仮想通貨におけるクジラとは、どうすれば見つけられますか?
ホーム
記事
仮想通貨におけるクジラとは、どうすれば見つけられますか?

仮想通貨におけるクジラとは、どうすれば見つけられますか?

初心者
公開済 Apr 5, 2023更新済 Jan 2, 2024
6m

概要

  • 仮想通貨におけるクジラとは、大量の仮想通貨を保有し、取引によって市場に影響を与えることができる個人またはエンティティです。 

  • ブロックチェーン・エクスプローラーで大規模なトランザクションを確認したり、ソーシャルメディアプラットフォームでクジラの最新情報を確認したり、クジラの活動を監視するアカウントを確認することで、クジラを見つけることができます。

  • クジラの活動は有用な情報ですが、その情報に依存して取引の判断をすることは危険です。

はじめに

仮想通貨におけるクジラとは、大量の仮想通貨を保有する個人またはエンティティであり、初期投資、マイニング、またはその他の手段を通じてかなりの保有量を蓄積しています。仮想通貨を大量に保有するクジラは、大量の資産を売買することで市場に影響を与え、価格変動を引き起こすことができます。

仮想通貨の世界では、クジラはしばしば高いボラティリティを連想させます。トレーダーと投資家は、—「ホエールウォッチング (クジラの観察)」— と呼ばれる活動を注意深く観察して、貴重な情報を得て、その情報に基づいた投資判断を下します。

仮想通貨の保有者を「クジラ」とする理由とは?

クジラは仮想通貨の多くを保有する個人またはエンティティですが、クジラと見なされるために保有しなければならない一定金額の仮想通貨はありません。この用語は相対的なものであり、問題は特定の仮想通貨によって異なります。

仮想通貨保有者は、特定の仮想通貨の総供給量における多くの割合を保有し、取引を行うことで価格変動に影響を与えることができる場合、クジラと見なすことができます。 

これを整理すると、時価総額が1億ドルの資産を100万ドル相当保有している人はクジラと見なされますが、時価総額が300億ドルの資産を100万ドル相当保有している人はクジラと見なされない可能性があります。それぞれ同じ100万ドルの仮想通貨を保有しています。しかし、前者は後者よりも市場を動かす力があります。

仮想通貨におけるクジラを見つける方法

ブロックチェーン技術の透明性、不変性、オープン性のおかげで、クジラの活動を発見する方法は数多くあります。とはいえ、これは必ずしも簡単な作業ではありません。クジラはよく、革新的な戦術を使用して秘密裏に資金を動かし、その身元と保有範囲を隠そうとします。ただし、潜在的な仮想通貨におけるクジラとそのアクティビティを特定するのに役立つ指標がいくつかあります。

取引パターンを分析することは、クジラのアクティビティを特定するための良い出発点です。クジラは、突然の価格の急上昇や急落を引き起こす可能性のある大規模な取引を行うことで、市場に影響を与えることが知られています。異常なパターンに注意することで、潜在的なクジラのアクティビティを特定できます。

EtherscanやBlockchain.comなどのブロックチェーン・エクスプローラーを使用して、大規模なトランザクションを探すこともできます。大量の金額の仮想通貨が動くと、クジラが活動している兆候である可能性があります。

クジラのアクティビティを特定するもう1つの方法は、ソーシャルメディアプラットフォーム、特にTwitterに注意を払うことです。クジラは、ソーシャルメディアで仮想通貨、市場動向、投資戦略に関する意見を共有することがよくあります。これらのアカウントからの投稿やコメントを調べることで、クジラの動きについての情報を得ることができます。

ソーシャルメディアで保有資産を公表することが多いクジラを除いて、クジラは偽名で運営したり、保有資産を複数のウォレットに分割して資産に注意を向けたりすることを避けている可能性があります。

クジラの観察 仮想通貨の投資家はクジラの動きに従うべきですか?

