Crypto Fear and Greed Indexとは?
目次
はじめに
インデックスとは?
モメンタム指標とは?
Fear and Greed Indexとは?
Crypto Fear and Greed Indexの仕組み
Crypto Fear and Greed Indexが役に立つ理由
この指標を長期的な分析に活用できますか?
まとめ
Crypto Fear and Greed Indexとは?
ホーム記事
Crypto Fear and Greed Indexとは?

Crypto Fear and Greed Indexとは?

初心者
Published Jul 7, 2021Updated Oct 14, 2021
7m

概要

Crypto Fear and Greed Indexは、仮想通貨市場のセンチメントを0〜100のスコアで表しています。株式市場を分析するための「CNNMoney Fear and Greed Index」をベースにしています。

Fear(0~49点)は、市場における割安感と供給過剰感を示しています。Greed(50~100点)は、仮想通貨に対する過大評価とバブルの可能性を示唆しています。

FearとGreedのレベルの変化を知ることは、仮想通貨市場への参入や撤退を選択する際ための取引戦略を決める判断材料の一部になります。


はじめに

優れたトレーダーや投資家は、仮想通貨市場に参入すべきか、撤退すべきかを判断する際に、常に裏付けとなるデータを探します。そのために、チャートを眺めたり、ファンダメンタルズを分析したり、市場のセンチメントを利用したりします。しかし、すべての指標を研究することは、最も効率的な時間の使い方とは言えないでしょう。Crypto Fear and Greed Indexでは、センチメントとファンダメンタルの指標を組み合わせることで、市場の恐怖と貪欲さを垣間見ることができます。この指標だけに頼るべきではありませんが、仮想通貨市場の全体的な感覚を把握するのに役立ちます。


インデックスとは?

従来、 インデックス は、複数のデータポイントを取得し、それらを1つの統計的な指標にまとめたものを指してきました。。株式市場のインデックスとして有名な「Dow Jones Industrial Average(DJIA)」は、皆さんもご存じでしょう。DJIAは、アメリカ国内の多数の証券取引所に上場している大企業30社の株価を加重平均したものです。トレーダーや投資家は、DJIAを購入することで、これらの企業の株式を複合的に購入することができます。

Crypto Fear and Greed Indexも市場データを加重した指標ですが、類似点はそれだけです。Crypto Fear and Greed Indexは、購入できるものではなく、また、いかなる金融商品でもありません。あくまでも分析を補完するための市場指標です。


モメンタム指標とは?

トレーダーや投資家が市場データを分析することを容易にするのが、マーケット指標です。テクニカル分析、ファンダメンタル分析、センチメント分析など、あらゆる形式の市場分析に指標が存在します。テクニカル分析 (TA)をすでに試したことのある方は、 指標(インジケーター) のことはすでにご存じでしょう。これらは、単純な移動平均から 一目均衡表 のような複雑なチャートパターンまで様々です。TA指標は、価格や取引量などの統計的な傾向を分析するためのものです。
ファンダメンタル分析 の指標はテクニカル分析のものとは、異なるアプローチです。トークンや株式を調査する場合、基本的にはそのプロジェクトのファンダメンタルズの価値を見極めようとします。例えば、ユーザー数と時価総額を組み合わせた指標を調査することができます。
また、投資家やトレーダーの気持ちや考えを測る市場センチメント指標 もあります。Crypto Fear and Greed Indexは数ある指標の中の1つに過ぎません。その他の例としては、Augmento社のThe Bull& Bear Indexや、仮想通貨市場の クジラ(大口投資家を指す仮想通貨業界用語) からの大規模な送金を追跡するWhaleAlertなどがあります。仮想通貨の分析は、ソーシャルメディアやコミュニティ、世論の分析に大きく依存しています。そのため、仮想通貨ではセンチメント分析が有効です。


Fear and Greed Indexとは?

元々はCNNMoneyが、株や株式の市場センチメントを分析するためにFear and Greed Indexを作成しました。その後、Alternative.meは、仮想通貨市場に合わせたバージョンのFear and Greed Indexを作成しました。

Crypto Fear and Greed Indexは、さまざまなトレンドや市場指標を分析して、市場参加者の感情がGreed(強欲)なのか、Fear(恐怖)なのかを分析します。0点は「極度の恐怖」、100点は「極度の強欲」を意味します。50点の場合は、市場がやや中立であることを示しています。

恐怖に満ちた市場は、仮想通貨が過小評価されていることを示している可能性があります。市場がFearに寄りすぎていると、売りすぎや過剰なパニックを引き起こします。ただし、Fearに寄っていることは、必ずしも市場が長期的な弱気のトレンドに入ったことを意味するわけではないです。むしろ、市場全体のセンチメントに対する短・中期的な参考資料ぐらいに考えた方が良いでしょう。
市場がGreedに偏っている時は、Fearの場合とは真逆の状態です。投資家やトレーダーの感情がGreedに偏ると仮想通貨が過大評価され、バブルが発生する可能性があります。FOMO (fear of missing out)によって投資家が市場に殺到し、 Bitcoinの価格を過大評価している状況を想像してみてください。つまり、Greedのスコアが高まると需要過多になり、人為的に価格が上昇する可能性があるということです。


