テクニカル分析で使われる人気のローソク足パターン12選
目次
コンテンツ
序章
ローソク足のパターンの使い方
強気の反転パターン
弱気の反転パターン
継続パターン
同時線
価格差に基づくローソク足パターン
終章
テクニカル分析で使われる人気のローソク足パターン12選
ホーム記事
テクニカル分析で使われる人気のローソク足パターン12選

テクニカル分析で使われる人気のローソク足パターン12選

中級者
Published Feb 24, 2020Updated Oct 18, 2021
7m

コンテンツ


序章

キャンドルスティックチャートは、価格パターンを分析するために最も一般的に使用されるテクニカルツールの一つです。それらは価格がどこに向かっているかを示す可能性のあるパターンを見つけるために何世紀にもわたってトレーダーや投資家によって使用されてきました。この記事では、最もよく知られているローソク足のパターンのいくつかを例を挙げて説明します。
あなたが最初にローソク足チャートを読むことに慣れたい場合は、ローソク足チャートへの初心者ガイドをチェックしてください。


ローソク足のパターンの使い方

トレーダーがチャート上で関心のある領域を識別するために使用できる無数のローソク足のパターンがあります。これらのパターンは、デイトレード、スイングトレード、さらには長期的なポジション取引に使用することができます。ローソク足のパターンの中には、買い手と売り手のバランスを示すものもあれば、反転、継続、優柔不断を示すものもあります。

ローソク足のパターンは、それ自体が必ずしも売買シグナルではないことに注意が必要です。それらは代わりに、市場の構造を見る方法であり、今後の機会の潜在的な兆候でもあります。このように、コンテキストでパターンを見ることは常に有用です。これは、チャート上のテクニカルパターンのコンテキストだけでなく、より広範な市場環境やその他の要因である可能性があります。
要するに、他の市場分析ツールと同様に、ローソク足のパターンも他の手法と組み合わせて使用すると最も有用です。これらには、ウィックオフ法エリオット波動理論ダウ理論などがあります。また、トレンドライン移動平均線相対力指数(RSI)ストキャスティクスRSIボリンジャーバンド一目均衡表パラボリックSARMACDなどのテクニカル分析(TA)指標を含めることもできます。


強気の反転パターン

ハンマー

ローソク足が下降トレンドの底で下ヒゲが長く、下ヒゲが本体の2倍以上の大きさになっています。

ハンマーは、売り圧力が高かったにもかかわらず、ブルがオープン近くまで価格を押し上げたことを示しています。ハンマーは赤でも緑でもどちらでも構いませんが、緑のハンマーはブルの反応が強いことを示している可能性があります。



反転ハンマー

逆ハンマーとも呼ばれ、ハンマーに似ていますが、長いヒゲが下ではなく胴体の上にあります。ハンマーと同様に、上部のヒゲの大きさはボディの少なくとも2倍でなければなりません。

逆ハンマーは、下降トレンドのボトムで発生し、上方への反転の可能性を示している可能性があります。上段のウィックは、売り手が最終的にオープン付近で価格を下げることに成功したにもかかわらず、価格が継続的な下降運動を停止したことを示しています。このように、反転ハンマーは、買い手がすぐに市場を支配する可能性があることを示唆しているかもしれません。



三人の白い兵士

三人の白い兵士のパターンは、3つの連続した緑のローソク足で構成されており、すべてが前のローソク足の本体内で開き、前のローソク足の高値を超えるレベルで閉じます。

理想的には、これらのローソク足は長い下ヒゲを持つべきではなく、継続的な買い圧力が価格を押し上げていることを示しています。ローソク足の大きさと芯の長さは、継続の可能性やリトレースメントの可能性を判断するために使用することができます。



強気のハラミ

強気のハラミは、前のローソクのボディ内に完全に含まれている小さな緑のローソクが続く長い赤いローソクです。

強気のハラミは、2日以上にわたって展開することができ、販売の勢いが減速していると終わりに来ている可能性があることを示すパターンです。




仮想通貨の売買を始めようと思っていますか?バイナンスでビットコインを購入しよう!