仮想通貨におけるクジラをフォローすることは、投資家にとって有利になる可能性があります。主なメリットの1つは、マーケットセンチメントに関する情報を得られることです。クジラは大規模な取引を行うため、その行動は特定の資産に対する投資家の意見に大きな影響を与える可能性があります。

クジラが特定の資産を大量に売却し始めた場合、投資家の信頼が揺らぎ、資産の価格にさらに大きな下落圧力がかかる可能性があります。逆に、クジラは資産の価格を押し上げ、投資家の間でより強気の感情につながる可能性があります。クジラの取引活動について把握することで、他の人よりも早く優位に取引をすることができます。

クジラのアクティビティは、市場のセンチメントと潜在的な利益機会に関する情報を提供するだけでなく、市場を動かす可能性のある非公開情報を示唆することもできます。クジラのアクティビティを観察することで、これらの開発に関する情報を早期に得ることができ、投資家が投資について十分な情報に基づいた決定を下すのに役立ちます。 

例えば、クジラはDeFiプロジェクトと大規模な消費者ブランドの間との提携が間近に迫っているという非公開情報を持っている可能性があります。この情報に刺激されて、クジラは大量の金額のトークンを購入し、この資産の価格を押し上げる可能性があります。この取引を発見した投資家は、それが本当にこの潜在的なパートナーシップの兆候であったのか、それともクジラが他の理由で取引を行ったのかを推測する可能性があります。

ただし、このアプローチはリスクが高いため、投資家はクジラの行動だけに頼って取引の決定を下すべきではないことに注意してください。クジラは市場を操作して、他人を犠牲にして自分たちの利益を得るために市場を操作することができます。彼らは大量のトークンを購入して価格を押し上げ、他の人が彼らの戦術を特定する前にトークンを売却することができます。 

クジラの観察のもう1つの潜在的なデメリットは、情報の非対称性であり、小規模なトレーダーが不利になることです。クジラは、小規模なトレーダーがアクセスできない独占的な情報にアクセスできることが多く、投資家はファンダメンタルズ調査を徹底的に行って、パンプ・アンド・ダンプスキームの犠牲にならないようにする必要があります。

クジラは、他の投資家と同様に、合理的な分析に基づかない感情的な決定を下す可能性があることを覚えておくことも重要です。そのため、十分な調査を行わずにクジラを追跡すると、投資判断を誤る可能性があります。

まとめ

クジラの観察は情報力に富み、情報に基づいた投資決定を下すのに役立ちます。また、潜在的な価格変動を警告したり、排他的な情報を発見したりすることもできます。

ただし、クジラの観察は、トークンやプロジェクトに関する詳細な調査に取って代わるべきではありません。仮想通貨の取引を希望する投資家は、クジラの活動だけに基づいて投資判断を下すことは避けるべきです。トークンエコノミクスや流動性などの仮想通貨のファンダメンタルズに焦点を当てることは、仮想通貨の保有に関して賢明な決定を下すための鍵です。

参考文献


免責事項とリスク警告: このコンテンツは、一般的な情報および教育目的でのみ「現状有姿」で提供され、いかなる種類の表明または保証もありません。財務、法律、またはその他の専門的なアドバイスとして解釈されるべきではなく、特定の商品やサービスの購入を推奨するものでもありません。適切な専門アドバイザーから独自のアドバイスを求める必要があります。記事が第三者の貢献者によって寄稿されたものである場合、表明された見解は第三者の貢献者に属し、必ずしもBinance Academyの見解を反映するものではないことに注意してください。詳細については、完全な免責事項である、こちらをお読みください。デジタル資産の価格は不安定です。投資価値が上下する可能性があり、投資した金額を取り戻すことができない場合があります。投資決定についてはお客様が単独で責任を負い、Binance Academyはお客様が被る可能性のある損失について責任を負いません。この資料は、財務、法律、またはその他の専門的なアドバイスとして解釈されるべきではありません。詳細については、利用規約およびリスク警告を確認してください。