仮想通貨のファンダメンタル分析ガイド
目次
はじめに
ファンダメンタル分析(FA)とは?
仮想通貨でのファンダメンタル分析の問題点
オンチェーン・メトリクス
プロジェクトメトリクス
フィナンシャルメトリクス
ファンダメンタル分析の指標、測定基準、ツール
メトリクスを組み合わせてFA指標を作成
主要FA指標とメトリクス
ネットワークバリューとトランザクション率(NVT)
市場価値対実現価値比率(MVRV)
ストック・トゥ・フローモデル
ファンダメンタルズ分析ツールの例
ベースランク
仮想通貨の手数料
Glassnode Studio
まとめ
仮想通貨のファンダメンタル分析ガイド
ホーム記事
仮想通貨のファンダメンタル分析ガイド

仮想通貨のファンダメンタル分析ガイド

中級者
Published Sep 21, 2020Updated Sep 9, 2021
19m

概要

仮想通貨ファンダメンタル分析では、金融資産に関する利用可能な情報を深く掘り下げます。例えば、そのユースケースや使用している人の数、プロジェクトを支えるチームなどに注目してみましょう。

あなたの目標は、資産が過大評価されているか過小評価されているかの結論を出すことです。その段階では、あなたの洞察力を利用して、あなたのトレーディングポジションに情報を提供することができます。


はじめに

仮想通貨のようなボラティリティの高い資産を取引するには、それなりのスキルが必要です。戦略を選択し広大なトレーディングの世界を理解しテクニカル分析とファンダメンタル分析をマスターすることは、学習曲線を伴った実践です。
テクニカル分析に関しては、従来の金融市場から受け継いだノウハウもあります。多くの仮想通貨トレーダーは、FX、株式、商品取引で見られるのと同じテクニカル指標を使用しています。RSIMACDボリンジャーバンドなどのツールは、トレードされている資産にかかわらず、市場の動きを予測しようとするものです。そのため、これらのテクニカル分析ツールは、仮想通貨の分野でも非常に人気があります。

仮想通貨のファンダメンタルズ分析では、アプローチはレガシー市場で使用されているものに似ていますが、実際に仮想通貨資産を評価するために試行錯誤されたツールを使用することはできません。暗号通貨で適切なFAを行うためには、どこから価値が派生しているのかを理解する必要があります。

この記事では、独自の指標を作成するために使用できるメトリクスを特定させることを目的とします。


ファンダメンタル分析(FA)とは?

ファンダメンタルズ分析(FA)は、投資家が資産や事業の「本質的価値」を判断するために使用するアプローチです。投資家の主な目的は、内部要因と外部要因の数を見ることで、資産や事業が過大評価されているか、過小評価されているかを判断することにあります。そして、その情報を活用して、戦略的にポジションに参入したり、撤退したりすることができます。

テクニカル分析からも貴重な取引データが得られますが、その結果、異なる洞察が得られます。TAユーザーは、資産の過去のパフォーマンスに基づいて、将来の価格変動を予測できると考えています。そのためには、ローソク足のパターンを見極め、必要な指標を研究します。
従来のファンダメンタル分析は、ビジネスの指標を見て、その真価を見極めていました。指標としては、1株当たり利益(発行済み株式1株当たりの利益)や、株価純資産倍率(簿価に対する投資家の評価)などがあります。例えば、ニッチな分野のいくつかの企業を対象にして、自分の投資先が他の企業と比べてどのような位置にあるのかを把握することができます。
ファンダメンタル分析の包括的な概要については、ファンダメンタル分析とは?を参照してください。


仮想通貨でのファンダメンタル分析の問題点

仮想通貨のネットワークは、従来のビジネスと同じレンズで評価することはできません。むしろ、Bitcoin(BTC)のような分散型商品はコモディティに近いと言えるでしょう。しかし、(組織が発行するような)より中央集権的仮想通貨であっても、従来のFA指標ではあまり分からない。

