バイナンススマートチェーン (BSC) に最適な仮想通貨ウォレット
目次
はじめに
どのような仮想通貨ウォレットを使用するのが良いのか?
MetaMask
バイナンスチェーンウォレット 
Trust Wallet
MathWallet
SafePal
まとめ
バイナンススマートチェーン (BSC) に最適な仮想通貨ウォレット
ホーム
記事
バイナンススマートチェーン (BSC) に最適な仮想通貨ウォレット

バイナンススマートチェーン (BSC) に最適な仮想通貨ウォレット

初心者
公開済 Jul 30, 2021更新済 Nov 8, 2022
7m

概要

仮想通貨ウォレットの選択は、あなたのニーズによって異なります。セキュリティ、カストディアンシップ、およびスマートコントラクトとのやり取りは、考慮すべき重要なポイントです。また、さまざまなデバイスでウォレットにアクセスすることもできます。

ブラウザ拡張機能のウォレットとしては、MetaMask、MathWallet、Binance Chain Walletなどが良い選択肢です。モバイルでの利用をご希望の場合は、MetaMask、MathWallet、Trust Wallet、SafePalがiOSとAndroidで利用可能です。非中央集権的で、あなたのデバイスに秘密鍵を保存します。また、最高のセキュリティを求める方のために、SafePalはコールドストレージハードウェアウォレットを提供しています。ハードウェア版を除けば、紹介したすべての仮想通貨ウォレットは無料で使用することができます。


はじめに

Binance Smart Chain (BSC) は比較的新しいので、現在すべてのウォレットがBEP20トークンをサポートしているわけではありません。BSCサポートウォレットを見つけると、いくつかの種類と選択肢があります。カストディアンシップ、セキュリティ、ユーザビリティは考慮すべき重要な点であり、誰もが最優先事項を持っています。以下の5つのウォレットはそれぞれ微妙に違うので、実際に使用してみて好みのものを見つけるのが一番です。

cta1


どのような仮想通貨ウォレットを使用するのが良いのでしょうか?

ウォレットの選択前に、自分が何を必要としているのかを考えてみましょう。ウォレットの種類は1つだけではありません。大抵のBSCウォレットは非管理型で、自分の秘密鍵を管理することができます。また、BSCウォレットは通常、DAppsにすばやく接続したりステーキングを開始することができるホットウォレットでもあります。それぞれの種類には長所と短所があります。

1. 管理型 - ウォレット提供者がお客様の秘密鍵を所有します。これは、取引所のウォレットにあなたのデジタル資産がある場合です。秘密鍵を所有していない場合、自分のウォレットを完全にコントロールすることはできません。おそらく、DAppsへの接続もできないでしょう。例えば、BSCトークンやその他の仮想通貨の現物取引のみを行いたい場合は、管理型ウォレットが合理的な選択となります。しかし、バイナンスではこのようなことをしても安全ですが、どのような管理型ウォレットや取引所にも資金を託すべきではないことに注意してください。 

2. 非管理型 - 自分の秘密鍵は自分で所有します。鍵やシードフレーズを大切にしていれば、ほとんどのトレーダーや投資家にとっては最も安全な選択肢となるでしょう。この後に紹介するウォレットは、いずれもDAppsとのやり取りを可能にする非管理型の選択肢です。

3. ホットウォレット - これらの仮想通貨ウォレットはインターネットに接続されており、一般的に非管理型です (中央集権型の取引所を使用している場合を除く)。ホットウォレットは取引に便利ですが、セキュリティ上のリスクもあります。秘密鍵は公開鍵とともにオンラインで所有され、通常はユーザーが設定したパスワードでアクセスすることができます。パスワードで保護されたサービスと同様に、ハッキングやフィッシングを受ける可能性があります。また、リスクを軽減するために、2段階認証 (2FA) を使用する必要があります。

4. コールドウォレット - 秘密鍵をオフラインで専用のハードウェアに保存します。この選択肢は、BSC トークンを保持するための最も安全な方法ですが、取引やDAppsとのやりとりを行うには最も実用的ではない方法であることが多いです。

上記のように、それぞれの強みを組み合わせて使用することも簡単です。しかし、日常的なトランザクションやDeFiアプリケーションには、非管理型ホットウォレットが強固で柔軟な選択肢となります。その中でも特に人気の選択肢を紹介しましょう。


MetaMask

MetaMaskは、BSCをはじめ、EthereumPolygon、Binance Chainなどのブロックチェーンをサポートするブラウザ拡張機能とモバイルアプリの仮想通貨ウォレットです。MetaMaskは、ブロックチェーンの著名企業であるConsenSysが2016年に開発したものです。長い間、MetaMaskは自社の拡張機能のみを提供していましたが、それが今でも最も人気のある商品である理由です。 

