MetaMaskにPolygonを追加する方法
目次
はじめに
MetaMaskのインストールと設定
ウォレットの設定
MetaMaskへのPolygonトークンの追加
まとめ
MetaMaskにPolygonを追加する方法
ホーム記事
MetaMaskにPolygonを追加する方法

MetaMaskにPolygonを追加する方法

初心者
Published Jan 14, 2022Updated Feb 3, 2022
4m

概要

MetaMaskは、デフォルトでEthereumのメインネットに接続されている仮想通貨ウォレットアプリとブラウザ拡張機能です。MetaMaskの公式サイトでは、この拡張機能をダウンロードするための正しい場所に導きます。

Polygonのような他のネットワークに接続するためには、基本的なブロックチェーン情報をMetaMaskに追加する必要があります。これには、カスタムRPC URL、チェーンID、ネットワーク名が含まれます。Polygonトークンを追加するには、トークンアドレスをインポートする必要があります。

MetaMaskに新しいブロックチェーンを追加することを学ぶことは、他にも使用可能なスキルであり、バイナンススマートチェーンのような他のEVMネットワークを追加するために使用することができます。


はじめに

Polygonブロックチェーンと相互に作用するには、互換性のある仮想通貨ウォレットであるMetaMaskのようなものが必要です。しかし、MetaMaskにはデフォルトでPolygonネットワークは追加されていません。Polygonに接続するためのブラウザウォレットの設定は簡単で、わずか数分で完了します。


MetaMaskのインストールと設定

MetaMaskは、MetaMaskのウェブサイトからChrome、iOS、Androidにダウンロードしてインストールすることができます。公式サイトを利用しているかどうか、本物のMetaMask拡張機能をダウンロードしているかどうかを必ず確認してください。


拡張機能をダウンロードしてインストールすると、MetaMaskのウェルカムページが表示されます。[開始する] をクリックして次に進みます。


新規にウォレットを作成する場合は、[ウォレット作成] ボタンをクリックします。また、[ウォレットのインポート] オプションを使用して、 シードフレーズから古いウォレットをインポートすることもできます。


MetaMaskは、拡張機能の改善に役立てるために、匿名の使用データを共有することを希望するかどうかを尋ねます。これを受け入れても拒否しても、MetaMaskの使用には影響しません。


ブラウザからウォレットにログインする際には、安全なパスワードを選択してください。これはあなたのシードフレーズではないことに注意してください。パスワードは、あなたの端末を使用している人がウォレットにアクセスするのを防ぐためのセキュリティ対策です。パスワードを忘れてしまっても、シードフレーズでいつでも自分の仮想通貨にアクセスすることができます。


パスワードを選択した後、MetaMaskはあなたのウォレットのシードフレーズに関する情報を提示します。仮想通貨ウォレットの仕組みをよく知らない人は、必ず目を通してください。


これで、シードフレーズが表示されます。ロックをクリックすると、単語が表示され、正しい順序でメモを取ることができます。このフレーズは安全な場所 (できればオフライン) に保管し、誰とも共有しないでください。この数字の羅列は、あなたのウォレットとその中身の最終的なバックアップです。[次へ] をクリックして続けます。


あとは、画面下の単語を正しい順番で選択して、シードフレーズを繰り返してください。完了したら [確認] をクリックします。


これであなたのMetaMaskウォレットはすぐに使用できる状態になります。[すべて完了] をクリックすると、自分のウォレットが表示されます。


MetaMaskを簡単にアクセスできるようにするには、パズルのアイコンをクリックして、MetaMaskをツールバーに固定することで、Chromeブラウザに固定することができます。初期設定後、MetaMaskはEthereumにのみ接続されます。次に、MetamaskとPolygonの接続方法について説明します。


ウォレットの設定

ウォレットにPolygonサポートを追加するには、拡張機能にネットワークの詳細を追加する必要があります。まず、MetaMaskを開き、ネットワークのドロップダウンメニューをクリックします。


ここで、ポップアップの [ネットワークの追加] をクリックします。


続いて表示される [ネットワークの追加] ページで、以下の内容を追加します。終了したあとに [保存] をクリックします。

ネットワーク名

Polygon

新しいRPCのURL

以下のいずれかを選択してください。

https://polygon-rpc.com

チェーンID

137

通貨シンボル

MATIC

エクスプローラーのURLをブロック

https://polygonscan.com/


これで、Polygonネットワークへの接続が完了しました。


MetaMaskへのPolygonトークンの追加

MATIC以外のPolygonトークンをウォレットのUIに表示させるには、手動で追加する必要があります。なお、あなたのウォレットはインポートされていないトークンを受け取ることができます。

まず、PolygonScanを訪れ、トークン契約書と追加したいトークンの詳細を確認します。トークンがPolygonScanに掲載されていない場合は、プロジェクトの公式ウェブサイトやソーシャルメディアチャンネルからコントラクトアドレスを入手するようにしてください。詐欺師が作った偽装コントラクトには注意が必要です。


MetaMaskに戻り、[トークンの追加] をクリックします。


トークンのコントラクトアドレスをコピーすると、MetaMaskが残りの詳細を自動的に入力します。そうでない場合は、手動で追加してください。終了するには、[カスタムトークンの追加] をクリックします。


[トークンの追加] をクリックします。


これであなたのウォレットには、追加したトークンの残高が正常に表示されます。



まとめ

MetaMaskでPolygonを設定した後は、トランザクションの作成、NFTの収集、DeFi DAppsとの相互連携、仮想通貨の管理を自由に行うことができます。拡張機能を使用せずにトークンを交換することもできます。MetaMaskは、EthereumネットワークとPolygonだけではなく、実際に バイナンススマートチェーン を含んだ全てのEthereum Virtual Machine (EVM) ブロックチェーンエコシステム全体をサポートしています。このガイドを参考にして、さらに他のチェーンを追加して探索をはじめてみてください。