そこで、さまざまなフレームワークに目を向ける必要があります。そのための最初のステップは、強力なメトリクスを特定することです。強いということは、簡単にゲームできないものを意味します。例えば、Twitterのフォロワー数やTelegramまたはRedditのユーザー数は、ソーシャルメディア上で偽のアカウントを作成したり、エンゲージメントを購入することが簡単にできるため、良い指標とは言えないでしょう。

ここで重要なのは、評価対象となるネットワークの全体像を把握できる単一の指標はないということです。ブロックチェーンのアクティブなアドレスの数を見ると、急激に増加していることがわかります。しかし、それだけではよくわかりません。もしかしたら、それは単体の俳優が、毎回新しいアドレスで自分たちにお金を振替しているのかもしれません。
以下のセクションで、3つのカテゴリーの仮想通貨FAメトリクスを見ていきます。:オンチェーンメトリクスプロジェクトメトリクスフィナンシャルメトリクスこのリストは網羅的なものではありませんが、その後の指標作成のためのきちんとした基礎を提供してくれるはずです。


オンチェーン・メトリクス


オンチェーンメトリクスとは、ブロックチェーンが提供するデータを見ることで観察できるものです。これを自分たちで行うには、目的のネットワーク用のノードを実行し、データをエクスポートする必要がありますが、これには時間とコストがかかります。特に、投資を検討しているだけで、努力しても時間や資源を無駄にしたくないでしょう。
より簡単な方法は、投資判断に役立つ情報を提供することを目的としたウェブサイトやAPIから情報を引き出すことです。例えば、CoinMarketCapのBitcoinのオンチェーン分析では、無数の情報を得ることができます。その他の情報源としては、Coinmetricsのデータチャートバイナンスリサーチのプロジェクトレポートなどがあります。


トランザクション数

トランザクション数は、ネットワーク上で行われている活動の良い指標です。一定期間の数値をプロットすることで(あるいは移動平均を利用することで)、時間の経過とともに活動がどのように変化するかを見ることができます。

この指標は注意して扱う必要があります。アクティブアドレスの場合と同様に、オンチェーンのアクティビティを膨らませるために、一方の当事者が自分のウォレット間で資金を移動していないとは断言できません。


トランザクション値

トランザクション数と混同しないように、トランザクション出来高は、期間内にどれだけの価値が取引されたかを示します。例えば、1回$50のEthereum取引が同じ日に合計10回行われた場合、1日の取引量は$500と言うことになります。これをUSDのようなフィアット紙幣で測ることもできますし、プロトコルのネイティブユニット(ETH)で測ることもできます。


アクティブアドレス

アクティブアドレスとは、特定の期間にアクティブなブロックチェーンアドレスのことです。これを計算する方法は様々ですが、一般的な方法は、設定された期間(例:日、週、月)に渡って各トランザクションの送信者と受信者の両方をカウントすることです。また、ユニークなアドレスの数を累積的に調査する方法もあり、これは時間の経過とともに合計を追跡することを意味します。


支払手数料

一部の仮想通貨にとって他よりも重要なのは、支払われた手数料によってブロックスペースの需要を知ることができることでしょう。これはオークションの入札のようなものです:ユーザーは自分のトランザクションをタイムリーに反映させるために互いに競い合います。高く入札した人は早くトランザクションが確定(マイニング)され、低く入札した人は長く待つ必要があります。
排出スケジュールが減少している仮想通貨にとって、これは興味深い調査指標となります。主要なプルーフ・オブ・ワーク(PoW)ブロックチェーンでは、ブロック報酬を提供しています。中には、ブロック補助金とトランザクション手数料で構成されているものもあります。ブロック補助金は定期的に(Bitcoin半減期などのイベントで)減少します。

マイニングコストは時間の経過とともに増加する傾向にありますが、ブロック補助金は徐々に削減されていくため、取引手数料を上げる必要があるのは理にかなっています。そうでなければ、マイナーは赤字で運営され、ネットワークから脱落し始めるだろう。これはチェーンの安全性に打撃を与えます。


