MakerDAO (DAI) とは?
目次
はじめに
MakerDAOとは?
DAIとは?
仮想通貨による担保の仕組み
DAIの余剰担保とは?
CDP (担保付き債務ポジション) とは?
Maker Vaultsとは?
DAIの価格が安定している理由
DAIのユースケース
DAIの購入方法
MakerDAOのガバナンスシステムへの参加方法
まとめ
MakerDAO (DAI) とは?
ホーム記事
MakerDAO (DAI) とは?

MakerDAO (DAI) とは?

中級者
公開済 Dec 4, 2020更新済 May 19, 2022
9m

概要

MakerDAOは、ドルにペッグされた仮想通貨担保型のステーブルコインのDAIを持つ、分散型金融 (DeFi) プロジェクトです。そのコミュニティは、DAO (分散自律型組織) を介してコインを管理しています。ユーザーは、仮想通貨を一定の清算率で「Maker Vault」にロックすることでDAIを発行します。例えば、清算率が125%の場合、$1分のDAIごとに $1.25の仮想通貨での担保価値が必要となります。

このステーブルコインは、仮想通貨の価格変動を考慮して、余裕のある担保率が設定されており、またStability Fee (安定手数料) も請求されます。担保率が清算率を下回った場合、担保とした仮想通貨は清算され、損失の解消に使用されます。

DAIのDAOがStability FeeとDAI Saving Rate (以下、DSR) をコントロールしているため、DAIは安定しています。Stability Feeは、DAIを発行するためのコストを変動させることで、DAIの供給量を調整します。DAIのSavings Rateはコインの需要に影響し、投資家のDAIのステーキングに対するリターンが変わります。DAIの価格がペッグされている$1から外れると、DAOはこの2つのメカニズムを使用してDAIの価格を元に戻そうとします。

DAIには、他のステーブルコインや仮想通貨と同様のメリットがあります。世界中に簡単に送金したり、決済に使用したり、利益や損失を確定させることができます。DAIをレバレッジとして利用し、DAI Savings Rateコントラクトで運用して金利を得ることもできます。

ガバナンス投票とエグゼクティブ投票に参加するための議決権を得るために、ユーザーはMKRトークンを購入する必要があります。これらは、Stability Fee、DAI Savings Fee、チーム、スマートコントラクトなどのテーマを変更するために使用されます。


はじめに

ステーブルコインは、伝統的な金融とデジタル資産の中間的な存在として、大きな人気を集めている仮想通貨です。これらのブロックチェーンベースのトークンは、仮想通貨のように動作しながら法定通貨の価値にペッグしているため、利益や損失を確定させるのに有用です。

現在までのところ、最大の時価総額を持つステーブルコインは法定通貨による裏付けがなされています。これらは、ステーブルコインの裏付けとなる準備金を供給することで運営されています。しかし、仮想通貨を裏付け資産として使用しているステーブルコインも人気があります。この記事では、仮想通貨を裏付け資産としているステーブルコインの中で、最も有名な例の一つであるMakerDAOについて、変動の激しい担保でどのようにして$1のペッグを維持しているのか、その方法を具体的に見ていきます。


MakerDAOとは?

MakerDAOは、2017年12月にRune ChristensenがローンチしたEthereum (ETH) のプロジェクトです。このプロジェクトは、ドルにペッグされた仮想通貨担保型ステーブルコインのDAIの発行に取り組んでいます。MakerDAOのエコシステムでは、開発者グループや単一の事業体がDAOを運営するのではなく、プロジェクトの提案や決定に対して、ガバナンストークンであるMKRを使用した投票によって、運営しています。このガバナンスモデルは、DAO (分散型自律組織) と呼ばれています。

ユーザーはOasis DAppを使用して、MakerDAOにアクセスします。ここでは、担保ローンの作成、ガバナンスへの参加、既存のMaker Vaultsの管理などを行うことができます。これらは、スマートコントラクトとゲーム理論によって維持されており、そのおかげでDAIは比較的安定した価値を維持することができています。DAIは、法定通貨ベースのステーブルコインと同じように使用することができ、同じメリットを得ることができます。


DAIとは?

