初心者のためのTradingViewの使用方法
目次
はじめに
TradingViewはどのように機能しますか?
バイナンス上のTradingView
TradingViewの利用価格について
TradingViewのソーシャルネットワークとは?
TradingView UIを理解
TradingViewチャートのパーソナライズ
トレンドラインの作成
ピッチフォークを描く
TradingViewの長所と短所
まとめ
初心者のためのTradingViewの使用方法
ホーム記事
初心者のためのTradingViewの使用方法

初心者のためのTradingViewの使用方法

初心者
Published Jun 4, 2021Updated Aug 23, 2021
10m

概要

TradingViewは、ブラウザベースのチャートプラットフォームであり、仮想通貨やその他の金融資産のスクリーニングに使用されます。そのチャートツールは、バイナンス取引のUIでもネイティブに使用することができます。チャート表示以外にも、自身の取引戦略を共有したり、分析結果をライブ配信することができます。

無料オプションに関しては、TradingViewはあらゆる経験レベルに対応できる強力なツールです。基本的な機能は、ほとんどのトレーダーにとって十分なものです。ただし、他のユーザーのアイデアやストリームの閲覧には注意が必要です。盲目的に他人を追いかけるのではなく、自分の戦略に付加価値を与える情報をフィルタリングすることが重要です。


はじめに

テクニカル分析を好むトレーダーにとって、堅牢なチャートツールは不可欠です。TradingViewは、初心者および経験豊富なトレーダー向けのオプションの1つです。多数のトレードツールやチャートツールを提供し、無料会員オプションも備えています。正直なところ、誰もがブルームバーグの端末を契約するお金や必要性があるわけではありません。

バイナンスでトレードをしている方は、取引所で利用できるTradingViewのツールにすでに気づいているかもしれません。しかし、それらを理解しないと、少し威圧的に見えるかもしれません。試すべきことはたくさんありますが、どこから始めるのが最適でしょうか?TradingViewが提供するサービスについては、初心者向けガイドをご覧ください。


TradingViewはどのように機能しますか?

TradingViewは、テクニカル指標のカスタマイズ、チャート作成、金融資産の分析を可能にするプラットフォームです。これらの指標は、何百万人ものトレーダーが毎日使用しているパターン、ライン、および形状です。TradingViewは完全にブラウザベースで、クライアントをダウンロードする必要はありません。ですが、モバイルでの利用を希望する場合は、iOSおよびAndroid用のアプリをダウンロードすることもできます。
TradingViewは2011年にオハイオ州ウェスタービルでローンチされ、現在では多くのユーザーを誇り、2020年だけで800万のアカウントが作成されています。ユーザーは、無料またはプレミアムアカウントのいずれかを使用して、様々な株式、商品、および仮想通貨であるBitcoinなどをチャート化して分析することができます。戦略やテンプレートを作成したら、その結果をコミュニティに公開することができます。そうすることで、他のTradingViewメンバーからのフィードバックを受けながら、自分のスキルを高めていくことができます。


バイナンス上のTradingView

バイナンスでは、取引所のUIにTradingViewツールが組み込まれており、ユーザーはチャートの作成とトレードを同時に行うことができます。左側に表示されているツールは、利用可能なツールのほんの一部であり、TradingViewのウェブサイトと同様の機能を提供します。

インターフェースのクイックツアーについてはバイナンスウェブTradingViewツールの使用方法を参照してください。 


TradingViewの利用価格について

前述の通り、TradingViewは誰でも無料で使用することができます。また、同時に表示できる指標やチャートの数が増えるプレミアムサブスクリプションもあります。初心者の方には、1つのチャートと3つの指標を備えた無料アカウントがお勧めです。また、広告を我慢しなければなりませんが、それほど邪魔にはなりません。以下、パッケージの違いについて詳しくご紹介します:


TradingViewのソーシャルネットワークとは?

TradingViewは、Instagramのような機能を備えており、トレード戦略を共有したり、公開することができます。ウェブサイトのアイデアとストリームのページでは、ヒントを得たりフィードバックを得ることができます。アイデアのページに移動すると、他のユーザーによるチャート、ビデオ、コメントが表示されます。コミュニティメンバーは、ディスカッションやチャットルームに参加することもできます。ただし、どんなユーザーでもアイデアを作成・共有できるため、注意が必要となります。トレーダーのスタイルや戦略はそれぞれ異なりますので、これらを金融上のアドバイスとして受け止めるべきではありません。


お気に入りのゲーマーのTwitchストリームを見るかのように、TradingViewストリームでは、他のトレーダーが作成したチャートをリアルタイムで見ることができます。楽しい追加機能ではありますが、まだベータ版であり、コンテンツの量も比較的少ないです。


TradingView UIを理解

チャートツールを使用したことがない人には、TradingViewは少々わかりにくいかもしれません。まず、もう少し詳しく説明しましょう。

ツールバー 1

このツールバーには、チャートエリアで直接使用できるすべてのチャートツールと描画ツールが含まれています。シンプルなラインからロング/ショートのポジションまで、様々なことが可能です。また、各ツールを右クリックすると、拡張された選択範囲が表示されます。他のものより高度なものもありますが、デフォルトのラインアップには、開始するのに十分な基本知識が含まれています。