ハッシュレートとステーク量

ブロックチェーンは今日、多くの異なるコンセンサスアルゴリズムを使用しており、それぞれが独自のメカニズムを持っています。これらのアルゴリズムがネットワークの安全性を確保する上で重要な役割を果たしていることを考えると、それらを取り巻くデータに入り込む事は、基礎的な分析を行う上で貴重なことになるでしょう。

ハッシュレートは、プルーフオブワーク仮想通貨のネットワークの健全性を示す指標としてよく使われます。ハッシュレートが高ければ高いほど、51%攻撃を成功させるのは難しくなります。しかし、時間の経過とともに増加しているのは、安価な経費と高い利益の結果として、マイニングへの関心が高まっていることを示しています。逆に、ハッシュレートが低下すると、ネットワークを確保しても採算が合わなくなり、マイナーがオフラインになること(「マイナー投売り」)を意味します。

マイニングの全体的なコストに影響を与える要因としては、資産の現在の価格、処理された取引の数、支払われる手数料などが挙げられます。もちろん、マイニングの直接的なコスト(電気代、計算能力)も重要な考慮事項です。

ステーキング(例えば、プルーフオブステーク)も、PoWマイニングとゲーム理論が似ている関連概念です。しかし、メカニズムに関しては別の動きをします。基本的な考え方は、ユーザーが自分の保有する株式をステークし、ブロックの検証に参加するというものです。そのため、ある時点でのステーク額を見て、興味の有無を判断することができます。


プロジェクトメトリクス


オンチェーンメトリクスが観測可能なブロックチェーンデータを対象としているのに対し、プロジェクトメトリクスでは、チームのパフォーマンス(存在する場合)、ホワイトペーパー、今後のロードマップなどの要素を考慮した定性的なアプローチが必要となります。


ホワイトペーパー

投資をする前に、いくつかのプロジェクトのホワイトペーパーを読むことを強くお勧めします。これは、仮想通貨プロジェクトの概要を説明した技術文書です。良いホワイトペーパーは、ネットワークの目標を定義し、理想的には私たちに洞察力を与えてくれるはずです。

この情報は、プロジェクトの議論と照らし合わせてみるのが賢明です。それについて、他の人の意見はどうですか?何かNGは上がっていますか?目標は現実的に見えますか?


チーム

仮想通貨ネットワークの背後に特定のチームがある場合、そのメンバーの実績から、そのチームがプロジェクトを実現するために必要なスキルを持っているかどうかがわかります。過去にこの業界で成功した例はありますか?予測されるマイルストーンに到達するために、彼らの専門性は十分であるか?疑わしいプロジェクトや詐欺に巻き込まれたことはないでしょうか?
チームがない場合、開発者のコミュニティはどのようになっていますか?そのプロジェクトがGitHubを公開している場合、何人のコントリビューターがいて、どれくらいのアクティビティがあるのかを確認します。リポジトリが2年間更新されていないコインよりも、常に開発が行われているコインの方が魅力的かもしれません。


競合他社

強力なホワイトペーパーは、仮想通貨がターゲットとしているユースケースのアイデアを提供してくれるはずです。この段階では、競合するプロジェクトと、それに代わるレガシー・インフラストラクチャを特定することが重要です。

理想的には、これらの基本的な分析も厳密でなければなりません。資産自体は魅力的に見えるかもしれませんが、同じような仮想通貨に適用された同じ指標によって、われわれの資産が他の資産よりも弱いことが明らかになるかもしれません。


