バイナンススマートチェーン(BSC)の紹介
ホーム記事

バイナンススマートチェーン(BSC)の紹介

初心者
3w ago
4m

概要

BNB通貨のネイティブチェーンである、バイナンスチェーンについてはご存じでしょう。バイナンスチェーンは超高速取引のために最適化されています。これを実現するためには、いくつかのトレードオフを行わなければなりませんでした。そのうちの1つは、他のブロックチェーンと比較して、プログラマビリティの観点から見ると、柔軟性に欠けるということです。

バイナンススマートチェーンはこのような状況を変える、高性能な分散型アプリケーションを開発するための本格的な環境を備えた新しいブロックチェーンです。BSCはバイナンスチェーンとのクロスチェーン互換性があり、これによってユーザーは両方のチェーンの利点を活かせます。


イントロダクション

バイナンスチェーンは2019年4月にバイナンスによってローンチされました。バイナンスチェーンの主な目的は、高速、かつ分散型(もしくは、非カストディアル)トレードを促進することです。当然ながら、バイナンスチェーン上の最大の分散型アプリケーション(もしくは、DApps)は、最も使いやすい分散型取引所の1つである、バイナンスDEXです。バイナンスDEXはbinance.orgのウェブインターフェイス、もしくはトラストウォレットから使うことができます。
しかしながら、ブロックチェーンシステム自体の制限によって、このチェーンにはそこまでの柔軟性はありません。高速取引に最適化されたシステムでの、スマートコントラクト機能はネットワークを大幅に混雑させる可能性があります。クリプトキティーズを覚えていますか、最盛期には、この猫を育てるゲームのせいでイーサリウムブロックチェーンは停止しました。
スケーラビリティはブロックチェーン開発の最も困難なハードルの1つであり続けています。そこでバイナンススマートチェーンの出番となります。


バイナンススマートチェーンとは?

バイナンススマートチェーン(BSC)の説明としては、バイナンスチェーンと並行して動作するブロックチェーンが最も適しています。バイナンスチェーンとは違って、BSCはスマートコントラクト機能とイーサリウム仮想マシン(EVM)との互換性に特化しています。BSCの設計目標は、エコシステムにスマートコントラクトを導入しながらも、バイナンスチェーンの高いスループットを維持することでした。
実質的に両方のブロックチェーンはサイドバイサイドで動いています。BSCはいわゆるレイヤー2オフチェーンスケーラビリティソリューションではありません。BSCはバイナンスチェーンがオフラインになったとしても稼働することのできる独立したブロックチェーンです。しかし、どちらのチェーンもデザイン的には非常によく似ています。
BSCはEVM互換性のため、豊富な種類のイーサリウムツールとDAppsをローンチからサポートしています。理論的には、サポートのおかげでイーサリウム上のプロジェクトをBSCに移行されるのを簡単にします。これは、ユーザーにとってはメタマスクのようなアプリケーションを簡単にBSCで機能するように設定することができるということです。実際、設定を少しいじるだけで完了します。詳しくは、バイナンススマートチェーンでのメタマスク使用方法をご確認ください。



バイナンススマートチェーンの仕組み

コンセンサス

バイナンススマートチェーンはProof-of-Stakeコンセンサスアルゴリズムによって、3秒以内のブロックタイムを達成しました。さらに詳しく言うと、Proof of Staked Authority(もしくは、PoSA)と呼ばれるものを使っています。ここでは、バリデーターになるには参加者はBNBをステークする必要があります。バリデーターは有効なブロックを提案した場合、彼らはそのトランザクションに含まれている、トランザクション手数料を受け取れます。
他の多くのプロトコルと違って、BNBはインフレしないので、ブロック報酬として新しく発行されるBNBが手に入るということはないです。むしろ。バイナンスチームが定期的にBNBのバーンを実行するため、BNBの流通枚数は減っていきます。


クロスチェーン対応

バイナンススマートチェーンは既存のバイナンスチェーンを補完しつつも独立したシステムとして構想されました。ユーザーが1つのブロックチェーンから別のブロックチェーンにシームレスに資産を移転できるというアイデアのために、デュアルチェーンアーキテクトが使用されました。この方法によって、バイナンスチェーン上での高速取引とBSC上での強力な分散型アプリの構築を両立させることができました。このインターオペラビリティによって、無数のユースケースに対応できる広大なエコシステムが誕生しました。
バイナンスチェーンのBEP-2とBEP-8トークンは、バイナンススマートチェーンに導入された新しい標準であるBEP-20トークンにスワップできます。ERC-20トークンの紹介の記事を読んでいたら、BEP-20のフォーマットについてもすでに理解できています。なぜなら、BEP-20はイーサリウムのERC-20とまったく同じだからです。
あるチェーンから別のチェーン(例えば、BEP-2からBEP-20、もしくはその逆)にトークンを移動させるためには、最もシンプルな方法はChromeFirefoxで利用可能な、バイナンスチェーンウォレットを使うことでしょう。このガイドとしては、バイナンスチェーンエクステンションウォレットの記事をご覧ください。


バイナンススマートチェーン上の分散型金融

BTCLTCETHEOSXRPなどの多くのデジタル資産がすでにペギーコインとしてバイナンスチェーン上に存在していることはご存じでしょう。ペギーコインとは、ネイティブチェーン上の資産とペッグされているトークンのことです。例えば、バイナンスチェーンで10BTCBを受け取るために、10BTCをロックすることを決めたとします。その場合、いつでも10BTCBと10BTCをトレードすることができます。つまり、BTCBの価格はオリジナルのBTCの価格とほぼ同じになるということです。 
こうすることで、これらの資産をバイナンスチェーン上に効率的に移すことができます。こういったことがどのようにして実現できるかに興味がある場合は、イーサリウム上でビットコインをトークン化する方法の説明をご覧ください。
バイナンススマートチェーンが提供する柔軟性によって、いくつもの別々のチェーン上の資産を急成長中のDeFi分野で使うことができます。例えば、パンケーキスワップのようなアプリケーションによって、ユーザーはトレストレスで資産を交換することができ(Uniswapと同じような方法で)、さらにイールドファーミングを行ったり、提案に対して投票したりすることができます。似たようなプロジェクトとしては、バーガースワップベイカリースワップがあります。


まとめ

バイナンススマートチェーンはオリジナルのバイナンスチェーンの機能を大幅に拡張し、様々なブロックチェーン間のギャップを埋めるために設計された最先端のプロトコルを導入しています。まだ黎明期ではありますが、EVMとの互換性とBNBによるステーキングによって、このプラットフォームは強力な分散型アプリケーションを構築する開発者にとって理想的なエンジンになっています。

バイナンススマートチェーンについてまだ質問がある場合は、コミュニティがそれらの質問に答えてくれるAsk Academyで聞いてみてください。また、バイナンススマートチェーンの技術面の詳細はホワイトペーパーをご覧にください。