バーガースワップのガイド
バーガースワップのガイド
ホーム記事

バーガースワップのガイド

初心者
2mo ago
4m

要約

バーガースワップはバイナンス・スマートチェーン(BSC)上で動作するDeFiプロトコルです。これにより、BSCで発行されたトークン間でスワップを行うことができ、これらの分散型市場に流動性を提供することで報酬を得ることができます。

ユニスワップやスシスワップのような他の類似DeFiプロジェクトとは異なり、バーガースワップでは通常の流動性提供者(LP)トークンは存在しません。その代わり、適格なペアに流動性を提供している人は、プールのシェアを表すバーガートークンを受け取ります。


バーガースワップとは?

バーガースワップはバイナンス・スマートチェーン(BSC)上に構築されたDeFiプロトコルです。バーガースワップは自動マーケットメイカー(AMM)モデルを採用した分散型取引所(DEX)として動作します。パンケーキスワップやベーカリースワップなどのプロトコルに似ており、ユーザーは流動性を提供することでトークンを稼ぐことができます。 


メタマスクとバーガースワップの接続

メタマスクウォレットをバーガースワップに接続する前に、バイナンス・スマートチェーンにウォレットを接続する必要があります。接続方法がわからない場合は、「メタマスクをバイナンス・スマートチェーンに接続する」をご覧ください。
次に、バーガースワップのホームページ(https://burgerswap.org)にアクセスします。 「ウォレットを接続する」ボタンをクリックします。メインネット・イーサリアムネットワークからバイナンス・スマートチェーンに切り替えたことを確認します。

ウォレットを接続すると、バーガースワップのコモディティ(スワップ、プール、ガバナンス、ブリッジなど)を表示・案内ができるようになります。


バーガースワップの使い方

バーガースワップでは、多くのBEP-20トークン(つまりBSC上で動作している仮想通貨)をスワップすることができます。利用可能なペアのリストはこちらで確認できます。

例えば、BNBをBURGERとスワップしたい場合、スワップタブにて、スワップを希望するBNBの金額を入力し、スワップボタンをクリックします。


トークンのスワップ前に、プライス・インパクトや取引手数料などを必ず確認しておきましょう。


バーガースワッププールに流動性を追加する方法

ユーザーは誰でもバーガースワップ・プラットフォームに流動性を提供(トークンを追加)することができます。これらのトークンは、新しい流動性プールを作成したり、既存のプールに追加したりするために使用することができます。

流動性を提供するには、プールタブに移動し、「流動性の追加」をクリックし、トークンペアを選択します。プールに流動性を追加し、ブロックチェーントランザクションを行う前に、承認ボタンをクリックする必要があることに注意してください。このトランザクションにより、あなたのトークンがバーガースワップコントラクトで使用できるようになります。トランザクションの完了後、流動性の追加に進むことができます。


プールに流動性を追加すると、プールのシェアに比例してバーガートークンを受け取ることができます。詳細はバーガースワップのガイドを参照してください。


バーガースワップガバナンス

バーガースワップガバナンスのタブでは、BURGERトークンをステークすることができます。新しいガバナンスの提案を作成したり、既存の提案に投票したりするには、BURGERをステークする必要があります。


バーガースワップ・クロスチェーンブリッジ

バーガースワップはBSC上で動作するため、BEP-20トークンを使った取引や流動性の提供しかできません。しかし、バーガースワップでは、任意のERC-20トークンをラップされたBEP-20バージョン(bTokens)にコンバートすることができるクロスチェーンブリッジサービスを提供しています。これは、イーサリアム上でトークン化されたビットコインの一部がどのように作成されるかに似ています。この場合、コンバートはERC-20トークンとBEP-20トークンの間で行われます。


バーガースワップ取引所には、BTC、ETH、BCH、XRPなどのネイティブなBSCトークンではない仮想通貨がたくさんリストされていることにお気づきでしょうか。これらは、ブリッジ(bTokens)を介して、またはバイナンスの出金を介して、BEP-20トークンにコンバートされているため、BSCネットワーク上でのみ取引することができます。

その間にイーサリアムとBSCブロックチェーン間でメタマスク・ネットワークを入れ替える必要があるかもしれないことを覚えておいてください。また、bTokenは、それぞれのBNBとBURGERのペア(bToken/BNBとbToken/BURGER)に十分な流動性が提供されている場合にのみ取引が可能です。そのため、取引を承認する前にプライスインパクトに注目しておくことが重要です。流動性の低いペアを取引すると、あなたの取引に多額のスリッページが発生する可能性があります。



ファーミングBURGER

バーガースワップでは、BURGER、USDT、BNBのリワードを提供しています。ユーザーは、流動性を提供することとガバナンスに参加することの2つの異なる方法でトークンをファームすることができます。

バーガースワップに流動性を提供すると、プールのシェアに比例してBURGERトークンを受け取ることができます。流動性を提供し続けている限り、報酬を受け取ることができます。

2020年11月現在、バーガースワップは全ペアに対して0.3%の取引手数料を徴収しており、その一部は流動性提供者に配分されています。また、新しいブロック毎に生成されたBURGERの取分を受け取ります。

あるいは、ユーザーは投票システムを通じてプロジェクトのガバナンスに参加することで報酬を受け取ることができます。

また、バーガースワップは取引手数料から獲得したBURGERの一部を破壊するバーン・メカニズムを実装しています。

まとめると、報酬配分率は次の通りです。

  • 報酬の40%は、プラットフォーム上の流動性提供者に配分されます。
  • 報酬の30%は、ガバナンス/投票の参加者に配分されます。
  • 報酬の30%は永遠にバーンされます。

新しいユーザーが新たな提案をして投票することで、料金が変更されることがあります。


バーガースワップは安全なのか?

ブロックチェーンセキュリティ企業のBeosinは、2020年9月にスマートコントラクトの初期バージョンを監査しました。2020年11月現在、バーガースワップの問題は報告されていません。

しかし、スマートコントラクトに入金することは、コード監査の際に気づかなかったバグがあるかもしれないため、常にリスクがあります。損失が発生した場合に困る資金を入金してはいけません。

 

おわりに

バーガースワップは、バイナンス・スマートチェーンで最初に立ち上げられたDeFiプロジェクトの1つです。他のプラットフォームとの類似性にもかかわらず、バーガースワップはクロスチェーンブリッジやガバナンスシステムなどのユニークな機能を提供しています。

イールドファーミングやステーキングについて他にもご質問はありますか?バイナンスコミュニティがあなたの質問に答えてくれるQ&Aプラットフォーム、アスクアカデミーをチェックしてみてください。