トークンエコノミクスと初期流通枚数

プロジェクトによっては、問題を解決するためにトークンを作成することもあります。このプロジェクト自体が成立しないというわけではありませんが、関連するトークンはこの状況では特に有用ではないかもしれません。そのため、そのトークンが実際に使えるかどうかを見極めることが重要です。そして拡張すると、そのユーティリティが広い市場が認識できるものかどうか、そしてユーティリティがどれくらいの価値を持つ可能性が高いでしょうか。
もう一つの重要なポイントは、資金をどのように配分したかということです。ICOIEOによるものなのか、それともユーザーがマイニングで稼ぐものなのかどちらか?前者の場合、ホワイトペーパーには、創業者やチームのためにいくら残すか、投資家にいくら提供するかの概要を記載します。後者の場合は、アセットの作成者がプレマイニング(発表される前にネットワーク上でマイニングすること)を行っている証拠を探すことができます。
分布に着目することで、リスクの存在を知ることができるかもしれません。例えば、供給の大部分を少数の関係者が所有している場合、それらの関係者が最終的に市場を操作する可能性があるため、これはリスクの高い投資であるという結論に達するかもしれません。


フィナンシャルメトリクス


資産が現在どのように取引されているか、以前はどのような価格で取引されていたか、流動性などの情報は、すべてファンダメンタルズ分析に役立ちます。しかし、このカテゴリに該当する可能性がある他の興味深いメトリクスは、経済性と仮想通貨プロトコルのインセンティブを懸念するものです。


時価総額

時価総額(またはネットワークバリュー)は、循環供給量と現在の価格を掛け合わせて算出されます。基本的には、(スリッページがないと仮定して)利用可能な仮想通貨資産をすべて購入するための仮想的なコストを表しています。

それ自体では、時価総額は誤解を招く可能性があります。理論的には、1,000万単位の供給があれば、役に立たないトークンを発行するのは簡単です。もし、そのトークンのうちの1つが1ドルで取引されていたとしたら、時価総額は1,000万ドルになるでしょう。この評価は明らかに歪んでいます。強力な価値提案がなければ、より広い市場がそのトークンに興味を持つ可能性は低いでしょう。

これに関連して、ある仮想通貨やトークンが何個流通しているかを真に判断することは不可能です。コインはバーンされ、鍵は失くされ、資金は忘れてしまうこともあります。その代わりに、もう流通していないコインを除外しようとする近似値が出てきます。

それにもかかわらず、時価総額は、ネットワークの成長性を把握するために広く使用されています。一部の仮想通貨投資家は、「スモールキャップ」コインの方が「ラージキャップ」コインよりも成長する可能性が高いと考えています。また、ラージキャップの方がネットワーク効果が強いため、老舗のスモールキャップよりも成長の可能性が高いと考える人もいます。


流動性とボリューム

流動性とは、ある資産をどれだけ簡単に売買できるかを示す指標です。流動性のある資産とは、取引価格で売却しても問題のないものです。これに関連する概念として、流動性のある市場というものがあります。流動性のある市場とは、競争力のある市場で、売り買いが殺到している状態を指します。(ビッド・アスク・スプレッドが狭くなります)

流動性の低い市場で直面する問題は、「公正な」価格で資産を売却することができないということです。これは、私たちに2つのオプションを残して、取引を行う意思のある買い手がいないことを教えてくれます:要求を下げるか、流動性が増加するのを待ちます。

取引量は、流動性を判断するための指標となります。これはいくつかの方法で測定することができ、一定の期間内にどれだけの価値がトレードされたかを示すものです。一般的に、チャートは1日の取引量(ネイティブユニットまたはドル建て)を表示します。

流動性に精通していることは、ファンダメンタルズ分析の文脈で役立つことがあります。最終的には、将来の投資先に対する市場の関心度を示す指標として機能します。


供給メカニズム

コインやトークンの供給メカニズムは、投資の観点から最も興味深い特性の一つであると考える人もいるでしょう。実際、ストック・トゥー・フロー(S2F)比率のようなモデルは、Bitcoin支持者の間で人気が高まっています。
最大供給量循環供給量インフレーションなどが判断材料となる。コインの中には、時間の経過とともに新しいユニットの生産数が減るものがあり、新しいユニットの需要が供給数を上回ると考える投資家にとっては魅力的なコインです。 
一方で、異なる投資家は、厳格に実施されたキャップが長期的には損害をもたらすと考えるかもしれません。そのような懸念は、ユーザーがコイン/トークンをため込むことを選ぶため、使用を妨げることになるというものです。また、安定したインフレ政策が新規参入者にとってより公平であるのに対し、初期導入者に不均衡な報酬を与えているという批判もあります。


