ビットコインとストック・トゥ・フローモデル
目次
ストック・トゥ・フローモデルとは?
金のストック・トゥ・フロー比率
ストック・トゥ・フローとビットコイン
ビットコインのストック・トゥ・フロー比率とは?
ストック・トゥ・フローモデルの制限
おわりに
ビットコインとストック・トゥ・フローモデル
ホーム記事
ビットコインとストック・トゥ・フローモデル

ビットコインとストック・トゥ・フローモデル

中級者
Published Apr 13, 2020Updated Oct 19, 2021
6m

ストック・トゥ・フローモデルとは?

ストック・トゥ・フロー(SFまたはS2F)モデルは、簡単に言えば、特定の資源の豊富さを測定する方法です。ストック・トゥ・フロー比率は、マイニング量で割った資源の量であり、毎年生産される量を指します。

ストック・トゥ・フローモデルは、一般的に天然資源に適用されます。金を例にしてみましょう。推定値は様々ですが、世界金委員会の推定では、これまでに約19万トンの金がマイニングされたとの事です。この量(総供給量)ストックと呼ぶことができます。一方で、毎年約2,500~3,200トンの金がマイニングされています。この量を「フロー」と呼んでいます。

私たちは、この2つの指標を使用して、ストック・トゥ・フロー比率を計算することができます。しかし、実際には何を意味するのでしょうか?これは基本的に、与えられた資源の年間供給量が、総供給量に比べてどのくらい市場に流入しているかを示しています。ストック・トゥ・フロー比率が高ければ高いほど、総供給量に対して市場に流入する新規供給量は少なくなります。そのように、より高いストック・トゥ・フロー比率の資産は、理論上、長期にわたって価値をよく保つべきです。

対照的に、消耗品や工業製品は、一般的にストック・トゥ・フロー比率が低くなります。それはなぜでしょうか?それらの価値は通常、破壊されたり、消費されているから来ているので、在庫(ストック)は、通常、需要をカバーするためにのみ存在しています。これらの資源は、必ずしも所有物としての価値が高いわけではないので、投資資産としてはうまく機能しない傾向があります。例外的に、将来的に不足が予想される場合には、すぐに価格が上昇することもありますが、そうでない場合には、生産が需要に追いついています。

重要なのは、希少性だけでは必ずしも資源が価値あるものであるとは限らないということです。例えば、金はそれほど希少なものではありません。結局のところ、これまでに19万トンがマイニングされているからです!ストック・トゥ・フロー比率は、既存のストックと比較して年間生産量が比較的少なく一定であるため、価値があることを示唆しています。


金のストック・トゥ・フロー比率

歴史的に見ても、金は貴金属の中で最も高いストック・トゥ・フロー比率を持っています。しかし、それは正確にはどのくらいの量なのでしょうか?先ほどの例に戻って、19万トンの総供給量を3,200で割ってみると、ストック・トゥ・フロー比率は59になります。これは、現在の生産量では、19万トンの金を採掘するのに約59年かかることを示しています。
しかし、毎年どれだけ新しい金が採掘されるかの推定値は、あくまでも推定値であることに留意する必要があります。年間の生産量(フロー)を3,500に増やすと、ストック・トゥ・フロー比率は54に低下します。
今のうちに、マイニングされた全ての金の価値の合計を計算してみてはいかがでしょうか?いくつかの方法で、仮想通貨の時価総額と比較することができます。金の1トロイオンスあたりの価格を約1,500ドルとすると、全金の総価値は約9兆ドルになります。これは大きいように聞こえますが、実際には、すべてを1つの立方体にまとめると、その立方体を1つのサッカースタジアムに収められる程の大きさでしかありません!
対照的に、ビットコインネットワークの最高総額は2017年後半に3,000億ドル前後でしたが、この記事の執筆時点では1,200億ドルを前後しています。


ストック・トゥ・フローとビットコイン

ビットコインがどのように機能するかを理解していれば、ストック・トゥ・フローモデルを適用した時に意味があるかもしれない理由を理解するのは難しくありません。このモデルでは、基本的にビットコインを金や銀のような希少なコモディティと同等に扱っています。
金と銀はよく、価値ある資源の貯蔵庫と呼ばれています。これらは、理論的には、その相対的な希少性と流動性の低さから、長期的にその価値を維持する必要があります。その上、短期間で供給量を大幅に増やすことは非常に困難です。
ストック・トゥ・フローモデルの提唱者によると、ビットコインも同様の資源です。希少性が高く、生産に比較的コストがかかり、最大供給量は2,100万コインと上限があります。また、ビットコインの供給発行はプロトコルレベルで定義されているため、フローは完全に予測可能です。また、21万ブロック(約4年)ごとに新規供給量が半減されるビットコイン・ハルビングについてもご存じかもしれません。


