カルダノ(ADA)とは何か?
カルダノ(ADA)とは何か?
ホーム記事

カルダノ(ADA)とは何か?

初心者
1w ago
5m

要約

カルダノはプルーフ・オブ・ステークブロックチェーンプロジェクトで、まだその潜在能力を十分に発揮できていません。「第三世代」のブロックチェーンであるカルダノは、第二世代のブロックチェーンに内在するスケーラビリティの問題に対処しようとしており、待望のイーサリアム2.0のようなものです。 

カルダノの開発の特徴は、科学的な哲学と学術的な研究をふんだんに取り入れていることです。2020年のShelley(シェリー)へのアップグレードに伴い、カルダノは目標の達成に近づいています。


はじめに

カルダノプロジェクトとそれに関連する仮想通貨のADAは、2015年の開始以来、多くのコミュニティの話題を生み出してきました。カルダノの開発には学問的な厳密さが適用されており、仮想通貨の分野ではややユニークだといわれています。

カルダノプロジェクトは、チャールズ・ホスキンソン氏が設立したテクノロジー企業のインプット・アウトプット・ホンコン(IOHK)が中心となって開発されています。ホスキンソン氏は、イーサリアムの黎明期にも関わっていました。

今回はカルダノとは何か、そしてその長いロードマップにはどのような機能が計画されているのか。それを探ってみましょう。


カルダノ(ADA)とは何か?

カルダノは、ピア・レビューされた学術研究に基づいて設計された汎用ブロックチェーンです。エンジニア、数学者、科学者、ビジネスの専門家からなる学際的なチームによって開発されています。

継続的なプラットフォーム開発は、常に科学的なアプローチを用いて行われます。その作成者によると、カルダノの背後にある重要な設計原則は、セキュリティ、スケーラビリティ、および相互運用性です。

カルダノのネイティブ通貨であるADAは、イーサ(ETH)とイーサリアムの関係によく似て、カルダノのブロックチェーン上でオペレーションを行うために使用されています。

カルダノの開発は複数のビジネスユニットに分かれています。IOHKはカルダノプロトコルの開発を担当し、カルダノ財団がプロジェクトを統括し、EMURGOは事業開発と採用の推進を担当しています。また、IOHKはイーサリアム・クラシック(ETC)の開発にも携わっています。


カルダノ(ADA)のロードマップとは?

カルダノのロードマップは、主に5つのフェーズである「BYRON(バイロン)」、「SHELLEY(シェリー)」、「GOGUEN(ゴーグエン)」、「BASHO(バショー)」、「VOLTAIRE(ボルテール)」で構成されています。最初のフェーズであるBYRONでは、ADAの出金などの基本的な機能とともにネットワークのローンチが行われました。SHELLEYのハードフォークは2020年に行われ、分散化へのさらなるステップを提供しています。ノードは現在、カルダノコミュニティによって運営されており、ADA保有者によって運営されているステークプールがあります。

2020年12月時点では、機能的なスマートコントラクトをブロックチェーンプラットフォーム上にデプロイすることはできません。ロードマップでは、GOGUENアップデートの一環としてロールアウトを予定しています。GOGUENに続き、BASHOのフェーズではスケーラビリティと相互運用性の最適化に焦点を当て、VOLTAIREのフェーズではガバナンスに対応するためのトレジャリーシステムを導入する予定とされています。


カルダノ(ADA)の仕組みとは?

カルダノは「第3世代」のブロックチェーンとして設計されており、第1世代(ビットコインなど)と第2世代(イーサリアムなど)のスケーラビリティの問題を解決することを目指しています。 

この分類の支持者によると、前世代のブロックチェーンは、処理可能なスループット量が根本的に制限されるボトルネックに悩まされています。このため、世界中での大量利用を行うにあたっては非効率な選択肢となっています。この問題はBTCやETHの取引処理時間の変化から確認することができます。

カルダノは、VISAの計算能力を比較のための参考資料としています:

