は50 BTCから25 BTC、12.5 BTC、6.25 BTCに3度半減しました。

このルールから、2022年にマイニングされるBitcoinは、1年の総分数を10で割り (1ブロックが10分ごとに採掘されるため) 、6.25を乗算する (1ブロックあたり6.25 BTCが報酬として与えられるため) と、約328,500枚と簡単に計算することができます。そのため、毎年マイニングされるBitcoinの数が予測でき、最後のBitcoinがマイニングされるのは2140年頃と予想されています。

また、Bitcoinのトークンエコノミクスには、新しいブロックが検証されたときにマイナーが受け取るトランザクション手数料の設計も含まれています。この手数料は、取引の規模やネットワークの混雑状況に応じて増加するよう設計されています。これは、スパムトランザクションを防止し、ブロック補助金が減少し続けても取引を検証し続けるようマイナーにインセンティブを与えるものである。 

つまり、Bitcoinのトークンエコノミクスは、シンプルかつ独創的です。すべてが透明で、予測可能です。Bitcoinを取り巻くインセンティブは、参加者がネットワークを堅牢に保つための補償を受け続け、仮想通貨としての価値に貢献します。 

トークンエコノミクスの主要要素

「トークンエコノミクス」とは、仮想通貨の価値に影響を与える様々な要因の総称です。まず第1に、仮想通貨がその作成者によって設計された経済の構造を意味します。ここでは、仮想通貨のトークンエコノミクスを見る際に最も重要な要素を紹介します。 

トークン供給

需要と供給は、商品やサービスの価格に影響を与える主要な要因です。仮想通貨も同様です。トークン供給量を測るには、いくつかの重要な指標があります。 

1つ目は、最大供給量と呼ばれるものです。この仮想通貨の存続期間中に存在するトークンの最大数がコード化されていることを意味します。Bitcoinの最大供給枚数は2,100万枚です。Litecoinのハードキャップは8,400万コイン、BNBの最大供給量は2億コインです。

トークンの中には、最大供給量が決まっていないものもあります。EthereumネットワークのEtherの供給量は毎年増加しています。USDT、USD Coin (USDC) 、Binance USD (BUSD) などのステーブルコインは、コインの裏付けとなる準備金に基づいて発行されるため、最大供給量がありません。理論的には無制限に成長し続けることができるのです。DogecoinとPolkadotは、供給量に上限がない仮想通貨です。

2つ目は、流通するトークンの数を意味する循環供給です。トークンは、作成してバーンするか、他の方法でロックすることができます。これは、トークンの価格にも影響します。

トークンの供給量を見れば、最終的にどれだけのトークンがあるのかがよくわかります。

トークンユーティリティ

トークンユーティリティとは、トークンのために設計されたユースケースを指します。例えば、BNBのユースケースには、BNB Chainに対するパワー供給、BNB Chain上のトランザクション手数料の支払い、および割引、BNB Chainエコシステムにおけるコミュニティのユーティリティトークンとしての役割などがあります。また、ユーザーは追加の収入を得るためにエコシステム内の様々な商品でBNBをステークすることもできます。

トークンには、他にもさまざまなユースケースがあります。ガバナンストークンは、保有者がトークンのプロトコルの変更について投票することを可能にします。ステーブルコインは、通貨として使用されることを前提としています。一方、セキュリティトークンは、金融資産を表します。例えば、企業がInitial Coin Offering (ICO) 時にトークン化した株式を発行し、保有者に所有権や配当金を付与することができます。

これらの要素は、トークンの潜在的なユースケースを判断するのに役立ちます。これは、トークン経済がどのように発展していくかを理解するのに不可欠です。

トークン配布に関する分析 

需要と供給の他に、トークンがどのように分配されるかを見ることが不可欠です。大口投資家と個人投資家は異なる行動を取ります。どのような主体がトークンを保有しているかを知ることで、その主体がどのようにトークンを取引するかがわかり、ひいてはトークンの価値に影響を与えることになります。 

トークンのローンチと配布には、一般的に2つの方法があります (フェアローンチとプレマイニング)。フェアローンチとは、トークンがマイニングされ、一般に配布される前に、早期アクセスやプライベートな割り当てが行われないことを指します。BTCやDogecoinがその例となります。 