ファンダメンタル分析の指標、測定基準、ツール

メトリクスとは、基本的な分析に用いられる定量的なデータ、時には定性的なデータであると定義されています。しかし、これらの指標だけでは、すべてを語ることはできません。コインのファンダメンタルをより深く理解するためには、指標も参考にしてみましょう。

指標は、複数の指標を統計的な計算式で組み合わせ、関係性を分析しやすくしたものが多いです。しかし、メトリックと指標の間にはまだ多くの重複があり、その定義はかなり緩いものとなっています。 

アクティブなウォレットの数は貴重ですが、他のデータと組み合わせることで、より深い洞察を得ることができます。これを総ウォレット数に対するパーセンテージで表したり、コインの時価総額をアクティブなウォレット数で割ったりします。この計算により、アクティブなウォレットあたりの平均保有額がわかります。この両方があれば、ネットワークの活動状況や、ユーザーが資産を保有していることへの信頼感について結論を出すことができます。これについては、次のセクションでさらに深く掘り下げます。

ファンダメンタル分析ツールは、これらの指標を簡単に集めることができます。ブロックチェーン・エクスプローラーで生データを見ることもできますが、アグリゲーターやダッシュボードの方がより効率的に時間を使うことができます。ツールによっては、自分で選んだ指標で独自の指標を作ることができます。


メトリクスを組み合わせてFA指標を作成

指標の違いを理解した上で、どのように指標を組み合わせて資産の健全性を把握するのかを説明します。なぜこんなことをするのか?さて、これまでのセクションで説明してきたように、どの指標にも欠点があります。さらに、各仮想通貨プロジェクトの数字の集まりだけを見ていると、多くの重要な情報を見落としてしまいます。次のようなシナリオを考えてみましょう:


コインA

コインB

時価総額

$100,000,000

$5,000,000

トランザクション回数(6ヶ月)

20,000,000

40,000,000

平均取引額(6ヶ月)

$50

$100

アクティブアドレス(6ヶ月)

30,000

2,000


アクティブアドレスは、2つの商品を比較しても、何の意味もありません。確かに、コインAの方がコインBよりも過去6ヶ月間にアクティブなアドレスが多かったと言えますが、それは包括的な分析とは程遠いものです。この数字と時価総額との関係は?それともトランザクション数?
より賢明なアプローチは、コインAの統計データに適用できる何らかの比率を作成し、コインBの統計データに適用した同じ比率と比較することです。そうすれば、それぞれのコインの個別の指標をやみくもに比較することはありません。その代わりに、コインを独立して評価する基準を作ることができます。 
例えば、時価総額とトランザクション数の関係は、時価総額だけよりもずっと分かりやすいと判断するかもしれません。その場合は、時価総額をトランザクション数で割ることもあります。コインAの比率は5、コインBの比率は0.125となります。
この比率だけを見ると、計算される数字が少ない分、コインBの方がコインAよりも本質的な価値が高いと考えられるかもしれません。これは、コインBの時価総額に対して、トランザクション量がはるかに多いことを意味しています。そのため、コインBの方が有用性が高い、あるいはコインAが過大評価されているようにも見えます。 
これらの見解は、投資のアドバイスとして解釈されるべきではありません。– これは単に、私たちが大きな絵の一部を描く方法の一例です。プロジェクトの目的やコインの機能を理解していないと、コインAのトランザクション数が比較的少ないことがプラスに働くのかマイナスに働くのか判断できません。
仮想通貨市場で人気を博している似たような比率に、NVT比率があります。アナリストのWilly Woo氏による造語で、ネットワーク価値対トランザクション率は、「仮想通貨世界の株価収益率」と呼ばれています。簡単に言えば、時価総額(またはネットワークの価値)を取引額で割ったものです(通常は日足チャートで表示されます)。

