Etherscanの説明と使い方の紹介
目次
はじめに
Etherscanとは?
Etherscanを使用する理由
Etherscanでトランザクションとウォレットを検索する方法
Etherscanでスマートコントラクトを検索する方法
Etherscanでガス価格を確認する方法
Etherscanでのエアドロップの探し方
まとめ
Etherscanの説明と使い方の紹介
ホーム記事
Etherscanの説明と使い方の紹介

Etherscanの説明と使い方の紹介

初心者
公開済 Oct 6, 2021更新済 Oct 28, 2021
7m

概要

Etherscanは、Ethereumネットワーク用のブロックチェーン・エクスプローラーです。このウェブサイトでは、トランザクション、ブロック、ウォレットアドレス、スマートコントラクト、その他のオンチェーンデータを検索することができます。最も人気のあるEthereumブロックチェーンエクスプローラーの1つで、無料で使用することができます。

Etherscanを使用すると、ブロックチェーン、他のウォレット、DAppsとのやり取りを正確に理解することができます。エクスプローラーの使用方法を知ることは、自分の資産の安全を確保し、不審な行動を発見するのにも役立ちます。

Etherscanを使用するには、ウォレットアドレス、トランザクションID (TXID)、コントラクトアドレス、または検索フィールドに貼り付ける他の識別子が必要になります。表示される情報は見るものによって異なりますが、ほとんどの場合、関連するトランザクション、アドレス、タイムスタンプ、金額などが含まれます。

また、スマートコントラクトと直接やりとりして、トランザクションを行ったり、ガス手数料を確認したり、Etherscanでエアドロップを検索したりすることができます。


はじめに

Ethereumを単純に保有するだけや数回しかトランザクションをしない場合以外は、ブロックチェーンの操作方法を学ぶことは非常に有益です。Etherscanは最も人気のあるオプションの1つですので、基本的な学習をはじめるには最適な場所です。ウォレットを接続することなく、また、アカウントを開設することなく、ほとんどの機能を利用することができます。Etherscanの最も一般的な使用方法と、見つけた情報で何ができるかを説明します。

  

Etherscanとは?

Etherscanは、ブロックチェーン・エクスプローラーで、Ethereumブロックチェーン上のトランザクション、スマートコントラクト、アドレスなどのパブリックデータを閲覧することができます。Ethereum上のすべてのやり取りは公開されており、Etherscanでは検索エンジンのようにそれらを確認することができます。トランザクションハッシュ (トランザクションID) を使用して、トークン、スマートコントラクト、ウォレットアドレスなど、関連するすべてのアクティビティを確認することができます。

Etherscanに登録する必要はありませんが、追加機能のためにアカウントを作成することは可能です。例えば、アラートを設定してトランザクションの受信を通知したり、開発者ツールにアクセスしたり、データフィードを作成したりすることができます。

Etherscanは、あなたの秘密鍵を使用または保存するためのEthereumウォレットを提供しているわけではありません。また、トレーディングにも使用することができません。Etherscanは、ブロックチェーン情報のソースと、スマートコントラクトのデータベースとしてのみ機能します。トランザクションや仮想通貨の保管には、Trust WalletMetaMask、Math Wallet、バイナンスチェーンウォレットなどの仮想通貨用のウォレットが必要です。


Etherscanを使用する理由

Etherscanは、Ethereum用としては最も信頼され、人気のあるブロックチェーン・エクスプローラーの1つです。しかし、なぜEtherscanのようなブロックチェーン・エクスプローラーを使用してオンチェーン情報を確認する必要があるのかを理解することの方が重要です。ブロックチェーンとの関わり方について知識を深めることで、DAppsやトランザクションで何が起こっているのかをよりよく理解することができます。これをしっかりと理解することは、あなたの資産を安全に守り、疑わしいブロックチェーンの活動を発見するのにも役立ちます。
例えば、クジラアラートは、ある仮想通貨が大量に取引所に移動したことを知らせてくれます。常にそうだとは限りませんが、この情報は大きな売りを示唆しているかもしれません。また、プロジェクトの創業者がそのプロジェクトのトークンを使用して何をしているかを見ることもできます。これは、潜在的な詐欺、ラグプルや開発者がプロジェクトを放棄してコインを販売するだけの詐欺ICO/IDOを発見するのに役立ちます。


Etherscanでトランザクションとウォレットを検索する方法

Etherscanの基本的な機能は、トランザクションの追跡です。仮想通貨の追跡方法を理解することは、ブロックチェーン上で公開されている様々な情報をすべて解き明かす鍵となります。例えば、自分のウォレットから0.025Ether (ETH) を「0x480bbcb368197d44c6f54a738e59c33eff004b6a」という公開アドレスに送ったとします。

また、0.001559212674537 ETHのトランザクション手数料を上乗せしてお支払いを行ったとしましょう。トランザクションを行った後、ウォレットに以下のTXID が表示されます。

0x80a3cc0f344651b3de745b2f1efbe8d35d4f348e95b345c8a840ebf955414fa5

例えば、トランザクションの承認数を確認して、正常に送信されたかどうかを確認したいとします。

1. Etherscanのホームページに向かい、ページの上部にある検索フィールドを探します。


2. 次に、トランザクションID (TXID) をコピーして検索フィールドに貼り付け、検索アイコンを押します。


3. これで、見たいと思ったトランザクションに関するすべての詳細が表示されます。


4. また、[Click to see More]ボタンを押すと、より詳細な情報が表示されますが、ここでは、デフォルトの表示だけを見てみましょう。

トランザクションハッシュ

特定のトランザクションに関連する数字と文字の文字列 (TXID) です。

ステータス

トランザクションが失敗したのか、実行中なのか、成功したのかが表示されます。

ブロック

そのトランザクションが含まれているブロック番号が表示されます。また、そのトランザクションが何回承認されたかも確認できます。これは、そのトランザクションのブロックの後にチェーンに追加されたブロックの数を表しています。

