バイナンススマートチェーン(BSC)の始め方
バイナンススマートチェーン(BSC)の始め方
ホーム記事

バイナンススマートチェーン(BSC)の始め方

初心者
Published Feb 22, 2021Updated Jun 30, 2021
6m

概要

バイナンススマートチェーン(BSC)に多くのお金と人が現在集まってきています。トークンスワップから分散型資金市場、可愛いNFTや利回りを稼ぐ方法、または単に楽しむための多くのオプションがあります。

ここからはバイナンススマートチェーンの始め方を説明していきます。この記事を読めば、必要なことはすべて理解することができます。


イントロダクション

まず、BSCを支えるテクノロジーの概要について知りたい場合は、バイナンススマートチェーン(BSC)入門の記事をご覧ください。

この記事を読むことで、ブロックチェーンの使い方からブロックチェーンの仕組みまで簡単に理解することができます。それでは、本題に入っていきましょう。


バイナンススマートチェーン(BSC)ウォレット

最も基本的なことですが、BSC上のアプリとやりとりができるウォレットが必要となります。良いニュースは、選択肢が少ないことです。

この記事ですべてのウォレットを紹介しているわけではないことにはご留意ください。以下で取り上げるウォレットに加えて、Math Wallet、Ledger、TokenPocket、Bitkeep、ONTO、SafepalとArkaneを使用することができます。


MetaMask

最初に紹介するのは、皆さんがすでにご存じかもしれないMetaMaskです。知らない場合でも安心してください。バイナンスアカデミーのMetaMaskの使い方の記事をまずはご覧ください。

皆さんは、MetaMaskをEthereum専用のウォレットと認識しています。その通りではありますが、簡単にBSCに接続することができます。この方法によって、これまで慣れ親しんできたUIでBSCを使用することができます。

MetaMaskをBSCにつなげる方法に関しては、バイナンスアカデミーに詳しいガイドがあるので、興味があればぜひバイナンススマートチェーンへのMetaMaskの接続方法の記事をご覧ください。


トラストウォレット

PancakeSwapなど、一部のdAppsでは、Trust Walletを利用することができます。

Trust Walletは非常に簡単に使用することができるモバイルウォレットの1つです。スマホからBSCを使用する場合は、Trust Walletが最適です。


バイナンスチェーンウォレット

バイナンスチェーンウォレットもBSC上の一部のアプリを使用する場合の選択肢となります。これは、Chrome、Firefox、そしてBraveなどのブラウザの拡張機能です。簡単に使用することができ、UIも直感的です。


バイナンスチェーンウォレット(BSC)への仮想通貨の移動方法

ここまで多数のウォレットを紹介してきましたが、どのようにしてチェーンに資金を移動させることができるでしょうか。バイナンスアカウントから出金するか、バイナンスブリッジを使用することができます。

詳細について説明させて頂く前に、バイナンススマートチェーンのコンセプトやバックグラウンドについて理解することが重要です。

バイナンススマートチェーンはBEP-20トークン規格をサポートしています。一方で、Binance DEXが主に使用しているバイナンスチェーンではBEP-2トークン規格をサポートしています。Binance DEXでトレードしたい場合は、BEP-2トークンを使用する必要があります。一方でBSC上のdAppsを使用する場合は、BEP-20トークンが必要となります。


バイナンスからの出金方法

この記事を読んでいるということは、すでにバイナンスのアカウントを持っているということでしょう。最も簡単な出金方法は、バイナンスアカウントからBSCウォレットに出金することでしょう。

外部ウォレットに資金を出金する場合、バイナンススマートチェーン(BEP-20)を選択してください。


バイナンスブリッジ

BSC上に資産を移動する別の素晴らしい方法は、バイナンスブリッジです。


EthereumやTRONのような大きなブロックチェーン上のネイティブトークンを選択し、BSC上のラップドトークンにコンバートすることができます。ブリッジは両方向のコンバートに使用することができます。BSC上のラップドトークンがそのネイティブトークンによって担保されているかは、オンチェーンのリザーブを確認することで、資産の存在証明をすることができます。
この方法で資産をBSCに移動したい場合は、バイナンスブリッジのガイドをご覧ください。


