BETHとは?またその使用方法は?
目次
はじめに
BETHとは?
BETHの使用方法
ETHよりBETHの方が価値があるのでしょうか?
まとめ
BETHとは?またその使用方法は?
ホーム記事
BETHとは?またその使用方法は?

BETHとは?またその使用方法は?

初心者
Published Apr 8, 2021Updated Sep 9, 2021
4m

概要

BETHはバイナンスでステークしたETHをトークン化したものです。ETH 2.0 ビーコンチェーンでのステーキングに簡単に参加することができます。これを保有することで、バイナンスのETH 2.0ステーキングノードで得られるステーキング報酬を受けることができます。しかし、それだけではありません; バイナンスプラットフォームやバイナンススマートチェーン(BSC)では、他にもいくつかの方法で使用することができます。


はじめに

2020年12月のビーコンチェーンの開始に伴い、Ethereumのスケーラビリティを向上させることを目的とした一連のアップグレード(ETH 2.0)が順調に進んでいます。デプロイ計画のフェーズ0の一環として、ETHはすでにこの新しいチェーンにステークすることができます。BETHでは、いつでもETHを出金の柔軟性を失うことなく、ETHのステーキングに簡単に参加することができます。


BETHとは?

BETHは、ステークしたETHをトークン化したものです。各BETHはバイナンスでステークされた1ETHに相当します。しかし、Ethereumはプルーフ・オブ・ワーク(PoW)で動いているのではないでしょうか?今のところそうです。しかし、ETH 2.0の一環として、Ethereumはプルーフ・オブ・ステーク(PoS)に完全に切り替わります。 

アップグレードの内容が複雑なため、いくつかのフェーズに分けてデプロイされています。最初のステップは、ビーコンチェーンと呼ばれるものをローンチすることでした。ビーコンチェーンは、シャーディングが完全に実装された後、Eth2の中核となるものです。ビーコンチェーンはすでに稼働しており、2021年3月時点で350万ETH以上を確保しています。

ビーコンチェーンの入金コントラクトは、一方通行でしか機能しません。つまり、ユーザーは入金することはできますが、ETH 2.0が完全にローンチされるまで出金することはできません - これには数年かかるかもしれません。さらに、32ETH単位でしか入金ができません。

ビーコンチェーンにあるETHはすべて、すでにステーキングの報酬を受け取っています。では、32ETHを持っていない場合や、出金の柔軟性を維持したい場合はどうすればよいでしょうか?多くのETH 2.0ステーキングプールの一つに参加することができます。これらのうちの1つはバイナンスによって提供されます。

ETHを1対1の比率でBETHにコンバートし、BETHでのステーキング報酬の受け取りを開始することができます。素晴らしいですが、それでもETHを別の場所で使用したい場合はどうしますか?また、バイナンスにはBETH/ETHの現物市場があり、BETHを再びETHに戻すことができます。


BETHの使用方法

BETHにはいくつかの使用方法があります。その一つは、単純にバイナンスに置いておき、ステーキング報酬を楽しむことです。また、BETHをバイナンススマートチェーン(BSC)に出金して、DeFiアプリで使用することもできます。では、それぞれの選択肢を見てみましょう。


バイナンスローンチプールと流動性スワップにおけるBETH

バイナンスでBETHを維持している場合は、それを使用して追加の報酬を得ることができます。例えば、ローンチプールのプロジェクトでは、入金可能なコインの一つとしてBETHを使用することがあります。自分のBETHをローンチプールにロックするだけで、バイナンスの現物取引所から即時に流動性を得ることができる新しくローンチされたトークンを獲得することができます。


BETHのバイナンス流動性スワップ

BETHは バイナンス流動性スワップ でもご利用いただけます。例えば、ETH/BETHの流動性プールに流動性を提供することで報酬を得ることができます。なお、ETH、BETH、またはその両方を流動性プールに追加することができますが、両方を追加した場合、手数料はかかりません。


レンディングプロトコルにおけるBETH

また、BETHを Venus のようなマネーマーケットに預けて利回りを得たり、担保にして他のコインを借りるという方法もあります。


PancakeSwap上のBETH

また、PancakeSwap でBETH/ETHペアに流動性を提供し、CAKEを受け取ることができます。なお、PancakeSwapは Uniswap と似たような仕組みなので、2つのトークンの等価値を提供するためには、BSCでトークン化されたETHも必要になります。
このプールに流動性を提供するメリットは、BETHとETHの価格が同等または非常に似ているため、他のプールに比べて無常の損失にさらされることが少ないことです。 その意味がわからない方は、私たちの 一時的な損失の記事 を読んでください。

つまり、BETHとETHの相対的なボラティリティがETHとBUSDなどに比べてはるかに低いため、このプールは無常な損失にさらされにくいのです。つまり、ETHやBETHの価格は一般的に小さな価格帯で推移するはずなので、一時的な損失の影響は穏やかです。


イールドアグリゲーターにおけるBETH

最後に、BSCのイールドアグリゲーターの1つでBETHを使用することもできます。あなたがBETHを入金すると、プロトコルは自動的に最適な利回りの機会を見つけようとします。BETHを支えているのは、BeefyAutofarm です。


ETHよりBETHの方が価値があるのでしょうか?

バイナンスの BETH/ETH 市場に行くと、BETHはETHと1対1の比率で取引されていないことがわかります – BETHはETHと1対1で取引されていません。それはなぜでしょうか?簡単に言うと、同じ資産ではないということです。BETHとETHの間の価格発見は、完全に市場に任されています。BETHは、ステークしたETHをトークン化したものであることを忘れないでください。 

このように、BETHはETHとは異なる意味合いを持っています。異なる価格で取引されているということは、市場がその品質をETHとは異なる形で評価しているということです。BETHは現在ETHとの交換ができないため、ETHに比べて自由度が低いです。同時に、保有者はステーキングの報酬を得ることができます。


まとめ

BETHはバイナンスでステークしたETHをトークン化したものです。ETH 2.0のステーキングノードを設定・維持するための技術的要件を気にすることなく、ETH 2.0のステーキング報酬を得ることができます。それ以外にも、バイナンススマートチェーン上のDeFiアプリを使用して、追加の利回りを得る方法がいくつかあります。