Ethereumのロンドンハードフォークとは?
目次
はじめに
Ethereumロンドンアップデートによる新機能
EIPとは?
EIP-1559とは?
EIP-1559とは?
コミュニティの反応は?
ロンドンアップデートによるユーザーへの影響とは?
まとめ
Ethereumのロンドンハードフォークとは?
ホーム記事
Ethereumのロンドンハードフォークとは?

Ethereumのロンドンハードフォークとは?

中級者
Published Jun 1, 2021Updated Aug 30, 2021
5m

概要

Ethereumのロンドンハードフォークは、このブロックチェーンのトランザクション手数料とディフィカリティボムを変更するアップデートです。Ethereumネットワークはトランザクション手数料として、ガス価格の入札を行うのではなく、それぞれのブロックに基本料金を設定する予定です。

イーサリアム2.0のリリースに合わせて、開発者たちは「ディフィカリティボム」と呼ばれる意図的に組み込まれたイベントを遅らせています。これによって、マイナーのプルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)への移行が促進されます。


はじめに

Ethereumのロンドンハードフォークは2021年4月のベルリンハードフォークの次のEthereumブロックチェーンのアップデートです。ロンドンアップデートは、これまでずっと課題となってきた、Ethereumのトランザクション手数料システムに大きな変更を加えます。また、今回のアップデートでは、コンセンサスモデルの調整を行い、予定されているEthereum2.0のリリースに備えます。

しかし、ロンドンはトランザクション手数料とマイニングに大きな変更を加えるので、一部の人は強く反対しています。この変更がユーザーやマイナーに与える正確な影響は完全にはわかっていませんが、Ethereum2.0がまもなく登場するため、影響は一時的なものになるでしょう。


Ethereumロンドンアップデートによる新機能

Ethereumのロンドンアップデートは2つの新しいEthereum改善提案(EIP)が導入されるハードフォークです。2022年に計画されている、Ethereum2.0(セレニティ)のリリースに向けて、ロンドンアップデートではプルーフ・オブ・ステークへの移行の準備を行います。セレニティに合わせて、マイニングの難易度上昇が遅くなります。ロンドンはハードフォークのため、マイニングと承認を続けるためには、すべてのノードは新しいルールと最新バージョンに対応する必要があります。
最も重要な変更は、新しいデフレメカニズムを含む、トランザクション手数料です。これまでは、ユーザーはガス手数料を支払うために入札を行っていました。マイナーは、追加された手数料に基づいてトランザクションの優先順位を決め、さらに手数料をブロックに追加するための報酬として使用します。ロンドン以降は、その代わりにそれぞれのブロックには、固定された手数料が設定されます。この変更は、EIP-3238とともにロンドンアップデートに含まれるEIP-1559の結果として実行されます。


EIPとは?

Ethereum改善提案(EIP)はEthereumブロックチェーンの新しい機能を説明する技術仕様です。開発者は、Ethereumコミュニティからの提案と一緒にこのEIPを作成します。誰でもEIPを作成することができ、コミュニティが提案を受け入れる前に、議論のために提出することができます。

各EIPは、EIP1で示された以下のガイドラインに沿っています。

EIPは、その機能の簡潔な技術仕様と、必要となる根拠を示すものでなければなりません。EIP提案者は、コミュニティ内のコンセンサスを形成し、反対意見を文書化する責任があります。

EIPの提案者は、EIPを承認する前に、ピアレビューやドラフトを含む一定のプロセスを踏む必要があります。コミュニティが提案に満足したら、それをリリースに追加することができます。


EIP-1559とは?

EIP-1559はユーザーがEthereumネットワーク上でガス手数料を支払う方法を変更するために提案されました。このEIPはEthereumの創業者であるVitalik Buterinとその他の開発者のチームが作りました。


時間の経過とともに、Ethereumのユーザーが支払う平均的な手数料は、小規模なトランザクションにはコストがかかりすぎるようになりました。例えば、ネットワーク手数料が約20ドルだった場合、$20(USD)相当のETH、もしくはその他のデジタル資産を送るのは割に合いません。これらの高額な手数料は、特に初心者にとってはネットワークの魅力を低下させます。