弱気の反転パターン

ハンギングマン

ハンギングマンは、ハンマーの弱気に相当します。ハンギングマンは通常、上昇トレンドの終わりに形成され、小さなボディと長い下のヒゲを持っています。

下部のヒゲは、大規模な売りがあったことを示していますが、ブルはコントロールを取り戻し、価格を押し上げることに成功しました。このことを念頭に置いて、長期の上昇トレンドが続いた後には、売られていることは、ブルがすぐに市場のコントロールを失うかもしれないという警告として機能することがあります。



流れ星

流れ星は、ローソク足の上部に長いヒゲがあり、下部にはほとんどヒゲがなく、小さな胴体があり、理想的にはローに近い形をしています。流れ星は、逆ハンマーに似た形をしていますが、上昇トレンドの終わりに形成されます。

これは、市場が高値に達したが、その後、売り手がコントロールを取り、価格を下に戻したことを示しています。一部のトレーダーは、パターンの確認のためにローソク足が展開するのを待つことを好みます。



黒三兵

黒三兵は、前のローソク足の中で開き、前のローソク足の安値より下の水準で閉じる赤のローソク足が3本連続する事を言います。

三人の白い兵士の弱気に相当します。理想的には、これらのローソク足は長い上値のヒゲを持っていないはずで、継続的な売り圧力が価格を押し下げていることを示しています。ローソク足の大きさとヒゲの長さで、継続の可能性を判断することができます。



弱気のハラミ

弱気のハラミは、長い緑のローソク足に続いて、前のローソク足のボディの中に完全に含まれているボディを持つ小さな赤のローソク足です。

弱気のハラミは、2日以上にわたって展開することができ、上昇トレンドの終わりに表示され、買い圧力が減少していることを示している可能性があります。



ダーク・クラウド・カバー

ダーク・クラウド・カバーのパターンは、前の緑のローソク足の終値よりも上に開いた後、そのローソク足の中間点よりも下に閉じる赤のローソク足で構成されています。

これは、多くの場合、勢いが上昇側から下降側にシフトしている可能性があることを示し、大規模なボリュームを伴うことができます。トレーダーは、パターンの確認のために第3の赤いロウソクを待つことになるかもしれません。



継続パターン

上昇する3つの方法

このパターンは上昇トレンド中に発生するもので、小体の赤ローソク足が3本連続して続き、上昇トレンドが継続している場合に発生します。理想的には、赤ローソク足が先行するローソク足のレンジを突破してはいけません。

継続は、大きなボディを持つ緑のローソク足で確認され、ブルがトレンドの方向性を再びコントロールしていることを示しています。



落下する3つの方法

上昇する3つの方法の逆で、代わりに下降トレンドの継続を示します。



同時線

同時線は、オープンとクローズが同じ(または非常に近い)場合に形成されます。価格はオープンの上にも下にも移動することができますが、最終的にはオープンまたはオープンの近くでクローズします。このように、同時線は買いと売りの優柔不断なポイントを示している可能性があります。それでも、同時線の解釈は文脈に大きく依存します。

開閉のラインがどこにあるかによって、同時線は次のように表現されます。


墓標同時線 – 上段のロングウィックと安値付近のオープン/クローズで弱気の反転ローソク足です。 



長足同時線 – 下ヒゲと上ヒゲがあり、中間点付近で開閉する優柔不断なロウソク足です。



トンボ同時線 – 長い下ウィックと高値付近のオープン/クローズで強気または弱気のローソク足(文脈に応じて)のいずれかです。



同時線の本来の定義によれば、「開く」と「閉じる」は全く同じでなければなりません。しかし、開いているところと閉じているところが同じではなく、非常に近い場合はどうでしょうか?それが「スプリング・トップ」と呼ばれるものです。しかし、仮想通貨の市場は非常に変動が激しいため、正確な「同時線」は稀です。このように、スプリング・トップは、しばしば同時線と互換性を持って使用されています。


価格差に基づくローソク足パターン

プライスギャップを利用したローソク足のパターンはたくさんあります。プライスギャップは、金融資産がその前の終値よりも上か下に開いたときに形成され、2つのローソク足の間にギャップが生じます。仮想通貨市場は24時間取引されているため、このようなタイプの価格差を利用したパターンは存在しません。それでも価格差は、非流動的な市場ではまだ発生する可能性があります。しかし、それらは主に流動性が低く、ビッド・アスク・スプレッドが高いために発生するため、行動可能なパターンとしては有用ではないかもしれません。


終章

ローソク足のパターンは、たとえトレーディング戦略に直接組み込まれていなくても、トレーダーならば少なくとも知っておく必要があります。

ローソク足のパターンは市場分析に役立つことは間違いありませんが、科学的な原理や法則に基づいているわけではないことを覚えておくことが重要です。その代わりに、最終的に市場を動かす売買の力を伝え、可視化します。