Polkadot (DOT) とは?
目次
はじめに
Polkadotとは?
Polkadotのメリット
DOTトークンの説明
ポルカドットのステーキングとボンディング
まとめ
Polkadot (DOT) とは?
ホーム記事
Polkadot (DOT) とは?

Polkadot (DOT) とは?

初心者
Published Dec 15, 2020Updated Nov 18, 2021
5m

概要

Polkadotは、複数の専門的なチェーンを1つの普遍的なネットワークに接続することができる、次世代のブロックチェーンプロトコルであると位置づけています。Web3.0のためのインフラ構築に重点を置き、 – Web3は財団法人によって設立された – ポルカドットは、インターネットの独占的な状況を打破し、個々のユーザーに力を与えることを目指しています。 


はじめに

ブロックチェーンは、 Bitcoinの創業時から存在しています。画期的な技術と言われる一方で、考慮すべき欠点もあります。個々のブロックチェーンは、別のブロックチェーンと通信することができません。異なるチェーン間の 相互運用性を導入することで、データの交換が可能になり、最終的にはより強力なアプリケーションやサービスを提供することができます。

これまでも開発者は、ブロックチェーンの「ブリッジ」を試みてきました。そうすることで、チェーンAがチェーンBと連携したり、逆にチェーンAがチェーンBと連携したりすることができます。しかし、多くの (数百、数千と思われる) ブロックチェーンを同時に接続することは依然として緊急の課題となっています。Polkadot社のチーム、ひいてはWeb3 Foundationは、今後数年間でエレガントなソリューションを作成できると確信しています。


Polkadotとは?

人々のために作成されたオープンソースのプロトコルであるポルカドットは、ブロックチェーン技術の進化の次のステップであると主張しています。これは、 Ethereumの共同創設者であるGavin Wood博士が最初に構想したコンセプトです。チームは、セキュリティ、スケーラビリティ、そしてイノベーションに力を注ぎたいと考えています。そのためには、新しいアイデアやコンセプトをサポートするだけでなく、適切な相互運用性を実現するために必要なインフラを構築する必要があります。
Polkadotのエコシステムにおける個々のブロックチェーンを パラチェーン (パラレルブロックチェーン) と呼び、メインチェーンをリレーチェーンと呼びます。パラチェーンとリレーチェーンは、いつでも簡単に情報交換ができるという考えです。パラチェーンは ETH2.0の実装予定の個々のシャードのようなものと考えることができます。

開発者や企業、個人は誰でも、仮想通貨や分散型システムを構築するためのフレームワークSubstrateを使用して、カスタムパラチェーンを構築することができます。カスタムチェーンがPolkadotネットワークに接続されると、ネットワーク上にある他のすべてのパラチェーンと相互運用が可能になります。 

このデザインにより、クロスチェーンのアプリケーション、製品、サービスをより簡単に構築できるようになります。データや資産のクロスブロックチェーン振替は、これまで大規模には行えませんでした。

これらの異なるパラチェーン間でのデータの保護と検証は、ネットワーク・バリデーターを介して行われ、これらのバリデーターの小さなセットが複数のパラチェーンを保護することができるます。また、これらのバリデーターは、スケーラビリティを向上させるために、トランザクションを複数のパラチェーンに分散できるようにします。


Polkadotのメリット

開発者がPolkadotのエコシステムを検討する理由は様々です。現在のブロックチェーンは限定的な性質を保有しているため、いくつかの核となる問題が存在します: スケーリング、カスタマイゼーション、相互運用性、ガバナンス、アップグレード性などです。

スケーリング面では、Polkadotは多くの項目をチェックしています。マルチチェーンネットワークとして機能し、異なる個別のチェーン間で並行して振替を処理することができます。これにより、現在のブロックチェーン技術に関連する最大の障害の1つが取り除かれます。並列処理は大幅に改善され、世界的なブロックチェーンの普及への道を開くことができます。

カスタマイズしたい方は、Polkadotが提供する他の機能を利用することもできます。現在のところ 「すべてを支配する1つのブロックチェーンインフラ」は存在しません。すべてのプロジェクトには、それぞれのニーズや要件があります。ポルカドットでは、個々のチェーンがその特定の機能に最適なデザインを持つことができます。Substrateを介せば、開発者はプロジェクトのニーズに合わせて、個々のチェーンを効率的に適応させることができます。

