移動平均線の説明
目次
移動平均線の種類
単純移動平均 (SMA) について
指数平滑移動平均 (EMA)
移動平均線の使用方法
クロスオーバーシグナル
その他の考慮すべき点
まとめ
移動平均線の説明
ホーム記事
移動平均線の説明

移動平均線の説明

初心者
Published Nov 29, 2018Updated Mar 16, 2022
5m
テクニカル分析 (TA) は、取引や投資の世界では目新しいことではありません。伝統的なポートフォリオから、BitcoinやEthererumなどの仮想通貨まで、TA指標の使用には、既存のデータを利用してより多くの情報に基づいた意思決定を行い、望ましい結果につながる可能性が高いというシンプルな目的があります。市場がますます複雑になるにつれ、過去数十年の間に何百種類ものTA指標が生み出されてきましたが、移動平均線 (MA) のように人気があり、一貫して使用されているものはほとんどありません。

移動平均線には様々なバリエーションがありますが、基本的な目的は、取引チャートを分かりやすくすることです。そして、グラフを平滑化することでトレンドを判読しやすくした指標が移動平均線です。移動平均線は、過去のデータに依存しているため、遅行性またはトレンドフォローの指標と考えられています。しかし、市場の方向性を見極める上で、ノイズをカットする大きな力を持っていることに変わりはありません。


移動平均線の種類

移動平均線には様々な種類があり、デイトレードやスイングトレードだけでなく、長期的な設定にも利用することができます。様々な種類があるにもかかわらず、MAは最も一般的に単純移動平均 (SMA) と指数移動平均 (EMA) の2つに分けられます。トレーダーは、市場や希望する結果に応じて、どのインジケーターが自分の設定に最も役立つかを選択することができます。


単純移動平均 (SMA) について

SMAは、一定期間のデータを取得し、そのデータセットにおけるその証券の平均価格を算出します。SMAと過去の価格の基本的な平均との違いは、SMAの場合、新しいデータセットが入力されるとすぐに、最も古いデータセットは無視されます。つまり、単純移動平均が10日分のデータに基づいて平均値を算出する場合、データセット全体が常に更新され、過去10日分のデータのみが含まれることになります。

ここで重要なのは、SMAに入力されたすべてのデータは、入力された日がどれだけ新しいかに関わらず、等しく重み付けされるということです。最新のデータの方が関連性が高いと考えるトレーダーは、SMAの均等な重み付けがテクニカル分析に悪影響を及ぼすと考えている場合が多いです。この問題を解決するために作られたのが指数平滑移動平均 (EMA) です。


指数平滑移動平均 (EMA)

EMAはSMAと同様に、過去の価格変動をもとにしたテクニカル分析を行うものです。しかし、EMAでは直近の価格入力に重みと価値を置くため、方程式はもう少し複雑になります。どちらの平均値にも価値があり、広く利用されていますが、EMAの方が急激な価格変動や反転に反応しやすいと言われています。

EMAはSMAよりも早く価格の反転を予測する可能性が高いため、短期売買を行うトレーダーに特に好まれることが多い。トレーダーや投資家は、自分の戦略や目標に合わせて移動平均線の種類を選び、それに合わせて設定を調整することが重要です。


移動平均線の使用方法

MAは、現在の価格ではなく、過去の価格を利用するため、一定のラグがあります。データセットが広ければ広いほど、ラグも大きくなります。例えば、過去100日間を分析する移動平均線は、過去10日間のみを考慮するMAよりも新しい情報への反応が遅くなります。これは単純に、より大きなデータセットに新たに参入しても、全体の数字に与える影響は小さいからです。

どちらも取引の設定によっては有利になります。より大きなデータセットは、1回や2回の大きな変動によって大きく変化する可能性が低いため、長期的な投資家にとって有益です。短期トレーダーは、より反応の良い取引を可能にするために、より小さなデータセットを好むことが多い。

伝統的な市場では、50日、100日、200日のMAが最もよく使われます。50日移動平均線と200日移動平均線は、株式トレーダーが注視している線であり、これらの線を上下にブレイクした場合は、通常、重要な取引シグナルとみなされ、特にクロスオーバーが続いた場合には、重要なシグナルとなります。仮想通貨取引も同様ですが、24時間365日変動する市場のため、トレーダーのプロファイルによってMAの設定や取引戦略が異なる場合があります。


クロスオーバーシグナル

当然ながら、MAの上昇は上昇トレンドを、MAの下降は下降トレンドを示します。しかし、移動平均線だけでは、本当に信頼できる強力な指標とは言えません。そのため、MAは強気と弱気のクロスオーバーシグナルを見極めるために常に併用されています。

クロスオーバーシグナルは、2つの異なるMAがチャート上でクロスオーバーしたときに発生します。強気のクロスオーバー (ゴールデンクロスとも呼ばれる) は、短期MAが長期MAの上にクロスしたときに起こり、上昇トレンドの始まりを示唆します。一方、弱気のクロスオーバー (デス・クロス) は、短期MAが長期移動平均を下にクロスするときに起こり、下降トレンドの始まりを示します。


その他の考慮すべき点

これまでの例では、すべて日単位でしたが、MAを分析する際にはそれは必要条件ではありません。デイトレードをしている人は、2ヶ月、3ヶ月ではなく、2時間、3時間の間にどのように資産が動いたかに興味があるかもしれません。移動平均線の計算式には、さまざまな時間軸を入れることができ、その時間軸がトレード戦略と一致していれば、そのデータは有用なものとなります。

MAの大きな欠点は、タイムラグがあることです。MAは過去の値動きを考慮した遅行性の指標であるため、シグナルが遅すぎることが多いです。例えば、強気のクロスオーバーは買いを示唆しているかもしれませんが、それは価格が大幅に上昇した後に起こるかもしれません。

つまり、上昇トレンドが続いたとしても、価格が上昇してからクロスオーバーシグナルが出るまでの間に、潜在的な利益が失われている可能性があるということです。さらに悪いことに、偽のゴールデンクロスシグナルが出た場合、トレーダーは価格下落の直前に局所的なトップを買うことになります。このような偽の買いシグナルは、通常、ブルトラップと呼ばれています。


まとめ

移動平均線は強力なTA指標であり、最も広く使われている指標の一つです。データに基づいて市場の動向を分析することで、市場がどのように動いているのかを見極めることができます。ただし、MAやクロスオーバーシグナルは単独で使用すべきではなく、偽のシグナルを避けるためには、常に異なるTA指標を組み合わせる方が安全であることを覚えておいてください。