タイムスタンプ

そのトランザクションが追加されたブロックのタイムスタンプです。

振替元

トランザクションを実施したウォレットアドレスのことです。

振替先

スマートコントラクト、もしくは受取アドレスです。

価値

トランザクションで送金された数量のことです。

トランザクション手数料

トランザクションを行うためにお支払いされた手数料のことです。

ガス価格

トランザクションのためのガス単位あたりのコストです。

トランザクションタイプ

トランザクションが古いレガシーガスシステム (1) で行われたか、新しいEIP-1559 ブロックフィーシステム (2) で行われたかに関する情報です。


上のデータからは、トランザクションが成功し、十分な承認を受けたことがわかります。また、受信側のウォレットを見ることで、トランザクションの状況を確認することもできます。

そのためには、検索バーに戻って、受信ウォレットのアドレスを貼り付ける必要があります。

0x480bbcb368197d44c6f54a738e59c33eff004b6a


ページの下部には、そのアドレスに関連するすべてのトランザクションの一覧が表示されています。


赤色のトランザクションは、あなたが最初に送った0.025ETHのトランザクションです。 In と表示されており、検索したアドレスが受信側になっていることがわかります。ページの上部には、ウォレットの残高の概要も表示されています。


Etherscanでスマートコントラクトを検索する方法

DAppsでスマートコントラクトを定期的に扱っているのであれば、Etherscanでスマートコントラクトを見つける方法を学んでおくと良いでしょう。この方法を知っておくことで、正しいコントラクトに仮想通貨を送っているかどうかを再確認することができます。

また、新しいトークンを自分のウォレットに追加する必要が生じた場合、トークンのコントラクトアドレスを見つける必要があります。スマートコントラクトのアドレスには、トークンの送金方法やその他の動作など、トークンのロジックが含まれています。

トークンアドレスを確認するには、CoinMarketCap、CoinGecko、またはプロジェクトの公式サイトにアクセスしてください。また、https://etherscan.io/tokensをチェックすることもできます。
トークンのアドレスが正しいかどうかは、先ほど紹介したウェブサイトで必ず確認するようにしてください。EthereumのUniswap(ERC-20)トークンを見てみましょう。

0x1f9840a85d5af5bf1d1762f925bdaddc4201f984

1. スマートコントラクトのアドレスをコピーして、検索バーに貼り付けます。


2. これで、コントラクト残高の詳細や、Uniswap (UNI) トークンのコントラクトに関する一般的な情報が表示されます。


3. その下には、トランザクション、コメント欄、スマートコントラクトのコードなどの確認するべき情報が表示されています。次の「Contract」をクリックすると、Uniswapのルールを読み解くためのオプションが表示されます。


4.「Read Contractむ」タブには、コントラクトの一般的な情報が表示されます。これにより、例えば、ウォレット内のトークンの使用許可を得ている特定のアドレスやウォレットの残高を照会することができます。


「Write Contract」をクリックすると、コントラクトを直接操作することができます。これは、技術的な問題やウェブサイトの停止などの理由で、DeFiプラットフォーム やDAppsが利用できない場合に有効です。場合によっては、プロジェクトのAPIを使わずに、代わりにスマートコントラクトとのやり取りを試みることもできます。

「Connect to Web3」をクリックすると、MetaMaskやバイナンスチェーンウォレットなどの仮想通貨用ウォレットを接続し、コントラクトとやりとりすることができます。


ここでの最もシンプルなアクションは、コインの振替です。「transferFrom」を使用すると、自分が許可したアドレスのトークンを他のアドレスに転送することができます。

「transfer」では、接続しているウォレットからコントラクトの関連トークンを振替することができます。以下のトランザクションでは、私たちが接続しているウォレットから、貼り付けた受信側ウォレットのアドレスに1UNIを振替します。また、送りたい金額に合わせて小数点以下の数字を正確に入力しないといけません。

ほとんどのユーザーは、これらの機能を使用する必要はないでしょう。しかし、スマートコントラクトに保管されている資金にアクセスする必要がある場合、それらがどこにあるかを知っておくことは有用です。


Etherscanでガス価格を確認する方法

ガス価格はEthereumのトランザクション手数料の一部です。この手数料は、トランザクションが含まれるブロックによって変わります。各ブロックには、ネットワークのトラフィックに応じて異なる手数料が設定されています。Etherscanのガストラッカーは、ガス価格を変化させたときの価格と時間の差を表示します。これは、ネットワークの混雑状況や、単純な送金や複雑なスマートコントラクトを利用する際にどれくらいのお支払いが必要になるかを予測するのに便利なツールです。


Etherscanでのエアドロップの探し方

Etherscanは、Ethereumネットワーク上で進行中の エアドロップのデータベースとしても機能します。各エアドロップには、参加するためのルールがあり、「Details」欄で確認することができます。エアドロップリストは、 https://etherscan.io/airdropsにアクセスすると確認できます。



まとめ

Etherscanは無料で簡単に使用することができ、ウォレットや取引所では確認できないような情報を必要とするときに最適なツールです。最も基本的な機能については、短時間ですぐに使いこなせるようになります。Etherscanは、BscScanのような他のブロックチェーンエクスプローラーの基礎でもあり、Etherscanを使えたら、他のエクスプローラーの使い方もすぐに理解できます。トランザクションのステータスを確認したい場合や、お気に入りのDAppのスマートコントラクトを見たい場合など、Etherscanは良いスタート地点です。