相互運用性の面では、プロジェクトやアプリケーションがシームレスにデータを共有することが大きな要因となります。どのような商品やサービスが生成されるかはまだ不明ですが、さまざまなユースケースが考えられます。これにより、各パラチェーンが1つずつ特定の側面を担当することで、全く新しい金融のエコシステムを構築することができます。

特定のパラチェーンに関連するコミュニティは、自身のネットワークを自由に管理することができます。さらに、すべてのコミュニティは、Polkadot全体の将来のガバナンスにとって重要となります。コミュニティからのフィードバックを集めることで、プロジェクトを進化させるための貴重なインサイトを得ることができます。

また、Polkadotでは、個々のパラチェーンを簡単にアップグレードすることができます。コミュニティを分裂させてしまうような ハードフォークは必要ありません。その代わり、ネイティブチェーンは摩擦のない方法でアップグレードすることができます。 

DOTトークンの説明

他の多くのブロックチェーン・インフラストラクチャ・プロジェクトと同様に、ポルカドットにも独自のネイティブトークンが存在します。DOTと呼ばれ、EthereumのトークンであるETHやBitcoinのトークンであるBTCのように、ネットワークトークンとしての役割を果たしています。

このトークンにはいくつかの使用例があります。まず、すべてのトークン保有者には、Polkadotプラットフォーム全体のガバナンス権が付与されます。これには、ネットワーク手数料の決定、ネットワーク全体のアップグレードに関する投票、パラチェーンの導入および、撤去などが含まれます。

また、DOTはステーキングによってネットワークのコンセンサスを促進するように設計されています。ステーキングを行う他のネットワークと同様に、すべてのDOT所有者は、常にルールに沿ってプレイすることが求められます。どうしてでしょうか?ルールに従わない場合、ステークを失う可能性があります。

3つ目のオプションは、DOTを使用してボンディングすることです。これは、Polkadotのエコシステムに新しいパラチェーンが追加された際、必要となります。ボンディング期間中、ボンディングされたDOTはロックされます。ボンディング期間が終了し、パラチェーンがエコシステムから取り外されると解除されます。 


ポルカドットのステーキングとボンディング

Polkadot社の相互運用性への取り組みは、データや資産の交換だけにとどまりません。誠実なトークンのステークやボンディングトークンのインセンティブを与えるなど、新しいコンセプトを導入する方法でもあります。

トークンをブロックチェーンネットワークにステークすることは、新しいコンセプトではありません。 プルーフ・オブ・ステーク (PoS) と呼ばれるこのコンセンサスモデルは、ネットワークにコインをステークしたユーザーに報酬を与えることで機能します。Polkadotでは、誠実なステークユーザーは報われますが、悪質なステークユーザーはすべての出資金を失うことになります。

上述したように、新しいパラチェーンはすべてDOTトークンの結合によって追加されます。ボンディングとは、特定の期間、ネットワークにトークンをコミットすることを指します。役に立たないチェーンや、メンテナンスが行われなくなったプロジェクトは削除され、ボンディングトークンが返還されます。


まとめ

Polkadotを開発者にとって魅力的なものにするためには、さまざまな工夫が必要です。それは、個々のプログラマだけでなく、中小企業や大企業にも対応できるエコシステムです。特定のニーズに合わせてカスタムメイドのブロックチェーンを展開し、手間をかけずにアップグレードできるというのは、クリプト全体にとって価値のある斬新なコンセプトだと考慮しています。

とはいえ、Polkadotはまだ非常に若いエコシステムです。何十ものプロジェクトが開発中であっても、最初の大きなプロジェクトがローンチするまでには時間を要します。 PolkaProjectによると、ウォレットからインフラプロジェクト、ツール、DAppsなどにまたがる数百ものプロジェクトが開発されています。

DOTが懸念しているように、Polkadotの制作者はこれが投機のためにデザインされたトークンではないと主張しています。取引所では金銭的価値がありますが、主に上記のような目的のために設計されています。

Polkadotやブロックチェーンについて他に質問がありますか?Q&Aプラットフォームの Ask Academyでは、バイナンスコミュニティがお客様の質問に答えてくれます。