BNB自動バーンとは?
目次
コインバーンとは?
BNBバーンの仕組みとは?
BNBの四半期バーン
BEP-95のバーンメカニズム
BNB自動バーンとは?
BNB自動バーン履歴を確認する方法とは?
まとめ
BNB自動バーンとは?
ホーム記事
BNB自動バーンとは?

BNB自動バーンとは?

初心者
公開済 Jan 12, 2022更新済 Jul 16, 2022
10m

概要

コインバーンは、硬貨を流通から排除し、総供給量を永久に減少させるために用いられるメカニズムです。多くの仮想通貨プロジェクトは、デフレーション効果を生み出すために定期的にコインバーンを行っています。

BNBは2つのコインバーンメカニズムを採用し、長期的に総供給量を50%削減します。1つ目の仕組みは、使用したBNBの一部をガス手数料としてバイナンススマートチェーン (BSC) でバーンするというものです (BEP-95で導入されました)。2つ目は、四半期毎のBNBバーンイベントです。

従来、四半期ごとのBNBバーンは、バイナンス取引所でのBNB取引量に基づいていました。しかし、2021年12月、バイナンスは四半期バーンを新しいBNB自動バーンに置き換えると発表しました。

BNB自動バーンメカニズムは、BNB価格と四半期中にBSCで生成されたブロック数に基づいて、バーンさせるBNB量を自動的に調整するものです。これにより、BNBコミュニティに、より高い透明性と予測可能性を提供します。


コインバーンとは?

コインバーンとは、コインの総供給量を減らすために、仮想通貨を流通から永久に取り除くプロセスのことを指します。つまり、コインは破壊され、取引などには使用できなくなるのです。 

コインバーンは、コインの希少性を高めることでデフレーション効果をもたらし、仮想通貨の評価を高めて保有者に利益をもたらす可能性があります。BNBにとって、コインバーンイベントの目的は、総供給量が1億BNBを下回るまで徐々に減らすことです。

仮想通貨をバーンする方法は複数ありますが、プロジェクトによっては、プロトコルの一部として特定のバーンメカニズムを実装しているものもあります。例えば、BNBはサービス開始当初、スマートコントラクトのバーンメカニズムを搭載していました。
分散型金融 (DeFi) プロトコルの台頭により、ブロックチェーン領域ではコインバーンが一般的になってきました。Ethereum (ETH) は、2021年に Londonハードフォーク のアップグレード実施後に、すべてのブロックチェーン取引のETH基本料金のバーンをはじめました。
コインバーンをするには、一定量の仮想通貨を取引に使用できず秘密鍵も持たないスマートコントラクトまたはウォレットアドレスに送信します。つまり、一度アドレスに到達したコインは永遠に失われるため、利用可能な供給源から取り除かれることになるのです。

コインバーンの仕組みの詳細は、以下をご覧ください


BNBバーンの仕組みとは?

BNBは、BNBとBSCのエコシステムを動かすユーティリティトークンです。当初の総供給量は200,000,000 BNBでしたが、コインバーンにより徐々に減少しています。全供給量の50%が破壊され、100,000,000 BNB以下になるためバーンイベントが行われます。 
BNBをバーンするには2つの方法があります。1つ目は、四半期ごとに行われるBNBバーンイベントです。2つ目は、BEP-95で導入されたもので、使用したBNBの一部をガス手数料としてバイナンススマートチェーン (BSC) でバーンするというものです。

従来、四半期ごとのBNBバーンは、バイナンス取引所でのBNB取引量に基づいていました。しかし、2021年12月、バイナンスは新たにBNB自動バーンを発表しました。BNB自動バーンメカニズムは、BNB価格と四半期中にBSCで生成されたブロック数に基づいて、バーンさせるBNB量を自動的に調整するものです。これにより、BNBコミュニティに、より高い透明性と予測可能性を提供します。


BNBの四半期バーン

2022年1月現在、BNBのバーンイベントは17件あります。合計33,199,679件のBNBがバーンされ、これは総供給量の16.59%に相当します。

バーン

バーンされたBNB

約BNB価格

約ドル建て価格

総発行枚数に占める割合

1回目 (2017年10月)

986,000

$1.52

$1,500,000

0.49%

2回目 (2018年1月)

1,821,586

$21.96

$40,000,000

0.91%

3回目 (2018年4月)