私たちは、どのような指標が使用できるかについては、まだ表面的な事をしているに過ぎません。ファンダメンタルズ分析は、プロジェクトを横断的に評価するために使用できるシステムを開発することがすべてです。質の高い調査をすればするほど、より多くのデータを扱う必要があります。


主要FA指標とメトリクス

膨大な数の指標が用意されており、その中から選ぶことができます。初心者の方は、まず人気のあるものから始めてみてください。それぞれの指標はストーリーの一部を語るに過ぎないので、分析には様々な指標を使用してください。


ネットワークバリューとトランザクション率(NVT)

株式の分析に使われる株価収益率を聞いたことがあるならば、ネットワークトランザクションバリュー指標(日次)は同様の分析を行う。これは、コインの時価総額を1日のトランザクション量で割ったものです。 

私たちは、1日のトランザクション量を、コインの基礎的な固有の価値の代用として使用しています。このコンセプトは、システムを移動する量が多ければ多いほど、プロジェクトの価値が高まるという仮定に基づいています。コインの時価総額が増えても、1日のトランザクション量が遅れれば、市場はバブルの領域に入る可能性があります。価格が上昇しても、それに見合った価値の上昇が見られません。反対に、コインやトークンの価格が安定していても、1日のトランザクション量が増加する場合もあります。このシナリオは、潜在的な購入機会の可能性を示唆しています。

この比率の値が高いほど、バブルが発生しやすいと言えます。このポイントは、通常、NVT比率が90 ー 95を超える場合に見られます。比率が減少すると、その暗号が過大評価されなくなっていることを示します。 


市場価値対実現価値比率(MVRV)

この統計を調べる前に、仮想通貨資産の実現価値とは何かを理解する必要があります。市場価値は、単純にコインの総供給量に現在の成行価格を掛けたものです。一方、実現値は、ウォレットにアクセスできずに紛失したコインを割り引くものです。 

ウォレットに保管されているコインは、最後に動いた時の成行価格で評価されます。例えば、2016年2月以降にウォレットの中で紛失したBitcoinは、$400程度の評価しかされません。

MVRV指標を得るためには、単純に時価総額を実現時価総額で割るだけです。時価総額が実現キャップよりはるかに高い場合、相対的に高い比率になってしまいます。3.7を超える比率は、コインの過大評価によりトレーダーが利益を得るため、売却が発生する可能性があります。 

この数字は、現在そのコインが過大評価されている可能性を示しています。2014年(約6のMRVR)と2018年(約5のMRVR)の2回の大きなBitcoin売却の前に見ることができます。値が低すぎて1を下回る場合は、市場が過小評価されていることになります。このような状況は、購買圧力が高まって価格が上昇するため、購入のポイントとなるでしょう。


ストック・トゥ・フローモデル

ストック・トゥー・フロー指標は、一般的に供給量が限られている仮想通貨の価格を示す人気の指標です。このモデルでは、各仮想通貨を貴金属や石に似た、固定された希少価値のある資源として見ています。新たな供給源がなく、限られた量しかないことがわかっているため、投資家はこれらの資産を価値の保存先として利用します。

この指標は、全世界の流通量を年間生産量で割って算出しています。Bitcoinの場合は、流通量や新規にマイニングされたコインのデータが簡単に手に入るので、それを利用することができます。マイニング収益が減少すると、その希少性を反映して比率が高くなり、資産価値が高まります。Bitcoinは定期的に報酬が半減するイベントがあり、それが市場への新しいコインの流入に反映されていることがわかります。