ツールバー 2

ここには、チャートの外観を変更するためのオプションがあります。ローソク足、折れ線グラフ、エリアグラフなどが選択できます。また、左には検索バーがあり、表示されるアセットを変更することができます。また、移動平均線のようなあらかじめ作成された分析パターンを挿入するための[指標と戦略]ボタンも注目すべきツールです。

ツールバー 3

TradingViewは仲介サービスを提供していませんが、[トレードパネル]タブを使用してウェブサイト内でトレードすることができます。すでにオープンアカウントをお持ちの場合は、取引所のパートナーリストが表示されます。また、[ストラテジーテスター]機能を使用して、ストラテジーのバックテストを行うこともできます。 

ツールバー 4

このセクションでは、主にニュースとTradingViewのソーシャル要素について説明します。ウォッチリストのカスタマイズ、他のユーザーへのプライベートメッセージ、アイデアやストリームの探索、パーソナライズされたカレンダーへのアクセスなどが可能です。データやリスト、情報を探したい場合、このエリアを利用するといいでしょう。

チャートエリア

表示する資産を変更したり、ツールを使用したり、インジケータを配置したりすると、メインのチャートエリアに表示されます。また、次のセクションでご紹介するように、表示されるほぼすべての項目をカスタマイズすることができます。


TradingViewチャートのパーソナライズ

チャートのレイアウトについては、人それぞれ好みがあります。カラー、ライン、軸をカスタマイズすることで、グラフが見やすく、理解しやすくすることができます。グラフエリアを右クリックして[設定...]をクリックすると、必要なオプションがすべて表示されます。

また、チャートが乱れる場合は、リセットしたり、[設定...]メニューからカスタムメールによる価格アラートを設定することもできます。


[設定...]をクリックすると、[チャート設定]ウィンドウが表示され、さまざまなオプションを設定することができます。早速、基本的なことについて説明します。


1. [シンボル]では、ローソク足のチャートの見え方を変更することができます。ローソク足のすべての部分を自分の好きなように色分けすることができます。 

2. [ステータスライン]には、チャートの左上に表示されるOHLC(始値、高値、低値、バークローズ)のデータや、売買ボタンなどの情報を変更するオプションがあります。赤枠の部分は、最低のアスク価格(38,345.96)を示しており、そして、ブルーボックスが最高額の入札(38,345.97)を示しています。その間には、ビッド・アスク・スプレッド(0.01)があります。


3. [スケール]には、右軸に表示されるトラッカーを変更するオプションを提供します。例えば、その日の高値や低値、バークローズを示すカウントダウンなどを追加することができます。


4. [外観]では、グリッド線、背景色、軸、およびその他のコスメティックフィーチャーを変更することができます。

5. [トレード]では、ブローカーアカウントにログインしている場合、ビジュアル要素をカスタマイズすることができます。

6. [イベント]では、配当、分割、およびその他のイベントをチャートエリアに表示するオプションがあります。

チャートビューの設定と同時に、ローソク足やその他のシンボルの間隔を変更することもできます。これを行うには、トップバーに移動し、左端のボタンをクリックします。これで、秒単位から月単位まで、さまざまな間隔のロングリストが表示されます。また、いくつかのインターバルをお気に入り登録すると、トップバーに表示されるようにすることも可能です。


チャートのカスタマイズを開始すれば、手動で保存する必要はありません。TradingViewはすべての編集内容をリアルタイムで保存するので、ログアウトしても後から戻ってくることができます。


トレンドラインの作成

初めてのチャートには、トレンドラインを使用するといいでしょう。これは、初級者向けの価格行動のモデル化方法であり、デイ・トレードやスイング・トレードで最も一般的に使用されるチャート・パターンの1つです。 

1. チュートリアルを開始するには、左側のツールバーからラインツールを選択します。


2. マグネットツールをオンにすることもできます。ラインは近くのOHLCポイントにスナップするため、精度を高めるのに役立ちます。


3. 下降トレンドの場合は、スイングハイと呼ばれる価格が下落する前の局所的な高値(ポイント1)から開始します。ラインを開始する位置をクリックし、できるだけ多くの高値を含めるようにします。トレンドラインを完成させたい場合は、再度クリックしてください。

ポイント1、2、3はレジスタンス・ポイントを示しています。2つのポイントが同時に発生する可能性もあるため、少なくとも3つのポイントでトレンドラインをテストすることを推奨します。ポイント4は、トレンドからのブレイクアウトを示しています。つまり、新たなトレンドラインを描くことが最善であることを意味します。 

下降トレンドが確立されていれば、価格がラインに到達し、テストした際に売却するという戦略も考えられます。上昇トレンドを描く場合は、ローソク足の下にラインが来るように、低値でラインを開始するようにします。

