マージントレードとは?
マージントレードとは?
ホーム記事
マージントレードとは?

マージントレードとは?

中級者
公開済 May 27, 2019更新済 Oct 28, 2021
5m

マージントレードとは、第三者から提供された資金を使って資産を取引する方法です。証拠金取引アカウントは、通常の取引アカウントに比べて、より大きな資金を利用することができ、ポジションにレバレッジをかけることができます。マージントレードは、取引結果を増幅させ、成功した取引でより大きな利益を得ることができます。このように取引結果を拡大できることから、マージントレードはボラティリティの低い市場、特に海外のFX市場で特に人気があります。それでも、株や商品、仮想通貨の市場でもマージントレードは行われています。

伝統的な市場では、借りた資金は通常、投資ブローカーによって提供されます。しかし、仮想通貨取引では、資金は他のトレーダーから提供されることが多く、そのトレーダーは市場の証拠金需要に応じて金利を得ることができます。あまり一般的ではありませんが、一部の仮想通貨取引所では、ユーザーに証拠金を提供しています。


マージントレードの仕組みとは?

マージントレードが開始されると、トレーダーは総注文額の何パーセントかをコミットする必要があります。この初期投資を証拠金と呼び、レバレッジの概念と密接に関連しています。つまり、マージントレードアカウントはレバレッジの効いた取引を行うためのものであり、レバレッジとは、証拠金に対する借入資金の比率を表しています。例えば、$100,000のトレードを10対1のレバレッジで行うためには、トレーダーは$10,000の資金を投入する必要があります。

当然のことながら、取引プラットフォームや市場によって、ルールやレバレッジ率は異なります。例えば、株式市場では2対1が一般的な比率ですが、先物契約 では15対1のレバレッジで取引されることが多いです。外国為替証券会社の場合、証拠金取引のレバレッジは50対1が多いですが、100対1や200対1が使用されることもあります。仮想通貨市場に関していえば、比率は一般的に2対1から100対1の範囲で、取引コミュニティではしばしば「x」という用語が使用されます (2x、5x、10x、50xなど)。

マージントレードでは、ロングポジションとショートポジションの両方を建てることができます。ロングポジションは、その資産の価格が上昇するという仮定を反映し、ショートポジションはその逆を反映しています。証拠金ポジションが開いている間は、トレーダーの資産が借りた資金の担保となります。これはトレーダーにとって非常に重要なことです。ほとんどの証券会社は、市場が自分のポジションに反する動きをした場合 (一定のしきい値以上または以下) 、これらの資産を強制的に売却する権利を有しているからです。

例えば、トレーダーがレバレッジのかかったロングポジションを建てた場合、価格が大きく下がったときにマージンコールを受ける可能性があります。マージンコールは、トレーダーがマージントレードの最低必要額を達成するために、証拠金アカウントにさらに資金を入金する必要がある場合に発生します。これを怠ると、トレーダーの保有する株式は自動的に清算され、損失をカバーすることになります。一般的には、証拠金アカウント内のすべての株式の合計額 (清算証拠金とも呼ばれる) が、特定の取引所やブローカーの必要証拠金総額を下回った場合に発生します。


メリットとデメリット

マージントレードの最も明白な利点は、取引ポジションの相対的な価値が大きいため、より大きな利益を得ることができるという点です。他にも、マージントレードは、比較的少ない投資資金で複数のポジションを持つことができるため、分散投資にも有効です。最後に、証拠金アカウントを持つことで、トレーダーは大金をアカウントに移すことなく、迅速にポジションを建てることができます。

マージントレードには、良い面もありますが、利益が増える一方で損失が増えるという明らかなデメリットがあります。マージントレードは、通常の現物取引とは異なり、初期投資額を上回る損失を被る可能性があるため、リスクの高い取引方法と言えます。取引にかけるレバレッジの大きさによっては、市場価格のわずかな下落でもトレーダーに大きな損失を与える可能性があります。そのため、マージントレードを行う場合には、投資家が適切なリスク管理を行い、ストップリミット注文 などのリスク軽減手段を活用することが重要となります。


仮想通貨市場でのマージントレード

マージントレードは本来、通常の取引よりもリスクが高いものですが、仮想通貨に関しては、そのリスクはさらに高くなります。仮想通貨のマージントレードは、これらの市場に特有のボラティリティの高さのため、特に注意が必要です。マージントレードは、ヘッジングやリスク管理には有効ですが、初心者には不向きです。 

チャートを分析し、トレンドを把握し、エントリーとエグジットのポイントを決めることができるようになれば、マージントレードに伴うリスクがなくなるわけではありませんが、リスクを予測してより効果的な取引を行うことができるようになります。そのため、仮想通貨の取引にレバレッジをかける前に、ユーザーはまず テクニカル分析 についての理解を深め、豊富な現物取引の経験を積むことが推奨されます。



証拠金調達

自分でマージントレードを行うリスク許容度がない投資家には、レバレッジを効かせた取引方法で利益を得る方法もあります。一部の取引プラットフォームや仮想通貨取引所では、ユーザーが自分の資金をコミットして他のユーザーのマージントレードに資金を提供する、証拠金調達と呼ばれる機能を提供しています。

通常、このプロセスは特定の条件に従って行われ、動的な金利を生み出します。トレーダーが条件を受け入れて申し出を受けた場合、資金提供者は合意した利息を付けて返済する権利を有します。取引所によって仕組みは異なりますが、レバレッジのかかったポジションは、過度の損失を防ぐために強制的に清算することができるため、証拠金を提供するリスクは比較的低いといえます。しかし、マージントレードの資金調達では、ユーザーは取引所のウォレットに資金を入れておく必要があります。そのため、リスクを考慮し、選択した取引所でその機能がどのように機能するかを理解することが重要です。


まとめ

確かにマージントレードは、成功した取引の利益を増幅させたい人にとっては便利なツールです。証拠金アカウントによるレバレッジ取引は、適切に利用すれば、収益性とポートフォリオの分散投資に役立ちます。

しかし、前述したように、この方法は損失を増幅させる可能性もあり、リスクも非常に高くなります。そのため、高度な技術を持ったトレーダーのみが使用することを推奨します。仮想通貨に関連するマージントレードは、市場のボラティリティが高いため、より慎重に取り組む必要があります。


 バイナンスマージントレードガイドで開始方法を学ぶ