EIP-1559はそれぞれのブロックに基本手数料を創設する、新しいトランザクション価格メカニズムを提案しています。Ethereumブロックチェーンでは、今後この手数料はバーンされるので、Ether(ETH)の合計供給枚数は減少していきます。この効果は、ETHにデフレ圧力をもたらします。
この基本手数料は、ネットワークの需要に応じて、それぞれのブロックで変動します。ブロック内の取引量が50%以上になると、基本手数料が増加し、その逆も同様です。このメカニズムは、大部分のブロックでトランザクションが半分は満たされる均衡レベルを維持しようとするものです。
また、トランザクションの行列をスキップするインセンティブとして、マイナーへのチップを追加することもできます。しかし、Ethereumはチップなしでも、ブロックの充足度を50%程度に維持しようとします。各ブロックには多くのスペースが用意されているので、チップが小さくても列の先頭に並ぶことができるようになるでしょう。


EIP-1559とは?

Ethereumには、時間の経過とともにマイニングを困難にするディフィカリティボムが組み込まれます。ディフィカリティボムに到達すると、新しいブロックを採掘するのにかかる時間が長くなり、マイナーの収益性が低下し、トランザクションが滞るようになります。開発者は、Ethereum2.0がリリースされたら、マイナーはEthereum1.0のマイニングをやめて、Ethereum2.0に移行する以外に選択肢がないようにしたいと考えています。
しかし、Ethereumブロックチェーンはあまりにも早い時期にこの状態に到達するでしょう。EIP-3238は、Ethereum 2.0のProof of Stakeコンセンサスモデルに対して、ネットワークが正しいタイミングでバリデーターにインセンティブを与えるために、ディフィカリティボムを遅らせることを提案しています。
ディフィカリティボムがないと、マイナーがEthereum 1.0でマイニングをし続ける可能性があり、EthereumとEthereum Classicが分裂した時と同じ事態が発生します。ディフィカリティボムの延期によって、2022年2Qぐらいからブロックタイムに30秒の停止時間が加わります。この時点で、Ethereum1.0のEthereum2.0への統合が完了しているはずです。


コミュニティの反応は?

ロンドンのネットワークアップグレードに関しては、主にトランザクション手数料に関して様々な意見があります。マイナーはEthereum 2.0でProof of Workが終了することに対する準備を進めていますが、今回のアップデートでマイナーが受け取る手数料が大きく変わります。その結果、マイナーの収益が減少する可能性があります。もう1つの懸念事項は、Ethereumマイニングの集約化がさらに進んでしまうことです。エネルギーコストが最も安価な、最大規模のマイナーしか利益を出せなくなると主張する人もいます。
確実なことは言えませんが、デフレメカニズムによってETHの価格が上昇することが予想されます。このような期待は、アップデート後、Ethereumネットワーク上での全てのトランザクションにおいて、基本手数料として支払われたETHがバーンされるという事実に関連しているかもしれません。


ロンドンアップデートによるユーザーへの影響とは?

Bitcoinと同様、現在のメカニズムは入札と似たような仕組みになっています。より多くのトランザクション手数料(またはガス代)を支払えば支払うほど、自分のトランザクションが素早くピックアップされ、マイナーによってバリデートされる可能性が高くなります。しかし、ロンドンアップデート後は、Ethereum上でトランザクションを行う時に、ガス価格を設定する必要はなくなります。

その代わり、シンプルに基本手数料とオプションのマイナーへのチップが表示されます。ただし、基本手数料はトランザクションを送信してから、ブロックに追加されるまでの間に変更されることがあります。このような事態を避けるために、支払いたい手数料の上限を設定することができます。マイナーがそのトランザクションを、基本手数料が設定した、手数料の上限よりも小さいブロックに含めた場合、ネットワークはその差額を返金します。


まとめ

ロンドンは、ユーザーのEthereumとの関わり方に関して、これまでで最も重要なアップデートの1つになるでしょう。これまでの多くのアップデートでは、Ethereumを使用する際に普段目にすることのない多くのシステムが変更されてきました。現状、ロンドンアップデートでトランザクション手数料やトランザクション時間が減少する可能性はかなり高くなっていますが、確実ではありません。

とはいえ、Ethereum2.0のPoS移行は2022年に予定されているため、ロンドンのハードフォークの実施はまだ時限的で一時的なものです。