ベーシックアテンショントークン(BAT)とは?
ベーシックアテンショントークン(BAT)とは?
ホーム記事

ベーシックアテンショントークン(BAT)とは?

初心者
1w ago
4m

要約

「デジタル広告は壊れている」この前提が、BAT(ベーシックアテンショントークン)が解決しようとしていることです。それは具体的にどのようなことをするのでしょうか?広告でユーザーの注目に報い、クリエイターに還元することです。

ブレイブブラウザを搭載したBATは、従来の広告モデルを変えるように設定されています。この新しいデザインは、ユーザーやクリエイター、さらには広告会社にも利益をもたらす可能性があるという考えです。


はじめに

ウェブのトップマインドの一人であり、Javascriptの生みの親であり、Mozilla.orgの共同創設者でもあるブレンダン・アイクによってデザインされたイーサリアムベースのベーシックアテンショントークンは、ウェブの最大の問題の一つである広告に取り組んでいます。

BATは、注目度に応じてウェブユーザーやコンテンツ制作者に報酬を与えることを目的としています。トークンは、ユーザーのオンライン活動に応じてユーザーに配布され、ユーザーの注目度に応じてクリエイターに配布されます。広告スペースもBATで購入することができます。この仮想通貨はどのように機能し、ブレイブブラウザはどのように画像に収まるのでしょうか?それを探ってみましょう。


ベーシックアテンショントークン(BAT)とは?

BATは、ユーザーと広告主の両方に報酬を与えることを目的としたERC-20トークンです。ユーザーは広告を見てそれに応じて報酬を受け取り、クリエイターはユーザーの注目度に応じて報酬を受け取ります。BATは「アテンションエコノミー」と呼ばれるもので、注目度を収益化します。
BATのリワード機能は、プライバシーを重視したウェブブラウザ「ブレイブ」でのみ利用可能です。ブレイブは、サードパーティの広告やトラッカーをデフォルトでブロックし、Torとのネイティブ統合も行っています。また、BATはブレイブ内で広告スペースを購入したり、コンテンツ作成者にチップを渡すためにも使用されます。
BATの取引にブレイブは必要ありませんが、ブレイブを使用することでトークンの威力が発揮されます。それでも、取引やホールドだけしたい場合は、バイナンスで行うことができます。


ベーシックアテンショントークン(BAT)の仕組み

ブレイブブラウザをダウンロードすると、ユーザーはブレイブリワードに加入することができます。これは、ブラウザを使用してBATを獲得する方法です。

具体的にはブレイブを閲覧して広告を見ることで、コンテンツの注目度に応じて、クリエイターに報酬が与えられます。また、ユーザーは気に入ったコンテンツ制作者にBATを渡すことができます。広告主は、ユーザーの画面スペースの一部としてBATを使うこともできます。

ブレイブリワードを通じたBAT出金は、アップホールド・プラットフォームを使用して行われます。これは、出金手数料もアップホールドが負担することを意味します。デフォルトでは、ブレイブリワードを有効にして使用するために本人確認は必要ありません。ただし、収益を引き出したり、プラットフォームに1,000ドル以上入金する場合は、KYC情報を提供する必要があります。


ベーシックアテンショントークン(BAT)が重要な理由

ベーシックアテンショントークン(BAT)は、デスクトップからモバイルへの移行が進む中で、オンライン広告が解決できなかった問題を解決するために設計されています。ウェブサイトはモバイルでも表示されるように設計されていますが、広告サーバーはブラウジングの速度を大幅に低下させる可能性があるため、必ずしも同じことが言えるわけではありません。

BATの計算によると、2018年に広告はモバイルユーザーに月に最大23ドルのデータコストをかけ、モバイルバッテリーの21%をかじっていたという。さらに、広告は多くの人にとって歓迎されない気晴らしになり、プライバシー侵害の原因になることも少なくありません。

一方で、従来のパブリッシャーも、現状のブラウザ広告の状況から広告収入を失っています。ブレイブは、関係者全員にとってより報われる新しいシステムの導入を目指しています。


ベーシックアテンショントークン(BAT)の活用事例

広告主は、米ドルとは対照的に、BATを使用してブレイブ上の広告スペースを購入することができます。グーグル、フェイスブック、または他の広告プラットフォームと同様に、ビュー、クリック、コンバージョンなどのメトリクスを表示することができます。

もう一つの重要なユースケースは、メタデータに関するものです。メタデータが非常に貴重な情報であることは周知の事実です。しかし、データを生成したユーザーは、通常、何も見返りを受け取らない。ブレイブとBATは、プライベートなメタデータを提供してくれたユーザーに恩返しをすることを目的としています。

自分のウェブサイト、出版物、YouTubeチャンネル、またはTwitchアカウントを持っている人や組織は、コンテンツクリエイターとして登録することができます。登録すると、ユーザーは、最も価値のあるコンテンツを提供していると思われる場合に、BATでチップを渡すことができます。このようなモデルは、ウェブ上で最も有用なコンテンツに報いるための、より有利な空間を生み出す可能性があります。

DeFiに興味がある方は、Maker DAOでBATを担保にしてDAIを相手にミントすることもできます。



ベーシックアテンショントークン(BAT)の保存方法

BATはブレイブブラウザ内のアップホールド・ウォレットに保存されます。2020年12月現在、ブレイブリワードからBATの収益を移行できるのはここだけです。前述したように、アップホールドから収益を引き出したい場合は、KYC情報を提供する必要があります。

その他、BATはイーサリアム・ブロックチェーン上のERC-20トークンです。たくさんの場所に保管することができます。これらには、バイナンスなどの取引所、ウェブウォレットやモバイルウォレット、ハードウェアウォレットなどがあります。レジャートレザーもBATの保有をサポートしています。


おわりに

BATとブレイブエコシステムは、デジタル広告業界を破壊することを目指しています。より透明性の高いブロックチェーンベースの広告モデルへの移行は、ユーザー、クリエイター、そして広告会社にとっても勝利を意味します。

ブレイブは、ウェブ上で広告を行うためのより良い方法かもしれません。より多くの人がブレイブリワードにオプトインし、より多くの企業が広告オークションに参加すれば、BATには成長の余地がたくさんあります。

ベーシックアテンショントークンについて他に質問がありますか?バイナンスコミュニティがあなたの質問に答えてくれるQ&Aプラットフォーム、アスク・アカデミーをチェックしてみてください。