DAIは、ドルに連動するMakerDAOのステーブルコインで、時価総額が最大のステーブルコインおよび仮想通貨の1つです。ユーザーがより多くのDAIを発行するための担保を供給し続ける限り、このERC-20トークンの供給量には制限はありません。
MakerDAOは、法定通貨による準備金ではなく、仮想通貨による担保を使ってペッグを維持しています。ボラティリティが高いことで知られる仮想通貨が、ステーブルコインの裏付けとなるのは、少し不可解かもしれません。簡単に説明するならば、ユーザーがDAIを発行するために預けないといけない仮想通貨の総額は、受け取るステーブルコインの総額よりもはるかに高い額が設定されているので成立しています。これにより、担保となっている仮想通貨の価格下落に対する余裕が生まれます。

他のステーブルコインと同様に、DAIを使用することにはいくつかのメリットがあります。

1. 安定性が求められる支出により適しています。小売業者や個人は、一晩で価値が変わるような仮想通貨での支払いを必ずしも望んでいるわけではありません。
2. ブロックチェーンのあらゆるメリットが、DAIのメリットとなります。ステーブルコインは、銀行口座がなくても世界中に送金することができます。また、正しく保管されていれば、非常に安全です。
3. 利益や損失を確定したり、リスクをヘッジしたりするために使用することができます。DAIは、ポートフォリオの全体的なリスクの一部を相殺し、オンチェーンのままポジションをエントリーまたはエグジットするのに役立つ方法です。


仮想通貨による担保の仕組み

担保は、伝統的な金融ではよく見られる概念で、皆さんもきっとご存じでしょう。融資を受ける際には、価値のあるものを担保として提供する必要があります。担保は、返済ができなくなった場合の補填に使用されます。

現物資産や法定通貨による担保

担保のわかりやすい例が質屋です。質屋では、預金などの代わりに宝石を担保として、現金を借りることができます。その後は、ローンの返済に加えて、担保を取り戻すための手数料をお支払いするか、質屋が担保を保持して損失を回収するかのどちらかになります。担保はセーフティネットの役割を果たすもので、住宅ローンや自動車ローンにも同じ考え方が当てはまります。これらの場合、現物資産 (物件や車) が担保として機能します。

BUSDのような法定通貨担保型のステーブルコインは、法定通貨を担保としています。ユーザーは現金 (担保) を渡し、代わりにトークンを受け取ります。ユーザーは望めば、受け取ったトークンを返済することで担保を返してもらうことができますが、望まない限りは発行者が保管します。この仕組みにより、BUSDを$1に価格をペッグさせ続けるためのアービトラージが可能になります。詳しくは、 ステーブルコインとはをご覧ください。

仮想通貨担保

DAIのような仮想通貨担保型のステーブルコインは、法定通貨ではなく仮想通貨を担保としています。スマートコントラクトでは、「入金されたETHの枚数に応じてX枚のステーブルコイントークンを発行する」というルールで資金を管理します。そして、償還する場合はX枚のステーブルコインが返却されたら、Z枚のETHを戻すというルールで管理されています。必要な担保の正確な枚数は、トークンを発行するプロジェクトに委ねられています。この比率は、主に担保資産のボラティリティとリスクに依存します。


DAIの余剰担保とは?

法定通貨、貴金属、不動産など、安定していて比較的リスクの少ない資産が担保としてよく使われます。先述の通り、仮想通貨を担保として使用することは、が大きな価格変動が発生する可能性があるため、貸し手にとってはリスクが高くなりますドルにペッグされた400枚のトークンの担保として、$400分のETHを担保として要求するプロジェクトを想像してみてください。

ETHの価格が急に下がってしまうと、貸し手の担保が貸し出したローンをカバーできなくなってしまいます。この問題に対する答えは余剰担保です。貸し手は、ドル建てのステーブルコインを400枚貸し出す際に、代わりに$600分のETHを担保として要求します。


CDP (担保付き債務ポジション) とは?

MakerDAOは何年も前から余剰担保を使用して、合理的に信頼できるペグを維持してきました。スマートコントラクトがDAI発行プロセスを管理するため、人の手を介さずに効率的に動作します。DAIステーブルコインを借りたいときは、CDPスマートコントラクトで仮想通貨をロックします。このCDPでは、清算率 、例えば1.5倍と設定されており、この場合$100のDAIを発行するには、$150のETHを担保として提供する必要があります。ユーザーは必要に応じて担保をさらに追加し、リスクを減らすことができます。担保金額が150%(1.5倍)を下回ると、ペナルティ・フィーが発生します。最終的に、ユーザーは、追加された金利でDAIを返済できなければ、清算のリスクを負うことになります (Stability Fee)。


Maker Vaultsとは?

