マルチパーティ計算(MPC)ウォレットとは
ホーム
記事
マルチパーティ計算(MPC)ウォレットとは

マルチパーティ計算(MPC)ウォレットとは

中級者
公開済 Oct 27, 2023更新済 Jan 11, 2024
5m

概要

  • マルチパーティ計算(MPC)ウォレットは、独自の方法で暗号資産の保管の安全を保っています。シークレットコードを用い複数の当事者間で秘密鍵を分割して保管することで、当事者以外に対し安全な状態を保てます。

  • MPCは、暗号化手法によってデータのプライバシーと正確性を保証し、一部の当事者が規範を逸脱した場合でも、秘密情報の漏洩を防ぐものです。

  • MPCウォレットは、コールドストレージ、ホットストレージ、ハードウェアウォレットなど他の保管方法と比較してセキュリティが高いため、暗号資産分野で人気を集めています。

  • MPCウォレットではセキュリティが高まる一方、単純な方法と比べ処理速度が遅く、より多くのコミュニケーションを必要とします。

マルチパーティ計算(MPC)は、MPCウォレットで保管するデジタル資産など、デジタル化されたものを安全に保管するうえで便利な技術です。この記事では、MPCウォレットとその仕組み、そして長所と短所について説明します。

マルチパーティ計算とは

マルチパーティ計算(MPC)または秘匿マルチパーティ計算(SMPC)では、複数人が共同で秘密情報の保管に当たります。特にインターネット上では秘密を守るのが困難となる中、MPCは秘密を守るうえで有効な手段となります。分かりやすい例を挙げてみます。

Web3スタートアップの3人の社員がいるとします。お互いにいくら稼いでいるかは言わずに、平均賃金を知りたがっているとします。お互いに秘密を漏らすことなく、平均値を見つけるために使用できるのがMPCプロトコルとなります。MPCは加法的秘密分散法と呼ばれる手法により、社員間で秘密を分割します。これにより、誰もが直接他社員と話すことなく平均を見つけられます。

MPCは、物事を秘密にすることと、正しい答えを得ることの2つの大きな要素を持っています。たとえ一部の社員が規範に従わなかったとしても、MPCでは他の社員が嘘をついたり、明かしてはならない秘密を共有したりすることを阻止できます。

マルチパーティ計算の歴史

MPCは、1970年代に始まった暗号理論研究の一分野であり、1980年代に実用化されました。しかし、部外者から情報を保護するために使われることが多い従来の暗号技術とは異なり、MPCでは同じシステムの参加者間でデータのプライバシーを保証する目的で暗号理論を用います。

今日では、MPCウォレットでデジタル資産を保護したり、デジタルオークション中に特定の情報を非公開にするなど、様々なユースケースにMPC技術が応用されています。

MPCウォレットとは

その名が示すように、MPCウォレットはマルチパーティ計算技術を用いて暗号資産やその他デジタル資産のセキュリティを高めています。プライバシーを高め、ハッキング、漏洩、損失のリスクを軽減するためにウォレットの秘密鍵を複数の当事者間で分割するのがその手法の基本となります。

これはマルチシグウォレットで行われていることと変わらないと思うかもしれませんが、実際は異なります。マルチシグウォレットとMPCウォレットはどちらもプライバシーを高めセキュリティを強化する目的で設計されているものの、その仕組みは異なります。

MPCウォレットとマルチシグウォレットの違い

マルチシグウォレットは、2つ以上の秘密鍵(各当事者から1つずつの秘密鍵)による認証を必要とする独特の署名をもってブロックチェーントランザクションを送信します。一方MPCウォレットは、1つの秘密鍵を複数の当事者間で分割します。両者は似ているように聞こえるかもしれませんが、技術的にはMPCウォレットはより柔軟かつ実装しやすいものとなっています。

MPCウォレットと他の暗号ウォレットとの比較

様々な種類の暗号資産ウォレットがある中、カストディアル(管理型)ウォレットはユーザーの資産と秘密鍵を第三者が保管、管理するタイプのウォレットです。対照的に、ノンカストディアル(非管理型)ウォレットは、ユーザー自身が秘密鍵を保有し、管理できるウォレットです。

ノンカストディアルウォレットは、ユーザーがサービスプロバイダーや第三者に鍵を預ける必要がないため、より安全な保管方法と見なされます。しかし、ウォレットと鍵を完全に管理するということは(特に初心者にとって)欠点にもなり得ます。これらのウォレットを使いこなすには、通常ある程度の技術的知識を必要とします。ユーザーとしては、鍵の紛失や盗難に対して細心の注意を払う必要が出てきます。

MPCウォレットは、両者の長所を備えています。他のウォレットが直面する問題を除外または軽減し、より高い利便性とセキュリティがもたらされる点で人気が高まっています。

MPCウォレットの利点には、以下が挙げられます:

  • プライバシーの向上:すべてのデータ処理過程は暗号化され、第三者への信頼に依存する必要がありません。

  • セキュリティの向上:単一障害点を排除します。秘密鍵は、複数の当事者や場所に分散管理されます。

  • より高い利便性:資産をオンライン上に保管できます。コールドストレージは必要ありません。

MPCウォレットの欠点

  • 処理スピード:セキュリティを高めると、特に秘密鍵とその秘密シェアを生成する際に新たな計算処理が必要になり、パフォーマンスが低下します。

  • コストの上昇:複数の当事者間(場合によっては複数のネットワーク間)でデータを共有し計算処理を実行すると、コストが大幅に上昇します。

MPCウォレットのユースケース

MPC技術には多くの利点があるため、大手機関において強力なセキュリティソリューションの選択肢として最有力となっています。有名金融会社では、内部および外部の脅威から資産を守るためにMPCを使用し始めています。

まとめ

マルチパーティ計算(MPC)ウォレットは、デジタル資産のセキュリティとプライバシーを確保するためのより洗練されたソリューションとして生まれました。一定の制約があるものの、セキュリティの強化、プライバシーの保護、従来の保管方法への依存を低減させる点で、ますます人気のある選択肢となっています。デジタル資産の状況が進化し続ける中、MPCウォレットはデジタル分野での資産や情報の安全確保において、中核的な役割を果たすことが期待されています。

参考文献

免責事項:このコンテンツは、一般的な情報提供および学習素材としてのみの目的で「現状有姿」にて提供され、いかなる種類の表明または保証するものではありません。財務的、法的、またはその他の専門的なアドバイスとして解釈されるべきではなく、特定の商品またはサービスの購入を推奨することを意図したものでもありません。適切な専門的顧問に独自に助言を求めるようにしてください。記事が第三者の寄稿者によって寄稿されている場合、提言されている見解は第三者の寄稿者のものであり、必ずしもバイナンスアカデミーの見解を反映したものではありません。詳細は、こちらの免責事項全文をお読みください。デジタル資産の価格は、大きく変動する可能性があります。投資した暗号資産の価値は上下する可能性があり、当初の投資額を取り戻すことができない可能性があります。投資判断についてはご自身が単独で責任を負い、バイナンスアカデミーはお客様が被る可能性のある損失に対して責任を負いません。この資料は、財務的、法的、またはその他の専門的なアドバイスとして解釈されるべきではありません。詳細は、利用規約とリスクに関する警告をご覧ください。