2,220,314

$13.52

$30,000,000

1.11%

4回目 (2018年7月)

2,528,767

$12.93

$32,700,000

1.26%

5回目 (2018年10月)

1,643,986

$10.34

$17,000,000

0.82%

6回目 (2019年1月)

1,623,818

$5.83

$9,400,000

0.81%

7回目 (2019年4月)

829,888

$18.79

$15,600,000

0.41%

8回目 (2019年7月)

808,888

$29.47

$23,800,000

0.40%

9回目 (2019年10月)

2,061,888

$17.80

$36,700,000

1.03%

10回目 (2020年1月)

2,216,888

$17.50

$38,800,000

1.11%

11回目 (2020年4月)

3,373,988

$15.55

$52,466,000

1.69%

12回目 (2020年7月)

3,477,388

$17.40

$60,500,000

1.74%

13回目 (2020年10月)

2,253,888

$30.17

$68,000,000

1.13%

14回目 (2021年1月)

3,619,888

$45.80

$165,791,000

1.81%

15回目 (2021年4月)

1,099,888

$541.25

$595,314,380

0.55%

16回目 (2021年7月)

1,296,728

$303.59

$393,673,653

0.65%

13回目 (2020年10月)

1,335,888

$478.68

$639,462,868

0.66%

合計

33,199,679

-

$2,220,707,902

16.59%

BNBバーン履歴 (四半期毎のバーン)。
#18四半期 (2022年1月)、BNBは初の四半期BNB自動バーンを完成させましたパイオニアバーンプログラムでバーンされた6296.305493 BNBを含む、合計 11,684,387.11 BNBが流通から取り除かれました。 

BEP-95のバーンメカニズム

2021年初頭、バイナンスCEOであるCZは、全体のバーン速度が当初の予想よりも遅いため、BNBのバーンを加速させる計画を共有しました。このプロセスを加速させるため、バイナンスは2021年11月に BEP-95 による新たなバーンメカニズムを導入しました。
BEP-95は、バイナンススマートチェーン (BSC) にリアルタイムバーンメカニズムを追加するバイナンス進化案です。BSCは、バリデータが各ブロックから徴収したガス手数料の一部を自動バーンさせます。より多くの人がバイナンススマートチェーンを利用することで、より多くのBNBがバーンされ、バーンプロセスが効率的に加速されることになります。
2022年1月現在、BSCは毎日約860 BNBを消費しており、その経過はTwitterで確認することができます。BEP-95はBSCネットワークにのみ依存しているため、1億回のバーン目標に達した後もBNBをバーンさせ続けることになります。 


BNB自動バーンとは?

前述の通り、BNB自動バーンは、BNBの価格や需給状況に応じて、バーン量を自動的に調整します。つまり、BNB価格が下がれば、BNBのバーン量が増えるということになります。

BNB自動バーンは、客観的かつ認証可能です。取引の透明性と予測可能性を高めることを目的としています。BNB自動バーンは、四半期バーンとは異なりバイナンス取引所でのBNB取引量に依存しません。その代わり、BSCからのオンチェーン情報を使ってバーン量を計算します。

BNBの総流通量が1億枚以下になると、BNB自動バーンは停止します。しかし、BEP-95のメカニズムでは、BNBをバーンし続けることになります。BNB自動バーンは、BSCのオンチェーンデータである総ブロック生成量とBNBの平均価格をもとに、計算式に従って自動的にBNBをバーンします:

BはバーンすべきBNBを表します。Nは当四半期に生成されたBSCブロックの総数です。PはBNBの平均価格、Kは一定の価格アンカー (最初は1,000に設定) です。この式の詳細については、こちらのブログ記事をご覧ください。 


BNB自動バーン履歴を確認する方法とは?

各バーンイベントは、ブロックチェーンとバイナンスのウェブサイト上で一般公開されています。また、BSCコミュニティが構築したプラットフォーム BNBBurn.info でも、バーンの様子を確認することができます。


まとめ

2017年のローン値以来、BNBはユーティリティトークンとして様々な進化を遂げてきました。ブロックチェーン領域は急速に成長しており、BNBとBSCのエコシステムも同様に成長しています。今回のBNB自動バーンは、BNBのバーンメカニズムをさらに強化し、デフレーション特性を改善するとともに、より透明性の高い社会を実現するものです。