バイナンススマートチェーン(BSC)dApps

ここまでで、ウォレットと資金の移動方法を学んできました。それでは、この魔法のお金を使用して、何ができるのでしょうか。それでは、BSC上で最も人気のある分散型アプリをここからは紹介していきます。

ここで紹介するのは、たくさんあるBSCアプリの中のほんの一部に過ぎないことをご認識ください。いつも新しい、面白いdAppsがBSC上でローンチされています。BSC上にどのようなアプリがあるのかは、DefiStationDappRadar、もしくはMath dApp Storeで確認することができます。


PancakeSwap

PancakeSwapは、バイナンススマートチェーン上最大の自動マーケットメイカー(AMM)です。


UniswapSushiswapと同様に、PancakeSwap上でBEP-20トークンのスワップを行うことができます。
1つ、もしくは複数の流動性プールに流動性を提供することで、不労所得を得ることもできます。入金前に、変動損失のリスクについて確認しましょう。

AMMはPancakeSwapのコアとなる機能ですが、それ以外にも色々な機能が存在します。抽選に参加して、NFTを獲得したり、トークンセールに参加したり、リーダーボードの枠のために競ったりすることなどができます!

PancakeSwapに興味がある場合は、ぜひPancakeSwapガイドをご覧ください。


Venus

VenusはEthereum上のCompoundAaveと同じようなレンディングプロトコルです。Venusでは、アルゴリズムで設定された金利に基づいて、BEP-20トークンの貸し借りが可能な分散型マネーマーケットです。
運用していない資産はありますか。Venusはその資産を運用して金利収入を得たり、それを担保として仮想通貨を借りて、イールドファーミングに参加したりするための選択肢となります。
また、Venusは仮想通貨バスケットによって価値が裏付けされている、「VAI」と呼ばれる分散型ステーブルコインを提供しています。このように、VenusはBSC上でCompoundとMakerDAOのハイブリッドの役割を果たしていると考えることができます。


Autofarm

AutofarmはBSC上のイールドアグリゲーターです。EthereumでいうYearnと同じような役割を果たしています。Autofarmでは、入金した額で利息額を最も大きくするための方法を見つけることを自動で行います。


BurgerSwap

BurgerSwapもBSC上で人気のあるAMMです。BEP-20トークンのスワップと流動性の提供を行えます。


Spartan Protocol

Spartan Protocolは、BSC上の合成資産プロトコルです。これによって、ユーザーは他の多くのAMMと同様にBEP-20トークンの流動性プールを作成することができます。 

しかし、将来的には流動性プールを担保とした合成資産の作成、融資やオンチェーン・デリバティブなどの機能を追加する予定です。


Cream

CreamはEthereum上の有名なレンディングプロトコルで、BSC上にもデプロイされています。Creamを使用して、BEP-20トークンの貸借ができます。



バイナンススマートチェーン(BSC)メトリクスの追跡方法

これまで説明してきた内容さえ知っていれば、BSCを使用するにあたって十分な知識を持っているといえます。しかし、BSC上でのアクティビティはどうやって確認すれば良いのでしょうか。そうですね、BscScanが一番良い方法でしょう。

もしも、これまでにDeFiを使用した経験がある場合、このサイトに見覚えがあるかもしれません。同じチームが作ったので、BscScanの見た目は、EtherScanに非常に似ています。

それでは、このページではアドレス以外にどういった内容を確認できるのでしょうか。BSC上で現在行われているアクティビティを追跡するための便利なメトリクスが複数存在します。存在するメトリクスに関しては、 6個の知っておくべき、バイナンススマートチェーン(BSC)のメトリクスの記事をご覧ください。


まとめ

バイナンススマートチェーンでは、これまでにも重要な開発とユーザーのアクティブティが行われてきましたが、この数はこれからもどんどん増え続けるでしょう。 

DeFiに興味がある場合、BSCにも注目すべきです。それでは、どこからBSCの最新情報などを得られるでしょうか。BSCに関する最新のアップデートについては、バイナンスチェーンコミュニティTwitterをフォローしてください。
バイナンススマートチェーンについてまだ質問がありますか。もっと色々と聞きたい場合は、バイナンスコミュニティが色んな質問をしたり、答えたりしてくれるプラットフォームのAsk Academyを利用してみてください。