BTC総供給量採掘量(%)とブロック補助金(BTC)


このモデルの提唱者に従って、これらの特性が組み合わさり、長期にわたって価値を保つために非常に説得力のある特徴の希少なデジタル資源が生み出されています。さらに、ストック・トゥ・フローと市場価値の間には統計的に有意な関係があると想定しています。このモデルの予測によると、ビットコインの価格は、ストック・トゥー・フローの比率が継続的に低下しているため、時間の経過とともに大幅に上昇すると考えられます。

中でも、ストック・トゥ・フローモデルをビットコインに適用したことは、プランBと彼の記事「希少性でビットコインの価値をモデル化する」に起因することが多いです。


ビットコインのストック・トゥ・フロー比率とは?

現在流通しているビットコイン供給量は約1,800万ビットコインで、新規供給量は年間約70万ビットコインとなっています。本稿執筆時点では、ビットコインのストック・トゥー・フロー比率は25を前後しています。次の2020年5月に半減した後は、この比率は50台前半まで上昇すると思われます。
下の画像では、ビットコインのストック・トゥ・フローの365日移動平均線と価格の歴史的な関係を見ることができます。また、縦軸にビットコイン半減期の日付を表示しました。


ビットコインのストック・トゥ・フローモデル 出典:LookIntoBitcoin.com




仮想通貨を始めようと思っていますか?バイナンスでビットコインを購入しよう!




ストック・トゥ・フローモデルの制限

ストック・トゥ・フローは、希少性を測定するための興味深いモデルですが、画像のすべての部分を考慮しているわけではありません。モデルはその仮定と同じくらい強力なものです。ストック・トゥ・フローは、モデルによって測定された希少性が価値を牽引すべきだという仮定に依存しています。ストック・トゥ・フローの批判者によると、ビットコインが供給の希少性以外の有用な資質を持っていない場合、このモデルは失敗するとのことです。

金の希少性、予測可能な流動性、世界的な流動性により、切り下げられやすい不換通貨に比べて比較的安定した価値を蓄えています。

このモデルによると、ビットコインのボラティリティも時間の経過とともに低下するはずです。これはコインメトリクスの過去のデータによって確認されています。


 
ビットコインの180日ボラティリティの200日移動平均線 出典:Coinmetrics.io


資産の評価は、ボラティリティを考慮する必要があります。ボラティリティがある程度予測可能であれば、バリュエーションモデルの信頼性が高まる可能性があります。しかし、ビットコインは値動きが大きいことで有名です。

マクロレベルではボラティリティは低下しているかもしれませんが、ビットコインはその創設時から自由市場で価格が設定されています。これは、価格のほとんどがユーザー、トレーダー、投機家によってオープンマーケットで自主規制されていることを意味します。これに比較的低い流動性を組み合わせると、ビットコインは他の資産よりも突然のボラティリティの急上昇にさらされる可能性が高くなります。そのため、このモデルはこれも考慮できないかもしれません。
経済的なブラック・スワン理論のような他の外的要因も、このモデルを弱体化させる可能性があります。しかし、同じことが、過去のデータに基づいて資産の価格を予測しようとする本質的にあらゆるモデルに適用されることは注目に値します。ブラック・スワン理論は、定義上、サプライズの要素を持っています。過去のデータは未知の事象を説明することはできません。


おわりに

ストック・トゥ・フローモデルは、資源の現在利用可能なストックとその生産率の関係を測定します。それは通常、貴金属や他のコモディティに適用されますが、一部では、それが同様にビットコインに適用される可能性があると主張しています。

その意味では、ビットコインは希少なデジタル資源として捉えられるかもしれません。この分析方法によれば、ビットコインのユニークな命題は、ビットコインを長期的に価値を維持する資産にすることです。

しかし、どのモデルも前提条件が強ければ強いほど、ビットコインの評価のすべてを説明できるわけではないかもしれません。さらに、この記事を執筆している時点では、ビットコインはまだ10年ちょっとしか存在していません。ストック・トゥ・フローのような長期的なバリュエーションモデルは、より信頼性の高い精度を得るためには、より大きなデータセットが必要だと主張する人もいるかもしれません。