アービトラージ・トレードとは?
目次
はじめに
アービトラージ・トレードとは?
アービトラージ・トレードの種類
アービトラージ・トレードのリスク
まとめ
アービトラージ・トレードとは?
ホーム記事
アービトラージ・トレードとは?

アービトラージ・トレードとは?

初心者
Published Nov 18, 2020Updated Dec 2, 2021
5m

概要

アービトラージ・トレードとは、市場間の価格差を利用した比較的リスクの低い 取引戦略です。大半の場合、同じ資産 ( Bitcoinなど) を異なる取引所で売買することになります。Bitcoinの価格は、理論的にはバイナンスと他の取引所で同一になるはずのため、双方の間に差があれば、それはアービトラージの機会である可能性が高いです。

これはトレードの世界では非常に一般的な戦略ですが、ほとんどが大手金融機関のツールとなっています。仮想通貨のおかげで金融市場が民主化されたことで、仮想通貨トレーダーにもチャンスが巡ってきたのかもしれません。


はじめに

もし、自分に利益のあるトレードを保証できる場合、それはどのようなものなのか、儲かることが、トレードをはじめる前から分かっていなければなりません。そのような優位性を持つことができる人は、それができなくなるまで利用します。

利益が保証されているわけではありませんが、アービトラージ・トレードはそれに近いものがあります。トレーダーたちは、このようなトレードを行う機会を得るために猛烈な競争をしています。そのため、アービトラージ・トレードの利益は非常に小さく、1回のトレードのスピードと出来高に大きく依存します。そして、アービトラージ・トレードのほとんどは、 高頻度取引 (HFT) 企業が開発したアルゴリズムによって行われています。


アービトラージ・トレードとは?

アービトラージ・トレードとは、ある市場で資産を購入し、別の市場で売却することで同時に利益を得ることを目的とした取引戦略です。これは、異なる取引所でトレードされている同一の資産間で行われることがほとんどです。これらの金融商品の価格差は、文字通り同じ資産であるため、理論的にはゼロになるはずです。

アービトラージ・トレーダーまたはアービトラージの課題は、この価格差を見つけ出すだけでなく、素早くトレードを行うことです。他のアービトラージ・トレーダーもこの価格差 (スプレッド) を見ている可能性が高いため、収益のウィンドウは非常に早くクローズしてしまいます。

その上、アービトラージトレードは一般的に低リスクであるため、リターンは一般的に低いものとなります。つまり、アービトラージ・トレーダーは素早く行動しなければならないだけでなく、それに見合うだけの多くの資金が必要なのです。

仮想通貨トレーダーが利用できるアービトラージ・トレードにはどのような種類があるのか気になるところです。活用すべき種類がありますので、さっそくご紹介します。 


アービトラージ・トレードの種類

アービトラージ・トレードには様々な種類があり、世界中の様々な市場でトレーダーが利用しています。しかし、仮想通貨トレーダーに関しては、かなり一般的に使用されている明確な種類があります。


アービトラージ取引所

最も一般的なタイプのアービトラージ・トレードは、取引所でのアービトラージ・トレードです。これは、トレーダーが1つの取引所で同じ仮想通貨を購入し、別の取引所で売却することです。

仮想通貨の価格はすぐに変化します。異なる取引所の同一資産の オーダーブックを見てみると、同じ時間に全く同じ価格になることはほとんどないことがわかります。そこで登場するのがアービトラージ・トレーダーです。この小さな価格の違いを利用して利益を得ようとするのです。これにより、異なる取引所で価格が相対的に一定の範囲内に収まるため、基礎的な市場がより 効率的になります。その意味で、市場の非効率性はチャンスでもあります。

実際にはどうように機能するのでしょうか? バイナンスと他の取引所でBitcoinの価格差があったとします。これを見たアービトラージ・トレードのトレーダーは、価格の低い取引所でBitcoinを購入し、価格の高い取引所で売却したいと考えるでしょう。もちろん、タイミングと実行が重要になります。Bitcoinは比較的成熟した市場であり、取引所のアービトラージ機会は非常に小さいウィンドウになる傾向があります。


資金調達率アービトラージ

また、仮想通貨デリバティブのトレーダーによく見られるアービトラージ・トレードは、資金調達率アービトラージです。これは、トレーダーが仮想通貨を購入し、その価格変動を、仮想通貨の購入コストよりも低い資金調達率を持つ同じ仮想通貨の先物契約でヘッジするものです。この場合のコストとは、そのポジションに発生する可能性のある手数料を意味します。

例えば、お客様が Ethereumを所有しているとします。今、お客様はその投資に満足しているかもしれませんが、Ethereumの価格は大きく変動していきます。そこでお客様は、Ethereumの投資額と同額の 先物契約 (ショーティング) を売却することで、価格のエクスポージャーをヘッジすることにしました。その契約の資金調達率として2%のお支払いをします。つまり、価格のリスクなしにEthereumを所有することで2%の利益を得ることができ、結果的に有益なアービトラージ機会となるのです。


トライアングル・アービトラージ

また、仮想通貨の分野で非常によく見られるアービトラージトレードの種類として、トライアングル・アービトラージがあります。この種類のアービトラージは、トレーダーが3つの異なる仮想通貨の間の価格の不一致に気づき、一種のループの中でそれらを互いに交換することです。

トライアングル・アービトラージの考え方は、クロス通貨の価格差 (BTC/ETHなど) を利用しようとすることから来ています。例えば、BNBでBitcoinを購入し、次にBitcoinでEthereumを購入し、最後にEthereumでBNBを買い戻すことができます。EthereumとBitcoinの相対的な価値が、それらの通貨のそれぞれが所有するBNB価値と一致しない場合、アービトラージ機会が存在します。



アービトラージ・トレードのリスク

アービトラージ・トレードは比較的リスクが低いと言われていますが、ゼロというわけではありません。リスクがなければ報酬もない、アービトラージ・トレードも例外ではありません。

アービトラージ・トレードに伴う最大のリスクは実行リスクとなります。これは、トレードを確定する前に価格のスプレッドがクローズしてしまい、結果的にゼロまたはマイナスのリターンになることです。これはスリッページ、約定の遅延、取引コストが異常に高い、ボラティリティが急激に上昇したなどの原因が考えられます。
アービトラージ・トレードを行う際のもう1つの大きなリスクは、流動性リスクです。これは、アービトラージを行うために必要な市場へのトレードに十分な流動性がない場合に発生します。先物契約のようなレバレッジの効いた商品を使用してトレードを行っている場合、不利になった際にマージンコールを受ける可能性もあります。いつものように、適切な リスク管理を行うことが重要です。


まとめ

アービトラージ・トレードを利用できることは、仮想通貨トレーダーにとって大きなチャンスです。このような戦略に参加するための適切なスピードと資金があれば、低リスクで収益性の高いトレードを即座に実行することができるでしょう。

アービトラージ・トレードのリスクは見過ごせません。アービトラージ・トレードというと、「リスクフリーな利益」や「確実な利益」というイメージがありますが、実際にはトレーダーが気を抜くことができないほどのリスクが存在します。