Crypto Fear and Greed Indexの仕組み

Alternate.meは毎日、0~100点まででその日の値を計算します。2021年7月時点では、「Crypto Fear and Greed Index」はBitcoin関連の情報のみを使用しています。Bitcoinの情報のみを使用している背景としては、BTCの価格や センチメント と仮想市場全体には大きな相関関係があるからです。将来的には、 Ether (ETH)や BNB など、他の時価総額上位のアルトコインもカバーする予定です。


インデックスのスケールは以下のように分けることができます。

  • 0-24: 極度の恐怖 (オレンジ)
  • 25-49: 恐怖 (アンバー/イエロー)
  • 50-74: 強欲 (ライトグリーン)
  • 75-100: 極度の強欲 (グリーン)

この指標は、5種類の加重された市場要因を組み合わせて、値を算出します。その算出方法をここからは見ていきましょう。

1. ボラティリティ (インデックスの25%)ボラティリティは、Bitcoinの現在の価値を、過去30日および90日の平均値で測定します。ここでは、インデックスは ボラティリティ を市場の不確実性の代名詞として使用しています。
2.マーケットモメンタム/出来高 (インデックスの25%)Bitcoinの現在の取引 と市場のモメンタムを過去の30日と90日の平均値と比較してから、それらを組み合わせます。常に大量の買いが入っているということは、市場のセンチメントがポジティブまたは強欲であることを示しています。
3.ソーシャルメディア (インデックスの15%)この要素は、Bitcoinに関連するTwitterのハッシュタグの数と、さらにそのインタラクション率を見ています。一般的に、いつもよりもやり取りが多い場合は恐怖よりも強欲に関連しています。
4.Bitcoinドミナンス (インデックスの10%)このインプットでは、BTCの市場でのドミナンスを測定します。マーケットドミナンスの増加は、Bitcoinへの新たな資金流入とアルトコインからの資金の再配分の可能性を示しています。
5.Google Trends (インデックスの10%)Bitcoinに関連する検索クエリのGoogle Trendsデータを見ることで、このインデックスは市場のセンチメントを把握します。例えば、「Bitcoin Scam」の検索数が増えれば、市場での恐怖感が増すことになります。
6.アンケート結果 (インデックスの15%)このインプットは以前は活用されていましたが、現在は停止されています。


Crypto Fear and Greed Indexが役に立つ理由

Crypto Fear and Greed Indexは、市場のセンチメントの変化をチェックするための貴重なツールです。大きな変動は、市場の他の部分がトレンドに追随する前に、エントリーまたはエグジットする機会となるかもしれません。この簡単な例は、過去3ヶ月間の仮想通貨全体の 時価総額 とインデックスの数値を確認することでわかります。


ポイント1は、2021年4月26日、指数値が73(強欲)から27(恐怖)へと大きく揺れ動いた底を示しています。ポイント2は、2021年5月12日に68(強欲)から26(恐怖)へと別のスライドが始まったことを示しています。この変化と仮想通貨市場全体の時価総額を比較することで、これが仮想通貨市場のトレンドと一致しているかどうかを確認できます。


ポイント1では、4月26日の$1.78兆からスタートし、5月12日に$2.53兆のピークを迎えています。これを上の例と合わせると、強欲から恐怖へと感情が大きく揺れ動いたことと、仮想通貨市場の時価総額が局所的に底を打ったことがわかります。市場がより強欲になるにつれて、全体の時価総額はピークまでどんどん上昇していきます。ピークに達すると、センチメントは再び急激に低下します。

今回の例では、買い場を見つけたり、売り場を予測したりするのにCrypto Fear and Greed Indexが役立っていることがわかります。この指標を使って、自分の感情的な反応が大げさなのか、それとも市場に沿ったものなのかをチェックすることができます。しかし、この分析はあらゆるシチュエーションで役に立つのでしょうか。その可能性は非常に低いでしょう。


この指標を長期的な分析に活用できますか?

この指標は、仮想通貨における長期的な市場サイクルの分析にはあまり適していません。強気 または弱気相場の中で、恐怖と強欲のサイクルが何度も繰り返されます。これらの変動は、スイングトレーダーが活用するのに便利です。しかし、ホールドを目的とする投資家にとっては、このインデックスだけで強気相場から弱気相場への変化を予測することは難しいでしょう。長期的な視点を持つためには、他の視点からも市場を分析する必要があります。
いつものように、1つの指標や分析スタイルだけに頼らないようにすることをお勧めします。お金を投資する前には、必ず自分で調べ(DYOR )、失っても大丈夫な金額のみを投資するようにしてください。


まとめ

Crypto Fear and Greed Indexは、ファンダメンタルズや市場センチメントの指標を一通り集めてまとめるシンプルな方法です。自分でやらなくても、ソーシャルメディアやGoogle Trendsなどの統計情報を追跡する指標に頼ることができます。自分の分析にこの指標を含める場合は、よりバランスのとれた見方をするために、他の指標との補完を検討してください。