詳細については、サポートとレジスタンスの基本説明を参照してください。


ピッチフォークを描く

ピッチフォークは、トレンドラインの概念を発展させた、より高度なチャートです。テクニカル指標は、20世紀のアメリカの著名な投資家・教育者であるアラン・アンドリュー氏が考案したものです。シンプルなトレンドラインよりも簡単に描画でき、より詳細な情報が得られるため、順を追って説明します。

1. まず、ラインツールの下にあるピッチフォークツールを選択します。


2. トレンドの最初と最後に3つのポイントを選択し、ピッチフォークを作成します。 

3. 以下の例では、下降トレンドのスイング低値であるポイント1から開始していることがわかります。そして、上昇トレンドのスイングハイであるポイント2と、次の下降トレンドのスイングローであるポイント3をクリックしました。

4. これらのポイントはピッチフォークの形をしており、ポイント2から伸びる上のラインはレジスタンスレベルを、ポイント3から伸びる下のラインはサポートレベルを示しています。中央線は、価格がどこに向かって引き寄せられるかを予想する場所です。

5. トレンドラインの例と同様に、サポートラインは買いが入る可能性のある場所を示し、レジスタンスラインは売りが入る可能性がある場所を示しています。また、リスク管理の方法として、下のトレンドラインのすぐ下にストップロスオーダーを配置することもできます。なお、他のインジケーターと同様に、ピッチフォークも思い通りに動作しない場合があります。リスクを軽減するために、他のツールや戦略と組み合わせることも検討してください。

詳細については、TradingViewでTAインジケータを作成する方法を参照してください


TradingViewの長所と短所

TradingViewは、アセットスクリーナーに関して言えば、多くの選択肢の中の1つにすぎません。ほとんどの場合、似たようなチャートやトレードツールを提供していますが、主な点を見てみましょう。TradingViewは確かにいくつかの点で非常に優れていますが、改善の余地もあります。

長所

  • HTML 5チャート - インターネットブラウザを搭載した任意のデバイスからTradingViewにアクセスすることができます。ソフトウェアをインストールする必要がなく、どこでもチャートを表示することができます。 
  • 無料会員 - どなたでも利用可能な機能の大半にアクセスできます。
  • サーバーサイドのアラートシステム - アラートを設定した場合、TradingViewはこれをサーバー上で記録します。アラート通知を受け取るためにTradingViewを開いておく必要はありません。 
  • バイナンスとの互換性 - TradingViewのウェブサイトからバイナンスにアクセスすることはできませんが、バイナンストレードUIでTradingViewを使用することができます。バイナンスでは簡単に仮想通貨の売買ができ、またその場でチャートを作成することもできます。 
  • スクリプト - より高度なユーザーはTradingViewのサーバーに保存されたカスタムインジケータを作成することができます。この機能は、TradingViewのカスタムコーディング言語であるPine Scriptを使用しており、簡単に使用することができます。
  • 資産選択 - 膨大な量の純資産、証券、コモディティ、FXの情報がチャートに表示されます。ここでは、仮想通貨のみに限りません! 
  • バックテスト - 戦略を作成したら、組み込み機能を使用して簡単にバックテストすることができます。

短所

  • コミュニティの問題 - ストリームとアイデアタブのコンセプトは興味深いものですが、見つけられるものの質は大きく異なります。多くのアドバイスは非常に推測的で、新しいユーザーにとってはあまり参考にはなりません。また、コメント欄には時折、荒らしが発生します。
  • カスタマーサポート - TradingViewのコミュニティでは、TradingViewのカスタマーサポートに関する問題を報告しています。問題を提起できるのは有料ユーザーのみで、無料ユーザーはサポートされません。
  • ブローカーとの統合 - TradingViewはいくつかのブローカーとトレードプラットフォームを統合しましたが、未だに選択肢は限定されています。
  • Cboe BZXデータ - TradingViewの米国株の価格は、関連する株式市場から直接得られるものではありません。例えば、NASDAQ銘柄はCboe BZX取引所から価格を取得しているため、実際の価格とは若干異なる場合があります。取引所のリアルタイムデータは有料で利用できます。


まとめ

大量のツールオプションを使用できる無料のソリューションをお探しの方には、TradingViewがお勧めです。また、同社の教材は無料でアクセスでき、チャートやテクニカル指標の基礎を簡単に詳しく説明しています。

しかし、社会的な側面はそれほど強くありません。チャットルームには、避けるべき投機的なアドバイスが含まれていることがよくあります。この要因により、初心者にとっては、良いアドバイスと悪いアドバイスを選別する必要があるため、ソーシャル面での価値は低くなります。 

とはいえ、TradingViewはそのチャートツールだけでも試す価値があり、トレード戦略のバックテストには最適な場所です。テクニカル分析は奥の深いテーマですが、無料アカウントだけでも十分に探求することができます。

免責事項:ここで紹介されている内容は教育目的のためのものです。この記事は推奨や推薦ではなく、提供された情報は財務上のアドバイスとみなされるべきではありません。すべてのスクリーンショットはTradingView社の公式ウェブサイトから引用されたもので、同社の利用規約に準拠しています。