このネットワークは、24,000TPSの処理能力を有しており、1秒あたり平均1,736件の決済トランザクション(TPS)を処理すると報告されています。
カルダノは、いくつかの方法でスループットを向上させることを目指しています。この目標の最も重要な柱の一つは、ウロボロスと呼ばれる独自のプルーフ・オブ・ステーク(POS)コンセンサスメカニズムです。ウロボロスは、証明可能なセキュリティ保証を提供しながら、プルーフ・オブ・ワーク(POW)と比べてエネルギーコストを削減します。
さらなるスケーラビリティを実現するカルダノのレイヤー2ソリューション「ヒュドラ」は、神話上の同名生物にちなんで名付けられた。これは、ネットワークに新しいノードが追加されるたびにスループットが向上するという考え方です。

ハードフォークコンビネーターは、カルダノの重要な特徴でもあり、ブロックチェーンへのインタラプションやリスタートなしにハードフォークを可能にします。SHELLEYアップデートの成功は、このアプローチの有効性を物語っています。



カルダノ(ADA)の主な特徴

これまで述べてきたように、カルダノの強みは、その背景にある学術的・科学的な哲学にある。カルダノを開発しているチームは、基礎となる技術について90以上のホワイトペーパーを発表しています。プロジェクトには明確に定義されたロードマップがあり、一方でネットワークにはセキュリティ、スケーラビリティ、相互運用性が組み込まれていることが望まれています。

まだ運用はされていませんが、カルダノブロックチェーンは将来的にスケーラブルなスマートコントラクト機能を可能にします。VISAをライバル視し、ハードウェアの限界を理論的なゴールポストとして構築されたカルダノは、強力なフィンテックディスラプターとして使用するために必要なすべてのビルディングブロックを持っている可能性があります。

イーサリアムと同様に、カルダノのユースケースの可能性は広大です。カルダノは、その上に構築されるアプリケーションのベースレイヤーとして機能することを目的としています。

大きなプロジェクトを掲げたにもかかわらず、カルダノのロードマップはまだ完全には実現していません。カルダノはその基盤が野心的である一方で、開発には比較的時間がかかっています。


ADAトークンとは何か?

ADAは、19世紀の数学者エイダ・ラブレス氏にちなんで名付けられたカルダノのトークンです。ADA供給量の57.6%は、イニシャルコインオファリング(ICO)で分配され、カルダノは6,220万ドルを調達しました。

トークンはデジタル通貨であると同時に、カルダノのネットワーク上で取引を行うための手段でもあります(イーサリアム上の取引でEtherが必要なのと似ています)。

ADA保有者はカルダノネットワーク上でステークすることができ、ステークプールを利用することでステーキングリワードを得ることができます。カルダノのステークはバイナンス・アーンでも利用できます。


カルダノ(ADA)の保管方法

IOHKによって開発されたダイダロスは、ADAを保管するためのオープンソースのデスクトップ・ソフトウェア・ウォレットです。これはフルノードウォレットであり、すべてのカルダノブロックチェーンをダウンロードする必要があり、各トランザクションはユーザーのセキュリティを最大限に確保するために認証されます。

すべてのブロックチェーンをダウンロードする必要のないライトウォレットとしては、ヨロイウォレットとADALiteがあります。ADAは、ダイダロス、ヨロイウォレット、ADALiteを経由して、LedgerやTrezorなどのコールド・ストレージ・ハードウェアウォレットで管理することができます。


おわりに

カルダノは、仮想通貨エコシステムにブロックチェーンインフラを提供することを目的とした野心的なプロジェクトです。プロジェクトの進行は一部の人が予想するよりも遅いかもしれませんが、高い目標も掲げています。

この第3世代のブロックチェーンプロジェクトは、最終的にスマートコントラクトプラットフォームを支配するようになるのでしょうか。それとも市場に出るのが遅すぎたのでしょうか。第4世代のブロックチェーンとして、それよりも優れた機能を持つブロックチェーンが出てくるのでしょうか。これらの疑問は、カルダノがロードマップをさらに進めていく必要があるため、まだ答えが出ていません。

カルダノとダイダロスウォレットについて他にも質問がありますか?バイナンスコミュニティがあなたの質問に答えてくれるQ&Aプラットフォーム、アスク・アカデミーをチェックしてください。