ご覧のように、ストック・トゥー・フローはBitcoinの価格の合理的な指標となっています。Bitcoinの価格は、比率の365日平均と重ね合わせており、良い一致を示しています。しかし、このモデルにはいくつかの欠点があります。 

例えば、現在の金のストック・フロー比率は約60で、現在の供給量を現在のフローでマイニングするには60年かかることになります。Bitcoinは大体、20年前後で比率が1600になる勢いで、価格予測と時価総額を世界の現在の富よりも高く設定しています。 

ストック・トゥー・フローモデルは、デフレーションになると、価格がマイナスになってしまうため苦労します。人々がウォレットキーを失い、Bitcoinが生産されなくなると、比率はマイナスになります。これをグラフで表示すると、ストック・フロー比率のフローが無限大に向かって、そしてマイナスになっていくのがわかります。

このモデルについてもっと知りたいという方は、Bitcoinとストック・トゥー・フロー・モデルのガイドをご覧ください。


ファンダメンタルズ分析ツールの例

ベースランク

ベースランクは、アナリストや投資家からの情報やレビューを集約した、仮想通貨資産の研究プラットフォームです。仮想通貨は、各レビューのスコアの平均を取った後、0から100までの総合スコアを受け取ります。定期登録者向けのプレミアムレビューもありますが、無料ユーザーでも、チーム、ユーティリティ、投資リスクなどの項目に分けられたレビューを総合的に見ることができます。時間がなく、プロジェクトやコインの概要を迅速に把握する必要がある場合は、ベースランクのようなアグリゲーターが適しています。しかし、投資する前には必ず、興味のあるプロジェクトを深く掘り下げてみる必要があります。


仮想通貨の手数料

名前から想像がつくかもしれませんが、このツールは過去24時間または7日間の各ネットワークの料金を表示します。ブロックチェーンネットワークのトラフィックや利用状況を分析する際に使いやすい指標です。手数料の高いネットワークは、一般的に大きな需要があります。

しかし、この指標をそのまま鵜呑みにしてはいけません。ブロックチェーンの中には、低額の手数料を念頭に置いて作られているものもあり、他のネットワークとの比較は困難です。このような場合は、トランザクション金額や他の指標と合わせて見るとよいでしょう。例えば、DogecoinやCardanoのような時価総額の大きいコインは、取引手数料が安いため、全体のチャートでは低い位置にあります。


Glassnode Studio

Glassnode Studioは、オンチェーン上の様々なメトリクスやデータを表示するダッシュボードを提供します。多くのツールがそうであるように、このツールも定期登録ベースです。しかし、無料で提供しているオンチェーンデータの量は、素人の投資家にも適しており、かなり深い内容となっています。ブロックチェーン・エクスプローラーを使用して自分で情報を集めるよりも、一箇所ですべての情報を見つける方がはるかに簡単です。Glassnode Studioの主な強みは、膨大な数のメトリックカテゴリとサブカテゴリを閲覧できることです。しかし、バイナンススマートチェーンのプロジェクトに関心がある場合は、ここで非常に制限されます。

指標とテクニカル分析を組み合わせたい人のために、ガラスノードスタジオはすべてのチャートツールを備えたTradingViewも内蔵しています。投資家やトレーダーが意思決定を行う際には、複数のタイプの分析を組み合わせるのが一般的です。このようなことが一度にできるのはプラスです。


まとめ

正しく行われたファンダメンタルズ分析は、テクニカル分析では得られない方法で、仮想通貨についての貴重な洞察を提供することができます。市場価格とネットワークの「真」の価値を切り離すことができることは、取引を行う際の優れたスキルです。もちろん、FAでは予測できないことをTAが教えてくれることもあります。だからこそ、最近は両方を組み合わせて使うトレーダーが多いのです。

多くの戦略と同様に、ワン・サイズ・フィッツ・オール FA戦略はありません。この記事は、仮想資産のポジションに入ったり、ポジションを降りたりする前に考慮すべき要素のいくつかのポイントとして理解できたと思います。