Maker Vaultsで、ユーザーは担保を預け、DAIを発行します。これによって、複数の異なる仮想通貨を同時に担保として使用することができます。また、Maker Vaultは、ユーザーが返却した後、DAIをバーンします。プロセスは以下の通りです。

1. サポートされている仮想通貨をMaker Protocolに入金します。

2. 入金したことで、Maker Vaultのポジションがオープンされます。

3. 担保金額に応じたDAIを引き出すことができます。また、Stability Feeのお支払いも必要となります。

4. 担保とした仮想通貨を取り戻すために、引き出したDAIを返済します。

DAIの発行や償還、担保の追加や引出はいつでも自由に行えます。ただし、Vaultに表示されている清算率を維持する必要があります。この比率を下回ると、Vaultはあなたの担保を清算します。


DAIの価格が安定している理由

CDPの仕組みは、貸し手であるMakerDAOのリスクを軽減するだけでなく、DAIのドル価格へのペッグにも役立ちます。MakerDAOは、DAIの需要と供給を操作するために、Stability FeeとDAI Savings Rate (DAI Savings Rateのスマートコントラクトでステーキングを行っているユーザーにお支払いされる金利) を変更する投票を行うこともできます。これら3つのツールが連動することで、DAIの$1ペッグは維持されています。それでは、その仕組みをより具体的に見ていきましょう。

1. DAIが$1を下回った場合、システムはユーザーにとってDAIを返済し、担保を回収し、DAIをバーンすることが魅力的なようにします。これを実現するには、Stability Feeを引き上げて、借入を割高にする必要があります。また、DAOはDAIのSaving Rateを高め、トークンへの投資需要を高めることができます。

2. DAIの価格がペグされる$1を上回っている時は、この逆を行います。DAOは、Stability Feeが下がった場合にDAIを発行するインセンティブを作ります。これにより新たなDAIが発行され、総供給量が増えて価格が下がります。また、MakerDAOは、DAIのSaving Rateを下げることでDAIの需要を減らし、投資家は他の場所で利息を得ようとします。


DAIのユースケース

前述の通り、DAIは他のステーブルコインと同様に使用され、同じメリットを持っています。そもそも、自分でDAIを発行する必要もなく、バイナンスのような仮想通貨取引所でDAIを購入することができます。また、DAIにはいくつかのユニークなユースケースがあります。

1.レバレッジ - ETHを$1,000相当分持っていて、将来的にその価格が上昇すると思っているとします。しかし、現在、ETHを買うための余剰資金がないとします。そのような時、ETHを担保にしてDAIを発行し、そのDAIを使用してさらにETHを購入することができます。ETHの価格が上昇してキャッシュアウトしたくなったら、その一部をDAIトークンで売って、担保を回収することができます。
2.DAI Savings Rate-DAIを「DAI Savings Rate」のスマートコントラクトに預けることで、金利を得ることができます。ここの利率は、DAOがDAIの価格をコントロールしようとすると変動します。


DAIの購入方法

DAIは、バイナンスをはじめとする大手仮想通貨取引所で購入することができます。アカウントを作成し、本人認証を行った後、クレジットカードまたはデビットカードで直接DAIを購入することができます
上部のフィールドでお支払いを希望する法定通貨を選択し、下部のフィールドでDAIを選択します。その後、アカウントにカードを追加するための手順が表示されます。また、希望すれば、「exchange view」を利用して、DAIを他の仮想通貨に交換することもできます。


MakerDAOのガバナンスシステムへの参加方法

MakerDAOのガバナンスに参加するには、このプロジェクトのガバナンストークン であるMKR を保有する必要があります。このトークンの最大供給量は1,005,577 MKRで、発行時に約40%がチームと初期投資家に分配されました。DAIのDAOが残りの60%を将来の販売のために保有しています。
MKR保有者は、プラットフォームのStability Fee、DAI Savings Rate、Liquidation Ratioなどの変更に投票することができます。そして、行使できる議決権は、保有するDAIの枚数に比例します。MakerDAOのガバナンスポータルにアクセスすると、現在の投票状況を確認したり、投票に参加したりすることができます。

ガバナンス投票

ガバナンス投票では、ユーザーが非技術的な提案を作成し、他のMKRホルダーがその提案に対する賛否などを投票できるようになっています。例えば、ガバナンス、目標、チーム、予算などの変更が投票のテーマとして考えられます。ガバナンス投票は、優先順位付投票の仕組みを利用しています。つまり、複数の選択肢の中から順位をつけることができます。

エグゼクティブ投票

エグゼクティブ投票はスマートコントラクトに対する技術的な変更に関連します。提案は、Continuous Approval Voting (継続的な承認投票) システムを使用しており、常に新しい競合する提案が導入される可能性があります。エグゼクティブ投票では、スマートコントラクトのコードが変更され、手数料や担保の調整などが行われます。ガバナンス投票で投票された変更の中には、実行するには、エグゼクティブ投票が必要なものもあります。


まとめ

DAIは最も流通している、仮想通貨担保型ステーブルコインとして成功しています。このシステムは、法定通貨の担保なしで、仮想通貨のボラティリティを軽減するもので、非常に優れたものです。また、DAOの歴史における重要性も忘れてはいけません。MakerDAOは、後に続く数多くのDAOのための道を開拓してきた、最も歴史があり、規模も最大のDAOです。DAIを試してみる場合、他のステーブルコインと同じリスクがあることは忘れないでください。