一方、プレマイニングでは、一般に提供する前に仮想通貨の一部をマイニングし、選ばれたグループに配布することができます。EthereumとBNBは、このタイプのトークン配布の2つの例です。 

一般的に、トークンがどれだけ均等に分配されるかに注目したいです。トークンの大部分を保有する少数の大企業は、通常よりリスクが高いと考えられています。トークンは、投資家や創業者チームによって保有されているため、長期的な成功のためにステークホルダーの利害が一致します。 

また、トークンのロックアップとリリースのスケジュールを調べて、トークンの価値に下向きの圧力をかける大量のトークンが流通するかどうかを確認する必要があります。 

トークンバーンの検証

多くの仮想通貨プロジェクトは定期的にトークンをバーンし、トークンの流通を永久に停止させることを意味します。 

例えば、BNBはコインをバーンして流通から排除し、トークンの総供給量を減らす方法を採用しています。2億のBNBは事前に発行されているため、BNBの総供給量は2022年6月の時点で165,116,760です。BNBは全供給量の50%が減少するまでさらにコインをバーンするため、BNBの全供給量は1億BNBまで減少します。同様に、Ethereumも2021年にETHをバーンして総供給量を減らすことを開始しました。 

トークンの供給が減少すると、デフレーションとみなされます。その逆で、トークンの供給量がどんどん増えていく場合はインフレーションと判断されます。 

インセンティブメカニズム

トークンのインセンティブメカニズムは非常に重要です。トークンが参加者にどのようにインセンティブを与え、長期的な持続可能性を確保するかは、トークンエコノミクスによります。Bitcoinがブロック補助金とトランザクション手数料をどのように設計しているかは、洗練されたモデルの完璧な例です。

Proof of Stakeの仕組みも、普及が進んでいる検証方法の1つです。この設計では、参加者はトランザクションを検証するために、トークンをロックすることができます。一般的に、トークンが多くロックされているほど、バリデーターとして選ばれる確率が高くなり、トランザクションの検証のための報酬を受け取ることができます。また、バリデーターがネットワークに危害を加えようとすれば、自らの資産価値が危機にさらされることを意味します。これらの機能は、参加者が正直に行動するインセンティブを与え、プロトコルを堅牢に保つことができます。 

多くのDeFiプロジェクトは、革新的なインセンティブメカニズムを駆使して急成長を遂げています。仮想通貨の貸借プラットフォームであるCompoundは、投資家がCompoundプロトコルに仮想通貨を預け、その金利を徴収し、追加報酬としてCOMPトークンを受け取ることができます。さらに、COMPトークンは、Compoundプロトコルのガバナンストークンとして機能します。このような設計上の選択は、すべての参加者の利益とCompoundの長期的展望の利益を一致させるのです。

トークンエコノミクスの次のステップ

2009年にBitcoinネットワークのジェネシスブロックが作成されて以来、トークンエコノミクスは大きく進化しています。開発者たちは、様々なトークンエコノミクスモデルを模索してきました。成功も失敗もありました。Bitcoinのトークンエコノミクスモデルは、時の試練に耐えて、今も健在しています。また、トークンエコノミクスの設計が不十分なものは失速しています。

非代替性トークン (NFT) は、デジタルの希少性に基づく、異なるトークンエコノミクスモデルを提供します。不動産や美術品などの伝統的な資産のトークン化は、今後、トークンエコノミクスの新たなイノベーションを生み出す可能性があります。

まとめ

トークンエコノミクスは、仮想通貨に参入するのであれば理解しておくべき基本的な概念です。トークンの価値に影響を与える主要な要素を捉えた用語です。ここで重要なのは、魔法のような鍵を提供する要素はひとつもないということです。評価は、できるだけ多くの要素に基づき、全体として分析する必要があります。トークンエコノミクスは、他のファンダメンタル分析ツールと組み合わせることで、プロジェクトの将来性やそのトークン価格について、十分な情報に基づいた判断を行うことができます。

最終的には、トークンエコノミクスはトークンの使用方法、ネットワークの構築の容易性、トークンのユースケースに多くの関心が集まるかどうかに大きな影響を与えることになるのです。