MetaMaskのブラウザ拡張機能を使用することで、取引をしたり、スマートコントラクトやDAppsとやり取りすることができます。

metamask


また、MetaMaskでは、異なるブロックチェーンネットワークに接続することができます (カスタムメインネットを追加することができます)。また、トランザクションの署名や公開鍵・秘密鍵の管理、複数の分散型取引所 (DEX) から最適な価格を提供するスワップサービスも提供しています。MetaMaskは、そのシンプルさと使いやすさから、BSCユーザーに人気があります。


Binance Chain Wallet 

Binance Chain Walletは、バイナンスの公式ブラウザ拡張ウォレットです。現在、このウォレットはBinance Chain、BSC、Ethereumをサポートしています。取材した他のウォレットと比べると、Binance Chain Walletは最もベーシックなウォレットの1つです。主にバイナンスの取引所で仮想通貨を保有していて、たまにDAppsを利用する場合は、ウォレットダイレクト機能が役に立つかもしれません。

ウォレット接続


Binance AccountとBinance Chain Walletを接続することで、アドレスを手動で入力することなく、Binance Coin (BNB) やETHなどの仮想通貨資産を2つの間で送金することができます。興味のある方は、Binance Chain Walletの使用方法をご覧ください

bcw cta


Trust Wallet

Trust Walletは、オープンソースのモバイルウォレットアプリで、iOSとAndroidで利用することができます。また、バイナンスの公式分散型ウォレットでもあり、Ethereumエコシステムの代表的なブロックチェーンであるBSC、Binance Chainなどをサポートしています。また、シードフレーズを使用して、自分の秘密鍵に完全にアクセスすることができます。このアプリには、クレジットカードやデビットカードを使用した仮想通貨の購入や、非代替性トークン (NFT) など、いくつかの追加機能が組み込まれています。Android版では、DApps用のブラウザも用意されています。

Trust Walletには、ユーティリティトークンとガバナンストークンであるTWTがあります。トークンを保有することで、新たなブロックチェーン対応の追加や新トークンの統合などの意思決定に参加することができます。また、TWTでDEXや仮想通貨の購入をすると割引が受けられます。

Trust Wallet

Trust Walletを試してみる場合は、Trust WalletとBNB Smart Chain (BSC) の接続 に関するチュートリアルを使用して開始してください。


MathWallet

MathWalletは、仮想通貨ウォレットのブラウザ拡張機能、ウェブベースのウォレット、そしてiOSとAndroidデバイス用のモバイルアプリを提供しています。約40種類のブロックチェーンに対応しており、BSCにもいち早く対応しています。2017年にMATH Global Foundationによって設立され、Binance Labsが主導するシリーズBの資金調達ラウンドで$1,200万を調達しています。

同じウォレットを複数のデバイスで使用したい場合、MathWalletは柔軟性に富んでいます。必要に応じて、モバイルデバイス、ブラウザの拡張機能、ウェブベースのウォレットの間を簡単に移動することができます。

math wallet


SafePal

SafePalは、ハードウェアウォレットを提供する企業で、分散型のモバイルウォレットアプリも提供しています。その機能はTrust Walletと同様で、分散型金融 (DeFi) のセクションが追加されています。このセクションでは、すでに人気のあるDeFiプラットフォームやDAppsへのリンクや、ブラウザを紹介しています。お使いのデバイスでアプリを切り替えることなくDAppsにアクセスしたい場合、SafePalはiOSとAndroidの両方に適した選択肢です。また、このプロジェクトには、割引やボーナスに使用されるユーティリティトークンSFPがあります。

SafePal S1ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットSafePal S1は、TrezorデバイスやLedger Nanoと比較して、より手頃な価格で購入することができます。BSCトークンをオフラインで保管したい場合は、デバイスを安全に保つ限り、どのホットウォレットよりも高いセキュリティを提供します。ただし、DAppsを利用するには、トークンをSafePalホットウォレットに振替する必要があります。

cta2


まとめ

信頼できる安定したウォレットを持つことは、すべての仮想通貨保有者にとって優先すべきことです。ここで紹介した5つのウォレットは、ブロックチェーンコミュニティで信頼されており、世界中に数百万人のBSCユーザーがいます。BSCになると選択の幅がぐっと狭くなりますが、重要なポイントは同じです: DAppインタラクション、カストディアンシップ、ユーザビリティ、信頼性これは、あなたのユーザープロフィールにもよります。

アクティブなトレーダーにとって、非管理型ホットウォレットは、トレードのための最も迅速な方法であり、また安全性を保つことができます。DeFiを利用している方は、デスクトップからDAppsに接続してより大きなコントロールができるブラウザ拡張ウォレットの有用性を評価するでしょう。ただホールドするだけなら、シンプルなモバイル体験が適しているかもしれません。

今回お勧めしたBSCウォレットは、ハードウェアの選択肢を除けば無料で使用することができます。必要なセキュリティレベルに応じて選択し、ウォレットが確実に機能するようにすることができます。最も重要なのは、秘密鍵を所有している場合には、それを安全に管理することです